きのっぴー さん プロフィール

  •  
きのっぴーさん: きのこ採り 散歩図鑑
ハンドル名きのっぴー さん
ブログタイトルきのこ採り 散歩図鑑
ブログURLhttp://yaplog.jp/kinoko-sato/
サイト紹介文キノコ採りが大好きで、山里を歩いております。やはり、天然物の味の素晴らしさがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/06/26 13:58

きのっぴー さんのブログ記事

  • ツバフウセンタケ
  • ツバフウセンタケは、9月頃にカバノキ科の林を歩いていると地上に群生しております。傘の径は、10cmくらいで、まんじゅう形から扁平に開きます。傘の表面をよく見ると、赤褐色になっており、中央部は少し暗くなっております。傘の裏面は、肉桂色でしばらくたつと褐色になっていきます。きのこを割ってみると、汚れた白色で、臭いをかいでみると少し土のにおいがします。おすすめの料理は、すこし土の臭いがするので油で炒める [続きを読む]
  • アラゲキクラゲ
  • アラゲキクラゲは、4月頃から10月頃にカキ、モチノキ、ニセアカシアのような木の枯れた幹などに生えております。形状は、径5cmくらいの耳形をしたきのこです。柄はなく裏面の一部が木に接合しております。表面をよく見ると、紫褐色の地に灰白色の毛が密生し、白茶色に見えます。全体にニカワ質で、乾くと収縮して干からびますが、水に漬けると復元します。このきのこをみつけたら乾いていると採りづらいので、雨が降った後に [続きを読む]
  • ショウゲンジ
  • ショウゲンジは、8月頃にアカマツ林を歩くと、地上に群生しております。このきのこは、しっかりしているので、見つけたらそのまま抜き取れます。よく締まった肉質で歯切れもよく味もよいです。傘の径は10cmくらいで半球形から丸山形になります。傘の表面は、黄土褐色で放射状の浅いシワがでております。ヒダは密で柄に直生しております。なんにでもあいますが、私は、味噌汁、炊き込みご飯、雑炊、茶碗蒸し、鍋、天ぷら、うど [続きを読む]
  • キンチャヤマイグチ
  • キンチャヤマイグチは、9月の中旬頃、シラカバ林を歩くと地上に群生しております。傘の径は15cmくらいで丸山形から扁平に開きますので、一度見ればわかるかと思います。傘の表面は、橙黄色で、よく見ると微毛があります。傘の裏面をみると管孔状で柄に離生しております。このきのこの肉は白色ですが、傷がついて空気にふれると淡紅色になり、しばらくすると灰黒色になります。このきのこは、クセのない風味で歯切れもよいので [続きを読む]
  • ヤマドリタケモドキ
  • ヤマドリタケモドキは、クセのない風味でどんな料理にもあいますので、満点といっていいほどの味のきのこになります。ヤマドリタケモドキは、7月の中旬頃に、コナラ林を歩くと地上に発生しております。傘の径は10cmくらいで丸山形に開きます。傘の表面はオリーブ褐色で、雨が降って湿ると粘性があります。傘の裏を見てみると、管孔状で柄に離生しております。私は、山に行ってヤマドリタケモドキを見つけて帰ってくると、この [続きを読む]
  • ツバアブラシメジ
  • ツバアブラシメジは、9月の中旬頃にアカマツ林をあるくと地上に群生しております。見つけることができればたくさんありますが、雨がふって濡れていると、ヌメリが強く滑るので、軍手などをはめて採るのがよいです。なるべく、傘が開いていないものを採るようにしましょう。傘が開いていると外れやすいので注意です。傘の径は5cmくらいで丸山形から扁平に開きます。傘の表面はオリーブ色で、いちじるしい粘液に被われております [続きを読む]
  • ヘラタケ
  • ヘラタケは、9月頃にカラマツ林を歩いていると地上に群生しております。円柱状の柄と、木の葉状の頭部とからなるヘラ形のきのこです。頭部は、淡黄色でよくみるとシワがあります。このキノコは、しっかりとしたきのこで、そのまま摘み取ります。あんまり、このキノコを採る人は少ないと思いますが、私は、見つけたら摘み取り、家にも持ち帰ってから、湯に通してから酢の物にして食べております。食感は、コリッとした歯ごたえあり [続きを読む]
  • ヤナギマツタケ
  • ヤナギマツタケは、梅雨時からヤナギ、カエデなどの木の枯れ幹に発生します。幼菌にはマツタケに似た香りがあり、これがヤナギに出るのでヤナギマツタケといわれております。木の割れ目やうろなどを探すと見つけることができます。傘の径は、10cmくらいで丸山形から平らに開きます。黄褐色で全面にすこしシワがあります。このきのこは、歯切れもよく、クセのない風味になっております。このキノコを見つけたら、炊き込みご飯、 [続きを読む]
