fumin' さん プロフィール

  •  
fumin'さん: no walk no life(fumin'のblog)
ハンドル名fumin' さん
ブログタイトルno walk no life(fumin'のblog)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/taka230315
サイト紹介文ダイエットと肉体改造 DIY Fishing Basketball マイホーム ガーデニング シンプルライフ
自由文生まれ育った仙台で経験した東日本大震災を契機に、強靱な精神と肉体を手に入れるべくダイエットと肉体改造にチャレンジしました。現在は、細マッチョの身体を手に入れながら、ウォーキング、ランニング、徒歩通勤を続けています。念願のマイホームも手に入れ、ガーデニングやDIYに加えて、趣味の釣りや音楽や読書、健康や運動を取り入れたナチュラルでシンプルなライフスタイルを記録したブログになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/06/25 17:20

fumin' さんのブログ記事

  • デフォルメされた画像は寂しい
  • まだまだ猛暑のような暑さに辟易していましたが、ずっと心待ちにしていた「二回生同窓会」が一昨日の夜に大盛況で幕を閉じました。二十数年振りで再会した同級生の表情を眺めていたら、僕の心が優しくなった逸話や涙が溢れそうになった瞬間もありましたが、詳しくは後日に丁寧に言葉を選んで書き残そうと思いました…発起人として祭り上げられながら、その気になって会のしおりを印刷製本したり、ネームプレートに入れる名札を作っ [続きを読む]
  • 秘密兵器への期待感
  • 人混みで混雑するアーケード街をひとり歩き通して、馴染みのある商店街をいつものように通り過ぎたはずなのに、珍しく何かが心に引っ掛かって気になり始めて、僕は歩いてきたアーケード街をUターンして、自動で開いたゲームセンターのドアを歩み進みました。  滅多のことでは足を踏み入れないゲーセンでも、一時期はワンピースのフィギュア収集に凝って仕舞い、ルフィーやエースやゾロやサンジのフィギュアをクレーンゲームで何 [続きを読む]
  • 夏の海が騒いでいる
  • 先週の木曜日に大学の試験を終えた長男は、翌日には大学の友人らと野球とBBQを楽しんで帰宅してから、「夕まずめを狙ってシーバス釣りに行きたいから車を貸して。」と彼に言われて、たまたま早く帰宅していた僕も同調しようと、「一緒に行く。運転は任せた!!」と言い返して、ロッドとタックルに合わせてクールボックスにペットボトルで凍らせた氷を詰め込んで、まだまだ熱気が漂う夕刻に海岸線まで車を走らせました。 33℃まで [続きを読む]
  • 7年5ヶ月が過ぎた夜の再会
  • 勤務先のデスクの上の電話が鳴り響いて受話器を取り上げると、耳元からは聞き覚えのある声が聞こえてきた。 その声の持ち主は、昨年の12月に開催された高校のクラス会で中心となり、かつての恩師やクラスメイトに何度となく連絡を送った同級生の声で、来月予定されている同窓会総会の2次会として、同期生だけの集まりを企画するので発起人&幹事長をお願いしたい旨の依頼でした。 昨年12月、高校を卒業してから二十数年、初めてク [続きを読む]
  • いつも通りの朝と僕の願い
  • 5月の初旬にみっつのプランターに植えた野菜の苗は、6月以降の適度な雨に加えて、7月になると例年より早く梅雨明けした夏の強い日差しを浴びると、予想以上にぐんぐんと育ってくれていて、ここ一週間の毎朝はミニトマト、セロリ、パセリ、紫蘇と、両手では持ちきれないくらい収穫することが出来ました。 特に、ふたつ植えたミニトマトの苗は隣家との境にあるフェンスの高さを超え、鈴なりに実った赤い果実を毎朝食卓に提供して [続きを読む]
  • 蝉も鳴かない夏
  • 湿度が高くてじめじめとした梅雨らしい日が少なかったことは幸いでしたが、7月を迎えると全国的に広範囲で猛暑が続いて、今まで経験したことのないような気温に驚きながら、水分補給の為のペットボトルは必需品となり、朝の通勤時間帯の歩道でも木陰を探して暑さに辟易しながら歩いていました。 僕が暮らす街でも先週の日曜日には気温36.7度を記録し、過去最高を更新したニュースに驚くよりも、南側に面した庭からリビングの大き [続きを読む]
  • 12月のフォーマルハウト
  • 昨日の朝、勤務先の後輩の女性がデスクに飛び込んできて、「〇〇〇〇〇さんが昨日亡くなったという連絡があって…」と言葉に詰まりながら、大切な知らせを届けてくれました。僕は毎朝配達される新聞は隅から隅まで目を通していましたが、昨日のお悔やみの欄には気を配りませんでしたので、休憩室から一日前の新聞を取り出し、お通夜と葬儀の場所と時間を目にして、動かない現実を突き付けられたようで、悲しい知らせに打ちひしがれ [続きを読む]
