きのっぴー さん プロフィール

  •  
きのっぴーさん: きのこ採り 散歩図鑑
ハンドル名きのっぴー さん
ブログタイトルきのこ採り 散歩図鑑
ブログURLhttp://yaplog.jp/kinoko-sato/
サイト紹介文キノコ採りが大好きで、山里を歩いております。やはり、天然物の味の素晴らしさがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/06/26 13:58

きのっぴー さんのブログ記事

  • カラカサタケ
  • カラカサタケは、8月頃、山を歩くと、竹林などの地上にでているのをよく見かけます。傘の径は15cmくらいで、卵形からまんじゅう形になります。表面は、灰褐色になっており、大小のふぞろいの鱗片があります。柄の長さは、15cmくらいあり、上部に厚みがある可動性のツバがあり、根元が球状にふくらんでおります。おすすめの料理は、煮物、佃煮、天ぷら等になります。9月もでておりますので、興味のある方は、探してみてく [続きを読む]
  • アミガサタケ
  • アミガサタケは、頭部が網目状で、ハチの巣みたいになっているので、見た目は、とても食べられそうに見えないきのこです。しかし、このきのこは、日本では食用する人が少ないですが、フランス料理では、モリーユと呼ばれていてよく使われているきのこです。肉質は、もろいのですが、熱を通すと弾力が出てしっかりした歯ごたえになります。卵形〜卵状円錐形の頭部と柄とからなるきのこで、高さ10cmくらい、頭部は長さ5cmくら [続きを読む]
  • ムラサキシメジ
  • ムラサキシメジの季節がやってきました。コナラ林を歩いていると、地上にポツポツと群れております。紫色なのですぐにわかると思います。傘の径7cmくらいで、半球形から丸山形に開きます。最初は綺麗な紫色のきのこですが、そのままにしておくと黄褐色になっていきます。傘の裏面をみると、ヒダは密で、柄に垂生しております。柄は、長さ6cmくらいで傘と一緒の紫色で根元がふくらんでおります。よく締まった肉質で、歯切れが [続きを読む]
  • ツエタケ
  • ツエタケは、シイ・ブナなどの広葉樹林の地上を探すと見つけることができます。傘の径は5cmくらいで、まんじゅう形から平らに開きます。傘の表面は、淡褐色で網目状の不規則なシワが生じており、傘の表面をさわると粘性があります。柄は長さ10cmくらいで、根元が太くなり、その先が細くなって地中に深く伸びております。傘にはヌメリがあり、柄はよく締まって歯切れがよいため、傘と柄を別々に料理すると美味しいです。おす [続きを読む]
  • シイタケ
  • シイタケは、コナラやクヌギの切り株や枯れた幹などをよく探すと、天然物のシイタケを見つけることがあります。香りが強くものすごく美味しいキノコになります。傘の径は10cmくらいで、まんじゅう形から扁平に開いていきます。傘の表面は、知らない人はいないと思いますが、赤褐色で、しばしばヒビ割れて鱗片状になります。しいたけは、柄が丈夫になっているので根元から切って採ってください。どんな料理にでも合うので、好き [続きを読む]
  • キッコウアワタケ
  • キッコウアワタケは、8月頃にコナラ林を歩いていると地上に発生します。傘の径は10cmくらいで、まんじゅう形から扁平に開きます。傘の表面は赤褐色になっており、表面がひび割れていることが多いです。傘の裏面をみると管孔状で管孔は柄に上生しています。きのこを裂いてみると、濃い黄色になっておりますが、やがて、すこし青く変わります。味は、口あたりがよく、煮込むとよいダシが出ます。おすすめの料理は、味噌汁、炊き [続きを読む]
  • マスタケ
  • マスタケは、8月頃に山を歩くと、ミズナラの倒木、切り株に発生しております。このきのこは、最初はしろっぽくて柔らかいです。形状は、ヘラ形の傘が数枚重なり合って株状になっております。傘の表面をみると放射状のシワがあり、周縁部が不規則に波打っております。傘の裏面をみると管孔状になっております。出始めの頃は、弾力がありますが、日にちが経つとボソボソになっていきます。若い頃で、耳たぶくらいの柔らかさの時が採 [続きを読む]
  • ガンタケ
  • ガンタケは、8月頃にコナラ林を歩くと、地上にでているのを見かけます。傘の径は、12cmくらいで、まんじゅう形から扁平に開き、しばらくすると周縁部が反り返って浅い皿状になります。傘の表面は、赤褐色でイボを多数つけております。傘の裏面は、ヒダは密で柄に離生し、白色から赤褐色のシミがでてきます。肉は、白色ですが、傷をつけると赤みを帯びてきます。このキノコは、しっかりした肉質で、歯切れがよく、よいダシがで [続きを読む]
