four-leaf clover さん プロフィール

  •  
four-leaf cloverさん: 毎日が読書日和
ハンドル名four-leaf clover さん
ブログタイトル毎日が読書日和
ブログURLhttps://ameblo.jp/takeshi-kai/
サイト紹介文読書が好きで毎日何かしら読んでいます。 印象に残った本のレビューを覚え書きがてら保存しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供181回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2015/06/26 15:33

four-leaf clover さんのブログ記事

  • 私はあなたの瞳の林檎
  • 私はあなたの瞳の林檎 [ 舞城 王太郎 ]1,620円楽天 ★★★ 初読みの作家さん。『私はあなたの瞳の林檎』『ほにゃららサラダ』『僕が乗るべき遠くの列車』の3編が収録されています。初出は順に2012年、2010年、書き下ろしとなっていますが、先の2作も古さは感じずイイ感じの甘酸っぱさがありました。お気に入りは『私はあなたの瞳の林檎』同級生の鹿野林檎(かの りんご)の事を好きで好きで堪らない戸ヶ崎直紀(とがさき なお [続きを読む]
  • 手をつないだまま さくらんぼの館で
  • 手をつないだまま さくらんぼの館で [ 令丈 ヒロ子 ]1,512円楽天 ★★★★ メルヘンタッチな表紙に可愛いタイトル。そしてこの物語の舞台はアニメに出てきそうな洋館・「白桜館」遠縁のおばあさんに管理を任され小説を書きながら1人で暮らしていた大学生の颯太の元に突然現れたちょっと生意気な10歳の少女りりな。ギクシャクしていた二人が兄妹、父娘の様にどんどん仲良くなって行く姿に気持ちが温かくなり読み進めていると中 [続きを読む]
  • 神さまを待っている
  • 神さまを待っている [ 畑野 智美 ]1,728円楽天 ★★★★★ 期待を裏切らない読み応えのある作品だった。20分並んでようやく食べれる事になった数量限定の鯵フライだが、自分の席にだけソースがない。主人公、水越愛の未来を予測させる冒頭の鯵フライのシーンから惹き込まれる。普通に大学を卒業し文房具メーカーで派遣社員として働いていた26歳の愛。派遣を切られた事で、家賃が払えなくなり、瞬く間にホームレスへと転落して行 [続きを読む]
  • またここか
  • またここか [ 坂元 裕二 ]1,728円楽天 ★★★ 2018年9月28日から10月8日までDDD青山クロスシアターで上映されていた公演を単行本化した作品。前作『往復書簡 初恋と不倫』が良かったので手にしましたが今回はそれ程のめり込む事が出来ず読了。舞台となっているのは東京サマーランド近くのガソリンスタンド。登場人物は近杉祐太郎、根森真人、宝居鳴美、示野香夜子の4人のみで男女二人づつが織りなす会話劇。腹違いの兄だという [続きを読む]
  • ハラスメントゲーム
  • ハラスメントゲーム [ 井上 由美子 ]1,620円楽天 ★★★ 現在テレビ東京で放送中の『ハラスメントゲーム』の原作本。全5章で構成されています。主人公は大手スーパーのコンプライアンス室長に任命された唐沢寿明演じる秋津渉。様々なハラスメントに広瀬アリス演じる部下の真琴と立ち向かって行くエンタメ企業小説です。細かいシチュエーションは異なっていますがドラマとほぼ同じ内容でした。1話ごとに解決されて行くので読後感 [続きを読む]
  • 崖の上で踊る
  • 崖の上で踊る [ 石持 浅海 ]1,728円楽天 ★★★ タイトルから火曜サスペンス劇場的な物語を想像していましたが那須高原にある保養所内と言う閉ざされた空間の中で起こる連続殺人事件を解くミステリーでした。「フウジンブレード」の幹部三人を殺害する目的で集まった10人の男女。三人のうちの一人の殺害に成功するも、今度は仲間だと思っていたはずのメンバーが一人、二人と殺されて行きます。結局ラストまで犯人の目星も動機も [続きを読む]
  • 人殺しの息子と呼ばれて
  • 人殺しの息子と呼ばれて [ 張江 泰之 ]1,620円楽天 ★★★★ 『子は親を選べない』たびたび耳にするその言葉を今までで一番強く感じる事となった読書時間だった。2002年の「北九州連続監禁殺人事件」事件当時まだ9歳だった少年は成長するに連れ、事件の全貌を知る事になる。殺人事件の内容についても記載されているが、はたから見ても凄絶極まりない内容で彼の心中を想像しただけでどんなにか辛く苦しかった事だろうと思う。現 [続きを読む]
