ふわふわ☆わんこ さん プロフィール

  •  
ふわふわ☆わんこさん: ふわふわ☆わんこのお・う・ち
ハンドル名ふわふわ☆わんこ さん
ブログタイトルふわふわ☆わんこのお・う・ち
ブログURLhttp://www.blanc-muguet.com/
サイト紹介文一条工務店のi-smartに、ふわふわ☆わんこと住んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/06/15 13:19

ふわふわ☆わんこ さんのブログ記事

  • わが家の照明計画 機能面と意匠面と、奥が深すぎてお手上げだった
  • 家を設計中、照明計画にも時間を使いました。それほどこだわるつもりはありませんでしたが、実際に照明を決め始めると、予想以上の作業が必要でした。その理由として、照明選びには、2つの考えるべき側面が存在するからではないかと思います。ひとつは、いわゆる調光、明るさとしての機能的な面。ひとつは、インテリアとしての側面。部屋作りには、光の調節と、照明器具そのものの両方のバランスが重要になります。そのどちらに重 [続きを読む]
  • 上棟後、1ヶ月半〜2ヶ月目の様子 壁紙をチラ見せしつつ、再びアメブロ風にご紹介
  • 上棟から1ヶ月半を過ぎてからも、定期便で週末訪問をしていました。大工工事もほぼ終了しました。壁紙の施工も、53日目に訪問したときには終わっていました。この日の午後には、足場が外れるらしいので、この目立ちすぎる垂れ幕ともお別れになります。垂れ幕に対して、大した感慨もありませんが、一応、わんこと記念ショット。 さて、家の中の進捗状況をチェックです。玄関廻り、すっかり出来上がってました☆ワ-(ノ。・ω・)八(。・ω・。) [続きを読む]
  • 上棟後1ヶ月半の建築現場の進捗状況 写真多めのアメブロ風でご紹介
  • 上棟から1ヶ月半のころ、建築工事は、ちょうど中盤にあたります。見に行くたびに工事が目に見える形で進んでいて、写真をたくさん撮りました。このころは、大きな問題もありませんでしたし、自ら動かなければならないこともさほどなく、受け身状態でした。本来であれば、工事に手抜きがないか、どこかミスはないか、目を光らせておくべきだったのかもしれませんが、元来はめんどくさがりーな性格ですので、表面上の楽しいキャッキ [続きを読む]
  • 上棟後1ヶ月の進捗状況、そろそろ後悔ポイントが見え始める時期
  • 上棟して1ヶ月ほど経過したころの工事進捗状況です。図面上、二次元で見ていたものが、完全に三次元として再現され、家の大きさの感覚がはっきり分かり、頭で描いていたあれやこれたも、目に見えるようになります。ずっと図面で見てきたものが、実際に目の前に出現している感動を味合うとともに、失敗ポイント、後悔ポイントが見つかり始めるのも、このころだったりします。どんなに頭をフル回転させて想像力を駆使して設計を行お [続きを読む]
  • 上棟チームのお仕事は、上棟だけではなかった
  • 上棟して2週間ほどたったころ。監督さんから、全体に乾いたので石膏ボードを貼り始めますとの連絡がありました。石膏ボード貼り始めるということは、断熱材が見られなくなるということ。断熱材を全てはがしたときに、かなり破損していましたが、ちゃんと補修されているのか、やっぱり自分の目でチェックしないと安心出来ません。上棟時の大雨で水没したわが家2018.03.31上棟時の浸水トラブル やっぱり貧乏くじを引いてしまったと [続きを読む]
  • 上等な上棟の様子
  • 一条工務店の上棟は、3日かけて行われます。3日間、全部に参加できるのは、なかなか難しいかもしれません。わが家も、1日だけ有給を取って見に行きました。1日だけではありましたが、上棟を見ることができて、本当に良かったと思っています。というのも、一条工務店ツーバイの家の上棟は、クレーンで壁を釣り上げてはめ込んでいく作業なので、見ごたえがあります。自分の家が出来上がっていく様子を見られるワクワク感は、なかなか [続きを読む]
  • 上棟時の大雨で水没したわが家
  • わが家の上棟が行われましたのは、2年ほど前のことです。一条工務店の上棟は、通常、3日間かけて行われます。初日を1階、2日目を2階、3日目を屋根閉じにあてます。3連続の日にちで行えればベストですが、一条側の日程の都合だったり、天気の都合だったりして、日にちが飛んだりします。わが家は、水、木、月という、とっても不規則な日程でした。どうも、金土日と、別のところの上棟があったらしい。なんで、どっちかに寄せて連続 [続きを読む]
  • 最後まで手を抜かずにチェックしよう 枡と雨どい
  • 注文住宅を建てる過程の中では、思いもしなかったことを考えたり、対処したりしないといけない場面がいくつかありました。あー、こんな細かいことまで、自分たちでチェックして決めるのかーと。営業さん設計士さんに相談しながら、ネットで情報を得ながら進めて行きました。その思いもしなかった予想外のこと、私にとってはふたつありました。ともすると、気付かずにスルーしてしまっていたかもしれなかったです。なぜなら、いずれ [続きを読む]
