ふわふわ☆わんこ さん プロフィール

  •  
ふわふわ☆わんこさん: ふわふわ☆わんこのお・う・ち
ハンドル名ふわふわ☆わんこ さん
ブログタイトルふわふわ☆わんこのお・う・ち
ブログURLhttp://www.blanc-muguet.com/
サイト紹介文一条工務店のi-smartに、ふわふわ☆わんこと住んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/06/15 13:19

ふわふわ☆わんこ さんのブログ記事

  • 【内覧会】浴室&洗面室兼脱衣所 間取りの工夫で狭さをカバー
  • 一条工務店のアイスマートで建てたわが家の浴室と洗面室兼脱衣所を、ご紹介します。広さは、30坪程度の家では一般的な、坪浴室と坪洗面室兼脱衣所+収納です。浴室、洗面台ともに、一条工務店オリジナル製品です。オプションも全く採用していない、シンプルな浴室と洗面室です。家全体には、オプションを積極的に採用しましたが、浴室と洗面室の水回りには、全く採用しませんでした。設計時の記事からも、浴室と洗面室にはほとんど [続きを読む]
  • 床暖のエリア分け失敗例 住み心地にダイレクトに影響
  • 一条工務店で建てたわが家の最大の後悔ポイント、それは、床暖のエリア分けの失敗です。建て替えることができるならば・・・いやいやリフォームが叶うならば、絶対に手を付けたいのが、1階の床暖のエリア分けの部分です。一条工務店の床暖のシステム一条工務店では、パネル工法の家(i-smartやi-cube等)を建てると、標準で床暖房が設置されます。軸組工法(セゾン、ブリアール等)で建てた場合は、オプションで床暖を入れることができ [続きを読む]
  • 邪魔と思う耐力壁や垂れ壁 インテリアとして活用して少しマシにした方法
  • 家を設計する際に、できるだけ広い空間を確保したいというのは、共通としてある考えだと思います。それは、数字上の広さ(坪数)だけではなく、空間の広がり(3D)という観点も含めてのことです。だからこそ、天井高オプションなども含めて検討が必要となります。しかしながら現実は、家の強度を確保するために、希望しないところに壁ができたり、柱が建ってしまったりもします。設計士の方に強度計算をしていただきながら、いかに邪 [続きを読む]
  • i-smart エアコン1台での全館冷房のススメ そのための行った追加工事
  • わが家は、計画段階では、1階2階それぞれにエアコンを1台ずつ設置しましたが、寒すぎて大失敗した経緯があります。エアコンの性能がオーバースペックだったこともありますし、設置場所がよろしくなかった点もあります。人間がずっといる場所、ソファやベッドに直接冷気があたるような場所にエアコンを設置してしまっていました。詳しくは、別記事に記載しています。新築エアコンの失敗!普通に設置したエアコンでは寒すぎた一条工 [続きを読む]
  • 素人でも自分でできた新築の登記手続きの手順と費用を解説
  • 土地・家を購入すると、法務局に登記をしなくてはなりません。買った土地や家が、自分の物であるということを法的に保障してもらうためです。いわゆる、「権利証」を発行してもらうための手続きの数々と考えて良いと思います。買った家の種類によって、必要書類、手続きはかなり異なります。ここでは、新築の家(長期優良住宅)を注文住宅で建てた場合のケースを、実際に手続きを行った体験に基づいて記載します。家を建て替える際に [続きを読む]
  • 上棟後、1ヶ月半〜2ヶ月目の様子 壁紙をチラ見せしつつ、再びアメブロ風にご紹介
  • 上棟から1ヶ月半を過ぎてからも、定期便で週末訪問をしていました。大工工事もほぼ終了しました。壁紙の施工も、53日目に訪問したときには終わっていました。この日の午後には、足場が外れるらしいので、この目立ちすぎる垂れ幕ともお別れになります。垂れ幕に対して、大した感慨もありませんが、一応、わんこと記念ショット。 さて、家の中の進捗状況をチェックです。玄関廻り、すっかり出来上がってました☆ワ-(ノ。・ω・)八(。・ω・。) [続きを読む]
  • 上棟後1ヶ月半の建築現場の進捗状況 写真多めのアメブロ風でご紹介
  • 上棟から1ヶ月半のころ、建築工事は、ちょうど中盤にあたります。見に行くたびに工事が目に見える形で進んでいて、写真をたくさん撮りました。このころは、大きな問題もありませんでしたし、自ら動かなければならないこともさほどなく、受け身状態でした。本来であれば、工事に手抜きがないか、どこかミスはないか、目を光らせておくべきだったのかもしれませんが、元来はめんどくさがりーな性格ですので、表面上の楽しいキャッキ [続きを読む]