  • 探偵は教室にいない
  • 探偵は教室にいない [ 川澄浩平 ]1,620円楽天 ★★★ 第28回鮎川哲也賞受賞作品。 「Love letter from...」「ピアニストは蚊帳の外」「バースディ」「家出少女」4話収録の連作短編集。 物語の舞台は北海道。同じ中学に通う14歳の海砂真史、栗山英奈、田口総士、岩崎京介の4人と真史の幼馴染で不登校の鳥飼歩が織りなす青春ミステリーです。 特別大きな事件や出来事が起こるわけでもなく、日常生活で出会うささやかな謎を解いて行 [続きを読む]
  • ねじれびと
  • ねじれびと [ 原宏一 ]1,728円楽天 ★★★ 「平凡組合」「 逃げろ真紀」「テツコの部屋」「 エクスキューザー」「ロング ロング シャワー」独立した5話収録の短編集。 1話目の「平凡組合」からニヤニヤが止まらない。 最も平凡な立ちション方法や牛丼の食べ方など本当にどうでも良いわ!って話を真面目に討論する姿を想像しただけで噴き出した。 究極の『平凡』を決める平凡組合の会合、ちょっと参加してみたいかも。 彼女いない [続きを読む]
  • ウェディングプランナー
  • ウェディングプランナー [ 五十嵐貴久 ]1,728円楽天 ★★★ 「新郎新婦入場」「開宴の辞」「主賓挨拶」「ウェディングケーキ入刀」「祝辞」「お色直し」「余興」「親への手紙」「閉宴の辞」9話で構成された連作短編集。 主人公は自らも結婚式を3ヶ月後に控えているウェディングプランナーの草野こより。 五十嵐作品ですがミステリーではなくお仕事小説です。 結婚式の数だけドラマがあって、それを陰で支えるウェディングプラン [続きを読む]
  • ゆっくり十まで
  • ゆっくり十まで [ 新井素子 ]1,512円楽天 ★★★ 2017年から2018年までキノブックスのウェブマガジン「キノノキ」で連載されていたショートショートを纏めた作品集。 第1章「天下無敵の恋する乙女」4編、第2章「神様、どうかお願い」5編、第3章「されど、愛しい人間くん」6編の全15編が収録されています。 どのお話にも『大好き』が詰まっていて可愛らしい。 温泉好きな彼と、前世が雪女で長時間湯船に入れない彼女との不思議な [続きを読む]
  • 少女たちは夜歩く
  • 少女たちは夜歩く [ 宇佐美まこと ]1,728円楽天 ★★★★ 10話で構成された連作短編集。1話づつでも十分恐ろしいが読み進めて行くと各話が微妙にリンクされている事に気付き浮かび上がる人物相関図と背景に恐ろしさが上書きされる。舞台となっているのは街の中心にある城山の魔界この場所で次々と起こる不可思議な事件の数々。最初から最後まで文中から不穏で陰鬱な空気が溢れ出しゾワゾワしながらページを捲り続けた。「白い花 [続きを読む]
  • 地球星人
  • 地球星人[本/雑誌] / 村田沙耶香/著1,728円楽天 ★★★ 先日、村田 沙耶香さんのチャーミングなエッセイ「となりの脳世界」を読み終わり、ホンワカとしていた後に読んでしまったこの作品。おぞましい性犯罪と何回読んでも言いにくいポハピピンポボピア星人、リアルとファンタジーの融合した作品だと思い読み進めて行くと終盤ではホラー全開。あまりのグロテスクさに気持ち悪さを感じて薄目&遠目で読んでしまった。社会に蔓延する [続きを読む]
  • となりの脳世界
  • となりの脳世界 [ 村田沙耶香 ]1,512円楽天 ★★★★ 村田沙耶香さん、初のエッセイ集。「小さい頃について」11編「日常について」36編「好きなことについて」10編「散歩、旅することについて」15編デビューから15年間に渡り各誌で掲載されたこれら72編が収録されています。村田さんに対して勝手にぶっとんだイメージを持っていましたが初エッセイはとても読みやすく共感出来る所もあって面白かったです。子供時代の「お風呂の中 [続きを読む]
  • 愛なき世界
  • 愛なき世界 (単行本)1,728円Amazon ★★★★ 人間愛と植物愛に満ち溢れた圧巻の447ページでした。 国立T大学にほど近い場所にある洋食屋「円服亭」。 そこで働く藤丸陽太が恋をした本村紗英は、三度の飯よりシロイヌナズナ(葉っぱ)の研究が好きな大学院生。 藤丸くんの真っ直ぐで柔軟性があるキャラが良い。 植物に対しての純粋な疑問や、興味・関心が読者側のそれと重なる事で読み手の心の内を代弁してくれている様。 研究に関 [続きを読む]
  • いいたいことがあります!
