シンプル投資法のOK.Shu さん プロフィール

  •  
シンプル投資法のOK.Shuさん: どん底に墜ちた男が,資金を確実に殖やすローリスクでシンプルな日経225先物投資法にたどり着く
ハンドル名シンプル投資法のOK.Shu さん
ブログタイトルどん底に墜ちた男が,資金を確実に殖やすローリスクでシンプルな日経225先物投資法にたどり着く
ブログURLhttps://ameblo.jp/oksyu/
サイト紹介文経済的独立を投資で成功させようと考えている方に,失敗から脱出して発見した私の投資法を公開します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/06/25 23:23

シンプル投資法のOK.Shu さんのブログ記事

  • シンプルトレードと言えば自動売買
  • 1.FXの自動売買(システムトレード)オンラインでトレードが可能になってからというもの,FXは最も手っ取り早い投資の手段と言えるでしょう。 これは,世界的な傾向と言えるのではないでしょうか。しかし,やはりトレードの中心は欧米ですから,トレードのゴールデンタイムは日本時間の夜間から明け方にかけてということになります。 なので,日本人にとっては,脱サラをした人か学生やニートのオタクが昼夜ひっくり返った生活 [続きを読む]
  • 日経225先物取引 新ロジックを発表しました
  • 日経225先物取引入門はこちらの資料で(無料)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ こんにちは。OK.Sureです。 前回は,スキャルピングロジックについて,お伝えしました。 しかし,実はシンプルトレードをあくまでも追求しているわたしとしては,スキャルピングは片手間の副次的なトレードなんです。 集計表をよくよくご覧になると,さまざまなことが見えてきます。 もし日中ずっとチャートに貼りついていれば, [続きを読む]
  • 日経225 スキャルピングロジック
  • 前回,225トレードにおける,わたしの独自ロジックを紹介しました。 わたしが一貫して追求しているロジックは,言うまでもなく「シンプルロジック」です。 なので,本当はスキャルピングなど,わたしの専門外と言ってもよいのです。 しかし,約2年前にひょんなことから「スキャルピングロジックを発表します!」などと宣言してしまいました。 おそらく,一時ボラティリティの大きい相場の時に,数秒間で大きな利益を上げたの [続きを読む]
  • わたしが開発した日経225ロジック
  • 前回は,「裁量トレードと自動売買」というタイトルで書き始めたのですが,肝心の225ロジックまで話が届きませんでした。 きょうは,もう225ロジックそのものについて書くだけです。独自ロジックを開発するまで225トレードにおけるロジックは世の中に無数にあるのだと思いますが,あなたはそのうちのどれくらいのものをご存知でしょうか。わたしが開発したロジックの中代表的なもの「Sロジック」と「ドSロジック」につい [続きを読む]
  • 裁量トレードと自動売買
  • 前回は勝率の話から,「シンプルトレード」の話になったところで終わりました。ところで,「シンプルトレード」に至るには,もう一つの筋道がありました。それが,裁量トレードと自動売買の話になります。2008年ころ,今から思えばまだ私のトレードスタイルは「行き当たりばったり」というものでした。幻想があったのです。「まともにサラリーマンなんかやってられない。」「国内の銀行なんかにお金を預けてなんかいられない [続きを読む]
  • 勝率100%のロジックは たしかに存在する!
