ゆりりん さん プロフィール

  •  
ゆりりんさん: 暁に咲く幻の花
ハンドル名ゆりりん さん
ブログタイトル暁に咲く幻の花
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yuririn-5150
サイト紹介文花.インテリア.アロマ、アーティスト.ドラマなど好きなものを見つめて、心の癒しや愛の話を綴ります。
自由文なりたい自分ってなんだろう?日本女性の嗜みや生き方と楽しみ方を見つけましょう。ステキな知的美人や癒し美人さんになるために。誰もが心の中に一つの花を持ってます。誰にも見えないあなただけの幻の花。咲かせるために毎日優しい気持ちを注ぎましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/06/24 08:33

ゆりりん さんのブログ記事

  • 銀河英雄伝説35周年記念イベント??
  • 昨夜は酷い暴風雨でした。友人の家の近くの川も氾濫水位近くまで水位が上がり、流れも速くて一晩中眠れなかったと言っていました。選挙も大切です。それはわかりますが、私の住む地域も避難勧告や避難命令が出ているのに、テレビはどの局も選挙の当落を報じるばかり。サイレンが鳴り救急車の音も幾度となく聞こえますが、幸い我が家の近辺は避難所に行くほどの危険性はありませんでした。(猫もいるし)でも、河川の様子や台風の位置 [続きを読む]
  • 新しい猫雑貨
  • 猫が大好きだから自然に猫モチーフの置物や食器が増えていきます。最近は時々ランチに行く手打ちうどんの『のらや』さんのお皿が可愛くて欲しいなぁと思っていました。お箸の袋を集めて(20枚とか)交換できるのですが、集まるのを待っていられずに昨日小皿2枚と小鉢2皿を購入してしまいました?写真を撮るのが下手なので可愛らしさや魅力が伝わらないかも??一つ一つ手描きで丼とか大皿もあります。可愛いですよね。友達をもてなす [続きを読む]
  • お返事にかえて…
  • まやさん、ブログにコメントいただきありがとうございます。昨夜書き上げた日記では、かなり福山雅治さんの全てを肯定して、ファンとして少し悲しかったこともなかったことにするのではなく、乗り越えた上でこれからもファンとして応援する旨を書いたのですが、コメントをいただいた『聖域』リリース当時の日記は、かなり福山雅治さんにもファンの方にも失礼でまやさんがお怒りになるのも当然と思い、写真も削除致しました。まやさ [続きを読む]
  • 私にとっての福山雅治さん
  • 稚拙な文章にも関わらずブログにアクセスして読んでくださる方に謝意申しあげます。特に読んで下さるのはやはり福山雅治さんのことです。ファンの方、ファンをやめた方も読んで下さってます。そこで、自分でも何故福山雅治さんのことをこんなにも書いているのか、昨夜雨の音を聞きながら考えてみました。私は福山雅治さんの結婚は全くファンをやめる要素ではありません。福山雅治さんのファンになって数年で自分が結婚したこともあ [続きを読む]
  • 中秋の名月 秋の花
  • 月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月 (「夏山雑談」)と歌われた中秋の名月の今夜。ネオンの光だらけの地上に負けない明るい光、普段より大きく見えました。灯のない遥か昔の月夜ならばどれほど美しく輝いただろうと想像するのも楽しい一夜です。秋に咲く花と言えば菊があります。菊の花言葉は『高貴』『高潔』『高尚』色ごとの花言葉は赤菊は『あなたを愛します』白菊は『真実』黄菊は『破れた恋』菊の名前の由来は【極ま [続きを読む]
  • 福山雅治 聖域 一等賞だけど売上が?
