madamefrance さん プロフィール

  •  
madamefranceさん: マダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ハンドル名madamefrance さん
ブログタイトルマダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ブログURLhttps://ameblo.jp/mmefrance/
サイト紹介文フランス人と結婚した旅好きマダムが旅行、生活、美味しいもの、お役立ちパリ情報について綴っています。
自由文日々の暮らしや旅行、美容、健康、美味しいもの、国際結婚について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/06/27 00:15

madamefrance さんのブログ記事

  • 聖母被昇天祭に起こった悲劇
  • 8月15日といえば、日本人にとっては「終戦記念日」ですが、 カトリックの国では聖母マリアが肉体と霊魂を伴って、 天に召されたことを記念する「聖母被昇天祭」という 祝日にあたります。 Nicolas Poussin 「Assomption de la Vierge」 各地で宗教的なイベントが開催されますが、今年は そんなイベントの最中に悲惨な事故が起きてしまいました。 事故が起きたのはポルトガルのマデイラ島。 日本でも報道されたと思いますが、聖母マ [続きを読む]
  • 香港のパワースポット「黄大仙」
  • 一時帰国した際に、母と訪れた香港で、パワースポット として知られる黄大仙(ウォンタイシン)に参拝してきました。 正式名称は「薔色園黄大仙廟」、香港最大級の道教寺院です。 門の上部に「薔色園」と確認できますが、「薔色」は 「初心に戻り、欲望を抑え、修練する」という意味だそうです。 香港式狛犬が外門の両サイドで出迎えてくれます。 「狛龍」って、感じ? 門をくぐって、左手にある銅像 高層ビルの谷間にあるのが [続きを読む]
  • 100万ドルを超える100万ドル以上の夜景
  • 里帰りの恒例行事でもある母との旅行。 昨年は ハワイ へ、そして、今年は香港を訪れました。 私が最初に香港を訪れたのはまだ10代の頃で、 それが初めての海外旅行でした。 その後も香港を訪れていますが、中国返還前の ことなので、今回は約20年ぶりでした。 数年前に、17年ぶりに北京を訪れた時には街の 変貌ぶりに目を見張りましたが、20年ぶりの香港は 表面的にはそれほど変わっていない印象を受けました。 さて、香港といえ [続きを読む]
  • 12区パン Vandermeersch
  • 前回、ご紹介した パリ動物園 はメトロ8号線、および トラムT3の Porte Dorée が最寄り駅となるのですが、 その駅のすぐそばに、「Kouglof(クグロフ)」で、 有名なパン屋さんがあります。 中心部が空洞の斜めに溝のある独特な型で焼かれた クグロフは、アルザス地方の伝統的な郷土菓子。マリー・アントワネットの好物だったことでも知られています。 レーズン入りのたっぷりシロップがしみ込んだ 甘いタイプとクルミ&ベーコン [続きを読む]
  • パリ動物園に行ってみよう!【後編】
  • パリの東、ヴァンセンヌの森に隣接するパリ動物園。 【前編】 に引き続き、後編は大型の温室で飼育されている 鳥類や両生類、哺乳類などをご紹介します。 学術名が分かりませんので、さらっと画像でお楽しみください。 こんなカラフルな蛙もいるのですね。 温室内では鳥も放し飼いにされています。 柵もなく、もちろん、触れてはいけませんが、さわろうと思えば、 さわれてしまうくらい、間近で観察することができます。 [続きを読む]
  • パリ動物園に行ってみよう!【前編】
  • 40代、子なし夫婦の我々ですが、動物園に行って参りました。 パリに動物園はふたつあります。 ひとつは「Ménagerie le Zoo du Jardin des Plantes (パリ植物園付属動物園)」。 植物園に併設された、1794年開園の大変、歴史のある動物園です。 研究目的で造られた動物園なので、私たちがイメージする 動物園の人気者見たさで訪れると期待に反するかもしれません。 絶滅危惧種や珍しい動物を見られることと パリの中心部という、 [続きを読む]
  • 日本でもっと買ってくれば良かったスーパーのお菓子
  • 6月に37度なんていう日もあったので、今年の夏は 猛暑になるのでは?と心配しておりましたが、 振り返れば、そこが暑さのピーク。 8月と言えば、夏真っ盛りですが、パリは 過ごしやすい日が続いております。 街はバカンスで、パリジャン、パリジェンヌが消えて、 閑散としています。(観光スポットは別) 道路もすいて、渋滞も緩和され、快適です。 ところで、先日、日本から荷物が届きました。 一時帰国した際に、調味料などを買 [続きを読む]
  • 天国への入口?