  • 勝率100%のロジックはたしかに存在する! こちらのチャートをご覧ください 2007年ころのわたしはこのチャートを見て「これは必ず稼げる!」と直感して大金を預けました。 これは,金先物の月足チャートです。ご覧のように,しばらく低迷していた金の価格は2005年ころから急激に上昇し始めました。 予想通り,見る見る利益は積み上がっていきました・・・が,2008年のある日を境に一気に価格は落ち始めたのです。 チャートでは [続きを読む]
  • 日経225先物取引のメリットとは
  • こんにちは。シンプル投資のOK.Sureです。 きょうは,久しぶりに基本に戻って上のようなタイトルで書きます。 「何をいまさら」と思われるかもしれませんが, 私にとっては永遠に大事なことなので,最後まで読んでいただけるとうれしいです。 日経225先物取引のメリットとは ずばり,シンプルです! だからこそ,ブログのタイトルにもしています。最近は,こんなロゴも作りました。 わたし,約10年のトレード歴になります.経験の [続きを読む]
  • MACDについての動画も作成しました
  • OK.Sureです。いかがお過ごしですか? 私の推奨するロジックのサインは,きょうの225は「買い」になっていますが,米朝首脳会談があるのできょうは休むことを提案しました。 さて,わたしが使用するインディケータ―で移動平均線とともに最も長く愛用しているのがMACDです。 MACDは225との相性がいいように思いますので,推奨しております。 まだ,うまく作れていませんが,動画を作成してみましたので,覗いてみてくださ [続きを読む]
  • 移動平均線について動画をアップしてみました
  • 最近の流れはねこもしゃくしも「動画」ですね。 わたしも,その仲間になってみました。 わたし自身は古い人間のタイプでしょうか,動画を見る時間がもったいなくて,さまざまなプロモーション動画も数十分以上かかるものはほとんど見ません。 見たとしても,2倍速で見たりします。 なので,自分でつくるなどということはほとんど考えたこともありませんでした。 しかし,謙虚に相手の立場に立てば,映像のほうが理解しやすい人も [続きを読む]
  • 225テクニカル分析入門 2 移動平均線
  • 今日も225トレード入門シリーズです。 (225入門のまとめをすぐに見る→https://form.os7.biz/f/9ae1529e/) ________________________より確度の高いエントリーと決済タイ ミングを得るには、ローソク足チャー トだけでは少々不安になります。 そこで、移動平均線というチャートを 併用します。英語でMoving Average line と言います。 下のチャートに3本の線が描かれてい ますが,これが移動平均 [続きを読む]
  • テクニカル入門1 ローソク足
  • 「テクニカル分析」とは、その国の経済状態、あるいは企業業績などを考慮せず、その通貨の過去の価格、取引量、それに時間軸などから、未来の株価の動きを予測する「相場分析法」のことを言います。 ファンダメンタルズとは、経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件の事を言い、未来の株価を動かす要因にもなります。 今回は、OK流のテクニカル分析法について解説していきます。1.ローソク足チャートこれは [続きを読む]
  • 日経225先物取引ロジックを公開します
  • 日経225先物取引ロジック ドS私は、オンライントレードに目覚めてから、この数年間、一貫してシンプルトレードを目指してきました。 その中でも最もシンプルでしかも「使える」ロジックを、ここで紹介することにしました。その名を「ドS」と言います。 なぜ「ドS」などといかがわしい名称にしたかと言いますと、正式名称が「日経225先物取引超シンプルロジック」だからです。即ち、Super Simpleなので、「ドS」としたわけで [続きを読む]
  • 日経225先物取引のトレードスタイル
  • 225今日も225トレード入門シリーズです。__________________________________長期トレード一般的な株式投資のように何週間も何ヶ月も建玉を保有していて、ファンダメンタルな変化に応じて決済したり、新規に建玉を持つような取引です。変動幅が大きいので、長期トレードは、資金にかなりの余裕があることが前提になります。 もし長期の建玉を保有するとすれば、証拠金の10倍ほどの資金を [続きを読む]
  • 日経225先物取引とは
  • きょうも、日経225先物取引入門についてです。 ___________________________先物取引とは,将来の相場や金利を現時点で確定契約する取引を言います。なので,英語では,futuresと言います。 期日までに現時点で取り決めた価格(約定価格)で取引することを約束する契約で,価格変動で受ける将来の損失を防ぐために生まれています。 例えば為替変動の影響を避けるために、輸入原材料や為替自体など [続きを読む]
  • 日経225先物取引 口座開設から取引開始まで
