634の日記 さん プロフィール

  •  
634の日記さん: musasiのブログ
ハンドル名634の日記 さん
ブログタイトルmusasiのブログ
ブログURLhttps://musasi.muragon.com/
サイト紹介文日本・マレーシアの生活・ショッピング・情報・旅日記等を掲載
自由文英語 ほぼ話せない 料理は苦手 努力嫌い 
そんなわけで ペナン生活悪戦苦闘の独り暮らしをしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/06/22 19:24

634の日記 さんのブログ記事

  • チョット “生野菜” に 飢えています 
  •  店の中へ入ります   奥へと進みます   テーブルには この様にセットされています   何と無く 高級そうに見えますね   別料金の 飲み物を注文   “珈琲” と “カモミールティー” です   ツアー会社 契約の店らしく日本語メニュー   “生野菜” ですが・・・皆さん早い・・・   レストランでは 初めてですね   musasi は 此れだけ確保   チョット “生野菜” に 飢えています [続きを読む]
  • 皆さん 食事を楽しんでいますね。
  •  試食を楽しんだ後は出発   今度は サボテンが 目に付き始めました   バスは 高速を進みます   景色から 目を離せないですね   次は 【コルドバ】 へ向かっています   “オリーブ”の木が 見えてきましたが   はるか向こうの 数十キロ先の丘の麓まで オリーブ畑ですよ   バスは 此処で 右折ですね   飛行機が展示してあるが 軍の基地だったのか ?   基地の街なのか   この街に 寄り [続きを読む]
  • “オリーブオイル” の試食です 
  •  バスは 次の目的地へ高速を進みます   菜の花のようですが 解らず   バスは 右折です  少し景色が変わって 丘 (日本風では 山) が見えてきました   又 牛の看板   この先 右折 ?・・・記憶に無いが 写真が有る   馬の放牧が見られます   そして ドライブインで休憩   中へ入ります   広いです   パエリアも有りますよ   蜂蜜の試食が出来ます   左の 色の濃い物が美味しかっ [続きを読む]
  • スペインでしか 買えないと言う チョコレート
  •  ドライブインへ来ました   バスを降りて ゾロゾロト・・・   色々と 古い物が置いてあります   ドン・キホーテ と 葡萄を入れておく瓶だったかと ?   又は “オリーブ” だったかも・・・   誰も居なくなった所で   musasi は こんな所 好きですねぇー   土産物を 少し拝見   鉄板細工と ヤギのチーズです   牛のマークの 酒が有りました   スペインでしか 買えないと言う [続きを読む]
  • 先端から 風車と城
  •  頂上まで 行くのに 途中で許可を貰うようです   ただの許可なのか 有料の許可証なのかは 解りません   頂上に着くと 白い風車   丘の上は それほど広くないです   整備されていない 砂利道を先端まで   左右は 崖になっていますよ   日本ならば 危険ということで 手すりを付けますね   景観を損ねます   先端からは 360度のパロラマです   壮大ですねぇー   先端から 風車と城  [続きを読む]
  • 【La Mancha】 (ラマンチャ) です 
  •  支度をして 8 時前に バスへ乗り込みます   席割が有ったようですが 気が付かなく乗り込みましたよ   添乗員 目の前で 私たちが乗っていないと 慌てていたが・・・?  8 時に 出発   【Cordoba】 (コルドバ) に向かいます   途中 丘の上に 看板が   牛の形をしたものが   時々 見る事が出来ます   確か 酒造メーカーのマークと思いました   此の広さ 凄いですね   地平 [続きを読む]
  • トーストに“オリーブオイル” を塗ります 
  •  朝 6時過ぎ まだ外は暗い   向かいに 配達に来た 荷物を降ろす音で目覚めた   外へ出ると 向かいに バールが有る   早くから 客が来ていて繁盛   朝は バールで軽く食事をするのが 此方の習慣の様だ   7時に食堂がオープン   日本人は オープン前から 入り口で待っていると   では musasi も 入って 真っ先に テーブル確保です   相方 が 飲み物を持って来るまで待ち続けます [続きを読む]
  • “イベリコ豚” が有ったので 購入します 