  • キハツタケはよいダシがでます
  • キハツタケは、10月頃にモミ林を歩いていると、地上に群生しているので、よくそれを採ってきます。このキノコの歯ごたえはボソボソしていますが、よいダシが出るので美味しいです。特にマリネにすると味がよい気がいたします。傘の径は10cmくらいで、まんじゅう形から中央がくぼんだ形に開いていきます。傘の表面は淡黄色で、同心環紋が多少あります。傘の裏面をみると、ヒダはやや密で柄に垂生し、淡黄色になっております。 [続きを読む]
  • ホテイシメジ
  • ホテイシメジは、私はかなり好物なので毎年、山に行って採っております。9月頃にカラマツ林を歩くと地上に群生しております。いつも同じようなところに生えておりますので、一度、見つけることができれば簡単になってくると思います。傘の径5cmくらいで、まんじゅう形から平らに開きます。傘の表面は、灰褐色で中央部をよくみると暗褐色になっております。柄は、根元が膨らんで太くなるのが特徴で、ホテイシメジの名前は、この [続きを読む]
  • ミネシメジ
  • ミネシメジは、9月頃にコナラ林を歩いていると地上に群生しております。私は毎年、採っておりますので、すぐにこのきのこはわかります。傘の径5cmくらいで、半球形からまんじゅう形になります。傘の表面は、オリーブ緑色になっており、中央部にはスス色の繊細な粒状鱗片をつけております。柄の長さは、5cmくらいでオリーブかかった白色に灰緑色の鱗片をつけます。このキノコに傷をつけると赤みを帯びるようになります。食べ [続きを読む]
  • オオツガタケ
  • オオツガタケは、9月頃にモミやツガの林を歩き、地上をよく探せば生えております。このきのこは、とてもしっかりしたきのこなので見つけることができたら根元からそのまま抜き取りましょう。傘の径は8cmくらいで、最初は、まんじゅう形で次第に平らに開きます。傘の表面は黄土色で、このきのこに触ってみると粘性があるのがわかります。若いときは白色で、老成すると黄土色になります。柄が太く、よく締まった肉質で、歯切れが [続きを読む]
  • ハナイグチ
  • ハナイグチは、9月の末頃にカラマツ林を歩いていると地上に群生しているので見つけることができます。このキノコは、歯切れもよく、とてもよいダシがでるので毎年探しております。傘の径は10cmくらいで、最初は丸山形で、しだいに平らに開きます。表面の色は、赤褐色になっており、さわるとヌメリがありますので、粘液に被われております。傘の裏をみると、管孔状で柄に直生し、綺麗な黄色になっております。ハナイグチをみつ [続きを読む]
  • マンネリタケは、霊芝と呼ばれている
  • マンネリタケは、コナラ林を歩いていると、木の根元に発生しております。中国では、このキノコを霊芝と呼んで、昔から、不老長寿の霊薬として扱われてきました。薬効は、解毒、鎮痛などの作用があります。これを見つけたら、蒸してから乾燥させ、細かくくだいたものを煎じてお茶代わりに飲みます。傘の径は10cmくらいで、円形になっており、色は、茶褐色、赤褐色、黒褐色などの色があります。全体にニス状の物質を分泌している [続きを読む]
  • カベンタケ
  • カベンタケは、見たことがある人は、あんまりいないと思いますが、地上からまるで、舌がいくつも生えているような感じのキノコです。9月頃にモミ林を歩いて、地上をよく探せば群生しているので見つけることができます。このキノコのまわりの環境を調べてみると、コケが密生するような湿ったような状態になっておますので、そのような状態の場所を探せば見つけられると思います。高さは、5cmくらいで、幅6mmくらいの舌状のき [続きを読む]
  • シロヌメリイグチ
  • シロヌメリイグチは、9月頃にカラマツ林を歩くと地上に群生しております。傘の径は10cmくらいで、丸山形から扁平に開きます。傘の表面は、最初は暗褐色ですが、やがて緑褐色に変わっていきます。肉は濁った白色で傷をつけると青く変わっていきます。このキノコをみつけたら、粘性があり、ゴミが付きやすいので、根元からナイフで切りとってください。持ち帰るときも、水っぽく柔らかい肉質なので、つぶさないように持ち帰りま [続きを読む]
  • ホコリタケは、白い煙がでる
