みかん さん プロフィール

  •  
みかんさん: ANOTHER DAYS
ハンドル名みかん さん
ブログタイトルANOTHER DAYS
ブログURLhttps://ameblo.jp/oraichi/
サイト紹介文吉恋、スイルム、誓いのキス等乙ゲーの二次小説中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/06/18 22:01

みかん さんのブログ記事

  • オーダー:2 (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • before********************** 「…まぁ座ったら。」 そう言ってわざわざ隣から椅子を持ってきたのは剛史だった。 ご指名を受けた一護はもちろんオレ達は…彼女に確かに驚きかなりどん引きしたけれど 声も言葉も堂々とハキハキとしてはいるものの、肩先も足も震えている 頬どころか耳まで真っ赤に染まっている。 「…。」 この子何か訳あり? 変わり者が現れたとその一言では片付けられない ハイハイサヨナ [続きを読む]
  • オーダー:1 (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • ********************** 全てが途中放置になってしまっていて情けないそしてコレもそうなるのではないかと思いつつ妄想するまま書き残す。似たような話書いたかも。でも違う。 ********************** 「…は?」 は… 一護がぽか〜んと口を開けてしまうのも致し方ないと思う。だってオレと剛史だって彼女の発言に呆気に取られた。 「お願いします!」 「…ハァ?」 これは嵐の幕開け [続きを読む]
  • Lilly:1 (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • ********************* 華道家のリリィさんは全くの無関係。 ********************* 「大和さん、食事の用意が出来たよ…大和さん?」 「え?あ、あぁ分かったすぐ行く。」 「何してるの?何か捜し物?」 早めに仕事を終えたと いつもより帰宅の時間が早かった。 まだ夕食の準備の途中で 私は慌てて食事を用意したわけだけど そのあいだ 大和さんは寝室に籠もりっぱなしで。最近忙しか [続きを読む]
  • アンケートありがとうございました。
  • ********************* 腰やら背やらが痛いみかんです ども。 2018上半期アンケートご協力いただきありがとうございました。 まさか二桁もの人が投票してくれるなんてね…←一桁だろうと思っていた 結果はリンク貼りましたけど(投票された方のみ観覧可) まぁやはりというか1位はこれでした。どん。 「ラブストーリー:Long:鴻上大和」 多分だけど、うちにいらっしゃる方大体が鴻上先生目当てなのだよね [続きを読む]
  • 上半期妄想アンケート:11しか書いてないけど。
  • ********************** 気づけば7月も終わりですね…あっという間に正月が来るなと感じているみかんです ども。 たまにこういうのしたくなります。はいどん。 上半期妄想話アンケート(どの話が印象に残っていますか) ↑リンク貼ってます っつっても今年1月から現在までたったの11しか話書いてない(゜д゜;)w。 前半は大和の長編に時間を費やしていたのでまぁ…今の私にはこんなもんなのかなぁ。 ま [続きを読む]
  • 私の夏の定番イベントになりました。
  • ************************ 毎日暑いですね 日々ドロドロと溶けて泥になりそうなみかんです ども。 こんなに暑いなか 更に熱い場所に行ってまいりました。どん。 2年連続参戦です。 本人達来ないんでしょ、なんて呟かれそうですが、まぁそれはそうなんですけど 年一度の彼らが作り上げた演出を全身で楽しもうと足を運びました。 実際今、街の状況が状況なので 開催されるのか 私は会場までたどり着けるの [続きを読む]
  • 光のロンド (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • ********************* なんとなく。 ********************* 「ハイどうぞ。」 随分とテンション高く ***は俺に小さくて細い線香花火を差し出した。だけど俺があからさまに嫌な顔をしたらハッとして 「あ。そか。いっちゃん線香花火嫌いなんだっけ。ポトッと落ちる瞬間がイヤなんだよね。」 クスッと笑いながらすぐに納めた。 「ああ。思い出したか。」 「私は好きだけどなぁ。ま、いい [続きを読む]
  • Stay:10 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************** 「あれ。」 「え?あ…」 遼ちゃん…。 ナースステーションで一人事務仕事をしていた私は白衣の遼ちゃんの声に顔を上げた。 「今日夜勤か。」 「うん。そう。遼ちゃんも…あ、ごめんなさい。」 不意な事だとつい敬語を忘れてしまう。ハッと口を押さえ焦る私に遼ちゃんは首を振りながら笑った。 「良いよ。誰も居ないし。そ。俺も夜勤当番。」 そう言ってチェアを引き傍に腰を [続きを読む]
