SORA さん プロフィール

  •  
SORAさん: 失敗しないトリミングサロン・シャンプーカー開業論!
ハンドル名SORA さん
ブログタイトル失敗しないトリミングサロン・シャンプーカー開業論!
ブログURLhttp://idogjp.blog.fc2.com/
サイト紹介文ペット美容で起業・脱サラ・独立開業をめざすトリマーが即、成功するための秘訣公開します!
自由文トリミングサロンだけでなく、移動ドッグシャンプーに興味の有る方必見です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/06/21 14:57

SORA さんのブログ記事

  • サロンで必ず売上が上がる方法があります!
  • 10月31日をもちましておかげさまで、アイドッグ創業、満10歳になりました。創業時からずっとお付き合いして頂いているお客様のワンちゃんのお顔が白くなりました。いつまでも元気でいてほしいです。昨年「売上を一気に2倍にするサロンの自動集客術!」というセミナーをさせて頂きました。4年前に自営業から法人成りし、「ラティ」をオープンし、コンサルティングと物販を除く、サービス部門の年商は2倍どころか、約8倍と一気にブ [続きを読む]
  • 美容サロンとトリミングサロン、どっちがレッドオーシャン?
  • SORAです。美容サロンとトリミングサロン、どっちが競合が激しい?というのを考えてみました。全国に美容サロンは24万軒。トリミングサロンは2万軒。単純比較は12:1です。美容サロンは人口割合で計算できますが、トリミングサロンの場合は世帯が基準になります。1世帯あたり約2.5人ですので、12:2.55世帯に1世帯が犬を飼っていて、多頭率は1.25なので0.2 X 1.25 = 0.252.5 ÷ 0.25 = 1012:10と、なり、美容サロンの [続きを読む]
  • 「バーン」と打て!の「バーン」て何?
  • 「自分の言う通りにしたら何事も間違いないのに、 部下が言うことを聞かなくて違うことをするのでイライラする」という経験はありませんか?長島監督が「バーン」と打て!と指導する。「バーン」て何?「なぜ分らないんだ?」「なぜできないんだ、こんな当たり前のことが」あなたにとっては当たり前でも、人にとっては違う。もしあなたが軍隊の指揮官ならあなたの隊は全滅だ。指揮官はそういうこともすべて想定して戦略を考えなく [続きを読む]
  • 80:20の法則は危険かも!
  • 80:20の法則(パレートの法則)とは・・・8割の売上は2割の顧客(上客)で出来ている。あとの2割の売上は残り8割の浮遊な顧客の売上。これをロングテールと言います。 A, 90:10 9割の売上は1割の顧客で出来ている B, 80:20 8割の売上は2割の顧客で出来ている(パレートの法則)C, 70:30 7割の売上は3割の顧客で出来ているD, 60:40 6割の売上は4割の顧客で出来ているこの中でどれが一番リスクが高いですか?Aですね、極論 [続きを読む]
  • サロンの社会保険加入は強力な武器である!
  • 社会保険(厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険)に加入していない店がなんと多いことか。サロンのほとんどが加入していない。特に自営の場合、アシスタントを1人2人雇う場合、自分が厚生年金に加入できないのですから、スタッフだけというのはめんどうでしょうね。(自営業者の従業員の厚生年金・健康保険の加入義務は5名以上だけど、それ以下は任意)いや、だからこそ、加入すべき。最大のメリットは優れた人材確保。人は城 [続きを読む]
  • 必ず成功する!起業して一気にロケットスタートする方法
  • 米国がトマホークを何十発も敵国にぶち込む。「ええ、そんなに打ったの?」ってくらいに。相手が反撃できないほど「空爆」する。起業でのロケットスタートはそれと同じです。ターゲット地域にチラシを世帯数と同じだけぶち込む。これを3回繰り返す。facebookにターゲット地域を指定してぶち込む。私はこれを「空中戦」と呼ぶ。ありったけの資金を惜しみなく投下する。ただし、資金と度胸のない人にはお勧めしない。どちらが欠けて [続きを読む]
  • 悲しくも美しい入場制限
  • 飲食店さんは千客万来で、ドアを開けて入ってくる人は基本的に全員オーライですよね。しかし、たいていのトリミングサロンの場合、せっかく新規でお電話下さったのに、お断りしなくてはいけないケースが多々あります。トリミングサロンは人の美容サロンよりもお断りのケースは多いのではないかと思います。一般的には・ワクチン、狂犬病予防接種の証明書をお持ちで無い方・高齢で施術中に死のリスクが高い場合他にもうちの店にはた [続きを読む]
  • トリミングサロンの悩み事2
  • トリミングサロンの1番の悩み事は「人」の問題であることを前回お伝えしました。次は「料金」『値上げしたいけど、お客様には言いにくい。』『値上げしたいが、「お客が減るのでは?」と心配』確かに値上げするとお客様は減ります。いろいろテストしたので、これは間違いないでしょう。しかし、これは「サロンジプシー」と言われる浮動層が減るのであって、コア層が減る確率は低いのです。10%値上げして、10%顧客が減少すれば、 [続きを読む]
  • トリミングサロンの1番の悩みとは?
