気まぐれ親父 さん プロフィール

  •  
気まぐれ親父さん: 信州諏訪発気まぐれ親父のブログ
ハンドル名気まぐれ親父 さん
ブログタイトル信州諏訪発気まぐれ親父のブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/youichi37581486
サイト紹介文写真で信州諏訪を中心に今!を又山登り、草花、時に映画の感想も・・・自由きままなブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/06/22 06:27

気まぐれ親父 さんのブログ記事

  • パンク侍、斬られて候
  • 江戸時代とある街道で、自らを「超人的剣客」と豪語する浪人・掛十之進(綾野剛)が突然、巡礼の物乞いを斬り捨てる。彼は、この者たちがこの地に恐るべき災いをもたらすと言い放つのだが・・・たまには何も考えずに観れる作品も良いかな?と・・・ストーリーは訳わかんないんだけど笑える映画とかもそれはそれで面白いので結構好きだったりするのだが?でもこの作品は、どこにも笑えるところがなかった。キャラクターで笑わせたい [続きを読む]
  • 岡谷市 小坂観音院の紫陽花 2018 
  •  今年のあじさい巡りで最後に行きたかった場所があるのだが休みと天気が合わず断念したので此処が最後にしようと出向いてみた 主に青系の紫陽花が多い場所だが今年は特に花付きがよろしくないようで・・・何回か遠目に見ていて気が付いては居たのだが まさか、これ程花付きが良くないとは・・・山アジサイはそれなりに咲いていました。 例年多くの方が散策しているのに合うのだが 今年はすれ違う方も無く少しひっそりした小坂 [続きを読む]
  • 茅野市 長円寺のセンダンバノボダイジュ 
  • そろそろかな〜?まだ早いかな〜・・・と、向かってみた・・・茅野市玉川の長円寺さん  毎度の参道の石仏と紅葉の画  何時も変わらずすみません(汗)と、思いながらそそくさと境内に向かう     あっ!!もう満開過ぎ?今年は早いな〜 まだ、中旬なのにな〜 日本名「モクゲンジ」樹齢は160〜70年 成長の遅い木でありながらの樹形は見事 花の形が竜の顔に見えるよと以前こちらのご住職に教えられました。 ん〜成程な [続きを読む]
  • 井戸尻の大賀蓮 2018
  • 数日前から見頃になり始めたよ。と、聞いていたので、ん〜やはりな!じゃあ私も行って見るか〜と 富士見町信濃境へ ボケ写真じゃないですよ〜 ピンホールレンズでの「画」です。。。どことなくノスタルジックな「画」になります・・・ん? そうだ!ミラーも持って来ているんだ(わざとらしいね・・・) 思う様なリングボケは出来ませんでしたが、良しとしよう     はい〜ロータス効果写真もう一枚こんな所も     蓮 [続きを読む]
  • 北八ヶ岳 「麦草峠〜丸山〜中山〜にゅう〜白駒池」4
  • 「にゅう」からは木の香りを感じながらの下りです。 北八ヶ岳らしい苔の森を歩く事、約1時間 白駒の池到着です      深緑の白駒の池紅葉や新緑の頃に訪れる池とは大違いの静けさです。観光の方は少なく、登山帰りの方と言っていい程です(少なからず観光バスの方も)  今回は予定より少し押したため(時間)足早に回りたいと思います・・・・が? 中々そうはいか無い物ですね〜    今回は白駒の池の駐車場では無く [続きを読む]
  • 北八ヶ岳 「麦草峠〜丸山〜中山〜にゅう〜白駒池」3
  • 中山を後に向かうのは「にゅう」です。実は黒百合ヒュッテにも此処心は動いたのですが・・・時間的に少し無理かな?と      中山の頂を出ると直ぐに目の前に小海町の街並みが飛び込んで来ます(本の少しですが)暫く樹海の中を下ると・・・                                                  樹海の中の光景       山頂から10分程で開けた道にしかし・・此処でこ [続きを読む]
  • 北八ヶ岳 「麦草峠〜丸山〜中山〜にゅう〜白駒池」2
  • 丸山を後にすると一時は下りです。樹海が広がった山の中の登山道を歩き進む事僅か10分程で高見石小屋に到着  折角の通り道なので「高見石」からの『白駒の池』う〜〜ん 少し雲が気になってきたが・・・雨雲ではなさそうなのでOK    先を急ぎたいので滞在時間は僅か10分程で中山を目指すことに。。。。以前訪れた際はこの場所が湖の様になっていたっけ〜 おっ!マイズルソウがおっ!アズマシャクナゲが  曇り気味の中の木 [続きを読む]
