滝番小屋 さん プロフィール

  •  
滝番小屋さん: 滝番小屋
ハンドル名滝番小屋 さん
ブログタイトル滝番小屋
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yosshi_1947
サイト紹介文新城市出沢と鮎滝の近況を紹介、その他見たこと聞いたこと言いたいことを少々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/06/20 08:40

滝番小屋 さんのブログ記事

  • 土屋主税練習中
  • 16日に、文化会館に仕込みをしてその後練習。稽古不足を幕は待たない。時々詰まる台詞に、裏で継ぐ黒子の方が心配だ。 [続きを読む]
  • 竹笛
  • 基角 子葉どの、お名残惜しゅう存じます源吾 宗匠を初め御前、是今上のお別れに御座ります 『ピイー ピイー ピイーーー』  と闇を切り裂く笛の音************************************源吾 アリャもう時刻、御前御免土屋主税の屋敷に、大望成就の報告と隣家を騒がせた詫びに来ていた源吾は、笛の音を聞き、すっくと立ち上がり、其角に今生の別れを告げ、内匠頭の墓前に吉良の御首を捧げんと、芝青松寺に向かう四十七士の列に加 [続きを読む]
  • 新城ラリー2017_会場案内図
  • 台風22号も大過無く通過。案内図も届き、会場の準備が進む。今日、『ほうらいせん一年不動コース』愛郷林道(愛郷ー塩瀬)と『雁峰北コース』雁峰林道(布里ー七久保)を路面清掃。明日、『長篠設楽原コース』雁峰林道(富永ー豊栄)を清掃すれば林道コースは準備完了。何とか本番に間に合った。毎年悪天候に悩まされる新城ラリーだが、今年はラリー日和になりそうだ。 [続きを読む]
  • 新城ラリー2017準備中
  • 本日、空の広場の仮設舗装完了。月初めから整備してきた林道コースが、台風21号で元の木阿弥、枯れ葉の絨毯に。台風22号も心配だが、考えていてもしかたがない。何とか間に合わせようと奮闘中。道路清掃車は、31日と1日の予定。 [続きを読む]
  • 奉納余興(10月14日)
  •  静寿会 演者は多数 拍手はまばら八平神社秋季大祭今年は小屋掛けをやめ公民館で奉納余興を開催。余興の演物に静寿会全員で歌を歌う事になり、会員が舞台に上がると、客席がガラガラに・・。限界集落になれば、年寄りが多くなるのは、予想されたことではあるが・・。この先どうするか、ビジョンを描けぬまま、未来を託すトリプル選挙が始まる。 [続きを読む]
  • 杉平の蛇神様
  • 今年から新城ラリーのコースに<立岩線>が加わった。和田から杉平に越える林道だ。一月後はラリーだ、そろそろ準備をしないと間に合わぬ。倒木・崩土はないかと下見に出かけた。和田から見代に抜ける道の途中から右に折れ、お寺<正伝院>の脇を通り過ぎると『林道立岩線』標識がある。標識から少し進むと田圃が終わり、段々と坂が急になって山に入っていく。杉木立と曲がりくねった道を上り下る。この辺の林道はどこも同じ景色だ [続きを読む]
  • 鮎滝HP移転
  • 10年来『Yahoo!ADSL』で、ネットを利用していたのだが、一月ほど前から時々リンク切れを起こすようになったので、モデムを新品に交換したり、局内の工事をしたりしてもらった。ところが最近はほとんど繋がらなくなり、やむを得ずティーズに乗り換え。Yahoo!にある、鮎滝のHPも最近は更新が滞っているので、止めてしまおうとも思ったが、ティーズも100Mほど無料で提供してくれるので、取りあえず移転して置くことにした。『笠網 [続きを読む]
  • 縁の証
  • これも縁だ、お前たちは害獣だから駆除したのだ。と言ってみたところで、彼らの命を奪ったことにかわりはない。せめてもの罪滅ぼしにと、立派な牙や角を持った猪鹿を獲った時は、結んだ縁の証に、磨いて飾り、アクセサリーを作る。そして彼らと共に、生きるために避けて通れぬ諸々の業を背負い、願わくば降りかかる災厄を祓ってくれると信じ、何時も一つは身に付けている。 [続きを読む]
  • エサ撒いてないのに・・。
  • 裏の箱罠に鹿がかかった。最近エサを撒いてなかったので、まさかと思ったが白旗が見えないので行ってみると、70キロぐらいの雌鹿が檻の中で行ったり来たり。この檻、直近一年で鹿4頭目、猪は0・・・。すっかり鹿専用のワナになってしまった。出動は、ミッチャ、隆くん、宮川さん、コーチャと自分。8時半から2時間程で解体。『誰か、肉いる?・・。』誰も手が上がらず、結局、宮川さんのツテで大海の中嶋さんに提供することに [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170903
  • ■2017-09-03;鮎滝○;WT24℃今日は滝番だがもう九月、流石に鮎は飛んでいないだろうと思いながらも、昼過ぎ様子を見に滝に降りた。意に反しパラパラ飛んでいるのを眺めていると、お客さんが来た。写真を撮りたいというので、笠網を持っていって当てていると次から次と観光客がきて、帰れなくなった。結局、3時頃までいて、50尾くらい捕った(ほとんど鮎だ)。捕った鮎は、最後まで粘っていた、カメラ女子の土産になった。 [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170824