  • 昨年、私は中四国全県のトリミングサロン78店舗にリサーチしました。トリミングサロンのオーナーの1番切実な問題は「人材」、人の問題です。これはこの業界に限らず、すべての業界に言えることかもしれませんね。具体的にはベテラントリマーに任せているが、指示通り動かない。新人が入ってもベテランが指導しない。クビにしたいが、他に人がいないし、募集しても集まらない。また、仕事はよくできるのだが、上に立つことを嫌うと [続きを読む]
  • 起業希望者に感じる3つのパターン
  • 起業を希望するいろんな人と接する機会があり、接して感じる3つのパターンがあります。①ビジネスオーナー(法人設立)になれるだろうなぁと感じる人。②なんとか自営業者としてやっていけるだろうなぁと感じる人。③やめといた方がいいだろうなぁと感じる人。そして、結果はほとんど当たります。うまくいく人は夢を実現させるためのポイントは何かを知っている。それは人に教わるようなものではない。そしてそれに向かって突き進 [続きを読む]
  • 顧客を2割減らしても、利益をアップさせる!
  • 失客を恐れるな!日本は人口減少になるのですから、どんな業種であれ今後、確実に顧客は減ります。人生80年ですが、犬の飼い主さんは愛犬より先に死んではいけません。ですよね?犬が15年生きるとすれば、今飼っている犬が亡くなって次の犬を飼える自分の年齢の限度は65歳。つまり犬の業界における顧客の寿命は65歳。他の業界よりも15年早く、終わりが始まるのです。犬が死んでしまったら、どんなにいいお客様でも、もう来てくれる [続きを読む]
  • 泣いて馬謖(ばしょく)を斬る
  • 3世紀頃の中国三国時代、蜀の宰相、諸葛亮孔明は司馬懿率いる魏との決戦、街亭の戦いに臨む。将を託されたのは愛弟子の馬謖。兵法に秀でる理論家だが実戦の経験はまだ浅い。孔明から「山上に陣を敷いてはならぬ」と、きつく指示されていた。しかし、現地に着いて、自分は孔明を超えたい、超えてみせるとの焦りなのか、目付役が必死に止めるが、結局、山上に陣を敷いてしまった。当初不利な戦いを強いられるであろうと推測された魏 [続きを読む]
  • 飼い主さんの勘違い
  • 例えばこんなケース、あなたならどうしますか?トリミングサロンで老犬の施術中、体調が良くない時があります。新規なら最初からお断りするのですが、常連さんの場合、むげにできません。シャンプーまではできたけど、これ以上トリミングは無理と判断してお客様に伝える。すると「トリミングを頼んでいたのにシャンプーだけならお金は払わん。」と。「いえ、トリミング料金は結構ですが、シャンプー料金は頂きます。」「そんなら( [続きを読む]
  • 一大決心
  • 本能寺の変で信長が死んで、真田家はその後どうするのか決断を迫る源三郎に昌幸が言ったひとことが胸に刺さります。源三郎「父上の本心をお聞かせください」昌幸「わしの本心か?でははっきり言おう…」  「全く分からん!!」昌幸「源三郎、どうすればいいのかこの父に教えてくれ!   源三郎、教えてくれ!!」ほんま、わからんのです。やってみないと。しかも結果はすぐには出ないかもれしれないんです。その決断が結果とし [続きを読む]
  • 売上が2倍になれば幸せ?
  • 今年は「売上を一気に2倍にするサロンの集客術」というテーマで中四国(岡山市、福山市、丸亀市)でセミナーをさせて頂きました。しかし、これには続きがあります。売上が2倍になると高揚感はあります。でも、それで「幸せ」になるかと言えば、それはまた別です。自分にとってビジネスの目的とは何か?それによって答えは違います。私にとっては「充実感、活力や意欲を与えてくれる理想的な顧客とのお付き合い」なのです。親は子 [続きを読む]
  • アウトプットで知識を自分のものにする
  • 何気ない、よかったことや、失敗したことを、紙に書いたり、投稿することで、自分自身を再認識できます。知識や経験値を完全に自分のものにできるのは、インプットしたものをアウトプットした時です。そしてそれが人のためになり、それが自分に帰ってきます。朝起きてから、夜寝るまでに人は何千、何百回もの判断、決断を下しています。朝起きてまずトイレに行くのか、ストレッチをするのか、歯を磨くのか、から始まり、夜寝るまで [続きを読む]
  • 端数価格効果はサロンにも有効か?