  • 本日の記事も、225取引入門者のための内容となっています。 __________________________まず225取引口座を開設日経225先物取引は,FXなどと同じようにパソコンやスマートフォンがあれば,Web上でオンライン取引をすることができます。 検索エンジンで調べますと,日経225先物取引の比較サイトが出てきます。 その中のどこでもいいですから,まず口座を開設しましょう。 口座を開設す [続きを読む]
  • なぜFXではなく 日経225先物取引なのか
  • きょうの記事は、225入門者の方向けになっています。_________________________なぜ日経225先物取引なのかなぜFXなど様々な投資商品の中から日経225先物取引をお勧めするのか。 それは,第一に,シンプルだからです。Simple is Bestです。 いくら儲かる話でも,一日中夜中まで何時間もパソコンに張り付いていたりしているのはだめです。 銘柄が一つだから,シンプル。資金をこ [続きを読む]
  • 仮想通貨がまた去年のような上がり方を始めたか
  • ここ数日、一日平均で約10%ずつ上昇しています。底値から約50%の上昇です。まあ、それでもピーク時の3分の1程度ですが・・。 これは、去年の11〜1月のような上がり方です。余裕資金のある方は正に今が仕込み時ではないでしょうか。 今年中に2~3倍、2020年までに10倍以上の上昇を予想する人が多いので、銀行などに置いておくよりは賢いのではないでしょうか。 但し、見守る必要はあると思います。即ち、私が昨年末にや [続きを読む]
  • ワンパターンのプロダクトローンチ手法を嗤う
  • プロダクトローンチもう、うんざりではありませんか? 私も「儲け話」が嫌いではないので、あまり警戒感を持たずに結構メルアドを打ち込んでしまう方です。 それにしても、あまりにワンパターン過ぎます。このローンチ手法、どこかの業者が売り込んでいるのでしょう。 1.「億」とか「今すぐ」とか「必ず」とかの 飛びつきたくなるキャッチフレーズ2.メルアドを登録すると、 LINE登録要求とお決まりの「第1話」視聴3.それ [続きを読む]
  • ビットコイン 指値にヒットしてしまいました
  • もうビットコインには投資の対象としては期待してませんので、「もし下がりきったら」買おうとしか思っていませんでした。 私の予想としては、前回90万切ったところで買いを入れたあとはレンジ相場かなと思っていました。 それにしても、さらに下がることもあれば買おうということで75万円付近で指値しておきました。そうしましたら、今日ヒットしていたことに気づきました。 次は、2月6日の底値64万でしょうか。念の為、60万円 [続きを読む]
  • このところ仮想通貨の値動きが面白くない・・
  • コインチェックに動きがあったのでこのブログを更新します。_____________________________ コインチェックは、国内で一番仮想通貨の種類を多く扱っていましたので、私はここに一番多く資金を預けていました。 もともと、リスクは覚悟の上なので、今回の騒動も想定内でした。 コインチエックに対して訴訟を起こした人もいるようですが、わたしは、むしろコインチェックという会社がこの難局をどう乗 [続きを読む]
  • 余裕資金とは
  • 私は、主に日経225先物取引の研究をしていますが、この頃仮想通貨についても研究をはじめました。その研究の関連で、ときどきFXもやってますが、本腰を入れる事なく,すべて「お試し」でやってます。その研究という意味で、先日BITpointFXからMT4をインストールして、早速BTC/JPNのトレードをはじめました。ちょうど、こういう時期でしたので、「もう下がりきっただろう」ということで,初めはタイミングを見て買いエントリーし [続きを読む]
  • 18日の下げはビットコインの影響?
  • 先週後半、所用で225チャートから離れていました。 それで、昨日データを取るために見てみましたら、18日に、24000円超えて始まったのに、一時、¥425も下げていたことがわかりました。 この日は、私のロジックでも上げサインが出ていたので、こんなふうに大きく外れていたことに少々ショックでした。 そこで、18日のことを調べましたら、大方の予想はやはり↑でした。 今度は18日の振り返りを見てみました。す [続きを読む]
  • きのうビットコインを買えましたか?
  • Bitcoinの先週12月7日(木)の始値が156万円、終値が222万円でした。 わたしは、戻したところで買おうと思い、160万円付近に指値しておきました。また、暴落もあり得るので90万円付近にも指値してあります。 すると、9日日曜日朝起きてパソコンを開くと、ヒットしていることに気づきました。下値は144万円付近まで行ったようです。 その後、さらに値を下げるのかと見守っていましたら、週明け今週スタートする [続きを読む]
  • Bitcoin(仮想通貨)投資はストレスフリー
  • 仮想通貨について書いたのが9月が最後でした。 この3ヶ月にBitcoinの価格が5倍に上がってます。特にこの1週間は2倍に上がりました。 ついにCMEで近いうちに(12/18?)先物として上場するということで、急激な上昇を見せたのです。 今や、Bitcoinは怪しいものではなくなったわけですから。 わたしは、Bitcoinだけでなく全部で15種の仮想通貨を保有しています。Bitcoinは5倍上昇でもほかはさまざまなので、全体としてはそれでも2〜 [続きを読む]