  • ■2017-08-24;鮎滝◎◎◎;WT25℃本日滝番。もう8月も末、あまり期待はしてなかったのだが、天気が回復して鮎も気分が良かったのか、朝のうちパラパラ飛んでいたのが、11時頃からばか飛び休み休み捕っていたのだが、あまりの暑さに頭がクラクラ。堪らず12時半で終漁。ハヨはほとんど飛ばず。型もまずまず、宮川さんと二人で600尾ぐらい捕獲。 [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170823
  • 今日はシラサギが滝の番。シラサギが番をしているという事は、飛ぶ姿は見えぬが、まだ少しは鮎がいるのだろう。昨夜の雨で水量が増えた。新滝、ヤハズ、馬ノ背にピンコ釣り人有り。明日は滝番だがどうだろうか・・?。 [続きを読む]
  • 猪肉40?、鹿肉10?をミンチに
  • 暫く鳴りをひそめていた猪が、ここ一月ほどバタバタとワナに掛かり公民館の冷凍庫が一杯になってしまった。これ以上獲れてもどうしようもないと、冷凍庫を空けるためにミンチにして、檻クラブのメンバーで分けることにした。猪肉40?、鹿肉10?/12人 [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170804
  • ■2017-08-04;鮎滝○;WT26℃本日滝番6時少し前、鮎滝に着いたときには、すでに宮川さんが100匹ぐらい捕っていた。この前の滝番も、鮎は朝の内しか飛ばなかったので今日も同じだろうと思っていたら、案の定、鮎は8時頃までで、その後は殆どハヨ、鮎は10匹に一匹ぐらいになった。会社に顔を出し、10時頃滝に戻ったが、ハヨしか飛ばないので宮川さんと相談し終漁。今度の番はお盆だし、これが今年最後の番になるかも・・。 [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170801
  • ■2017-08-01;鮎滝◎;WT26℃12時過ぎ、この暑さでは滝番もお休みだろうと思いながらも大橋の上から鮎滝を覗くと、誰か網を当てている。あの格好はヒサエさんのようだが・・・。まさかと思いながら下りていくと、やっぱりヒサエさんだ。「あっついのん、飛んどるかのん」『ハヨが半分ぐらい混ざっとるが、まあまあだのん』10時頃来て150匹ぐらい捕ったという。海野ヒサエさん93歳、最近、体力・気力共に衰えてきた自分としては何 [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170716
  • ■2017-07-16;鮎滝◎◎◎;WT25℃このところ鮎滝は順調に飛んでいる。最近体調が今一つ、『暑いから鮎滝には行くな』と家内に釘を刺されているが、昨日は滝番、我慢できずに終日鮎滝。捕りにくい水だったが、笠網回転レシーブで、コーチャと二人で600匹ぐらい捕った。今日はミッチャの番、水は良いし最高の鮎滝日和だが鮎滝の岩の上は熱い。 [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170705
  • ■2017-07-05;鮎滝◎;滝番;濁水;WT22℃台風3号の影響で今日は駄目かと思ったら、午前中は地蔵下でまずまずの漁獲。昼頃急に水が減って本滝まで戻った。中途半端な水になって、向こう岸は飛んでいるのにこっちは殆ど飛ばず。今年は年回りが悪いか、こういう日が多い。それでも3人で粘って五百ぐらい捕った。 [続きを読む]
  • 今日の鮎滝_170704
  • ■2017-07-04_11:00;鮎滝◎◎◎;WT24℃昨日・一昨日とバカ飛びしたようだ。『今日も欲しいだけ捕ったので、暑いし昼までで帰るつもりだ』と滝番の仁さん。※一週間ぶりに鮎滝に下りた。二日ほど鼻・喉が痛いと思っていたら、咳が出だして熱発、38°。また、肺炎がぶり返したかと、病院に行き診てもらったら今のところ肺はきれいだから、カゼでしょうと言われ一安心。もう鮎滝には行くな、と家内に言われ自重していたが、明日は [続きを読む]
  • ポイ捨てやめろ!ゴミ拾え。
  • 6月24日、静寿会環境整備。橋詰から銭亀まで約一キロメートル。現在は市道だが旧国道、257号の抜け道になっており交通量は多い。ポイ捨てゴミ多く、そこそこ綺麗に保つには、年二度の老人クラブのゴミ拾いではとても追いつかぬ。週一で拾って、二ヶ月でこれだけ貯まるゴミの山。怒りを通り越して悲しくなる。どこに行った美しき国日本。他所の悪口を言っている場合ではない。(新東名開通後ゴミ増量) [続きを読む]
  • 橋詰の猪捕獲
  • 周りを荒しまくるのだが、なかなか掛からなかった猪を漸く捕まえた。♂、100キロ近い。山側のウツに通った跡があるので富住の山から下りてきた猪だ。これで暫く一安心。 [続きを読む]
  • 語り部はPC
  • 寒狭峡伝説を語る会も5回目。6月19日有海の公民館で開催。大谷先生の早川孝太郎の紹介、おはなしおばさん梅村さんの語りの後、ご当地有海の『生きている石』の伝説は、織田さんのPCが語り部だ。内容を聞き取れないことはないが、間のとり方に違和感がある。AIが語る昔ばなしに、心を動かされる日はまだ少し先になりそうだ。 [続きを読む]