紙本櫻士 さん プロフィール

  •  
紙本櫻士さん: 行け! せんべろ探検隊
ハンドル名紙本櫻士 さん
ブログタイトル行け! せんべろ探検隊
ブログURLhttp://senbero.blog.jp/
サイト紹介文千円でべろべろに酔える店を巡礼する、せんべろ探検隊活動を紹介するブログです。いざ、せんべろ劇場へ!
自由文コピーライターです。安くて美味しい、千円前後で飲めるお店を探検してます。現在、大阪を中心に紹介していますが、日本全国のせんべろ店を探検できたらいいなぁ。と、思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/06/16 08:25

紙本櫻士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 新世界『のんきや』(大阪)立ち飲み評論家、直次郎。
  • どて焼きとおでん。 通天閣から、動物園前方面に僕たちは歩いていた。「関西弁が飛び交ってて面白いの」と、埼玉から来ているかおりんが云った。 みんな漫才師みたいなんだもの、とも。 確かに、ボケとツッコミで話してる人って、お江戸にはあまりいない気がする。新幹線に乗って京都に向かっていた時、僕の後ろのカップルの会話が聞こえてきていて、名古屋を越えた辺りから、関西弁に変わるのが面白かった。「お腹減ったね。な [続きを読む]
  • 新世界『づぼらや』(大阪)気になる巨大提灯。
  • 新世界探検 その2「山本どうしてる?」と、僕が訊いた。「山本くんは、徳島で公務員してるよ」と、かおりんが云った。「じゃぁ、モリトは?」「出版社で編集長してる」「リクルートで、みんなが会社回っていたのが昨日のことに思えるよ」「ススムは?」と、僕が訊いた。「東大の准教授らしいよ」「会社やめて大学に入りなおして、ノーベル賞とるとか云ってたなぁ」「毎日、学校で会ってたよねぇ。あの時は、山のように時間があっ [続きを読む]
  • 新世界『だるま』(大阪)私をディープ大阪に連れてって!!
  • 埼玉せんべろ隊長来阪!!「さらわれたりしない?」「たまにはな」 と、僕が云うとかおりんは不安げな顔をした。 僕たちは、新世界へ。 阪神の帽子を被ったおじさんが自転車で何やら歌いながら移動してたり(本当にいる)、賭け将棋をしてたり、派手なパンチパーマのおばさんが笑ってたり、とディープ大坂劇場の俳優たちは、いつもいい仕事をしてくれている。「いっぱい飲まへん?」と、商店街を歩いていると茶髪の若いねーさん [続きを読む]
  • 枚方『そば切り 天笑』(大阪)ミシュランの蕎麦。
  • 酒と蕎麦と幽霊。 幽霊を連れて、蕎麦を食べに行った。 チサトという若い女の幽霊だ。やり残したことで、成仏できないと言う。「やり残したことってなんなの?」 そば切り『天笑』のテーブル席に着くと、僕は質問をした。「いろいろあんのよ幽霊にも」と、チサトははぐらかす。 僕は、お酒を二種類注文した。ひとつは、ちさとの分である。「ふたつ同時に出してください。飲み比べたいから」と、僕は怪訝そうにしている店員に云 [続きを読む]
  • 枚方公園『餃子の女王』(大阪)立ち飲み餃子でせんべろ。
  • クリスマス・ストーリー。 立ち飲み餃子屋ができたらしい。 紹興酒で餃子でもと覗いてみることにした。 今日は、冬至であたりはすっかり暗かった。僕は枚方公園駅を降り、サラリーマンたちが歩く細い道に入ると、遠くに赤い提灯が見えた。冷たい風が吹いていた。 中華らしい赤い扉を開けると、中に7人くらいお客さんが飲んでいた。OLがひとり、後は会社帰りのサラリーマンたちだ。たぶん。 僕は、焼きニラ餃子と生ビールを注 [続きを読む]
  • 祇園四条『水炊き 萬治郎』(京都)危険なまんべろ探検。
  • せんべろ探検隊のまんべろ忘年会。 能楽師・辰巳満次郎氏をお誘いし、忘年会をしてきた。 秋の中秋の名月『千人の月見の宴』で、舞っていただいたご縁である。 当初僕は、四条大橋袂にある『東華菜館』などはいかがかと伝え、満次郎さんに「どこかよいところはございますか?」と、尋ねてみた。「辰巳稲荷の横に、萬治郎という水炊き屋がございます。そこは、なかなか予約がとれない店ですが」と、教えていただいた。 それはさ [続きを読む]
  • 過去の記事 …