  • いいたいことがあります! [ 魚住直子 ]1,512円楽天 ★★★ 主人公は中学受験を控えた六年生の陽菜子。お父さんが単身赴任中で家の事も色々手伝っている。 でも兄は忙しいを理由に家事はしなくて良い。 陽菜子の悶々とする気持ちがストレートで解りやすい。 そしてある手帳がきっかけで現れた謎の女の子スージー。ファンタジー要素を醸し出しながらも家族間の中で生まれる仕事や家事に対して問題提議している。 子供の頃、大人に [続きを読む]
  • ことことこーこ
  • ことことこーこ[本/雑誌] / 阿川佐和子/著1,620円楽天 ★★★ 認知症を発症した母親、琴子(ことこ)と、結婚10年目に離婚し、実家に戻った香子(こうこ)の物語。離婚後、フードコーディネーターとしての新たな人生を始めようとした矢先、母親に認知症の症状が現れる。仕事と介護の板挟みになり孤軍奮闘する様子が、ユーモアと切なさ満載に描かれていて時に笑ったりホロリとしたりの読書時間だった。登場する料理の数々がどれも [続きを読む]
  • 友情だねって感動してよ
  • 友情だねって感動してよ [ 小嶋 陽太郎 ]1,728円楽天 ★★★★ 「甲殻類の言語」 「ディストラクション・ガール」「或るミコバイトの話 」「象の像」「恋をしたのだと思います」 「友情だねって感動してよ」6話収録の短編集。 1991年生まれの若い作家さん。始めましてだったけれど、言葉のセンスが絶妙で好きな文章だった。 少しのファンタジーに幾ばくかのリアルが加わり、若者たちの自意識やプライド揺れ動く気持ちが細やかな [続きを読む]
  • 猫のエルは
  • 猫のエルは [ 町田 康 ]1,944円楽天 ★★★ 「諧和会議」「猫とねずみのともぐらし」「ココア」「猫のエルは」「とりあえずこのままいこう」の5編収録。 町田さんの作品は過去何度も手に取る物のいつも途中で挫折。 さて今回は…。1話目の「諧和会議」は日本語を話す動物達の会議の様子が描かれている。 議長は蛙の蛙真一郎、出席者は話の長い馬山五郎、かたつむりのマイマイツブリ、牛の乳牛山八郎、その他そうそうたる顔ぶれ。 [続きを読む]
  • 一緒にお墓に入ろう
  • 一緒にお墓に入ろう1,620円Amazon ★★ 初読みの作家さん主人公は東大を出て大手銀行の執行役員にまでのぼりつめた大谷俊哉。妻、小百合と一見平穏な暮らしをしている様に見えますが十年来の愛人、水原麗子との浮気を楽しむ日々を送っています。そんな中、兵庫県丹波の実家に住んでいた86歳の俊哉の母が亡くなった事から物語は始まる。田舎の墓に入りたくないと言い出す妻の小百合。それが元で俊哉は愛人の麗子に「一緒の墓に入 [続きを読む]
  • 緑のなかで
  • 緑のなかで1,620円Amazon ★★★ 『緑のなかで』『おれたちの架け橋』の2編収録。北海道大学の広大な敷地内にある、外壁が緑のツタで覆われた緑旺寮に入寮している大学生、啓太が主人公。春夏秋冬、学内や寮で行われる多種多様のイベント。ザ:青春と言う感じでキラキラ輝いていて微笑ましい。私自身も短大の時、寮に入っていたのでクリスマス会の物真似披露などが蘇り懐かしくなりました。しかし爽やかで平穏な物語だと読み進め [続きを読む]
  • 人さらい
  • 人さらい1,620円Amazon ★★★ 翔田 寛さん、初読みです。2015年に発売された『真犯人』の続編ですがそちらを読んでいなくても問題ありませんでした。タイトルで一目瞭然ですが誘拐物です。静岡県浜松中央署管内で、小学4年生の村木千夏ちゃんが誘拐され犯人は千夏の母、清美に身代金1億円を持って、浜松駅からタクシーに乗車するよう命じます。プロローグが鍵である事を想像して読み進めて行くと途中から幾重にも絡み合った人物 [続きを読む]
  • 緑の花と赤い芝生
  • 緑の花と赤い芝生 (単行本)1,728円Amazon ★★★★ 専業主婦の母に育てられたリケジョでバリキャリの志穂子と厳しい教師の母に育てられ家庭に重点を置く典型的女子の杏梨正反対な二人だったが、志穂子の兄と杏梨が結婚した事で密接に関わる事になってしまう。自分で選んだ道を信じて進んでいても選ばなかった方の道を思い悶々とする事は誰でもあるだろう。本著では志穂子VS杏梨だけではなく、それぞれの母親との軋轢も加わり終始 [続きを読む]
  • ほんのきもち
  • ほんのきもち1,728円Amazon ★★★ 贈り物に纏るエッセイ&コミック&ショートストーリーが16話収録されています。私事ですが、今年に入って近所に住む87歳のMさんが出身県が同じだと知り仲良くなりました。実家から戻る時、Mさんの顔を思い浮かべながらお土産を選ぶのが楽しみの1つ。いそいそと持って行くと軽くジャンプして喜んでくれるのが嬉しい。そして数日後にはMさん手作りのお菓子や庭で育てた野菜が我が家に届けられます [続きを読む]
  • 痛い靴のはき方
  • 痛い靴のはき方 (幻冬舎文庫)497円Amazon ★★★★ 2013年10月から2016年5月に連載されていたエッセイをまとめた文庫オリジナル作品。全部で46のエッセイが収録されています。ミリさんのエッセイが時々読みたくなるのは無意識に共感を求めているからかも知れない。日常で起こるふとした疑問に、あぁ悩んでいるのは自分だけじゃないんだと思えたり寂しさを共有出来たり、ミリさんの言葉に癒しを貰っているような気がします。旅行 [続きを読む]