  • 先日リリースされたニューシングル『聖域』。一応前回にリリースした『I am aHERO』と比べるとかなりの売上の差があります。『I am a HERO』の時は25周年記念というのもあったし、また結婚前で最後の福山雅治バブルだったのかなぁ。魂のラジオを終わるのも結婚じゃないって嘘をついて。他でも沢山。結婚する時はBROS.に1番に言うからと持ち上げて、結局結婚テロをした時は白けた思いになりました。最後までファンを騙せたことを自 [続きを読む]
  • 天は赤い河のほとり タカラヅカ化
  • 2018年に宝塚宙組が、篠原千絵さん原作の『天は赤い河のほとり』を宝塚大劇場、東京大劇場で公演します。現代日本から不思議な術を使う皇妃ナキアにより、古代オリエント、現代ではトルコにあたるヒッタイト帝国に召喚されてしまった鈴木夕梨は皇子カイルに保護されるが、ナキア皇妃の執拗な暗殺は自身の一人息子ジュダ皇子をヒッタイト皇帝(タバルナ)に即位させるまで、頭脳明晰、戦士としても指揮官としても有能、ナキアの前の皇 [続きを読む]
  • 新銀河英雄伝説 始動 ②
  • やはり、前作アニメは最後まで物語を描ききり、銀河声優伝説と呼ばれた程豪華な声優を山のように使ったからか、リメイク版は大丈夫かと期待あり、全員バスケしそうなど不安あり、2018年4月スタートまで色々言われそうですね。ラインハルトにまだまだカリスマ性が足りない感じ。普通の貴族の王子様みたい。その絵の不足を宮野真守さんがカバーして獅子帝と呼ばれる野心家な部分と心の奥にある繊細さを上手く演じてくれたらなぁと期 [続きを読む]
  • 新銀河英雄伝説 始動!
  • 田中芳樹原作『銀河英雄伝説』の新アニメの発表がありました。2018年4月から『新銀河英雄伝説〜Die Neue These(ディ.ノイエ.テーゼ)』として始まります。18年4月から6月は第一シーズン『銀河英雄伝説 邂逅』のタイトルで全12話。19年に第2シーズンは『銀河英雄伝説 星乱』で、全3章全12話構成としてイベント上映されるそうです。→よくわからないけど地上波じゃないのかな…待望のキャスト発表????ラインハルト=フォン=ミュ [続きを読む]
  • 福山雅治 WE'RE BROS.TOUR2018 当選しました??
  • 【福山雅治☆冬の大感謝祭其の十七】はさすがに受験生がいるので、横浜まで行く気分にならず、今年はパスすることにしました。志望校に願書も提出し、後は本人の最後の努力をする頃1月下旬も私はエントリーする気はなかったのですが、息子も他の家族もその辺りで息抜きしてきてもいいよと言ってくれたので、【WE'RE BROS.TOUR2018】のツアー初日1月24日がBROS.限定LIVEで場所は大阪城ホール。とりあえずエントリーしました。落選し [続きを読む]
  • のんびり三連休 ドラマと映画
  • 貴重な9月の三連休を台風に翻弄されて、外出予定もキャンセルしました。甚大な被害を受けた地域の方も多く、日本は地の災害も水の災害も今まで以上に備えなければいけないと思いました。で、三連休何をしていたかというと、昼間は普段できない掃除をしたり、夜は刺繍をしながら夏ドラマの最終回をみたり、映画『そして父になる』を見たりのんびりしていました。何回見ても泣ける映画です。2013年に公開だから4年前。たった4年でか [続きを読む]
  • 福山雅治主演 三度目の殺人 9.9SAT〜&『黒革の手帖』
  • 是枝裕和監督福山雅治広瀬すず 満島真之介 市川実日子 松岡依都美橋爪功 斉藤由貴 吉田鋼太郎役所広司公式サイトhttp://gaga.ne.jp/sandome/本日全国ロードショーです。【犯人は捕まった 真実は逃げつづけた】《STORY》真実なんていらない。弁護士は、そう信じていた。それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅(役所広司)が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑は [続きを読む]
  • 眞子様婚約内定会見見ました。
  • 秋篠宮眞子内親王殿下と小室圭さんが婚約内定記者会見をなさいました。見た方も多いですよね。眞子様は今上陛下の初孫で、私は眞子様が幼少の頃の御一家が静養中にどこの海でしたか、忘れてしまいましたが、お父様の秋篠宮殿下に「お父様〜あそこに海蛇いるわね?」と呼びかけると殿下が内心はいないだろうと思いながらも優しく「いるね〜」と微笑まれた夏の会話がとても印象に残ってます。まだ学習院の初等科にも入学されてない頃、あ [続きを読む]
  • 八咫烏シリーズ 第一部完結 少しネタバレ有り
  • 八咫烏シリーズは以前もご紹介しましたが、目下私がハマっている和風ファンタジーです。著者の阿部智里さんは現役の早稲田大学大学院の学生さん。2012年史上最年少の二十歳で松本清張賞を受賞なさいました。デビュー作『烏に単は似合わない』以来『烏は主人を選ばない』『黄金の烏』『空棺の烏』『玉依姫』を毎年一冊ずつ刊行し、今夏『弥栄の烏』で第一部を堂々完成させました。『玉依姫』と『弥栄の烏』は文芸春秋のハードカバー [続きを読む]
  • 黒革の手帖 第6話感想
  • 順調に他人の弱みを武器にお金を手にして銀座のクラブのママになった元子。その栄華も凋落の影が忍び寄ってきました。最大のミスは元子の切り札とも言える手帖を奪われたことです。そんな大事なものを自宅の鍵がかかるだけの引きだしに入れて安心して外出したらダメだわ。このデジタルの時代にいかにタイトルといえど、黒革の手帖なんて手書きのアナログを何故データ化して金庫に入れておかなかったのか。その武器を敵の前に出しす [続きを読む]
  • 福山雅治さん Insutaguramu始めました
  • ドラマ『黒革の手帖』の主題歌【聖域】リリースまでの間だけですが、福山雅治さんがインスタグラムを始めました。最近のましゃお気に入りフレーズ『震えて待て』ファンの中でも相当コアな方しか震えて待たないよね。いや、震える人は皆無だと思う。ましゃのギャグなんだろうけど、BROS.以外の場所で言ったり書いたりしちゃダメですよ。私もガクッとなるし寒い。ぜひ違うフレーズにして欲しいと切に願います。映画『Scoop』の時から [続きを読む]
  • ミュージカル@デスノート観てきたよ
  • 8月20日うだるような暑さの中、【DEATH NOTE THE MUSICAL】を観に行きました。16時45分会場。王家の紋章の時より劇場前は長蛇の列でした。この日は大阪での追加公演で千秋楽の前日。混むのも当然ですが、実は主演のWキャストである浦井健治さんと柿澤勇人さんのトークショーが終演後に行われる日だったのです。そういえばそういう特別な日だったからチケット取ったんだった、と着いてから思い出すマヌケな私です。主演 夜神月 浦 [続きを読む]
  • 福山雅治 二年半ぶりにドラマの主題歌担当
  • 7月20日(土)からスタートするテレビ朝日のドラマ『黒革の手帖』の主題歌『聖域』を福山雅治さんが担当しました。松本清張の同名小説のドラマ化で武井咲さんが主演。武井咲さんは夜の銀座をしたたかに生き抜く稀代の悪女《原口元子》を演じます。福山雅治さんが主題歌を担当するのは日テレの『花咲舞が黙ってない』の主題歌『I am a HERO』以来二年ぶりですね。タイトルの『聖域』についてましゃは「自分の中の守るべき場所。或は自 [続きを読む]
  • 劇場版はいからさんが通る キャラクターヴィジュアル