  • Stay:9 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before*********************** 「一護!!」 「…っるせぇな!!」 親父にバレた。留学…断ったこと。 サトウ洋菓子店に親父が復活しても 俺が店に戻っても 休みの日には顔を出していた。手伝いに…来ていた。 「せっかくの話を無駄にしやがって!お前何様のつもりだ!!」 店を終わらせ さぁ夕飯を食おうとリビングに上がれば 親父がビール片手に俺を睨んでくる。何を言い出すかと思えば今更留学の話… [続きを読む]
  • 君のヴァンパイア (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • ********************* 悪気はねーんだよ こういう男なんだよ…しょーがねーよ… 「ッチ…」 言い聞かせていた。ずっと頭ん中で。胸の中で。 「一護、貧乏揺すりすげーけど。」 頬を引きつらせた剛史にそう言われたって 「眉間に皺寄ってるから。」 苦笑いのハルに指摘されたって 「ッふぅ…」 どうしよーもねー。無意識にイライラは募り 身体が熱くなるのが分かった。 だからまた頭ん中で胸の中で何度も言い [続きを読む]
  • よろしく哀愁 (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • ********************* 何故今これを書きたくなったのか。 吉恋長編DISTANCE一場面。ハル目線。 ********************* 「一護っ」 一人帰路に進む一護を追いかけたオレと剛史。 三日前、***がこの冬 福岡に引っ越す事を知った。 オレ達は言葉を失い 一護は***との桃色の未来を失う羽目になった。 別れを切り出した一護に ***は言ったらしい。 『嫌だって言ったの。…だからまだいっち [続きを読む]
  • ★モテ期な嫁:2 (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • ******************** ・タイトル前★しるしは大人表現有の意。before******************** 「ねぇ大和さん何か怒ってる?」 「別に。」 気のせいなの なんか機嫌悪い…。 LIからの帰り道 大和さんをどこか素っ気なく感じた。 いつもどおり歩幅は合わせてくれるし 車道側を歩いてくれるし 会話もそれなりに。何がどう違うって言えないけれど 「…なんかイライラしてる?学校で何かあった [続きを読む]
  • モテ期な嫁:1 (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • ********************** 「…結婚…しているので…」 本当は独身なんだけど。 「え、ウソ、人妻?」 「ハハ…」 「ウソだぁ〜。指輪してないじゃん。」 「ゆ、指輪…」 偽装の妻なんだから 指輪なんて無いし 「結婚している雰囲気ゼロだけど。ホントに?」 「…。」 既婚者だとどんな雰囲気になるんだろう。落ち着いているとか?何かどこか余裕があるとか… 「信じられないんだけど。」 「…ご、ごめんなさ [続きを読む]
  • 七夕のお願いごとは何?
  • 七夕のお願いごとは何? 7/3.4.5.6 沖縄!!!真っ青な空と真っ青な海希望!!頼む!!晴れてくれ!!          7/7は別に晴れんでもええから。ポツリ#七夕2018 をつけてブログを書くと!?あなたのブログに何かが起こる!詳細を見る [続きを読む]
  • Stay:8 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************** 「…雨、やまないね。」 シトシトと降り続く雨は 窓際の席に座った私たちの目に容易に映り 「そうだな。」 アスファルトに落ちる音さえも耳にする事が出来た。 この喫茶店はなんの音楽も流してはいなかったから ふぅ… 遼ちゃんがタバコの煙を吹く その呼吸も私の耳に入る音になった。 「…あ、ねぇ遼ちゃん今付き合っている人いるの?」 そうそう、これを聞かなくっちゃ。 あ [続きを読む]
  • 不意に恋 (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • *********************** 日常の一場面。とっても短い。ハルくん目線。 *********************** ある日のクロフネ。剛史はいない。オレと一護はコーヒーと漫画でまったりと時間を過ごしていた時の話だ。 シャララン シャララン 「…っんだよ。面白ぇとこなのに。」 ブツブツ言いながら 一護は携帯のメールをチェックした。 一護の携帯の受信音は 音符が宙を跳ねたような 煌めく何 [続きを読む]
