ベイ吉 さん プロフィール

  •  
ベイ吉さん: ベイスターズの内面をえぐる
ハンドル名ベイ吉 さん
ブログタイトルベイスターズの内面をえぐる
ブログURLhttp://steely.seesaa.net/
サイト紹介文単にベイスターズ戦の感想を述べるのでなく、自分なりの考察をできるだけ客観的に述べたいと思っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/06/18 19:05

ベイ吉 さんのブログ記事

  • ぎりぎりのところで留まった熱い戦い
  • 貧打の打線がうって変わって打ち出した。打撃は水物そのとおりである。突破口を開いたのは梶谷、ソトであった。左中間二塁打の梶谷をレフト線へのタイムリーで還して先行し、次の筒香に望みを託すが、こういう場面でつくづく打てない。1点のリードで追加点が無いまま5回まで過ぎていく。その間、反撃を許さないウィーランドの力投があった。直球の切れとコントロールは抜群で伊藤の構えたところにズバズバ決めていた。ウィーランド [続きを読む]
  • 厳しい状況
  • 厳しい状況であることは確かである。開幕からレギュラークラスの選手が揃わなかった中で、何とかチームは崩壊せずにやってきた。ところがここに来て打線に綻びが生じている。特に起爆剤としての神里、梶谷というところの不調。これまでどちらか一方は好調を維持していた。これがどちらもダメとなると極めて厳しい状況だと思う。昨夜のように初っ端に3点のビハインドを背負ってしまうと、これを跳ね返す力はない。こういう時こそ控 [続きを読む]
  • 試合の流れを変えた二つのプレイ
  • 世界が凍り付いてすべてが止まってしまったように感じた。バリオスの予定外の負傷で負けを覚悟した試合。それでも武藤、須田、加賀、パットンと初めてバッテリーを組んだ伊藤が試合を作り、僅差ながらもリードしてクローザーの山崎にバトンを渡した。伊藤の振る舞いは文句の付けようが無かった。リード、キャッチング、送球、打者との駆け引きどれをとっても一級品だった。バッティングも力感のあるフォームをしていて今後が楽しみ [続きを読む]
  • 後半戦に向けて思う事
  • 前半戦の反省。シーズン当初は神里、宮本、楠本らが盗塁を次々に決めていわゆるスモールベースボールを打ち出した。その勢いに乗じて8連勝という突拍子もない事を成し遂げる。しかし、安定性のない若手の打撃力、守備力の綻びがその快進撃を止める。その後、絶好調のソトと復調した梶谷を1、2番に置くことで発生する起爆力が打線を蘇らせてパワーベースボールを展開した。これも、梶谷、ロペスの離脱により長くは続かなかった。そ [続きを読む]
  • どうしても見逃すことは出来ない事柄
  • 今永は良かった。打線は今一歩及ばなかった。勝てなかったことを後悔しても仕方ない。このようなコメントをラミレス監督は残している。しかし、本当にそれで良いのだろうか。打つべき手は打ったのだろうか。気の利いた采配はしたのだろうか。主観的には疑問符を付けなければならないところはある。まず、今永の調子は今年一番だと言えただろう。直球のスピードと伸び、これが最高であった。そしてコントロールも良かった。唯一の失 [続きを読む]
  • 噛み合っていた投打の勢いを止めた稚拙な采配
  • ここ最近投打が噛み合ってきていたが、選手の見極めを間違えるとこのような悲惨な結果になる。ウィーランドはコントロールが悪く、5回で6失点とどうしようもない状態であった。すでに99球と降板してもよい時期であったのに、6回のマウンドに上がった。行けるところまで投げる気でいたのだと思うが、交代のタイミングがワンテンポ或いはツーテンポ遅れたと言わざるを得ない。ヒットのランナーを出してから二死まで抑えた。この辺に [続きを読む]
  • 佐野の起死回生と勢いを止めた砂田
  • 必勝の意識を持って臨んだ試合だったと思う。先発バリオスはこの日も好投して最少失点で抑える。特に1番大島を徹底的に抑えて足を使わせなかったのは大きい。しかし、5回二死から平田を歩かせ、盗塁を警戒するあまりカウントを悪くしてビシエドまで歩かせたのは如何なものか。それだったらもっと平田に慎重になるべきであったろう。結果、アルモンテのタイムリーを呼んでいる。横浜は1、4回に宮崎、ソトの本塁打でリードを取り続け [続きを読む]
  • 勝利に向けて投打が噛み合った試合
  • 二日間、雨で試合が流れてようやく野球が出来た。このところ調子が上がっている打線と、ファームで勢いをつけて上がってきたばかりの井納投手。どうしても期待してしまうところであった。井納は期待通り、切れのある直球を軸に、フォーク、カーブ、スライダーを駆使して得点を与えなかった。右打者に対してシュートしてくる直球が内角に決まると詰まってしまっていた。それほど直球には威力があった。ただ制球が今一つであり、結果 [続きを読む]