  • スーパーやネットでよく見られる、例えば1,980円などの価格設定。この端数価格は心理的効果があるのはよく知られた話ですね。下記は有名ファミリーレストラン、ガストのメニューの一部です。(2016年9月7日現在。ガストのホームページより抜粋) 徹底した9使いですね。日本では8使いがポピュラーで米国では9使いと言われています。かなり前ですが一時、ジャスコ(イオン)がダイエーやイトーヨーカードーの8使い [続きを読む]
  • るみばあちゃんの最強営業術!
  • 東京からのお客様をお迎えに高松空港へ。事務所に帰る途中久しぶりに、るみばあちゃんの池上製麺所に寄って、二人でさぬきうどん食べることに。るみばあちゃんは香川県民なら誰もが知っている有名人。昼前の土曜日なのに、珍しく行列もなく「今日めちゃめちゃ空いとるやん」と思いながら店内へ。すると、るみばあちゃんがお迎えに出てきてくれた。久しぶりにお目にかかったが、いたって元気そう。釜玉うどんを注文して、席に着い [続きを読む]
  • 飼い主さんに聞きました。どうしてこのサロンを選んだのですか?
  • 飼い主さんに聞きました。このサロンを選んだ理由は?「家から近いから」が48%でトップ。「価格が妥当、安いと思ったから」が30%。「知人・友人の評判が良かったから」が25%(ペットサロン経営白書2014-2015、複数回答)マーケティングには3つのMがあります。この飼い主さんたち(顧客)の動向はこれにまったく当てはまっています。1,マーケット2,メディア3,メッセージ「家から近いから」→ マーケット「価格が妥当」  [続きを読む]
  • もうひとつのタイム・バンパイア。それは・・・
  • 昔、タバコを吸ってたんですが、30年前にタバコを吸うのは体に悪いというよりも、時間の無駄だと思いやめました。サラリーマン時代、同僚と倉庫に入って作業する時に、タバコを吸う人はすぐに「ちょっといっぷく」と言って休みたがるのですが、私は作業は集中してやらないと気がすまないタイプ。インターバルを置くのがイヤなんです。でも1人だけ作業を続けるのは全体の効率が悪くなるので、しかたなく休憩に付き合っていました。 [続きを読む]
  • タイム・バンパイア VS 時間防衛軍
  • 十数年前の4月のこと。当時勤める会社で「会社の近くの公園で花見をしよう」ということになった。開始時間は18時。私は得意先から直接、現地に行った。着いたのは18時少し前。まだ誰も来ていなかった。こういう時は普通、新入社員が場所取りで早く来ているのでは?というのは古い価値観なのかもしれない。しばらくしても誰も来ない。ゾロゾロと十数人が現れだしたのは19時前頃。まさかの1時間遅れ。私は見事に1時間という時間を吸 [続きを読む]
  • デキる営業マンはこれをやる!
  • めったにお店にはいない私ですが、それでも何人もの営業マンが飛び込みで来ます。ということは日頃、トリマーの時間を飛び込み営業マンがどれほどバンパイアしてるのかと思うと恐ろしくなります。私がいない場合、全員が即断られて帰ることになるのですが、めったにいない私が居た場合、話を聞くかどうかは5秒以内に判断します。即お帰りの営業マンのパターン「わたくし、こういう者でございます。」と名刺を差し出す。「◯◯はい [続きを読む]
  • 採用はビビビ婚!
  • スモールビジネスのオーナーの悩みは「人材」というのが一番のようです。大きな会社なら何十人、何百人と採用をするのに面接官がひとりひとりの採用者に「ビビビと来た!」ということは無いでしょうが、スモールビジネスの場合、たった一人の採用でもかなり重要なことになります。しかしトリミングサロン業界、いや業界は何であろうがスモールビジネスに共通することがあります。面接に来た方に前職の退社理由を尋ねた時、こう答 [続きを読む]
  • 第5回ペットフェアin香川にて
  • 第5回ペットフェアin香川に行って参りました。大盛況でした!しかも年々、盛況度が増してきています。他業界の方によく言われるのが、「世の中ペットブームでいいですよね〜」って。でも、尻すぼみのペットフェアだってあるし・・・それはやはり主催者・経営者の問題だと思うんです。主催者の(株)ヤマノの香川社長は人間味あふれる気遣いの人で、熱血漢。初日の朝、会場に着くと早速私のもとにやって来られて車の停めやすい位置 [続きを読む]
  • 真田昌幸にハマる!
  • 放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」現在のところ、大坂の陣で超有名な武将、真田幸村(源次郎信繁)よりも、親父の真田昌幸が主役のような(笑)現在のストーリーの後の関ヶ原の戦いで、次男源次郎は石田(豊臣)方に、長男源三郎信幸を徳川方に付ける。つまり豊臣、徳川どっちが勝っても、真田は生き残るという戦略。源次郎は秀吉の懐刀、真田家自体は徳川の与力大名となるのですから、必然と言えば必然かもしれませんが、徳川をあ [続きを読む]