  • Stay:7 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************** 「え…私が?」 「昔からの知り合いなんでしょ?お願い!!」 知り合い…まぁそうなんだけど…。 同僚からの突然の頼み。職員用の食堂でお昼を食べていた時だった。 混雑しているフロア 人をかき分け 狭狭しい通路をどうしてそうまでしてここを目指しているのかと不思議に思っていた薄曇りの正午 同僚は 隣に座っていたナースとのあいだに無理矢理体を入れ強引に腰を下ろす。 [続きを読む]
  • ★Stay:6 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • *********************** 限定にはならなかった… before*********************** 「キャァ!!」 バフッ!! 部屋に入った途端 腕を掴まれ ベッドに放り投げられた。 これでもかっていうくらい。…こんなに乱暴に扱われた事 初めてなくらい。 「自暴自棄ってやつ?」 「え…」 力任せに放り投げられ どれ程無様にベッドに跳ねただろう。 現状に未だ思考が着いていけなく 巻くし上 [続きを読む]
  • ある日の一場面
  • *********************** 美容院で髪を染め頬に液がついたからと言ってスポンジで拭いてくれたアシスタントさんありがとうでもそれシミなのよ みかんです。ども。 先日…長男の体育祭がありました。 高校生の体育祭は毎度の事ながら迫力がありますね。 騎馬戦なんても〜恐ろしいほどでしたよ特に女子が。 たかが体育祭と思うんだけど まぁ熱い熱い、ガチなんですもん。 日頃の鬱憤でも晴らしているのでしょ [続きを読む]
  • Stay:5 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************** 「これ預かったよ。」 パサッ オレはため息交じり財布から福の湯回数券を取り出し テーブルに置いた。 「…預かったって…」 一護がチラッと剛史に目を向けながら聞く。だからオレは 「正しくは『貰った』。だけど剛史に渡して欲しいって意味だと思ったから『預かった』。」 そう嫌みっぽく言い 胸の前で腕を組んだ。 「…『もう、福の湯には行きません。』って意味だな。」 [続きを読む]
  • Stay:4 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************** 「ん。良いんじゃね。これ 先にプレートにソース。アングレーズとフランボワーズ。」 「ハイ!!」 次から次へと仕上がるドルチェを目で確かめていく。ラストの彩りも後輩に任せている。 「…ちょいソース待て。そこのプレートでやってみて。…おい それダセーわ。」 偉そうに指示しつつも…つい何年か前まで俺も冷や汗かきながら手間取っていたのを思い出せば 「こう…なんつ [続きを読む]
  • ★Stay:3 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before*********************** 「…もう上がりたい…」 「今浸かったばっかだろ。ダメ。」 ダメダメばっかりなんだから いっちゃんは…。 火照った顔も体も隠しきれなかった。 「ふぅ〜。あ〜気持ち良いぃ。疲れが取れるよな。」 「ハハ…」 余計疲れたよ私はもう…。 チャポン… 結局 いっちゃんに手を引かれ浴室に向かった。 恥ずかしがる私を気にもせず…いや、分かっていたからこそかも 『要らねーだ [続きを読む]
  • Stay:2 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************** 「へ〜…剛史の奴、まだより戻してねーの…」 「え、それって より戻す可能性有りってこと?」 「さぁ。なんとなく。おかわり。」 「あ、はい。」 甘いムードを吹き飛ばしてしまった私の空腹だったけれど いっちゃんはいっちゃんでお腹が空いていたんだと思う。 ハンバーグはペロリ。それからも箸が止まらないもんね。 「ねぇ、タケちゃん何かナナの事言ってない?」 親友のナ [続きを読む]
  • ★Stay:1 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • ********************** 長編『PRIDE』の続き。 吉恋長編の社会人編、です。 なかなか時間が取れず更新も間々なりませんがお付き合い頂けたら幸いです。 全体的に暗かった『PRIDE』に比べ わちゃわちゃとした雰囲気に仕上げようと思っています。そして大人表現を多数入れ込むつもり(微糖だろうけど)です。タイトル前★しるしは大人表現有りの意…しょっぱなから。 ******************** [続きを読む]
  • しあわせな多忙
  • 風邪ひきましたみかんです ども。新しい部署に配属されて早10日GWがあったので約一週間ですがえぇ 毎日毎日残業を強いられております(・∀・)アハ。部署によって忙しさが違うもんですね前の部署では暇を持て余すほどでしたが今の部署はアッと言う間に時間が経ち それでも時間は足りず残業残業残業…しております。会社のトップが席を置く部署なので仕事量がハンパなくてでも誰にでもなんでも相談できるし一緒にパソに向かって考え [続きを読む]