  • 暑中お見舞い申し上げます こちらはギリシャ・サントリーニ島でのバカンスで滞在したホテルへの入口。 暑中お見舞いの一枚に選んでみました。 まさに天国への入口という感じでしょう? エーゲ海にはいくつもの島がありますが、中でも断崖絶壁に 白い建物が立ち並ぶサントリーニ島は絶大な人気を誇ります。 斜面を利用した洞窟ホテルは大体、このような造りになっています。 お部屋の内部はこんな感じ。 朝食はお部屋併設のテラ [続きを読む]
  • パリで開催「ブリヂストン美術館名品展」【2】
  • 「ブリヂストン」と言えば、誰もが知る、日本はもとより、 世界シェア No.1の巨大タイヤメーカーですが、 その社名の由来をご存知でしょうか。 実は私も今回の企画展を訪れるまで、知りませんでした。 ブリヂストンという社名は創業者である石橋正二郎氏自身が 命名したもので、名字の二字「石(stone)」と「橋(bridge)」を そのまま英語に直訳したものだったのです。 「ストーン」と「ブリッジ」で、「ブリヂストン」。なるほ [続きを読む]
  • 夏もサッパリ、Picardのフルーツタルト
  • 日本は連日、暑い日が続き、夏バテされている方も 多いのではないでしょうか。 地元名古屋の気温を見ると、本日は最高気温が33度、 最低気温が26度となっております。 こちら、パリはそこから、ちょうど10度低い感じ。 天国ですよー! 暑いと体がシュワシュワ系のドリンクや冷た〜いデザートを 欲しますが、半袖では肌寒いほどの気温なので、 そうなると、おやつもタルトやケーキが食べたくなってきます。 先日、当ブログにもたび [続きを読む]
  • 驚愕 ! セーヌ川のほとりに×××現る!
  • 「パリ」と言えば、エッフェル塔に、凱旋門、いろいろ、 思い浮かぶものはありますが、街を二分するように 流れるセーヌ川も切り離せない存在です。 夕暮れ時のセーヌ川越しに望むノートルダム寺院、 私の好きな風景です。 さて、そんなセーヌ川のほとりに、金曜日の朝、 突如、驚くべきものが現れました。 それは  ナ、   ナ、   ナント!    ク・ジ・ラ! なんてこったい! クジラが打ち上げられるなんて。 ここ、 [続きを読む]
  • パリから日帰り〜ブランディ・レ・トゥールを散策
  • 前回の ブランディ・レ・トゥール城 に引き続き、 本日はその城下町のレポートです。 お城の前の広場に、とても興味惹かれるものがありました。 巨大な石臼です。 こんな大きなものを転がすのはさぞ大変であったと 思いますが、いにしえの人々が使っている光景を 想像するだけでもワクワクしてきます。 すぐそばには13世紀初頭に建造された、ゴシック様式のサン・モリス教会があります。 18世紀末に造られた、かつて、女性 [続きを読む]
  • パリから日帰り〜ブランディ・レ・トゥール城
  • パリから直線距離にして約50?の南東に位置する Blandy-les-Tours(ブランディ・レ・トゥール)。 春に、この町を訪れた際に、電車やバスの車窓から 広大な敷地一面を黄色に染め尽くす菜の花畑を目にして、 心が躍りました。 見ているだけでウキウキする黄色の絨毯 本日はその続編。 町のシンボルにもなっているブランディ・レ・トゥール城のレポートです。 13世紀に領主の館として、建てられたのがこの城の始まりでした。 14世紀 [続きを読む]
  • 14 juillet 2017 エッフェル塔の花火の動画をおすそわけ