  • 見上げた空を忘れるな
  • 平和で平穏に生きている中でも毎日同じことの繰り返しで刺激もない日常に埋没して仕舞い時折口惜しさや悔しさが胸に詰まり過去の自分と現在の自分を照らし合わせて明確に未来の自分を見定めようとしてもまるで焼き付いたアスファルトの向こう側に広がる夏の陽炎のように自分自身の心と身体の輪郭が定まらない 目指してきた夢と希望は儚かく何度も何度も打ち拉がれても幾度も幾度も立ち上がってきたことは事実 7月のピッチの上に [続きを読む]
  • しあわせを実感した夜を噛み締めた
  • 先週末、朝からオフロードの自転車で外出して、モロヘイヤやツルムラサキや豚ロースブロック肉などの食材を購入してから家に帰ると、大学のオープンキャンパスに出掛けていった高校生の長女が思ったよりも早く帰宅していて、エアコンを全開にしてリビングのソファーに寝転びながら、録画していた「バケモノの子」を見ていました。  それでも、リビングに取り付けられたエアコンの効きが予想以上に悪くて、いっこうに冷えない室内 [続きを読む]
  • 「初恋」の覚悟
  •  宇多田ヒカルの「初恋」になります。 1998年12月9日にアルバム『First Love』でデビューした彼女が、あれから20年の時を超えて「初恋」を発表しました。こうやって聴き入ってみると、とても衝撃的な作品であり、今までの彼女の人生と発表された作品の歴史が必然的に辿り着いた気がして、これは半端ない完成度になったと思いました。 ショートバージョンになりますが、動画を貼り付けましたので、ぜひお聴き下さい。      [続きを読む]
  • 求められる人々
  • 春先になると、リクルートスーツに身を包んだ大学生の就職活動についての話題で賑わいますが、7月になると夏休みを迎える高校生に対して、大学や専門学校からのオープンキャンパスの案内に併せて、残すところ6ヶ月余りになったセンター試験を目指すために、予備校からは夏季講習の郵便物が頻繁に届いてきます。 大学進学という進路に対して、一方では就職を希望して来春から社会人となる高校生もいる訳で、そんな高校生に対して、 [続きを読む]
  • カッコいいカラダのままでいたい
  • 先週は今年一番の忙しさが続いて、タイムカードを見返してみると超過勤務時間が算出されていて、火曜日が6時間35分、水曜日が5時間10分、木曜日が6時間20分、金曜日が5時間15分の残業時間となり、加えて土曜日も休日出勤したことで、目の疲れや頭痛や胸の痛みを自覚するほど疲労が溜まっていました。 それでも、日曜日にはたっぷりと休息をとったことで心も身体も回復したような気分になっていました。 ただし、週末に発生した [続きを読む]
  • 二度目の傷跡
  • 三年前に買い換えた車に乗るのは週末くらいで、いつもはお気に入りのランシューを履いて徒歩通勤をしていますので、車のハンドルを握るのは週末の外出や買い物などで、自家用車は普段は家のカーポートに置いたままになっていましたが、時折大学生の長男が車を使用した形跡がありました。 事故には十分に気をつけて運転してくれれば、車は自由に使っていいよ。とは伝えていましたので、いつ・誰と・どこで・どのように車を使っても [続きを読む]
  • 届きそうで届かなかった指先
  • 大学生の長男は、普段は別に熱狂的なサッカーファンでもないのに、ロシア・ワールドカップのグループリーグの日本代表の試合の放送は、スポーツバーで観戦したり、友人宅に泊まり込んだりと、彼の行動が今の若者達のスポーツの楽しみ方なのかもしれないと感じていました。 僕も同じように、Jリーグの試合やプロ野球の試合の放送には見向きもしませんが、サッカー日本代表の試合の放送は必ずと言っていいほどテレビで視聴していまし [続きを読む]
  • 零れた種から贈り物
  • 大学生の長男も高校生の長女もふたりの子どもたちの母親もまったく興味を示してくれませんが、去年に引き続いて僕は、今年もみっつのプランターで細々と家庭菜園を楽しんでいました。 5月のゴールデンウィークが始まる頃に購入して植えた苗は、プチトマト2本、青紫蘇、パセリ、セロリ、茄子でしたが、みな順調に育ってくれているようで、プチトマトは1mほど背丈を伸ばして、青い実を鈴なりに実らせ始めましたし、紫蘇とパセリは [続きを読む]
  • 小春の眼差し
  •  実家で暮らしている妹から電話があり、「鋸を貸して欲しいの。」という内容だったので目的と意味を尋ねると、伸びきった楓や樫の枝が隣家の邪魔になるので切り落としたいというもので、「今度の休みの日に切ってあげるから。」と伝えて、自宅にあった梯子を車に積み込んで、休日の日に実家に帰り半日の庭仕事を手伝ってきました。 亡くなった父は晩年、庭を眺めるのが唯一の楽しみで、庭で育てていた松などは知り合いの造園業 [続きを読む]
  • 百花斉放の季節