  • フサクギタケ
  • フサクギダケは、コメツガの針葉樹林の地上に、9月頃にいくと群生しております。この、きのこは、歯切れが良く、油で炒めてから煮物にすると美味しいです。傘の径5cmくらいで、中央が突き出た山形からほぼ平らに開きます。傘の表面は、淡黄橙色で小さいときに中央部をみると濃色になっております。柄の長さは、10cmくらいで、上部に繊維状の早落性のツバがあり、ツバから上が細くなります。このキノコをみつけたら、根元か [続きを読む]
  • ヤマイグチ
  • ヤマイグチは、毎年採っておりますが、クセのない風味で歯切れもよくおいしいです。9月頃にシラカバ林を歩けば地上に発生しております。傘の径は10cmくらいで、丸山形から扁平に開きます。傘の表面は、黄褐色で、雨が降ってからさわると粘性があります。裏面は、管孔状になっており、柄は長さ10cmくらいになっております。このキノコの肉は、白く、傷をつけて空気にふれても色は変わりませんが、すこし赤みがかかることが [続きを読む]
  • カワリハツ
  • カワリハツは、梅雨あけにコナラ林を歩くと地上にあるのをよく見かけます。このキノコは、肉質がもろくて歯切れもあんまりないですが、コクのあるよいダシがでるので、調理によっては美味しいきのこに化けます。傘の径は8cmくらいで丸山形から平らに開きます。傘の表面は、そのシーズンによって少しずつ変わり、私がいままで見た色は、紫色、赤紫色、紅色になると思います。雨が降ったような日は、表面は粘性を帯びております。 [続きを読む]
  • ハナビラタケ
  • ハナビラタケは、味はないですが、コリッとした歯切れがあり香りもよいので、評判はよいです。9月頃にカラマツ林を歩いて、株や根元をよく探すとたくさんでています。ハナビラのようになっているので一度見つければわかるかと思います。根元から繰り返し分枝して、花びら状の薄片が塊状の株になっております。見つけたら根元からナイフをつかって綺麗にとります。おすすめの料理は、酢の物、炊き込みご飯、中華スープ、鍋物、天ぷ [続きを読む]
  • ベニテングタケ(毒)
  • ベニテングタケは、山地のアカマツ林やシラカバ林を歩いていると見かけることがあります。このキノコは、他のきのこと違って色も鮮やかな赤色もなっており、傘の表面に白色のツボの破片をイボ状につけておりますのですぐに見分けがつくと思います。このキノコには、イボテン酸やムスカリンなどの毒成分を含んでおります。これを間違って食べてしまうと、酒に酔ったような気分になり、筋肉の痙攣や幻覚などを引き起こすのでとても危 [続きを読む]
  • オニイグチ
  • オニイグチは、シイ、カシなどがある広葉樹林を歩くと地上にあるのを見かけます。このキノコの傘表面は、白色の地に暗褐色の大きな繊維質の鱗片に被われます。柄はかたいので傘だけを食べるようにしてください。このきのこは、傷みが早いので、若いきのこのみを選んで食べるようにしてください。傘の径は、10cmくらいで丸山形から扁平に開きます。傘の裏面は、管孔状で管孔は柄に上生します。はじめのうちは白色ですが、やがて [続きを読む]
  • ヌメリササタケ
  • ヌメリササタケは、9月中旬頃にツガ林を歩くと地上に群れております。このきのこは、ほのかな甘みがあって口当たりもよく、風味も楽しめるので美味しいです。傘の径5cmくらいで、半球形から扁平に開きます。傘の表面は、オリーブ色で、粘液に被われております。裏面を見てみると、ヒダは密で、柄に直生しております。このきのこは、ヌメリが強くてゴミがつきやすいので、ゴミをつけないように丁寧に採りましょう。おすすめの料 [続きを読む]
  • ツバフウセンタケ
  • ツバフウセンタケは、9月頃にカバノキ科の林を歩いていると地上に群生しております。傘の径は、10cmくらいで、まんじゅう形から扁平に開きます。傘の表面をよく見ると、赤褐色になっており、中央部は少し暗くなっております。傘の裏面は、肉桂色でしばらくたつと褐色になっていきます。きのこを割ってみると、汚れた白色で、臭いをかいでみると少し土のにおいがします。おすすめの料理は、すこし土の臭いがするので油で炒める [続きを読む]
  • アラゲキクラゲ