  •  ホテルに戻って 添乗員から聞いた店に買い物   行けども 行けども 見つかりません   何度か 途中で聞いて 行き過ぎていたと   行く時に 見ながら通った店   此の店の 名前解りますか ?   相方 が 指さしている一番上に書いて有ります   [Carrefour] 解り難いですよねぇー   此れが フランス企業の大手のする事か ?   ペナン にも有りましたが 全て 撤退しました   後か [続きを読む]
  • 食べなくとも 味が想像できるって 怖いですね 
  •  大聖堂から出て こんな通り   教会と右の建物が廊下で繋がっています   見晴らしの良い所へ出て来ました   地平線まで奇麗に見えます   暫く 見とれていたいですねぇー   そんな暇は無く バスに乗り移動   次は マドリッド へ向かいます   広い丘陵地帯が続く   バスは 走り続けます   着いた先は レストラン   昼食タイムです   細長いカウンターの奥へ   奥の テーブル席へ    [続きを読む]
  • 中は 豪華な造り
  •  サント・トメ教会 へ入ります   右側に居るのが 添乗員です   中は 豪華な造り   ステンドグラスが 奇麗です   太い柱に細い管柱の様な物が   祭壇は豪華絢爛   ゆっくり見る暇も無く 写真撮るのが精一杯   パイプオルガンが見えます   穴の開いた天井が天にそそり立つような   天井画   下から見ているような描き方ですね   渦を巻いて天に昇って行くように見えますが・・・   定番の [続きを読む]
  • 此処の 名物の菓子だったと・・・
  •  トレドの 旧市街へ向かいます   何と エスカレーターが設置して有ります   上に行くと 頑丈そうな門が有ります   細い道が続きます   昔そのままなのでしょうね   鐘楼がそびえています   昔の 見張り台だったのか ?   更に奥へ 細い道を   抜けると 繁華街 ?    商店が並んでいます   此処の 名物の菓子だったと・・・   1856年と書かれています   看板の新しさが少し不釣 [続きを読む]
  • 小高い丘の上に有る 城壁の町
  •  昼食が 終わると移動です   街中から 郊外へと   オリーブ畑が広がっています   ずーーーーっと 向こうまで 見えて 水平線が   広いぃーーーー   高速を走って 次の町へ   高速は 最高速度120km です   【Toledo】 に 向かっています   高速を外れて 丘に   城壁ですね   小高い丘の上に有る 城壁の町   綺麗です   全体を   川が 天然の 掘になっていますね  [続きを読む]
  • 此方は 別料金で “イベリコ豚” です
  •  脳繁期休暇中の musasi の頭の中は 複雑に混雑   バスに乗って 移動   お楽しみタイムです   此方へ   レストランですね   レンガ造りで 大きな窯の中へ入った気分   それぞれ 好きな場所へ   テーブルには パンが置かれています   見た感じ 高級そう   向かいの方が 飲んでいた・・・です   “スープ” から   何か忘れたが 美味しく食べたような   此方は 別料金で “ [続きを読む]
  • [ブラッド美術館] です 
  •  土産物屋へ寄ります   豪華な造りです   国外では 購入できないという [GAUDI] のチョコレート   此方は 限定品のようです・・・高価   見るだけです   次は 目の保養に   [ブラッド美術館] です   正面ですが 此方からは入館できない   階段の上に有る 道路から降りて来る途中に銅像   名前は 知っているが・・・教養の無い musasi    左側に廻って   道路上に [続きを読む]
  • 人のお金で暮らしている人は 豪華ですね。
  •  一寸見何だか解らないですね   此れは ゴミ箱です   “熊” と “山桃”の マークです   マドリッドのシンボルだそうです   此方は 番地なのでしょうか ?    [王宮] です   左右対称になっています   加工して 全体を   広いですねぇー   右側に 王家の旗が無いので 留守のようです   こんな家に住んだら 毎日 迷子になっているかも   外では 音楽を弾いて チップを   何 [続きを読む]
  • 来た処は [スペイン広場] です 