  • 一昨日、7月14日はフランス革命の発端となった バスティーユ牢獄襲撃に由来する建国記念日でした。 日本では「パリ祭」の名称で、知られていますよね。 毎年、シャンゼリゼ大通りで、大規模な軍事パレードや エッフェル塔で、華麗な演出による花火が打ち上げられます。 今年はアメリカ軍が第一次世界大戦に参戦してから 100周年に当たり、マクロン大統領がトランプ大統領を招待。 なにかと話題に事欠かない数日でした。 毎年、7月 [続きを読む]
  • フランス人の夫にはハードルの高い日本の調味料とは
  • 3週間ほど前に、猛暑の日が続き、その後、一旦、 落ち着いたパリの夏ですが、再び、先週末に気温が上昇。 早く、この状況から脱出したいと願っておりましたら、 日曜日の夜の激しい雷雨と共に、過ごしやすい日々が戻って参りました。 一晩で、パリの約1ヵ月分に相当する降水量だったそうです。 本日の気温は正午の時点で、22度ととても涼しく、 快適でしたので、昼食には大好きな名古屋名物、 味噌煮込みうどんを食べました。 日 [続きを読む]
  • 在仏日本人に朗報!Picardの新商品
  • フランスの冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」。 当ブログでも何度か記事にしておりますが、下準備の 済んだ野菜や魚介類、肉などの食材をはじめ、前菜、 メイン、デザートとそれぞれ、幅広いラインナップが魅力です。 そんな Picard に今月、在仏日本人にとって嬉しい 新商品が登場しました。 ハイ!「SASHIMI」 マグロのお刺身 100g 4.95ユーロ(約645円)でございます。 日本の市場価格と比較してはなりませぬ。 フランスの [続きを読む]
  • 大物俳優、パリの豪邸売却へ
  • 不動産価格が高騰するパリの中でも特に高いことで 知られる、左岸のサンジェルマン・デ・プレ地区。 もしも、「パリのどこでも好きな所に一軒、家を差し上げよう。」 なんていう、夢のようなオーファーを受けたとしたら、私なら、 「ではサンジェルマン・デ・プレに。」と答えるでしょう。 そんなサンジェルマン・デ・プレにある CôtéMaison 19世紀に建設された1,800?の豪邸が売り出し中でございます。 オーナーはフランスの俳 [続きを読む]
  • バルザック記念館
  • 19世紀のフランスを代表する作家 Honoré de Balzac (オノレ・ド・バルザック)が1840年から1847年まで 過ごした家が16区のパッシー地区に記念館となって、 公開されています。 高級住宅地として知られるパッシーですが、 当時はのどかなパリ郊外の村で、 エッフェル塔もまだ、なかった時代です。 庭の奥にある小難しい表情のバルザックの胸像 「人間喜劇」をはじめ、数々の名作を世に送り出し、作家として 成功したバルザック [続きを読む]
  • 人生最期の願い
  • 小林麻央さんの訃報に一瞬、息が止まりました。 乳がんであることを公表され、ブログを通じて、彼女の 生きる姿勢に励まされ、勇気づけられた方も多いでしょう。 身内をがんで亡くされた方は当時の思いが よみがえり、苦しくなった方もいらっしゃるでしょう。 私も時々、ブログを拝見しておりました。 2年8カ月の闘病生活の間には計り知れない 不安や葛藤があったことでしょう。 辛い状況下にありながら、妻、母、娘、妹、そして、 [続きを読む]
  • 最高気温37度!猛暑のパリ
  • 21日、日本は太平洋側を中心に、激しい雨だったそうですが、 こちらパリは晴天。 ただいまの気温、 湿気の多い日本のうだるような暑さに比べれば、 まだ、マシとはいえ、6月なのに、この気温。   暑すぎる! この暑さのさなかに、日向で読書って、 私にはまったくもって理解不能です。 ラテンの国の方々は本当に太陽がお好きですね。 室内はエアコンがあれば、快適ですが、パリの 一般家庭にはエアコンが普及していません。冷 [続きを読む]