  • アラゲキクラゲは、4月頃から10月頃にカキ、モチノキ、ニセアカシアのような木の枯れた幹などに生えております。形状は、径5cmくらいの耳形をしたきのこです。柄はなく裏面の一部が木に接合しております。表面をよく見ると、紫褐色の地に灰白色の毛が密生し、白茶色に見えます。全体にニカワ質で、乾くと収縮して干からびますが、水に漬けると復元します。このきのこをみつけたら乾いていると採りづらいので、雨が降った後に [続きを読む]
  • ショウゲンジ
  • ショウゲンジは、8月頃にアカマツ林を歩くと、地上に群生しております。このきのこは、しっかりしているので、見つけたらそのまま抜き取れます。よく締まった肉質で歯切れもよく味もよいです。傘の径は10cmくらいで半球形から丸山形になります。傘の表面は、黄土褐色で放射状の浅いシワがでております。ヒダは密で柄に直生しております。なんにでもあいますが、私は、味噌汁、炊き込みご飯、雑炊、茶碗蒸し、鍋、天ぷら、うど [続きを読む]
  • キンチャヤマイグチ
  • キンチャヤマイグチは、9月の中旬頃、シラカバ林を歩くと地上に群生しております。傘の径は15cmくらいで丸山形から扁平に開きますので、一度見ればわかるかと思います。傘の表面は、橙黄色で、よく見ると微毛があります。傘の裏面をみると管孔状で柄に離生しております。このきのこの肉は白色ですが、傷がついて空気にふれると淡紅色になり、しばらくすると灰黒色になります。このきのこは、クセのない風味で歯切れもよいので [続きを読む]
  • ヤマドリタケモドキ
  • ヤマドリタケモドキは、クセのない風味でどんな料理にもあいますので、満点といっていいほどの味のきのこになります。ヤマドリタケモドキは、7月の中旬頃に、コナラ林を歩くと地上に発生しております。傘の径は10cmくらいで丸山形に開きます。傘の表面はオリーブ褐色で、雨が降って湿ると粘性があります。傘の裏を見てみると、管孔状で柄に離生しております。私は、山に行ってヤマドリタケモドキを見つけて帰ってくると、この [続きを読む]
  • ツバアブラシメジ
  • ツバアブラシメジは、9月の中旬頃にアカマツ林をあるくと地上に群生しております。見つけることができればたくさんありますが、雨がふって濡れていると、ヌメリが強く滑るので、軍手などをはめて採るのがよいです。なるべく、傘が開いていないものを採るようにしましょう。傘が開いていると外れやすいので注意です。傘の径は5cmくらいで丸山形から扁平に開きます。傘の表面はオリーブ色で、いちじるしい粘液に被われております [続きを読む]
  • ヘラタケ
  • ヘラタケは、9月頃にカラマツ林を歩いていると地上に群生しております。円柱状の柄と、木の葉状の頭部とからなるヘラ形のきのこです。頭部は、淡黄色でよくみるとシワがあります。このキノコは、しっかりとしたきのこで、そのまま摘み取ります。あんまり、このキノコを採る人は少ないと思いますが、私は、見つけたら摘み取り、家にも持ち帰ってから、湯に通してから酢の物にして食べております。食感は、コリッとした歯ごたえあり [続きを読む]
  • ヤナギマツタケ
  • ヤナギマツタケは、梅雨時からヤナギ、カエデなどの木の枯れ幹に発生します。幼菌にはマツタケに似た香りがあり、これがヤナギに出るのでヤナギマツタケといわれております。木の割れ目やうろなどを探すと見つけることができます。傘の径は、10cmくらいで丸山形から平らに開きます。黄褐色で全面にすこしシワがあります。このきのこは、歯切れもよく、クセのない風味になっております。このキノコを見つけたら、炊き込みご飯、 [続きを読む]
  • キハツタケはよいダシがでます
  • キハツタケは、10月頃にモミ林を歩いていると、地上に群生しているので、よくそれを採ってきます。このキノコの歯ごたえはボソボソしていますが、よいダシが出るので美味しいです。特にマリネにすると味がよい気がいたします。傘の径は10cmくらいで、まんじゅう形から中央がくぼんだ形に開いていきます。傘の表面は淡黄色で、同心環紋が多少あります。傘の裏面をみると、ヒダはやや密で柄に垂生し、淡黄色になっております。 [続きを読む]
  • ホテイシメジ
  • ホテイシメジは、私はかなり好物なので毎年、山に行って採っております。9月頃にカラマツ林を歩くと地上に群生しております。いつも同じようなところに生えておりますので、一度、見つけることができれば簡単になってくると思います。傘の径5cmくらいで、まんじゅう形から平らに開きます。傘の表面は、灰褐色で中央部をよくみると暗褐色になっております。柄は、根元が膨らんで太くなるのが特徴で、ホテイシメジの名前は、この [続きを読む]