  • 山を歩いている人なら見たことがあると思いますが、地面に白くて丸いようなきのこを蹴飛ばすと、白い煙が発生します。このきのこ、なんと食べられるのです。白い煙が出るのは、トゲ状粒点が落ち、頭頂部に開いた小穴から煙のように胞子を放出するからなのです。このキノコは、球状の頭部と、それを支える柄とからなります。頭部は白色で老成するとトゲ状粒点が落ちて黄褐色になります。採り方は、指でおさえてみて、弾力のある若い [続きを読む]
  • ウスタケ
  • ウスタケは、ラッパ状のきのこになっており、食べられるのですが、昔、これをたくさん食べた人が、下痢や腹痛になった事がありますので、一度にたくさん食べるのはやめておきましょう。今の時期に、モミやツガ林を歩くと地上に群生しております。傘の径は10cmくらいで、最初は、先すぼみの花びん状で、しだいに開いてラッパ状になっていきます。傘の表面は、黄土色になっており、裏面は、シワ状のヒダが根元に向かって伸びてい [続きを読む]
  • キノボリイグチ
  • キノボリイグチは、今頃になるとカラマツ林をあるくと地上に群生しております。幼いきのこは、管孔部が粘膜質の被膜で被われております。傘の裏面は、管孔状になっており、柄の上部に粘膜質のツバがあり、根元にむけて太くなっております。傘の径は7cmくらいで山形から平らに開きます。傘の表面は、黄土色の地に赤褐色の綿状鱗片がまだらに付着しております。キノコに傷がつくとしだいに淡紅色になり、そのうち褐色になっていき [続きを読む]
  • ホンシメジ
  • 今の時期に、コナラ林を歩くと、ホンシメジを見つけることができます。このキノコは、比較的、石の近くを探すと簡単に見つけることができます。傘の径5cmくらいで半球形からまんじゅう形になり平らに開くようになります。傘の周辺部をみると内側に巻いております。柄の下部はとっくり状にふくらんでおります。このとっくり状のふくらみが大きな特徴の一つで、別名ダイコクシメジとも呼ばれております。このきのこは、味、歯切れ [続きを読む]
  • アンズタケ
  • 今の時期に、モミやマツ林を歩くと地上にこのアンズタケが群生しております。綺麗な黄色い色をしているのですぐにわかるかと思います。傘の径は5cmくらいで漏斗形になり、波をうっているような円形で裂けやすくなっております。ヒダは疎で柄に垂生しております。アンズに似た香りがあり、フランスで使われているジロールは、このきのこのことになります。このきのこを採ってきて茹でると鮮やかな黄色になります。おすすめの料理 [続きを読む]
  • アンズタケ
  • アンズタケは、8月頃から山を歩くと見つけることができます。モミ・マツ林を歩き、よく地上を見ていれば群生しているのでわかるかと思います。傘の径は5cmくらいで、いびつな円形で、波打ったりしているので見分けがつくかとおもいます。ヒダは、疎で、柄に垂生します。肉は黄色になっており、においをかぐとアンズに似た香りがあります。このきのこを採ってきて、茹でると色が鮮やかになり、酸味もなくなってきます。おすすめ [続きを読む]
  • キヌメリガサ
  • キヌメリガサは、傘が小さく柄が長いので見つけ慣れればすぐにたくさん採れるようになると思います。このキノコを見つけたら、手を地中に突っ込み、柄の根元からつまんで引き抜くようにします。そろそろキヌメリガサがでてくるころかと思いますので、カラマツ林をあるくと群生していると思いますよ。傘の径は5cmくらいで、まんじゅう形から平らに開きます。傘の表面は綺麗なレモンイエローになっているのですぐにわかると思いま [続きを読む]
  • ハナビラニカワタケ
  • ハナビラニカワタケは、秋にコナラ・クヌギ林を歩いていると枯れ幹や枯れ枝に出ております。このキノコは、花びらのような形になっており、同一の根元から出る開いた花びら状の裂片が、何枚も重なり合って球状の塊になっております。全体に淡褐色で、花びら状裂片はゼラチン質で乾燥すると収縮して色が濃くなり、軟骨状になりますが、水で戻すと復元します。このキノコは、甘い香りがあり、クセのない風味になっておりますので、よ [続きを読む]
  • アカモミタケ
  • アカモミタケは、9月中旬頃にモミ林を歩くと群生していることがあります。傘の径は、10cmくらいで、中央部がくぼんだ丸山形から平らに開きます。傘の表面は、橙黄色で、湿ると粘性があります。傷をつけると橙朱色の乳液を分泌します。採るときは、傘が欠けやすいので慎重にとりましょう。かたくてもろい肉質になっておりますが、煮ると弾力が増し、コクのあるダシがでます。おすすめの料理は、炊き込みご飯、お吸い物、蕎麦、 [続きを読む]