shaft さん プロフィール

  •  
shaftさん: shaftの心を洗う酒記
ハンドル名shaft さん
ブログタイトルshaftの心を洗う酒記
ブログURLhttp://shaft1123.com/
サイト紹介文日本酒と酒器、肴についてのんびり書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/06/26 09:16

shaft さんのブログ記事

  • 外飲み記録 焼とり はま田 肝と心の造り 京鴨のたたき お好み焼き鳥
  • 所用があって、一泊二日で大阪訪問。大阪となれば絶対使いたい店のひとつであるはま田を訪れました。一応予約していったところ、まだ名前も顔も覚えていてくれましたw相変わらず美味しい肝と心の刺し身。大好物だった京鴨のたたきも変わらぬ美味しさ。日本酒も相変わらず色々揃っています。焼鳥。撮影漏れてますが、玉ひもは頂いていて、白子は残念ながら品切れだったかな。それでもなかなか地元では味わえない美味しさです。大阪 [続きを読む]
  • 地元探訪 一福食堂 豊橋祇園祭
  • 時系列的に前回の万太郎から2〜3週間後の記事になります。その間も地元の店を鰻2軒、天ぷら1軒回ってみたのですが、正直ショボかったので記事にできず、今回祇園祭りのあとに訪れた一福食堂が相変わらず美味しかったので記事を起こしました。というわけで毎年恒例になっている大仏さんのご厚意で提供して頂く超VIP席で眺める花火大会です。毎年おかしな選曲で笑わせてくれる川西塗装さんは一昨年のRustyNailに続いてXの紅を使用し [続きを読む]
  • 地元探訪 寿司 万太郎
  • 前々回紹介の鰻屋藤城の隣りにある寿司屋万太郎を訪れました。入る直前になって大きく「寿司 万太郎」と書いてある看板に小さく「SUSHI BAR MANTARO」と書いてあるのを発見し、SUSHI BARという単語に嫌な予感を覚えたりしています。正直躊躇しましたが、南無三と飛び込んだところ、店内は割としっかり和風の落ち着いた造りで、むしろSUSHI BARなんて書かないほうが良いんじゃないかと思ったりw画像は付き出し。メニューにはお任 [続きを読む]
  • 宅飲み記録 鮎の造り、塩焼き、開き
  • 大阪では家で飲むとなれば梅田阪急&阪神、場合によっては難波高島屋まで巡って肴を揃えたものですが、地元ではそんなの無理なので、自発的に呑むというより突発的に酒と共に頂きたい品が食卓に上がる時にだけ、マイ・フェイバリットな日本酒を開けて呑むスタイルになりました。というわけで画像の通り蓬莱泉の長期熟成純米大吟醸酒「吟」生酒を開けるに相応しい品で宅飲みです。ちなみにテイスティングメモを紛失したので吟のレビ [続きを読む]
  • 地元探訪 炭焼 うなぎと旬菜 藤城 蒲焼 白焼き 肝焼き
  • 地元では珍しく関西風の鰻を供す店、藤城を初訪問です。お昼というのと呑み過ぎると午後から差し障りのある用件もあったので軽く麦味のジュースを頂きます。付き出しの冷製お浸しのトウモロコシがやけに美味いのですが、地元産だそうです。実家でもしばしば採れたての野菜や果物を頂くことがありますが、正直その美味しさに衝撃を受けています。鮮度は大正義。ブランドよりも鮮度だなあと日々実感しています(勿論ブランド野菜の採 [続きを読む]
  • 地元探訪 うなぎの京楽軒 鰻の洗い 白焼き 蒲焼 肝焼き
  • 大阪を離れ20数年振りに地元に戻ったので、以後の外飲み記録は地元探訪として主に愛知県及びその周辺エリアのお店で飲んだ記録が中心となります。不味かった店は記事にしない方針は従来通りなので、多少辛口のコメントがあったとしても基本的に満足している上での注文程度です。※不味かった店はTwitterで店名を伏せた上で忌憚ない意見を載せていますwというわけで最初は過去何度か登場している最高の鰻を出す店、豊川の京楽軒で [続きを読む]
  • 東京紀行 神楽坂 芝蘭
  • いよいよ東京紀行最後となる神楽坂の芝蘭の紹介です。前路山さんと大仏さんが使い倒している店なので最終日に天ぷらを食べたにも関わらず、そのまま神楽坂まで足を運んでランチの混雑が引いたくらいの時間に飛び込んでいます。まずはよだれ鶏。これについては正直銀座飄香の方が好みかな。水餃子。美味です。初体験四川ダック。この品が今回食べた中では一番インパクトがあり、美味でした。麻婆豆腐は自分で二種類の花椒を足して味 [続きを読む]
  • 東京紀行 銀座 天一 本店
  • 東京最終日のお昼ご飯その一です。前路山さんイチオシの洋食店が予約満席で、ならばと同じく前路山お薦めの銀座のビーフカレーを食べに向かったら定休日、続いて銀座の有名老舗寿司屋に入ろうとしたら2時間待ちということで、通りすがりにあった天ぷら屋に飛び込みました。酒器は何焼きだったか忘れましたが結構素敵。天ぷらはやや胡麻の風味が混じっているものの、胡麻油だけではない様子。ただ綿実油と違ったやや粘り気のある味 [続きを読む]
  • 東京紀行 麻布十番焼肉 Kintan
  • 東京最後の夜です(翌日も日中食べ歩いているので記事はもう少し続きますが)。この日は前路山さんセレクトの麻布十番の焼肉屋Kintanを訪れました。後になって、前路山さんが店を間違えたかもとか言い出して困惑しましたが、神戸チャンピオン牛を使っていたりと高級系の店の様子。日本一のサーロイン・ユッケ、ハーフ&ハーフ。この店は写真映えにも気を遣っているそうですw下のペラいのは極上のプラチナタン。タン一本から3人前し [続きを読む]
