bbサバイバー さん プロフィール

  •  
bbサバイバーさん: 脳内出血サバイバーのリハビリ日記
ハンドル名bbサバイバー さん
ブログタイトル脳内出血サバイバーのリハビリ日記
ブログURLhttp://bbsurvivor.blog.fc2.com/
サイト紹介文脳内出血(脳卒中)左片麻痺、電動車いす、リハビリ、便利グッズ、職場復帰、介護保険、身障者(2級)
自由文執筆開始(2015.6)時の状況等は、「はじめに このブログを訪問していただいた方へ」をお読みいただければと思います。
http://bbsurvivor.blog.fc2.com/blog-date-20150601.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/06/15 14:57

bbサバイバー さんのブログ記事

  • 「返して!」悲痛叫び 車いす盗まれ女性が涙(ニュース:車いす)
  • 「返して!」悲痛叫び 車いす盗まれ女性が涙10/26(木) 19:20配信 FNN他人事ではありません。目立つカラーの車いすなので、見かけたら連絡を。車いすの盗難防止車いすから降りて少し歩けるユーザー限定の課題です。私も外出時に車いすを降りて離れる場面はあります。車いすのまま入れないトイレやお店を利用するときです。自転車用のワイヤーキーを準備したりしましたが結局使ってません。理由としては、いま利用している簡易電動 [続きを読む]
  • ホントにそんなにうまくいく?――生存バイアスの罠(リハビリ)
  • ホントにそんなにうまくいく?――生存バイアスの罠2010.10.22 DIAMOND online「生存バイアス」というのは本当にいろいろな場面で見られます。「昔は◯◯なんてなくても平気だったから◯○は不要だ」とか「◯◯をしているから××が弱くなる」病気やリハビリでもよく見受けられます。「こういう治療を受けたから病気が治った」「こういうリハビリ方法を実践したから回復した」などなどでも「その治療やリハビリ法でうまくいかなか [続きを読む]
  • 障害者本人ではなく介助者に聞く理由(共生社会)
  • 私を見て 分け隔てしないで 障害ある女性 共生のために1票2017年10月14日 夕刊 東京新聞WEB乗降サポート時は、対応する人も急いでいるため、確実に迅速に対応してもらえそうな介助者に聞いてしまうことはあるんだと思う。私も妻と一緒に行動しているとたいてい妻が話しかけられる。私が話しかけると、「あっ、普通に話せるのね」という顔をされることもある。だから、サポートしてくれる係員が来てくれたときには「おはよう [続きを読む]
  • なぜ「怒りをコントロール」することは無駄なのか?(患者の心理)
  • なぜ「怒りをコントロール」することは無駄なのか?2017.10.3 DIAMOND online日常、様々なバリアによって不便な生活を強いられている障害者は、ともすれば「怒り」や「悲しみ」を抱えて生きていくことになります。「なぜ、街なかはバリアだらけなのか?行政は一体何をしているのか!」「なぜ、みんな障害者に配慮しないのか?障害者差別解消法を知らないのか!」「障害者のためのスペースを必要もない健常者が占有しているとは何 [続きを読む]
  • 多くの人が「疑似科学」にダマされてしまう単純な理由 (患者の心理)
  • 多くの人が「疑似科学」にダマされてしまう単純な理由 2017.9.28 現代ビジネスガンに関しては、いわゆる代替治療の話はよく出てきますよね。脳卒中の後遺症に関しても「奇跡の回復をもたらす◯◯」的なものはネットで検索するとよく出てきます。いわゆる標準治療は、治験や実際の治療の実績を積み上げた結果、確立されているものです。もちろん医学は日々進歩していますから、今は実現していない画期的な治療法が将来実現する可 [続きを読む]
  • 脳出血発症から社会復帰(職場復帰・障害者の就労)
  • 脳出血発症から社会復帰1000聞は1見にしかず 2016.12.1250代で脳出血を発症、右片麻痺と高次脳機能障害を抱えてしまった方のお話です。映像では、「リハビリの目標を下げられた」と答えていました。でも「まずは家庭復帰」というのは現実的な目標設定だったのかもしれません。私の回復期リハビリ入院当初の目標は「復職」でした。でも6ヶ月のリハビリを経て「家庭復帰」をし、通院リハビリを続け、職場へリハビリ出勤ができるよう [続きを読む]
  • 健常者が車いすに乗って自分の街を歩いてみた話(共生社会)
  • 車いすに乗って恵比寿の街を散策して分かった「心の段差」with 伝える人になろう講座2017.8.11 恵比寿新聞恵比寿のwebタウンマガジンで「街を車いすの視点で見る」から始まって「その他の障害者の視点で見る」話に広がります。この記事ででてくる「街を車いすの視点で見る」の部分で著者が感じていることは、車いす利用者が日常感じているであろうことです。車いすで外出するにはそういう「物理的・心理的な障壁(バリア)」が存 [続きを読む]
  • 介護保険の認定結果通知が来ました(福祉)
  • 昨日、介護保険の認定結果通知が到着しました。「要支援2 有効期間:1年間」今まで「要介護1 有効期間:半年間」だったので介護度が低下したことになります。退院後2年経過して、自立度が向上してきたのは実感していたので、特に驚きはないですが、「要介護」から「要支援」に変更になると制度上いろいろ変わるようです。今利用している介護保険サービスは「病院通院時のヘルパー」「電動車いすのレンタル」「ベランダ用手す [続きを読む]
  • 乙武洋匡 × 玉木幸則「愛のガチ対談」(障害者)
  • 乙武洋匡 × 玉木幸則「愛のガチ対談」バリバラ 2017.4.9最近活動を再開した乙武氏がバリバラへ出演。二人の障害者の対談です。見応え、読み応えのある対談です。彼のアイデンティティにとって、不倫や政界進出は必要な行為だったのかもしれません。”僕もなんか、いま、玉木さんとお話してて、自分なりに一つ気付いたことがあって。ま、「手足ありません、一種一級、最重度の障害者です。まわりからは大変だね、可哀想だねと思わ [続きを読む]
  • ビル屋上でバーバキュー(バリアフリー情報)
  • 車いす生活になってからアウトドア系とは縁遠くなりました。発病前は毎年行っていた夏の海水浴、近所のマス釣り場、小学生男子二人がいる家庭としてはバーベーキューぐらいと思っても、バーベキュー場へのアプローチ、トイレなど車いす利用者としてはハードルが高いのです。最近はフラットな場所であれば杖歩行で大体対応できるようになったのですが、凸凹な路面、大きな段差、手すりなしの階段は対応が困難です。そんな中、京王線 [続きを読む]
  • 片麻痺でエスカレーターに乗る(奮闘しないリハビリ)
  • 天気のいい日は杖で歩行することを増やすようにしています。今日は天気が良かったので、駅のそばにあるスーパーに散歩がてらの買い物に行ってきました。スーパーの2階に100円ショップがあり、そこに行こうと考えていました。そのスーパー自体には普段買い物に行きますし、車いすで行くときは業務用エレベーターで2階に案内してもらっていました。スーパーには客用のエレベーターはありませんが、エスカレーターと階段がありま [続きを読む]