KYM51 さん プロフィール

  •  
KYM51さん: 山に登ろうよ!  週一登山をノルマに
ハンドル名KYM51 さん
ブログタイトル山に登ろうよ!  週一登山をノルマに
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/atom1751328
サイト紹介文年52回の登山を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/06/19 17:15

KYM51 さんのブログ記事

  • 三ツ峠山 2018年37座目 その1
  • 6月9日。本日登るおヤマは 日本二百名山 の 三ツ峠山 1,785mです。山梨県都留市、西桂町、富士河口湖町の境界にある開運山・御巣鷹山・木無山の3つの頂上の総称です。駐車場のトイレも、男性用・女性用・障がい者用と三つのピークとなっていました。本日のコース さくら公園駐車場 → 開運山 → 木無山 → さくら公園駐車場 距離 12.7km 累計標高差 1238m出発 7時35分 下山 13時45分こちらはトイレではなく、本物の三ツ [続きを読む]
  • 空木岳 2018年36座目 その4
  • 6月2日のヤマノボリの続きです。北アの燕岳を思い出させる中アの空木岳です。空木平カールを歩いている人がいないか、探してみますが、発見できず。美しいルートですね。次回来る時には空木平カールを歩いてみたいです。12:25 この辺りで標高2700mなのだが、市街地がすぐ近くに見えています。不思議な感じです。低いハイマツ地帯に点在する大きな岩が絶妙に配置されています。12:30 おっ! 宝剣岳がやっと姿を見せてくれました [続きを読む]
  • 空木岳 2018年36座目 その3
  • 6月2日のヤマノボリの続きです。10:45 駒石に到着。巨大さが伝わらないのが残念・・・半分位の高さまでは登れそう。時間が無いので登りませんが・・・次に目指すピークです。10:50 空木平にある避難小屋が見えました。結構大きな建物です。頂上がまたガスに覆われていきます。ガスの流れが速いです。良い景色ですね。空木岳から木曽駒ケ岳へ向かう稜線ですが、東川岳の間はかなりのアップダウンがありそうですね。10:55 頂上 [続きを読む]
  • 空木岳 2018年36座目 その2
  • 6月2日のヤマノボリのレポの続きです。イワカガミの群落が続く登山道です。8:05 道は段々と急になってきました。あれれ? さっきまでキレイに見えていたのに・・・ ガスが湧いてきちゃった・・・8:20 ハシゴや鎖が連続・・・危険ではありませんが、疲れる〜8:30 最後にここを登って、鎖場終了。8:35 雪が現れ始めました。8:45 左手に見えるのは南駒ケ岳!? 残雪タップリです。よそ見は危険です。9:25 登山道にも残雪が現 [続きを読む]
  • 空木岳 2018年36座目 その1
  • 6月2日。本日登るおヤマは 日本百名山 の 空木岳 2,864mです。長野県駒ヶ根市、飯島町、大桑村にまたがる山で、木曽駒ケ岳山群以外では中央アルプスで最も標高の高い山です。標高 1390m地点からのスタートですが、それでも頂上との標高差は1500m弱。厳しいヤマノボリとなりそうです。駐車場からは南アルプスの姿がうっすらと見えています。本日のコース 林道終点駐車場 ⇔ マセナギ ⇔ ヨナ沢の頭 ⇔ 駒石 ⇔ 空木岳距離 18.8k [続きを読む]
  • 黒岳 2018年35座目 その2