  • 東京紀行 ベルギービール アントワープ セントラル
  • 焼鳥瀬尾の後に前路山さんに連れられてベルギービール専門のビアレストランに入りました。大仏さんは■■■■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■消えていきましたw瀬尾で十分に食べていたのでナッツ系をツマミに駄弁りつつ、軽くベルギービールを…というつもりだったのですが、画像を見返すと結構呑んでますねw専用のグラスとコースターで呑むドラフトはやはり最高。飲みすぎて退店間際にうっかり看板 [続きを読む]
  • 東京紀行 焼鳥 瀬尾
  • 所用で大阪に行ってたりしたので間が空きましたが、東京詣での続きです。東京紀行4日目の夜は前路山さんお薦めの焼鳥屋瀬尾を訪れました。焼鳥屋ではありますが店内は落ち着いたモダン系高級和食店を思わせる造りですね。お酒は屋守を頂いています。酒器も洒落ていますね。串の前にオードブル的な品が幾つか出てきますが、どれも丁寧な仕事振りが窺えます。焼鳥も鶏自体の鮮度、味わいの良さに加えて丁寧な焼き方で文句無しです。 [続きを読む]
  • 東京紀行 築地 かとう 刺身盛り合わせ ノドグロの煮付け
  • 東京4日目は土曜日なので朝から大仏さんに築地に連れて行ってもらいました。大阪住まいが長い身としては築地も大阪魚市場のイメージで、場内に大阪で言うところのゑんどうのようなお店が何軒があるのかなと思っていたのですが、予想外に市街地から近い場所にあることにまず驚き。飲食店も市場のおまけではなく、完全にそれ目的で来場する方用に大量に立ち並んでいて、大阪でいうと黒門の方が雰囲気的には似ていますね(と言っても [続きを読む]
  • 東京紀行 九段下 寿司政 お任せ
  • 東京紀行3日目の夜は前路山さんが急病のため、大仏さんが急遽リリーフ。元は天ぷらの予定でしたが、昼間にも天ぷらを食べていることもあり、これまでの飲食でいまいち真価を体験できていない寿司に再チャレンジ。ということで九段下の老舗寿司政を訪れました。日本酒は5〜6種類だったかな。ちょっと記憶があやふやですが新潟系が多かったような?海老もよく見ると細かい仕事。トリ貝は地元愛知産。残念ながら子持ちではありません [続きを読む]
  • 東京紀行 石臼挽き手打 蕎楽亭  馬刺し盛り合わせ 天ぷらお好み 鴨ざる
  • 東京紀行三日目の昼は一人で神楽坂の蕎麦屋、蕎楽亭に乗り込みます。神楽坂と言えば前路山さんと大仏さんが好んで利用しているので、きっと怪しげなネオンが煌めき、黒服が昼間からうろうろしているような街だと思っていました。しかし、予想外に健全な雰囲気で心臓が止まるほどに驚き、きっと同音の別の街では無いかと考え、道行く人に「ここ以外にかぐらざかという名前の街はありませんか?ちょっと怪しい雰囲気の」などと尋ねて [続きを読む]
  • 東京紀行 吉野鮨本店 お任せ刺し身と鮨
  • 東京二日目。初日で大仏さんや前路山さんエスコートの晩飯は万札が飛ぶように消えていくことを思い知らされたので、単独行動になる昼は控えめにと大仏さんのアドバイスで吉野鮨という安くて美味しいというお店を訪れました。行列はないものの、店内はほぼ満席の混雑ぶり。ランチセットだけかと思いきや、カウンターには昼間から酒をあおるダメオヤジが何人も居たので、同じように日本酒をオーダー。ただ選択肢が二種類の小瓶のみで [続きを読む]
  • 東京紀行 銀座寿司幸本店
  • 伊勢廣でお昼を頂いてから、夜まで銀座三越で酒器の品揃えに驚愕しつつ眼福に預かったりした後、仕事を終えた前路山さん、大仏さんと銀座寿司幸で合流しました。銀座といえば日本全国には実はゆかりがなくても銀座〇〇とか名乗るお店が掃いて捨てるほど存在しているのでしょうが、東京の銀座はガチ銀座なので、ここにある銀座〇〇というお店は格が違うのだなあと田舎者の自分は人混みに怯えながら歩いたものですが、その銀座の中で [続きを読む]
  • 東京紀行 伊勢廣 本店 かなりお得な昼のコース
  • 土日祝日は休めるけれど、平日は基本的に休めないという業務をずっとしてきたので、大阪を離れたついでに一週間ほど東京で友人達が堪能している美食を楽しむために上京しました。美食家な友人達が、普段飯でお願いしますというこちらの要望にどれだけ聞く耳を持ってくれるか甚だ不安ではありますが、とりあえず東京駅から近いということで、老舗焼き鳥店伊勢廣本店を訪れました。老舗というだけあって店構えも昭和な雰囲気で、結構 [続きを読む]
  • 外飲み記録 蟹吉 特上ズワイガニコース
  • 年に一、二回は使っていたのですが、一人で行くことが無かったのでブログでの紹介は初めてな蟹吉で最後の大阪カニ料理を堪能しました。某道楽だと毛ガニやタラバも楽しめるのですが、一人だと無理がある量になってしまうので、個室で落ち着いて食べられる蟹吉をチョイスしています。お酒は菊正宗と枡にはロゴが張り付いていますが、地酒を4,5種類取り扱っていて、この日は八海山だったかな。蟹刺しと蟹味噌。カニ専門店を使う理由 [続きを読む]