  • 主人公二人 花村紅緒さんと許婚の伊集院忍少尉原作にはやはり敵わないですよね。新たに発表されたキャラ。編集長 青江冬星(CV櫻井孝宏)ああ、もっと大人の男性の絵にしてほしかった…鬼島軍曹 通称狼さん(CV中井和也)紅緒さんの幼なじみ 歌舞伎の女形蘭丸(CV梶裕貴)お話は好きだし、キャラも好きだった『はいからさんが通る』とりあえず観にいきたいなとは思ってます。ハラハラしますね。読んでくださりありがとうございます。 [続きを読む]
  • 西島秀俊さんと猫ちゃんズ
  • 23日 からNHKドラマ10『ブランケットキャッツ』が始まりました。一話完結でストーリー全体は主人公たちの過去などが回を重ねる毎に描かれていきます。主演の西島秀俊さんが亡き妻(酒井美紀さん)の残した7匹の猫の里親募集をしながら、妻の大切にしていた猫を譲るに相応しい飼い主か見極めていくみたいです。原作の『レンタルねこ』を読んでないからわからないけど。西島秀俊さんが猫たちのお世話をする姿がまた可愛い??猫たちの [続きを読む]
  • 麻央さん 素敵な女性でした
  • 23日 朝 市川海老蔵さんのブログで意味深な言葉が…と麻央さんを応援して彼女のブログと海老蔵さんのブログの読者である友人からメールが来ました。一番泣いた日 マスコミの方察して下さい。と綴られた海老蔵さんのブログで「まさか。。」と思っていたら、記者会見を行うと情報が入り、続いて速報で麻央さん死去の訃報が来ました。既に麻央さんのブログも海老蔵さんのブログもアクセス多数で閲覧出来ず、午後2時30分からの会見を待 [続きを読む]
  • 福山雅治 BLに…
  • ラジオで菅田将暉さんを相手役に妄想ドラマしてました。ギターを教えながら、後ろからガバッと菅田将暉さんを抱きしめるましゃ と言う設定。私はBLに偏見はありませんが好んで見る方では昔からありませんでした。木原敏江さんや河惣益巳さん、旧くは竹宮恵子さん、山岸涼子さんなどで描かれる(特に河惣さんのハードさにはビックリ)シーンはそれぞれのキャラの個性を尊重して、まぁそういう思考なら仕方ないかと思ってます。男色は [続きを読む]
  • のだめカンタービレの再放送が…
  • 大好きなドラマだった『のだめカンタービレ』が件の俳優さんのせいで見れなくなるとか。いや、ドラマもスペシャルドラマも映画版も全部DVDで持ってますが、夕方再放送とか金曜ロードショーとかになると何だか見てしまうんです。洗濯物たたみながらとか。今は救命病棟24時を見てます。江口洋介の進藤先生大好き。松嶋菜々子の小島先生も成長していく様子がいいですね。シリーズの2だっけ?医局長の渡辺いっけいさんが急死されたシー [続きを読む]
  • ストロベリームーン
  • 昨夜 6月9日は満月。そして赤い月夜のストロベリームーンでした。恋が叶うとか。でも実際私が見た月は赤くない普通の満月。けど、明るさは格別でした。目の悪い私でも月兎の影がしっかりと見えました。久しぶりに月兎を見た気分。ストロベリームーンの代わりに紅く咲いたのは庭の紫陽花でした。これは去年の。梅雨になり、夏が近づいてきました。我が家の受験生のフォローをきっちりとしていかないと??やりたいこと沢山あるだろ [続きを読む]
  • しつこく王家の紋章ミュージカル 宮野真守さんに
  • 外は快晴。こんな気持ちの良い日に夏風邪に罹患するなんて、我ながらつまらないことです。で、ベッドの中でつらつら何を考えているかと言えば『王家の紋章』のミュージカル。幼少から読んできた少女マンガがミュージカルになるなんて凄いなぁと今更思います。動くメンフィスやキャロルを見る日がくるなんて。発熱しながらネットを回っていたら宮野真守さんのブログに行き着きました。彼も大千秋楽には感慨深い様子でした。大阪公演 [続きを読む]