  • 5月27日のヤマノボリのレポの続きです。10:15 釈迦ヶ岳から黒岳へ向かいます。遠いような・・・ 近いような・・・ 微妙〜な距離です。どんべえ峠まで180m程、標高を下げます。新緑の森が続きます。11:15 どんべえ峠を過ぎて黒岳の表記がようやく現れました。森の中に射し込む光が美しい。どんべえ峠から黒岳へは300m以上の登り返しです。人と全然会わないので余計にキツク感じます。12:15 しばらくぶりに人の姿を見ました。 [続きを読む]
  • 黒岳 2018年35座目 その1
  • 5月27日。本日のおヤマは 日本300名山の 黒岳 標高 1,792.7m山梨県南都留郡富士河口湖町と山梨県笛吹市芦川町の境界に位置する山で御坂山地の最高峰です。上芦川林道の駐車場からヤマノボリを開始します。広〜い駐車場です。本日のコース 上芦川林道駐車場 → 釈迦ヶ岳 → どんべえ峠 → 黒岳       → 上芦川林道駐車場 距離 12.0km 累計標高差 1163m出発 8時05分 下山 14時05分まずは舗装路で200m程の標高差を [続きを読む]
  • 檜洞丸 2018年34座目 その3
  • 5月20日のヤマノボリのレポの続きです。10:22 檜洞丸のテッペンに到着です。檜洞丸に登ったらぜひ青ヶ岳山荘まで少し下ってみてください。頂上からは見えない展望が広がります。今日は相模湾がきれいに見えました。真鶴半島や大島なども・・・青ヶ岳山荘の屋根は真っ青です。ここからコースタイムで3時間の蛭ヶ岳。近そうに見えるが、遠〜い・・・10:30 再び、檜洞丸の頂上。多くの人が休憩していました。10:45 登ってきた道 [続きを読む]
  • 檜洞丸 2018年34座目 その2
  • 5月20日のヤマノボリのレポの続きです。9:25 熊笹ノ峰に到着。青空ですが、富士山だけが雲の中・・・ 残念。富士山の雲が退いてくれることを願い、檜洞丸へ向かいます。緑の中にツツジのピンクが目立ちます。シロヤシオの花が眼の前に・・・今年の檜洞丸のシロヤシオは7年ぶりの当たり年とのことです。今日は遠〜くまで良〜く見えました。 箱根の大涌谷もハッキリ!9:45 檜洞丸の頂上が見えてきました。9:50 ツツジと富士山 [続きを読む]
  • 檜洞丸 2018年34座目 その1
  • 5月20日。本日のおヤマは 檜洞丸 標高 1,601m丹沢山地最高峰の蛭ヶ岳から西へ伸びる丹沢主稜にあり、丹沢山地で4番目に高い山です。本日は晴天なりです。本日のコース 神ノ川ヒュッテ ⇔ 熊笹ノ峰 ⇔ 檜洞丸 距離 10.9km 累計標高差 1471m出発 7時00分 下山 13時40分7:25 しばらく舗装路を歩いて、ここから登山道となります。急登ですが、登りやすい道です。今日はピストンなので下りは楽そうです。良い天気ですね [続きを読む]
  • 陣馬山 2018年33座目 その2
  • 10:00 明王峠まであと500m地点で林道を横断します。この辺り大きな木が多いです。10:15 明王峠に到着です。ツツジがお出迎え。明王峠の茶屋は今日は営業していませんでした。茶屋の前にはアヤメが咲いていました。明王峠からの高尾山〜陣馬山の銃走路も今日は人が少ない・・・そこまで悪い天気予報ではないのですが・・・もう少しで陣馬山です。山頂到着手前で東京都心部方面が望めました。曇り空でしたが、遠〜くまで良く見えま [続きを読む]
  • 陣馬山 2018年33座目 その1
  • 5月19日。本日のおヤマは 陣馬山 標高 854.8m東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区の境界にある山です。本日は久々に相模湖から陣馬山を目指します。本日のコース 与瀬神社 ⇔ 大平小屋 ⇔ 明王峠 ⇔ 陣馬山 距離 14.6km 累計標高差 1017m出発 8時10分 下山 14時25分与瀬神社への階段登りが本日一番キツイ場所だったかも?8:25 与瀬神社です。与瀬神社の脇から登山道となりますが、入り口で登山者が停滞しています。 [続きを読む]
