ベイ吉 さん プロフィール

  •  
ベイ吉さん: ベイスターズの内面をえぐる
ハンドル名ベイ吉 さん
ブログタイトルベイスターズの内面をえぐる
ブログURLhttp://steely.seesaa.net/
サイト紹介文単にベイスターズ戦の感想を述べるのでなく、自分なりの考察をできるだけ客観的に述べたいと思っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/06/18 19:05

ベイ吉 さんのブログ記事

  • 気分を変えて出直そう
  • 酷い負け方だった。先発今永の出来が悪かったのだが、直球や変化球の切れとかではなく、メンタルの問題だろう。立ち上がりいい投球をしていたのが、一本打たれると警戒心が高まり強気の勝負が出来なくなっている。3回は最初から山田、バレンティンとまともに勝負していない。内角は一球も投げておらず、外角直球を踏み込まれて打たれた。こんな弱気のピッチングをされては勝てる訳がない。変則オーダーを組んだ打線は初回だけは機 [続きを読む]
  • 投打のバランスは最高
  • 昨夜の敗戦はショックだった。しかし、これは連勝が止まっただけのことで、トータルで考えて勝ちのペースが保持できるのなら、まだ十分可能性は残っていると思っている。たまたま先発投手の立ち上がりの調子が悪く大量失点をした。しかし、打線は頑張り徐々に得点をあげていった。リリーフ投手が無失点で抑えていたら同点に追いついていた。今、最高に投打は噛み合っていると思う。投手陣の頑張りでもたらしたチームの一体感は、高 [続きを読む]
  • ようやく揃ってきた勝てる状況
  • このところ見られなかった気持ちいい勝ち方であった。先発濱口は連勝の勢いに乗り、ピンチでも自分を失わない投球をした。3回の1点を取られた後の連打を許しそうなシチュエーションでも、丹念に低めを突いて後続を抑えた。4回の3連打の後も、山田に対して直球でカウントを稼ぎ、最後は内角低めのスライダーで空振りに取った。危うさを感じるピッチングを展開したが、打線が助けた。横浜の4回の攻撃は見事だった。無死で伊藤が出塁 [続きを読む]
  • まだ投打が噛み合ってきたとは言えない
  • 台風が来ている中で繰り広げられた戦い。しかし、今は野球に打ち込んでるために気にする余裕もない。そんな姿が横浜には見られた気がする。この日はチームのために急遽、中5日で先発を任された東が身を削るようにして頑張ってくれた。彼によって勝利を狙える状況が作り上げられた。立ち上がり最大のピンチを迎えたが、岡本、阿部を抑え切った。特に阿部への攻めは秀逸で直球とチェンジアップを主体に内外角を上手く攻めた伊藤のリ [続きを読む]
  • 良くなったとは決して思えない状況
  • ようやく一つ勝てた。これは先発井納のおかげだ。本当にこの苦しい局面でよく頑張ってくれた。直球の切れ、フォークの落ちもよく、伊藤の構えたところへコントロールされた球が投げ込まれた。ノーアウトで何回もランナーを出しながら、落ち着いて抑え切った。何よりも涼しい顔をして投げている姿に頼もしさを感じた。一方の吉川も好投していた。しかし、ワンチャンスを生かし筒香の引っ張らない左中間への一発で点を奪った。井納は [続きを読む]
  • チームの戦力増強を妨げている不均衡な選手の扱い
  • 今の横浜には勝てる要素がまるでない。停滞しているクリーンアップ。繋がらない打線。それ以前にチャンスに打てない。エンジンが温まるのが遅くて、ようやく終盤に帳尻合わせのように点を取る。それまで投手陣が耐えてくれればよいが、序盤に致命傷になるような失点を犯してしまう。これを毎試合で繰り返す。これでどうやって勝てるのだろうか。いくらセンターラインを固めても、ライトライン、レフトラインの守備はボロボロ。一塁 [続きを読む]
  • 必死の反撃にも報われない敗戦、感じる違和感
  • 惜しい試合だったと言えば聞こえは良いが、ストレスを感じる酷い内容であった。この原因はどこから来るのか。序盤に失点を背負い込んでしまう先発投手陣、もっと言えば、その頼りない投手たちを上手くリード出来ない伊藤捕手ということだ。投手は必死に頑張っている。その能力をうまく発揮できないのだと思う。これは選手のというよりも首脳陣に責任があるだろう。シーズン途中にトレードで意中の捕手を獲得したのは評価されるが、 [続きを読む]
  • 祭りの後の寂しさか、そんなことではない
  • あと一本が出なかった。あと一人抑えられなかった。言うのは簡単だが、ここの取り組みが横浜と広島では違うように感じる。3回、8回の絶好機も筒香、桑原、ロペス、宮崎と凡退。それに対し広島は4回、8回に鈴木、松山、西川がきっちりとタイムリーを打っている。チャンスを無駄にせずことごとくタイムリーを打つことができる。かたや殆どの場合、ファーストチャンスを無駄にする。この違いは何なのか、投手の方も、二死からタイムリ [続きを読む]
