Rokunoshin さん プロフィール

  •  
Rokunoshinさん: SUZAKU日誌
ハンドル名Rokunoshin さん
ブログタイトルSUZAKU日誌
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rokunosinn/
サイト紹介文日々感じたことを徒然なるままに、すぎ去りし昭和の思い出、好きな猫のこと、映画のことなど。
自由文映画、猫、テニス、相撲、昭和、グルメ、認知症その他多岐にわたって
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/06/24 20:27

Rokunoshin さんのブログ記事

  • まめ家ときびだんご
  • 二条駅に近いカフェ「まめ家」はおいしくてヘルシーなメニューで気に入っています。店名通りお豆を使ったお惣菜が多くて、お茶も黒豆茶です。野菜と豆、豆乳などが使われてとにかくヘルシー!お豆ディナー1080円はスープに黒豆ご飯がついてお得感があります。店内のインテリ... [続きを読む]
  • 颱風とざくろ②
  • その後も「颱風とざくろ」をチャンネルnecoで毎週見ています。松原智恵子の相手が緒方拳から石坂浩二にバトンタッチされて、ちょっと軽い感じになっています。それにしても石坂浩二は今現在と比べても激変してないので感心してしまう。もちろんあの頃は若いし今は70代風にな... [続きを読む]
  • 「植木等とのぼせもん」
  • NHKのドラマ「植木等とのぼせもん」が面白い。絶頂期の植木等と付き人の小松政夫との日々を、コミカルにほんわかと描いている。最初は植木等の役を山本耕司が演じると知って、こりゃミスキャストだと思った。しかし顔は全く似ていないにもかかわらず、植木等感を醸し出してい... [続きを読む]
  • ネコ派とイヌ派
  • 私は子供の頃から猫が家にいたので、ずっと猫と接してきました。歴代6匹の猫と暮らしてきたことになります。最後の猫は15年前に21歳で死んだロクちゃんです。それ以来猫とは縁が切れたけれど、私がもっと若く一人暮らしじゃなかったら、今でも猫と暮らしたい気持ちはありま... [続きを読む]
  • 颱風とざくろ
  • 今、チャンネルnecoで「颱風とざくろ」を放映している。1969年、私が中学生になりたての頃に毎週見ていたドラマである。その後、再放送でも見ていたし、かなりお気に入りのドラマだった。中学生にしては大人っぽいドラマだったが、そこが気に入っていたとも思う。まさか2017... [続きを読む]
  • 食費を節約する方法
  • この頃、食費の節約に精を出しています。以前は美食家?の母の影響で高級魚や高価な野菜を買っていましたが、遅まきながらもったいないと思った次第です。ただ私もまずいものは食べたくない主義なので、安くておいしいものを食べることを目指しました。それには何といっても... [続きを読む]
  • 青春の殺人者
  • レンタルDVDで「青春の殺人者」をやっと見た。1976年のキネマ旬報第1位の映画で、ずーっと見たいと思いながら見る機会がなかった。見て思ったが、これはなかなかテレビでは放映できなかったのか?何せ親殺しであり、残酷な場面もあり、今ならR15かな?それにしても私にとって... [続きを読む]
  • 「炎上」
  • 炎上というと今ならブログの炎上を思い浮かべるだろう。これから書こうとしている炎上は、三島由紀夫の「金閣寺」を映画化した「炎上」である。(先日、日本映画専門チャンネルで放映)この映画は当時、非常に評価が高くいろんな賞も受賞している。私は正直言ってよくわから... [続きを読む]
  • 観光被害
  • 新聞に「観光被害」というタイトルのコラムがあった。ヴェネチアでは人口よりも多い観光客が押し寄せているらしい。そのためごみの散乱などいろいろな被害が出ているとか。そして「日本では京都が悲鳴を上げている」と書いてあった。京都人の私としてはまさにそう!と相槌を... [続きを読む]
  • 草原の輝き