  • 瑞牆山 2018年32座目 その3
  • 5月12日のヤマノボリのレポの続きです。10:25 山頂直下の岩場と富士山。この岩場の上が頂上です。頂上へラストスパート!10:30 瑞牆山のテッペンに到着。看板が新しくなっていました。昔の看板の方が良かったような・・・ 頂上からの眺め。金峰山方面頂上からの眺め。南アルプス方面山頂からの眺め。富士山山頂からの眺め。八ヶ岳方面山頂は大賑わいでした。山頂直下の大ヤスリ岩です。10:55 下山は登ってきた道を戻ります。 [続きを読む]
  • 瑞牆山 2018年32座目 その2
  • 5月12日のヤマノボリのレポの続きです。9:10 岩々の道が続きます。ペンキマークに従って進みます。大きな岩がゴロゴロです。9:20 振り返ると金峰山の頂上と五丈石が見えました。9:25 この鎖場は右側を通って迂回できました。9:30 大きな岩が転がらないように木の枝が必死に食い止めています。9:45 木々の間から富士山〜!バックが青空だったら最高だったのに・・・9:50 大きなというよりは巨大な岩も徐々に現れてきました。 [続きを読む]
  • 瑞牆山 2018年32座目 その1
  • 5月12日。本日のおヤマは 日本百名山 の 瑞牆山 標高 2,230m山梨県北杜市にあり、奥秩父の山域の主脈の一つです。さすがに人気のおヤマ。出発時には駐車場は満車。路肩に続々と車が停まっていきます。本日のコース 瑞牆山荘 ⇔ 富士見平小屋 ⇔ 瑞牆山 距離 7.6km 累計標高差 969m出発 7時45分 下山 13時15分しばらくはなだらかな登り道ですが、この後、急な登りとなります。8:10 いきなり瑞牆山の岩峰が眼の前に登 [続きを読む]
  • 御在所岳 2018年31座目 その5
  • 5月5日のヤマノボリのレポの続きです。12:40 「登り優先」が登山のルールなので、すれ違いで待機状態が続きます。小さな子供がよじ登ってきました。ガンバレ!すれ違いで待っている間にすぐ脇の崩壊地の方へ進んでみると、登りのおばちゃんが追いてきてしまいました。「おばちゃん!こっちは違うよ」とご注意。登山道を外れたこちらも悪いですが・・・気を付けてね。崩壊地はずっと下まで続いています。大雨の日には水の通り道 [続きを読む]
  • 御在所岳 2018年31座目 その4
  • 5月5日のヤマノボリのレポの続きです。11:40 国見峠から登り返して10分で周囲の景色が見れるようになってきました。振り返ると御在所岳ロープウェイの駅舎が見えました。11:45 多くの人が休憩しているのでここが頂上かと思ったら、もう少し先と教えてもらいました。11:50 石門という道標が・・・ すぐ先に見えているのが石門のようなので、寄ってみましょう。うぉ! 立派な石門です。石門の横には踏み跡もあるので石門の上に [続きを読む]
  • 御在所岳 2018年31座目 その3
  • 5月5日のヤマノボリのレポの続きです。9:45 ここも渋滞していました。9:50 9合目の富士見岩に到着です。富士見岩からは一ノ谷新道の大黒岩が見下ろせます。岩の上に人がいるのも見えます。あちらのコースも面白そうですね。御在所岳から鎌ヶ岳までは1時間45分のコースタイム。歩いてみたいですね。ロープウェイを見下ろしています。9:55 富士見岩から御在所岳のテッペンへは観光客と一緒に歩きます。10:00 テッペンが見え [続きを読む]
  • 御在所岳 2018年31座目 その2