  • WEB内覧会の前段として、わが家が選んだ壁紙をご紹介
  • 迷走した結果、わが家で採用した壁紙をご紹介します。壁紙デザインは回転が速く、どんどん廃番となり、新番が出ますので、2年前にわが家が選んだものたちは、多くが廃番のようです。いずれもとても素敵なデザインなので、残念です。一方で、今のカタログを見たら、もしかしたら、こっちの方が良かったと思うものがあるかもしれないので、あえて、新しいカタログは見ていません。廃番となったものででも、似たような別のデザインと [続きを読む]
  • 迷走 メインどころの壁紙の選び方
  • 壁紙選びは、家を設計している中で、最も楽しかったもののひとつでした。壁紙選びは、ショールーム訪問とサンプル取り寄せで2018.02.13それは、好きな壁紙を選ぶという側面において楽しかったのですが、一方で、失敗の許されない、メインどころの部分の壁紙選びには、もっと違ったやり方があったのではと、反省点として残っています。メインどころとは、玄関リビングなどの一番面積の大きい壁紙と、キッチンの壁紙です。大部分を占 [続きを読む]
  • 登記、自分たちですることで経費節減しました
  • 土地・家を購入すると、法務局に登記をしなくてはなりません。わが家がしなくてはいけない登記は、滅失登記、建物表題登記、所有権保存登記、抵当権設定の4つのでした。専門家に頼まずに、自分たちでも登記可能なのは最初の3つとなります。これらの登記を自分で実際に行ってみての感想は…時間を要し、手間がかかり、めんどうでしたヽ(;´Д`)ノしかし、それに見合うだけの経費節減になりましたので、がんばって良かったと思って [続きを読む]
  • トラブル対応で、その会社の真価は問われる 帰りの引っ越しにもトラブル
  • わが家の引っ越しは2回。仮住まい先への引っ越し時には、トラブルがありました。そして、予想外に時間もかかってしまい、あまりスムーズには行きませんでした。引越業者は、よくよく選ぼう…引っ越しにまつわるトラブル…我らは詰めが甘かった2018.03.07仮住まいはちょうど半年。仮住まい先への引っ越し時のトラウマが癒える間もなく、戻りの新居への引っ越しです。行きほど荷造りは大変ではないものの、やはり引っ越しは大変でし [続きを読む]
  • 基礎は、本当にこれで大丈夫だったのか…ダメダメ施主だった自分たち
  • 基礎工事の進捗状況については、逐一追っていたいなかったので、あっという間に出来上がった印象です。興味もなかったし…。基礎工事の過程を女子目線でご紹介 2018.03.02基礎完成配筋むき出しの状態の翌週に見に行ったところ、木枠はすでに外され、基礎は完成していました。さながら迷路のようです。南面は、境界線まで、これっぽっちしか距離がありません。それでも、旧宅より半マス後ろに下がったんです 実は、当時、写真を撮 [続きを読む]
  • 基礎工事の過程を女子目線でご紹介 
  • 家の解体工事が終わると、基礎工事が始まります。(解体の事については、こちらから)解体費用−土地の特性で余計にかかった費用あり2018.02.22仮住まいへ引っ越ししてから、旧宅を解体して、すっかり更地になって、一条工務店の責任下にわが家の土地が移るまで、だいたい1ヶ月かかりました。基礎工事の間は、大した記録を残しておりませんエェ━(´Д`υ)━・・・だって、基礎工事には、ぜーーーんぜん興味なかったんですもの( ゚∀゚; ) [続きを読む]
  • 住設は使ってみないと分からない 採用しなくて正解だったものたち
  • 家を建て替えている間、半年ほど仮住まいをしました。仮住まいは、築9年ほどのマンションです。分譲マンションでしたので、住設は充実していました。そのマンションに住んでみて、実際にそれあらの住設を使用したことは、i-smartの住設を選ぶのに参考になる体験だったなと感じています。実際には、着手承諾後だったので、自分たちの参考にはできませんでしたけど。住設は、実際には使ってみないと分からなことがたくさんあるんだな [続きを読む]
  • インテリア小物も、こだわりの施主支給
  • 家を建てているときは、パワーもあるし、新築ハイでお財布の紐も緩みっぱなしだったので、細々としたものまでこだわって施主支給しました。着手承諾後から着工、上棟まで、かなり時間があり、暇になります。あれだけ家のために時間と労力を注ぎ込んでいたのに、ぽかーーーんと「空」なときがやってきます。そんなときに、家のインテリアをあれやこれやと考えるのは、とても楽しかったです。家具について考える方が大半だとは思いま [続きを読む]
  • 解体費用−土地の特性で余計にかかった費用あり
  • わが家は、建売の家からの建て替えで、一条工務店のi-smartを建てました。今回は土地購入費用は掛かりませんでしたが、旧宅の解体費用が掛かっています。そして、解体費用は、相場よりも高くなりました。高くなった理由は、家を買った際には、まったく思いもよらなかった土地の特性によるものでした。家を建て替えることを前提として土地購入することはないと思いますが、土地の特性がマイナスポイントになる可能性があることは、 [続きを読む]