  • 北側のカーポート後ろ側に植えた小手毬の花の咲き具合が芳しくなくて、昨年の切り戻しが遠慮して弱かったことを反省していましたが、その一方で、隣家の迷惑にならないように大胆に切り戻したキンシバイの枝先には、幾つもの蕾が整然と並んでいて、黄色い花弁を咲かせ始めました。6月下旬を迎える季節になると、外構工事で業者が植えてくれた草木だけではなく、僕自身が小さな苗を購入してきて、心の中で「大きくな〜れ。」と呟き [続きを読む]
  • Father's Dayと未来
  •  6月の父の日の存在は、5月の母の日と比較しても地味なイベントになって仕舞うのは仕方のないことだとは誰しもが納得しているのでしょうし、子どもたちからの感謝の言葉や慰労のメッセージを目の前にすると、とても照れ臭くなり、嬉しい気持ちを素直に表現できない性格が家族の調和を乱しているのかもしれないと反省することが多々あることは、同世代の方ならば理解してくれるはずとも考えていました。  コロンビア戦をスポー [続きを読む]
  • 見せる体幹の意義
  • 女性ファッション雑誌のananの最新号の表紙よりも、「見せる体幹」というタイトルに目が奪われて、僕の表情は人目も憚ることなく見入って仕舞い、コンビニのガラスに写っていた自分の姿が可笑しくて、歩いて帰宅する途中で見せる体幹の意義をじっと頭の中で考え込んでいました。 大胆なポージングで撮影された女優中村アンの画像には、日々のトレーニングで鍛えられた筋肉質とバランス良い体幹だけではなくて、とても女性的な健 [続きを読む]
  • 野生の苺の白い花
  • 一年前も二年前も5月の季節になると、カーポートのコンクリートと住まいの狭間に小さな白い花が咲きましたが、今年も同じように小さな白いの存在に気付き、一年前と二年前と同じように、今年もワイルドストロベリーの果実を収穫できると思うと、朝からとっても優しい気持ちになりました。      「レモンバームとワイルドストロベリーの勢い」     https://blogs.yahoo.co.jp/taka230315/35709782.html      「赤 [続きを読む]
  • 山羊座の鎮魂歌
  • シンガー・ソング・ライター森田童子が四月に亡くなっていたというニュースに、3年前の過去の稚拙な書き込みを見返しながら、僕は目をつむり、そっと両方の掌を合わせました。      「ぼくたちの失敗」     https://blogs.yahoo.co.jp/taka230315/34789608.html      「雨のクロール」     https://blogs.yahoo.co.jp/taka230315/34853919.html      本質的な孤独     人間存在の淋しさ     [続きを読む]
  • スニーカー通勤の功罪
  • 毎週、火曜日の朝刊に折り込みされて届くタブロイド判の情報誌は、旬の話題を紹介する巻頭特集や、地元で開催されるイベントやグルメの話題など、様々なジャンルの情報が掲載されていましたので、僕も隅々まで目を通すようにしていました。  ここ最近で印象深かった巻頭記事は、「てくてく スニーカー通勤」というタイトルで、スポーツ庁が昨秋にスタートさせた官民連携の「FUN + WALK PROJECT」に因んで、担当記者が最寄りの [続きを読む]
  • 彼女のラストゲーム
  • 6月第一週の週末、高校三年生の長女を最後の高校総体へ見送りました。試合会場へ向かう途中でコンビニに立ち寄り、スポーツドリンクやエネルギー補給ゼリーやお菓子を買い込んだ彼女の姿をバックミラーで見返すと、とても真剣な表情で車窓を見つめていた横顔に、僕の心はとても穏やかになりました。 中学校からバドミントンを始めて、放課後の部活動だけでは飽き足らずに、地元の体育振興会が主催し社会人も混じった夜の練習会へ [続きを読む]
  • 涙が零れない理由を探す旅の始まり
  • 父が5月23日午後5時49分に息を引き取ってから、初めて経験する諸々のことに驚く暇もなく、あっという間に時間だけが過ぎた。 支払いなどの金銭面のやりとりはすべて妹に任せて、一切合切の連絡や事務手続きは僕が行った。 葬儀会社への連絡から始まり、お寺の手配、枕木経、納棺からお通夜、そして出棺から火葬、本葬から法要、市民墓園の使用許可証再交付と名義変更、健康保険や介護保険の返納、最後は年金事務所への届け出と法 [続きを読む]
  • 心を込めて見送るために
  •  いつも訪問してくれて 僕の拙い文章を読んでくれて ナイスを してくれたり 丁寧なコメントを寄せてくれたり 励ましのお言葉を書き込んでくれたりする方々へ 事情があり 少しの時間だけブログへの書き込みをお休みします 何事も受け流さずに すべてを受け止めて 両手で受け支えるために 僕自身が 最後まで見届けて 心を込めて見送るために Thursday.24.May.2018. No.639 to be continued... [続きを読む]