  • ここ一番の集中力
  • 筒香、宮崎、ソトの3連発というド派手な演出で試合をものにした。それは一種のギャンブルのような高揚感と余韻を残した。そういうこともたまにはあっても良いのだがもう十分だ。まっとうな戦いで勝利を掴んで欲しい。取れる時に取るという当たり前のことに神経を集中することだ。この日のオーダーは少し驚かされた。この所、そういうものが増えてきたのは、どういう心境の変化なのだろう。大和、柴田の1、2番はまぐれ当りの可能性 [続きを読む]
  • 伊藤の入団による落とし穴
  • 伊藤が移籍して試合に出場し始めて現在までの先発捕手の勝敗をみた。伊藤が先発の試合4勝13敗、嶺井の先発は5勝2敗。まさかこんなことになっているとは思わなかった。勝敗は投手の出来で決まるもので、そこに捕手のリードの介在は認めないといわれる。したがって捕手が誰であろうが勝敗には影響しない。とするならば二者に差があってはおかしい。しかし、どうみてもこの結果には有意差がみられる。試合数の違いが大きいが、この二 [続きを読む]
  • 勝負の流れを無視した采配
  • 連勝しているのになぜスターティングメンバーを代えるのか。特に嶺井から伊藤に代えたのは愚策だと言えるだろう。捕手は守りの中心、投手をリードするという大事な部分を軽視してはならない。伊藤が悪いと言っているのではなく、流れを重んじるべきである。それと打撃も右打ちを徹底していて本来の嶺井らしさを取り戻していた。桑原、石川に関しても調子の良し悪しはあるが、勝負の流れをみるならば継続して起用して欲しかった。何 [続きを読む]
  • チームに勢いをもたらす一勝
  • 予期せぬ勝利であったが、カードの最初を勝てたことは大きい。いつも通り先取点を奪われる展開で始まった。先発平良の状態は悪いようには見えなかったが、先の登板で見せた両サイドいっぱいのストライクが取って貰えない。こういう審判だと投手戦になることはあり得ない。苦しみながらも打たせて取るピッチングで4失点はしながらも崩れずに5回を投げた。なかなか安定感があり、もうローテーション投手として任せられる存在である。 [続きを読む]
  • 石川、大和の渋い働き
  • 久しぶりの勝利だ。先発今永はいつもと変わらないクオリティの球を投げていた。しかし、またしても二死から失点をする。決して悪い球ではないのだが自信の無さが球に乗り移っているかのようである。しかし、この日は打線の援護があった。それはガツンとした激辛味でなくピリッとしたベテランの味。石川、大和がそれぞれ2番と7番で打線を動かした。2回、宮崎のセンター直撃二塁打を足場に、大和が強打せずに合わせるバッティングで [続きを読む]
  • 起爆剤になる選手が必要
  • 悔しさも感じない情けない敗戦である。一時はリードを奪うが、山田はウィーランドの決め球の直球を難なくセンターバックスクリーンに持っていった。その後は勢いをつけたヤクルト打線を止めることは出来なかった。横浜はそこそこ打つものの繋がりのある打線ではなく、原樹里のシュートに翻弄された。この日のような打線では打力で勝つことは難しい。梶谷が負傷して攻撃的布陣を辞めてしまうのか。柴田を2番に上げ、ソトを6番に下げ [続きを読む]
  • ヤクルト打線を封じ込めた平良の見事なピッチング
  • 今日の試合は相手にペースを渡さないままでの会心の勝利であった。先発平良は左右打者の外角低めへのコントロールが抜群で、直球、カットボールを駆使して強打のヤクルトの勢いを奪い試合の趨勢を決めた。2回、筒香がシフトの三遊間を破って出塁し、ソトも粘って一二塁間ヒットで作った一死一二塁、大和、平良が凡退してチャンスを潰す。8番投手の打順は悪い所ばかりが目立つ。3回、桑原が緩いカーブ、外の直球をよく思いとどまり [続きを読む]
  • まだ捨てたもんじゃない
  • 試合には負けたが、勝ちに匹敵する素晴らしい粘りをみせた。先発今永は直球は走っていたが、何故かその直球を滅多打ちにされた。いつものように見えたが、微妙に違っていたのかもしれない。前半で早くも3失点し途方に暮れた。4回からは直球を捨て球にして変化球で打たせて取るパターンに変え生き返ったが、そのバッテリーの判断は称賛できる。攻撃はまた後手を踏むのであるが、一貫性を欠く打者の姿勢が出足の遅い攻撃となる。2回 [続きを読む]
  • チーム力の違いを感じた試合