  • NHK・BSで映画「草原の輝き」を見た。この映画は1961年製作だが、私は40年位前にテレビで見たのでそれ以来である。やっぱりアカデミー賞受賞の脚本が素晴らしくて引き込まれますね。若い二人の恋愛と性の悩みを描いたものだが、今回は彼らを取り巻く親たちもしっかりと描写さ... [続きを読む]
  • 廃品回収車
  • おなじみの廃品回収車が家の近くにやって来た。ちょうど古い扇風機を処分したかったが、本当はポストによく入っている「無料回収」のチラシを利用したかった。しかし1か月待ってもポストにチラシが入らない。それでちょうどやって来た廃品回収車に頼んだところ、相手は扇風機... [続きを読む]
  • 都議会選を終えて
  • 自民党が惨敗した都議会選だった。選挙戦最終日に秋葉原にやって来た安倍首相。「安倍帰れ、辞めろ」のコールに「こんな人たちに負けるわけにいかない」と発言。でも結局負けたじゃん。「こんな人たち」という言い草が気に入らないな。「こんな人たち」も国民なんですよ。た... [続きを読む]
  • 藤井聡太四段
  • 将棋の藤井聡太四段が記録更新をして話題になっていますが、私は将棋については全く無知なので、話題に便乗して将棋に興味を持つという気にはなりません。しかし朝刊の記事で、彼が読んで面白かった本の中に、村上春樹の「遠い太鼓」があり私も大好きな本なので急に親近感を... [続きを読む]
  • テーブルクリーナー
  • これはテーブルクリーナーです。本来は消しゴムのカスを掃除する目的で作られているようです。しかし私はもっぱら食卓で、トーストを食べる時に出るパンの粉を掃除するために使っています。トーストの粉なんて気にしない人もいるだろう。後で布巾で拭けば終わりと思っている... [続きを読む]
  • 断捨離 道半ば
  • 安倍総理がよくアベノミクスのことを「道半ば」と言いますが、私の断捨離もまだまだ道半ばです。もう始めてから2年くらい経っているのに、まだまだ片付かない。たぶん私に決断力が足りないことと、大胆な断捨離ができないのが原因でしょう。いつも少しずつ、チマチマと断捨離... [続きを読む]
  • テレビ番組
  • 最近のテレビ番組表を見ていると、バラエティー番組だらけのような気がします。ゴールデンタイムの間ずっとバラエティーという局もあります。なぜこうなったのか、考えてみるに昔あったような歌番組がなくなったことも一因でしょう。その上ドラマも不発に終わるものが多いよ... [続きを読む]
  • 救急待合室で
  • 母が高熱と体の震えで介護施設から救急車で、目と鼻の先にある病院に搬送されました。検査に時間がかかり待合室でかなり待ちました。その内先生からの説明があり、又検査で待つという状態。他にも救急患者が何人か待っていて、その中の中年の男性は「魚の骨」がのどに刺さっ... [続きを読む]
  • 京都市動物園
  • 30年以上ぶりに動物園へ行ってきました。昔とはあまりにも変わっていてビックリです。とにかく明るい雰囲気、昔はちょっと暗いというか怖い雰囲気が子供としてはあったのですね。それが今は明るくて緑も多くなっていて新緑がきれいでした。一番の目当てはレッサーパンダだっ... [続きを読む]
  • 神泉苑で
  • 京都の二条城にほど近い所に神泉苑があります。5月はつつじが苑内いっぱいに咲き乱れます。赤やピンクもきれいだけど、清潔感あふれる白いつつじは目が覚めるようです。ティッシュペーパーをちりばめたような感じもしますが、この比喩は生活感が覗いてあまりよくないか…。池... [続きを読む]
  • ニガテな映画②
  • 前回に引き続き私のニガテな映画についてです。SFに続いてニガテなのは世間では大人気のアニメです。何せ宮崎駿の映画を一度も見ていないのですから。ニガテな理由は①基本的に俳優の演技を見るのが好きだから。②アニメの絵柄が好きなものが少ないから。だいたいはこの二つ... [続きを読む]
  • ニガテな映画①
  • 映画好きと言えども苦手な映画がある。私の場合はまずSF映画が苦手でほとんど見ていない。「スター・ウォーズ」は一昨年テレビで初めて見た。まあ面白かったが特段面白いとも思わなかった。それでも途中でやめずに最後まで見られたのは面白かったということだ。あの「E.T」も... [続きを読む]