  •  部屋から ホテルの向かい   下側   ホテル前の道路   ホテル正面   此れから 観光するのに乗るバスです   では 観光に出掛けます   円形交差点です   信号が無くて 良いですね   何の建物か 記憶に無い   来た処は [スペイン広場] です   スペイン広場は 他の国にも有りますね   記憶が定かでは無いが スペイン植民地時代の名残かと   横から 前に廻って てんこうの彫刻  [続きを読む]
  • トマトが美味しかったです 
  •  体内時計が狂っているのか 良くは眠れなかったが   朝食へ   食べ物は 色々と有り良かったです   右下の トマトが美味しかったです   飲み物は “牛乳”“オレンジジュース” です   オレンジジュースも 美味しかった    “パン” と “トマト”    ボケていますが “チーズ”“サラミ”“ハム”“ウインナー”“卵”“ベーコン”   此方で 頂きます   食べきれないほど有ります   い [続きを読む]
  • 夜の 【マドリッド】 の 街を進みます 
  •  荷物を取りに行きます   皆の行く方へ付いて行くと・・・違いました   此れが 大衆心理と言うものですね   15番の テーブルの方でした   荷物を取り 集合   そして 移動します   もう 24時間以上起きているのでは ?   空港から出ると バスに乗り込みます   バスは 奇麗でした   乗り込んで 出発   夜の 【マドリッド】 の 街を進みます   20分位走って ホテルへ   階段 [続きを読む]
  • 蝶々の様な パスタ 
  •  現地時間 夜の 9:29 です   体内時計は 完全に狂っていますね   【フランクフルト】 の空港から 出発   飛行機は 夜の空へ飛び立ちます   高度を上げて 水平飛行に   1 時間後 夕食   日本時間だと 朝の4時半 ?   蝶々の様な パスタ   調べると “ファルファッレ” と   今回は リフトUP 忘れなかったですね   美味しく食べたような気がしますが 食べ通しの様な・・・ [続きを読む]
  • 次の飛行機に 乗ります 
  •  入国ですが 凄い混雑   40分位掛かりました   人数が多いのに係員が 少ないです   やっと通過して 乗換移動   見学する 時間が無くなりました   集合して 急いで・・・   バスに乗り 移動   次の飛行機に 乗ります   機内に入ります   今度は エコノミーで狭い   満員です   此方が 座席です   窓側です。  [続きを読む]
  • 頑張ってくれた 飛行機君に 感謝
  •  飛行機は 休む事無く飛び続け   休まれると 困りますね   高度は下がり 下に 町が見えてきました   着陸態勢に入っています   着陸寸前です   無事に 着陸してブレーキが掛かります   現地時間に 時計を合わせます   時差 7時間   駐機場へ   外が見えない ボーディングブリッジ を歩きます   頑張ってくれた 飛行機君に 感謝   電車が 待っています   乗り込んで 移動  [続きを読む]
  • 長時間の飛行 動かず食べるだけ 
  •  下は 白く雪原のようです   ロシア上空か ?    10:30 3時の ユウジャタイム ?   此方が 配られてきました   そして 3時間半後 夕食タイム   見た呉 粗末・・・   巻物の中には 此方が入っています   プラスチックでは無いですよ   蓋を開けると 煮魚だったような   野菜が欲しいです   飲み物は “珈琲”    それと “オレンジジュース” です   相方 は   見 [続きを読む]
  • やっぱし 豪華気分ですぅ〜
  •  musasi 初めての経験ですぅ〜   いよいよ 動き始めましたよ   そして 飛行機君 目一杯加速して   大地と お別れ   高度を上げながら 海に出ます   安定飛行に入ると 御約束の物が   ツマミと 珍しく アップルジュースですねぇー   食事になります   器も ビジネスクラスと同じですね   ホークとナイフは 此の中に   何だか 忘れちゃいました   嬉しさで リフトUP も忘れ [続きを読む]
  • 楽しめる 旅 になるのか・・・
  •  朝 小姫の所へ行き【御殿場】まで送ってもらう   高速バスの 営業所です   バスが来るまで 暫く待機して出発   各駅停車をして 【町田】で降ります   横浜駅に向かい 乗客を降ろして   朝早いので ウトウトしていましたが 都会ですねぇー   ウトウト〜パチクリに変わりましたよ   バスは 羽田に向かいます   国際線に 到着しました   荷物を受け取り 中へ   大勢さんが 居ますよ    [続きを読む]