  • 上棟後1ヶ月の進捗状況、そろそろ後悔ポイントが見え始める時期
  • 上棟して1ヶ月ほど経過したころの工事進捗状況です。図面上、二次元で見ていたものが、完全に三次元として再現され、家の大きさの感覚がはっきり分かり、頭で描いていたあれやこれたも、目に見えるようになります。ずっと図面で見てきたものが、実際に目の前に出現している感動を味合うとともに、失敗ポイント、後悔ポイントが見つかり始めるのも、このころだったりします。どんなに頭をフル回転させて想像力を駆使して設計を行お [続きを読む]
  • 上棟チームのお仕事は、上棟だけではなかった
  • 上棟して2週間ほどたったころ。監督さんから、全体に乾いたので石膏ボードを貼り始めますとの連絡がありました。石膏ボード貼り始めるということは、断熱材が見られなくなるということ。断熱材を全てはがしたときに、かなり破損していましたが、ちゃんと補修されているのか、やっぱり自分の目でチェックしないと安心出来ません。上棟時の大雨で水没したわが家2018.03.31上棟時の浸水トラブル やっぱり貧乏くじを引いてしまったと [続きを読む]
  • 上等な上棟の様子
  • 一条工務店の上棟は、3日かけて行われます。3日間、全部に参加できるのは、なかなか難しいかもしれません。わが家も、1日だけ有給を取って見に行きました。1日だけではありましたが、上棟を見ることができて、本当に良かったと思っています。というのも、一条工務店ツーバイの家の上棟は、クレーンで壁を釣り上げてはめ込んでいく作業なので、見ごたえがあります。自分の家が出来上がっていく様子を見られるワクワク感は、なかなか [続きを読む]
  • 上棟時の大雨で水没したわが家
  • わが家の上棟が行われましたのは、2年ほど前のことです。一条工務店の上棟は、通常、3日間かけて行われます。初日を1階、2日目を2階、3日目を屋根閉じにあてます。3連続の日にちで行えればベストですが、一条側の日程の都合だったり、天気の都合だったりして、日にちが飛んだりします。わが家は、水、木、月という、とっても不規則な日程でした。どうも、金土日と、別のところの上棟があったらしい。なんで、どっちかに寄せて連続 [続きを読む]
  • 最後まで手を抜かずにチェックしよう 枡と雨どい
  • 注文住宅を建てる過程の中では、思いもしなかったことを考えたり、対処したりしないといけない場面がいくつかありました。あー、こんな細かいことまで、自分たちでチェックして決めるのかーと。営業さん設計士さんに相談しながら、ネットで情報を得ながら進めて行きました。その思いもしなかった予想外のこと、私にとってはふたつありました。ともすると、気付かずにスルーしてしまっていたかもしれなかったです。なぜなら、いずれ [続きを読む]
  • WEB内覧会の前段として、わが家が選んだ壁紙をご紹介
  • 迷走した結果、わが家で採用した壁紙をご紹介します。壁紙デザインは回転が速く、どんどん廃番となり、新番が出ますので、2年前にわが家が選んだものたちは、多くが廃番のようです。いずれもとても素敵なデザインなので、残念です。一方で、今のカタログを見たら、もしかしたら、こっちの方が良かったと思うものがあるかもしれないので、あえて、新しいカタログは見ていません。廃番となったものででも、似たような別のデザインと [続きを読む]
  • 迷走 メインどころの壁紙の選び方
  • 壁紙選びは、家を設計している中で、最も楽しかったもののひとつでした。壁紙選びは、ショールーム訪問とサンプル取り寄せで2018.02.13それは、好きな壁紙を選ぶという側面において楽しかったのですが、一方で、失敗の許されない、メインどころの部分の壁紙選びには、もっと違ったやり方があったのではと、反省点として残っています。メインどころとは、玄関リビングなどの一番面積の大きい壁紙と、キッチンの壁紙です。大部分を占 [続きを読む]
  • 登記、自分たちですることで経費節減しました
  • 土地・家を購入すると、法務局に登記をしなくてはなりません。わが家がしなくてはいけない登記は、滅失登記、建物表題登記、所有権保存登記、抵当権設定の4つのでした。専門家に頼まずに、自分たちでも登記可能なのは最初の3つとなります。これらの登記を自分で実際に行ってみての感想は…時間を要し、手間がかかり、めんどうでしたヽ(;´Д`)ノしかし、それに見合うだけの経費節減になりましたので、がんばって良かったと思って [続きを読む]