  • 北八ヶ岳「麦草峠〜丸山〜中山〜ニュウ〜白駒池」
  • 長い長い雨降りの日々が落ち着き幸いにも私の周りでは大きな災害はありませんでした・・が      他県であれ大きな災害に苦しんでおられる方が多数いらっしゃいます。 一日も早い復興を願います。。。さて、休みの日に久しぶりの天気となったので、ふと思いつきの山歩きに出掛けようかと思います    麦草峠にバイクを置きまづは「丸山」を目指します。 実は先日、我が地方新聞に麦草ヒュッテから程近い場所に山小屋の方 [続きを読む]
  • 修道士は沈黙する
  • イタリア人の修道士ロベルト・サルスは、ドイツで開催されるG8の財務相会議に招かれる。世界の経済を牛耳る大臣たちの中で、最も力を持つ中心人物は、天才的なエコノミスト、ダニエル・ロシェだ。会議の前夜和やかな宴席のあと、サルスはロシェから「告解がしたい」と部屋に呼ばれる。その夜、彼は何を打ち明けたのか。翌朝、ロシェはビニール袋をかぶり窒息死していた。他殺か自殺か。警察の極秘捜査が行われる中、記者会見を目前 [続きを読む]
  • 伊那市 常円寺さんを訪ねる
  • 伊那市西春近まで行ったのだから・・・(近いし寄って見よ〜)と、伊那市山寺の『常円寺』さんに立ち寄る事に    伊那市を見渡せる少し小高い所に立つ「常円寺」さん。 手前は仁王門 そして奥が山門今回の目的は奥の山門か? 平成17年落慶    以前、岡谷の「照光寺」さんの手水舎を観に伺った際に情報を頂いていたので手水舎と同じ方の手による作品です。  凄いな〜 手先が器用なんだろうな〜と・・・感心しつつ魅入 [続きを読む]
  • 石臼と紫陽花の「深妙寺(じんみょうじ)」
  • 折角の休みなのに又しても雨降り。。。。しかし!!それでおとなしくしている気まぐれ親父ではありません! 向かった先は、伊那市西春近の「深妙寺」さん。 昨年も訪れて居るのですが昨年とは違う『画』を求めに来ました     石臼のお寺としても有名深妙寺の石臼は本邦随一とされます       庭には二千個の石臼があるそうですが一つ一つをよく見ると挽く物によって違ったのでしょうね、石臼の線が違うのが分かります [続きを読む]
  • 諏訪市 正願寺の紫陽花2018
  • 諏訪六市町村の中にも紫陽花の名所は何ヶ所かあるのだが・・・・今年は何処も少し映えない様子ですしかし、こちら「正願寺」さんは安定して居ますね〜 桜の時期にもお世話になって居るのですが紫陽花も    参道の紫陽花 山門をくぐり左手には「慈母観音」様が建立されています 真っ白な「アナベル」と良く似合う様な気がします                本堂裏に回ると松尾芭蕉の『奥の細道』 奥州・北陸の旅 [続きを読む]
  • 諏訪市民芸食事処「やまさや」で信州味噌天丼を食す
  • こちらのお店も映画を観に行く際に通りかかるのですが、時間が合わなく寄れてません。 数年前にはあるのですが    諏訪大社上社の側です。 ま〜諏訪では有名店のお店でもありますがね   以前より「鰻」と「天婦羅」「蕎麦」で人気のおみせです。   が・・・・今日、私が食べたかった物はちがうんです 民芸食事所らしい店内   レトロな雰囲気が良いですね  店内は座敷も含め広々とした空間 少し昼時からずれた時 [続きを読む]
  • 山梨県甲府市 「興因寺」さんの紫陽花
  • 自分の大いなるミスから急遽予定を変更して伺いました。。。山梨県甲府市下積翠寺町のお寺さん「興因寺」さんへ 参道から少し離れた場所に駐車場があるのでバイクを置いてから「道に迷えば 道を覚える」・・・・確かにそうですね単純に取っても少し深く考えてもなる程と頷いてしまいました・・・    参道の両脇には、数百株もの紫陽花が植樹されています。この紫陽花は「心の安らぎと癒しを与えたい」と、ご住職が丹精込 [続きを読む]
  • ダンガル きっと、つよくなる
  • レスリング選手のマハヴィル(アーミル・カーン)は、生きていくためにオリンピックへの道を断念し、道場で若手の育成に励んでいた。彼は息子を金メダリストにすることを夢見るが、生まれた4人の子供たちは全員女の子だった。ある日、長女と次女がけんかで男の子に勝ったことを知ったマハヴィルは、二人をレスラーとして鍛えようとする。この作品は王道のスポ根映画で、実在の姉妹が強くなっていく成長物語がインド映画特有の素晴 [続きを読む]