  • ようやく様になってきた打線
  • 打線が良くなってきた。特にクリーンアップへ繋ぐ2番打者と下位を盛り上げる6番打者が充実してきた。乙坂はヒットは打っていないが、流れを左右する場面でいい働きをしている。1回、二塁打桑原を意表を突いた初球バントで送る。これが投手の野選を誘発して一三塁を作る。4回、一死満塁で三塁ランナーは桑原の場面。ここで1点取れるかどうかは後に大きく影響する。どういう判断だったのかは分からないが、結果的に乙坂はゴロゴーが [続きを読む]
  • 復活を感じさせる戸柱の活躍
  • 前の試合の逆転負けの余韻がある中、3回の集中打などで5点を奪い有利に試合を進めた。しかし、まったく安心感は無く、先発のウィーランドはただ力投を続けた。しかし、長野の2ランで3点差に迫られ、嫌な雰囲気が漂っていた。ゲームが動いたのは7回。前の回に亀井に大飛球を打たれ、桑原の大ファインプレイで無失点に抑えているが、ウィーランドは限界に近かった。案の定、四球と二塁打で無死二三塁と攻められ、代打阿部に内角直球 [続きを読む]
  • 明らかな配球ミスによる敗戦
  • 昨夜の敗戦はショックが大きかった。そのために一時思考する気が無くなった。理想的な点の取り方で4-2とし、後は7回からの3イニングを抑えればよい。試合の流れは横浜にあり、どう考えても勝ちパターンであった。問題の7回だが、この回から三島に代わりマギー、岡本と打ち取り二死、簡単に終わるものだと思った。しかし、亀井を歩かせ長野にヒットを打たれて交代。ここで気付いたことは、直球が少なくスライダーばかり配球している [続きを読む]
  • 投手の心理状態を無視した申告敬遠
  • 見せてはいけないものを横浜ファンに見せてしまった。1-15。こんな一方的な大差をつけられて負けることは許されるものではない。どこかで打線の逆襲が見られなければ納得できない。しかし、打線は点を取るのを放棄したとみられる。それほどの酷い内容であったということだ。元凶は同点で迎えた3回の濱口のピッチングになる。ワーストタイ記録と並ぶ4連続押し出しを含む1イニング7四死球というノーコンぶりを示した。本人の責任であ [続きを読む]
  • 旬なバッターを使い切れない采配
  • 薄氷を踏むようにして得た勝利であった。先発の東はコントロールが不安定で、再三ランナーを出しながら直球の威力で崩れそうなのを留まった。対照的に野村は安定感があり、どうみてもこちらに軍配が上がる気配であった。打線の方は繋がりが無かった。昨夜活躍した神里、柴田などまるで働かず、乙坂や佐野は起用さえなかった。結局、6回、三塁線二塁打で出塁した宮崎を置いて、筒香のライトオーバー本塁打による2点しか得点できなか [続きを読む]
  • 起爆剤としての乙坂の活躍と、エラーの呪いを解いての勝利
  • まさかのサヨナラ勝ちであった。昨日の流れからどう見ても勝てそうな試合ではなかった。打線は上向いているとは思っていたが、エラーで負けた余韻が渦巻いていて、その呪いが解けないまま中盤まで経過していた。昨日のエラーの当事者である柴田、神里やエラーに等しい守備の宮崎はやはり元気が無く、それまで凡退を繰り返していた。1-4のまま終盤を迎え敗色濃厚であった。ところがここから一気に流れが変わる。その起爆剤は乙坂。8 [続きを読む]
  • 考えられないミスによる敗戦
  • 打線は蘇ったと書いたが、なかなか思う通りにはいかない。ただ、1回に先取点を取ったのはそれぞれがきちんとバッティングをしていて、最低限の仕事をした結果だと思う。このペースでいけば勝てる可能性は大きかったが、守備のミスが流れを狂わせた。4回一死から糸井に二塁打を打たれたが、陽川をサードゴロに仕留めた。しかし、宮崎の送球が遅れたのはある意味ミス。リプレー検証でアウトになったが間が空いてしまったのが次への伏 [続きを読む]
  • 蘇ってきた打線
  • 試合は負けたが決して悲観することはない。その理由は打線が繋がりだしたからである。正確には1〜5番を打つ打者に確実性が出てきて、一発が無くても得点できるパターンが出来上がりつつある。後は6番以降が機能すれば面白い打線になる。昨日に引き続いて6番に起用された中川は完全なブレーキになってしまった。私はラミレスがなぜ中川を起用し続けるのか理解できない。前の試合での精彩の無さに懲りずに、セカンドチャンスを与えて [続きを読む]
  • レギュラーとして攻守両面に精彩のない中川