  • 5月5日のヤマノボリのレポの続きです。8:35 6合目のキレット上から望む鎌ヶ岳。かっこ良い形ですね。キレットは大渋滞。思っていたより難しい下りでした。それにしても頂上から下山してきた人がいましたが、何時になったらこのキレットを登れるのでしょうか?キレットを下り終えると、キツイ登りが再開します。8:50 木々の間からキレットの上部がチラリ!キレットの全貌が見える場所はありませんでした。9:10 7合目に到着。 [続きを読む]
  • 御在所岳 2018年31座目 その1
  • 5月5日。2018年GWの5座目となります。本日のおヤマは 日本200名山 の 御在所岳 標高1,212m三重県三重郡菰野町と滋賀県東近江市の境にあり、日本二百名山の他、関西百名山及び鈴鹿セブンマウンテンに選定されています。鈴鹿セブンマウンテンは藤原岳に次いで2座目のヤマノボリとなります。6:00 中登山道口近くの駐車場に着くも既に満車・・・ 人気のおヤマなんですね。少し下の駐車スペースに停めることができました。本日の [続きを読む]
  • 市房山 2018年30座目 その3
  • 5月3日のヤマノボリのレポの続きです。12:10 心見ノ橋付近からの眺めです。ここから先の登山は自粛をお願いする看板が登山口に立っていました。進入を止めるロープも張られていました。山肌を見ると、ピンクの彩りの中に黄色の塊を発見!黄色の塊の正体はヒカゲツツジでした。淡い色合いが素敵なヒカゲツツジです。12:35 山頂の南側に移動すると、さらに群生が咲いていました。先月登った坪山(2018年24座目)でヒカゲツツジに [続きを読む]
  • 市房山 2018年30座目 その2
  • 5月3日のヤマノボリのレポの続きです。枯れた木も含め大木の多い市房山です。10:40 登山道が悪路から歩き易い道に変わりました。先行者に追いつきました。気持ち良く道を譲っていただきました。ありがとうございました。11:00 登り始めてから2時間超・・・ようやく周囲の展望が見えてきました。出発時に山を覆っていたガスもなくなり、青空です!これも立派な木ですね。11:15 登り始めた辺りの場所も見えてきました。奥に見 [続きを読む]
  • 市房山 2018年30座目 その1
  • 5月3日。2018年GW、九州遠征4座目となります。本日のおヤマは 日本200名山 の 市房山 標高1,721m熊本県水上村・宮崎県椎葉村・西米良村にまたがるおヤマです。8:45 市房高原キャンプ場の登山者用駐車場から出発です。周囲の山はキレイに見えていますが、市房山の上だけがガスで覆われています・・・それにしてもGW中とは思えない程、ひっそりとしています。本日のコース 市房高原キャンプ場 ⇔ 市房山 距離 10.3km 累計 [続きを読む]
  • 尾鈴山 2018年29座目 その3
  • 5月1日のヤマノボリのレポの続きです。シャクナゲ千本林から白滝への道は、ツツジの花や・・・シャクナゲが一杯! 出会う人がいないのが不思議・・・白っぽい色のシャクナゲも・・・ 12:45 急登を下り、白滝展望台に到着。しかし、木々の間からチョッコと見える程度でした。12:55 よ〜やく急登の下りが終了のようです。白滝へは登山道を少し離れるようです。ここまで歩いてきて見ないのでは後悔します。寄ってみることに・・ [続きを読む]
  • 尾鈴山 2018年29座目 その2
  • 5月1日のヤマノボリのレポの続きです。9:55 緑に包まれた登りが続きます。ここまで遠望できる場所はありませんでした。10:10 ピンクのツツジに癒されます。そしてすぐに展望が開けた場所に到着しましたが・・・ 霧で残念。10:13 頂上直下の祠。間近に生える木に守られているように見えます。2018年5月1日午前10時14分 日本ニ百名山 尾鈴山 登頂です。休憩中を含め、独り占めでした。10:25 尾鈴山頂上から長崎尾方面へ [続きを読む]