  • 休日のと・ある時間
  • たまにのんびりしてみるのも良い物で・・・と、言う様な自分では無いのです。じっとして居られないのでつい何処か・・・と  ひとしきり止んでいる雨。。久しぶりに「井戸尻の水蓮」でも見に行こうかな?  今年は花芽が少ないのかな〜 こちらの様子も見行って見る・・・ロータス効果の毎度の画 ふと、思った・・・昔は自分の肌も弾いていたのだがな〜       人も若いうちはロータス効果の様な事が肌に起こって居るのだ [続きを読む]
  • 空飛ぶタイヤ
  • トラックの脱輪事故で主婦が亡くなり、整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察の執拗(しつよう)な追及を受ける。赤松はトラックの欠陥に気付き製造元のホープ自動車に再調査を要求するが、調査は進展せず自ら調査を開始。やがて大企業のリコール隠しを知った赤松は、会社や家族を守るため、そして自身の正義のため、巨大企業に立ち向かっていく大分前に某自動車会社のリコール隠しでこの様な事故があった [続きを読む]
  • 雨の休日
  • 本来なら今日は山登りブログのはずでしたが・・・・昨日AM4時半に自宅を出発したものの・・・雨がシトシトと 止むだろう!との思いも今一度、天気図を見ると、無理だな!引き返し「二度寝」いや〜二度寝は良く寝れますな〜〜〜(笑) 結果、一日少しの晴れ間は見えたもののほゞ曇り空・・・諦めて正解?何処か紫陽花の撮影でも行こうかとも考えたが・・自宅の「ガクアジサイ」も色付いて来たし・・まっ!!良いか〜 のんびりし [続きを読む]
  • 山梨県芦川町 「光勝寺」さんの紫陽花
  • 市川から更に東へと進み「すずらん」とか「黒岳」でお世話になって居る芦川町へと向かう    それ程大きなお寺ではありませんし、紫陽花が有名と言う訳でも無いのですがこじんまりとした佇まいにひっそりと咲き誇りますガクアジサイが山門手前の石段を飾ります。仁王門をくぐり本堂まで続く石段を上る参道は、まさに「霊場巡り」の定番のよう山門をくぐれば目の前には「大黒」様が。 甲斐の国三番札所でもあり七福神巡りの大黒 [続きを読む]
  • 山梨三郷 おのさんちのアジサイ
  • 山梨あじさい巡りの二番手は・・・何と!!個人宅です。数年前から知られるようになり今では町のホームページでも   丁度、着くと入り口にご主人が居り「どうぞどうぞ、ゆっくり見て行ってください。足元には気を付けてくださいね」と庭には行って見ると・・・・唖然!! これ、個人宅だよね・・・山際には竹林に紫陽花が一面に手前の庭には   「ギボウシ」「ユリ」・・・等この時期に咲く花を植えておられるとか。 それを [続きを読む]
  • 山梨県富士川町「小室山 妙法寺」のアジサイ
  •  山梨県内でも屈指の紫陽花寺と有名な『妙法寺』さん この場所は「古木の桜巡り」や「ダイヤモンド富士」と良く通る場所     しかし・・初めてです昨年も「内船公園」の帰路 気にはなった物の通り過ぎてしまい寄らず仕舞い・・・(少し幹線道路から外れているしね!と言い訳) 今年は此処をかわぎりに     「あじさい巡り」を使用かなと思います。 長野県内も少しづつ咲き始めてはいますがもう少しですしね。。。  [続きを読む]
  • 姥捨の棚田 夕景②
  •  薄っすらと焼けて来たかな〜と思い始めるPM7時12分 まだ明るいな〜 日が長いってことだよね〜 もう一時間だけ・・・     上山田方面に幾分赤みが期待できるか??   と、期待したのも上空のみでした・・・・期待した夕焼けは残念でしたがもう少しだけ粘ろうかと思います  善光寺平に明かりが灯り初め夜景が広がってきました。 PM7時50分 そろそろ帰路に着かねば・・・・ 帰路「姥捨駅」に立ち寄り思う・・・松本 [続きを読む]
  • 姨捨の棚田 夕景①
  • 5時で仕事を上がり、この時間なら夕景に間に合うな!と、向かった先は 長野県千曲市八幡姨捨      姨捨の里は名月と棚田で古くから名所として知られ、棚田は日本で始めて文化財指定を受けました     6時丁度に姨捨の棚田到着    まだ明るい・・・ 夕焼けになるのを期待しながらウロウロと回る。。 日が落ち始め水田に日が差し込む 一組六人の方々が周りで楽しそうに撮影しています。 話しぶりから県外からお越 [続きを読む]