  • いい雰囲気を持って臨んだ試合であった。苦手メッセンジャーに対しても太刀打ちできそうな感じであった。初回から一二塁と攻めてもう一歩であり、4回は敵エラーも絡めて一死一三塁と絶好なチャンスを得た。筒香も良く三塁まで走った。しかし、中川が何もできなかった。こんなチャンスはめったにないのだから、死に物狂いで犠牲フライでもスクイズでも何とかして欲しかった。先発バリオスは絶妙のピッチングを展開し、5回までパーフ [続きを読む]
  • 印象的だった関根のヒーローインタビュー
  • 昨日の関根のヒーローインタビューは印象的であった。「自分に残されたチャンスは少ないと思う。」「自分に与えられた仕事をやろうと思って、そのための準備をずっとしていた。」「2軍にいる時もレギュラーを取るということを決めてやってきた」いつものぬるいインタビューとはまったく異なっており、ファンばかりでなく選手たちにも強烈に響いたであろうメッセージであった。これを聞いて選手たちはどう思ったのだろうか。主力が [続きを読む]
  • 勝負を決めた関根、乙坂、柴田の実力
  • 後半戦が始まって勝ちがまだない横浜は、重苦しい雰囲気を抱えて試合に臨んだ。こんな時は得てして攻撃が上手くいかない。1,2回の決定的なチャンスを拙い攻めで潰し、結局6回に放った筒香の本塁打しか得点にはならない。そんな中、先発濱口は孤軍奮闘して、再三のピンチをギリギリのところで食い止めた。結果6回を無失点に抑え切った。被安打6本も打たれているところをみると、かなり苦労していたことが分かる。7回はエスコバーが [続きを読む]
  • 試合を決定づけた捕手の力量
  • 勝てる要素が強かった試合である。しかし、重大な局面でのエラーや配球ミスにより勝利を失ってしまった。この所、打線は良くなってきている。大量得点こそ望めないが基本に忠実な戦法でコツコツと1点ずつ得点している。3-1とリードをとり勝利出来る気配があったはずである。しかし、東は6回、四球とヒットで作られたピンチに高橋を抑え切れずに1点を献上して降板。球数97では少し早いが、打たれたカーブは決して悪い球ではなかった [続きを読む]
  • 打順の固定により良くなる打線
  • ようやく良くなってきたと思う。残念ながらサヨナラ負けを期してしまったが、尾を引くようなことはないだろう。石田は立ち上がり不安定さを露呈したが、徐々に自分の直球に自信を持ち始め立ち直った。7回、105球と今後に期待を抱かせる内容であった。打線もようやくある程度の見極めが終わり、打順が固定されてきた。懸念だった1,2番に神里、桑原が、3、6番に佐野、山下が抜擢されて、各打者が少しずつ自分のバッティングをするよ [続きを読む]
  • 勝利への強い思いを投げた飯塚
  • どう見ても負けている内容の試合が勝ってしまったのは、飯塚の要所を締めたピッチングとツキをも味方につけた気迫であった。毎回ランナーを出してピンチを迎えていたが、1回以外はすべて併殺で切り抜けるという神がかりな投球であった。併殺に仕留めた決め球も光っているが、勝ちたいという強い思いが込められていた。ただ、そういうピッチングをすれば消耗も早く、5回投げるので精一杯であったのだろう。打線は相変わらず機能しな [続きを読む]
  • 打線の骨格は固定すべきなのではないか
  • この所勝てなくなった。レギュラーでない打者が大半で確実性のない結果を出しているからである。各打者は成果を出せば継続、出さなければ引っ込められる。また、適応性をみるために打順がコロコロ変わっている。昨日の試合のようにサウスポーのときには右打者を優先して起用している。これらの事が重なって各打者は落ち着いて打撃に集中できていないように感じる。だが、そろそろある程度の見通しをつける時期ではないかと思う。ク [続きを読む]
  • 神里の臨機応変な対応能力
  • 前の試合とうって変わって投手戦になり、ほとんどチャンスがないまま無得点で終盤に向かった。先発濱口は要所を抑えて7回を2安打101球で投げ終えた。8回から後を継いだパットン、砂田、三島はそれぞれ1イニングずつ役目を果たした。9回に山崎を使わなかったのは、先攻であったのでセーブの取れるチャンスが来るまで温存したのだろうが、それは悪くない考えだと思う。延長11回、無死から大和が四球で出塁し二塁に送られる。二死後、 [続きを読む]
  • 繋ぐ野球で活路を拓け
  • 安打数が上回っていながら負けた。オリックス9本に対して横浜11本。いかに効率が悪かったかを象徴する。チャンスに打てない、打線が繋がらないということだ。根底には1軍での実戦経験の少ない選手が多く起用されているためであろう。平時には打てる素質は持っているが、一たび、チャンスに遭遇すると委縮してしまうのか、思うようにバットが振れていない印象だ。対照的にオリックスは二度のチャンスに打線が集中している。打者は大 [続きを読む]