  • サヨナラ勝ちした試合の興奮が冷め止まぬ翌日、まったく勢いの持続性を感じない戦いを繰り広げ、無残に負けた。試合前半にある程度の失点を先行されると、それを取り返す術を失う。決して戦力に問題はないのに点が取れない。一気に返済しようとする必要はないのに、強行をして併殺網にかかってしまう。結局は一発攻勢に頼ってしまう。というようないつものパターンに陥ってしまっていた。先発京山は立ち上がり直球、チェンジアップ [続きを読む]
  • 一丸になって掴んだ勝利
  • 筒香が戻ってきた。とはまだ思えない。確かに5本と異常な数のヒットを放っているが、肝心の打点は1点しかない。その中では7回に放った一打はゴロで右中間まで達する強い当たりで復調の兆しを感じさせた。この日はチャンスメーカーとして働いていたが、ポイントゲットの場面では凡退していてまだまだこれからだという思いがする。現時点では宮崎の方が4番に向いている。試合は6-3から9回土壇場で山崎が打ち込まれ悪夢のような同点と [続きを読む]
  • 頼りのない4番打者
  • 僅差の試合であったが、緊迫したものを感じはしなかった。10安打放って活発な読売打線と、3安打しか打てずラッキーパンチで1点差に迫ったものの、出塁そのものがなく手掛かりが掴めない横浜とでは勝負にならなかった。やはり予想通り打線のテコ入れは行わなかった。しかし、予断を許さない状況ではないかと思うのだが、どうなのだろうか。監督は8月に大反撃を宣言しているが果たしてできるのだろうか。もしそれが出来ない時は進退 [続きを読む]
  • 筒香から4番を外すべき
  • この所、試合の前半にランナーを貯めての手痛い一発での大量失点で負けた試合が多い。バティスタの満塁、吉川尚の3ラン、岡本の3ラン。まだ反撃のチャンスはあったはずなのに、跳ね返すだけの打力がない。リスクを負いながら攻撃的布陣を組んでいるのに効果が発揮されない。そもそも、3、4番が機能していない。ロペスは復帰間もないから仕方がないが、筒香はどうしたのか。今、打席に立つ姿を見てもまるで期待感が沸かない。専門的 [続きを読む]
  • もはや読売にも内野守備は狙われている
  • 試合を決したのは2回のスリーランであり、井納に責任があると思う。しかし、勢いは最初から読売にあった。打者は積極的に早いカウントから攻勢をかけ、ことごとく上手く打たれた。その背景にあるのは横浜の内野守備の拙さであったと思う。二遊間、三遊間の甘さ、そこをうまくつかれたというより、狙われた感じがする。しかも井納のフィールディングの拙さが加わり、内野ゴロが転がるとほとんどヒットになってしまう印象であった。 [続きを読む]
  • どうする横浜
  • 広島戦を1勝1敗で切り抜け、さあ8月攻勢だと期待している方もいる。しかし、必ずしもそうではないかと思う。つい最近まで貧打で苦しんでいて、6番以降が機能しなかった打線。ようやく打てる捕手の獲得とソトをセカンドに使うことで、攻撃的な打線を構築した。ところが、広島戦でソトの守備の不安が明らかになってしまった。こうなるともうセカンドでは使えないことは確実である。もし使えば狙い撃ちにされるだろう。さてこれで振 [続きを読む]
  • これまでと違う伊藤を垣間見た
  • 前日10安打した広島打線を一転して4安打に抑えた。先発京山は良く回転のかかった直球をメインに5回を抑えた。そしてバッテリーを組んだ伊藤は少し変わったように感じた。これまでのように追い込んでズバリ勝負する配球でなく、少しマイルドな感触であった。ほとんどの打者に対してボールから入り初球狙いをさせず、カウントを整えて勝負していった。3-2カウントが増えて四球も多く出したが、被安打も減らしている。それと強く投げ [続きを読む]
  • 連勝の勢いを感じない酷い試合
  • 記録的な二度の満塁本塁打を被弾した酷い試合だった。先発ウィーランドは球威はあったがコントロールが悪かった。初回二死を取りながら丸、鈴木を歩かせて阿部を迎える。0-2と追い込みながらあっさりとタイムリーを許す。どうもこのところ追い込みながら打たれるケースが増えている。0-2で勝負するのは悪くない。ただ、そこで勝負するならゾーンギリギリの球か、自信のある球である必要がある。勝負の分かれ目はやはり3回。簡単に [続きを読む]
  • 嶺井が陰の功労者
  • またもや、ぎりぎりの接戦をものにした。しかし、勢いのあった中日打線を鎮められたのは奇跡ではないということだ。着実に武藤、田中健、三島、パットン、山崎がそれぞれの役割を果たしたからなのだ。先発平良は立ち上がり素晴らしい投球を見せていた。球は速くないのだが微妙に変化する直球、シンカー、カットボール、カーブ。これらの球を駆使して凡打の山を築いた。しかし、4回あたりから変化球のコントロールを失い、高めにい [続きを読む]