madamefrance さん プロフィール

  •  
madamefranceさん: マダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ハンドル名madamefrance さん
ブログタイトルマダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ブログURLhttps://ameblo.jp/mmefrance/
サイト紹介文フランス人と結婚した旅好きマダムが旅行、生活、美味しいもの、お役立ちパリ情報について綴っています。
自由文日々の暮らしや旅行、美容、健康、美味しいもの、国際結婚について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/06/27 00:15

madamefrance さんのブログ記事

  • 世界一呪われた墓地
  • 世界には数多くの心霊スポットと呼ばれる場所が ありますが、エディンバラの「グレイフライアーズ・ カークヤード」もそのひとつです。 近年の記録に残るだけでも500件にもおよぶ、 怪奇現象が確認されていることから、 「世界一怖い墓地」、「世界一呪われた墓地」 なんていう異名もあるほどです。 どれほど不気味な墓地なのか、確かめに、 行ってみると あら、期待に反して?緑が広がる素敵な墓地でした。 もっとも夜はガラリと [続きを読む]
  • ウェブマガジン「Suppage PRESS」掲載のお知らせ
  • このたび、音楽を主体とした クリエイティブコンサルティングを行う、 株式会社 スタイリズム 様が運営する、 新・ウェブマガジン「Supage PRESS」に、 当ブログの記事を掲載していただくことになりました。 こちら からご覧いただけます。アーティストインタビューをはじめ、 日本、アジア、アメリカ、ヨーロッパの音楽、 イベント情報、ライフスタイルなどを紹介する スタイリッシュなキュレーションサイトなので、 宜しければ [続きを読む]
  • 150年前に、あの日本人も訪れていたとは!
  • 世界的大ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」の ロケ地、エディンバラ近郊の ロスリン村を訪ねた私たち夫婦。 壮大な物語の最後の謎解きの場所となる ロスリンチャペル( 記事はこちら)を後にし、 次に、向かった先はチャペルから徒歩 10分ほどの距離にあるロスリン城です。 お城と言っても今日、見られるのは城門の名残です。 この場所も「ダ・ヴィンチ・コード」の映画の中で、登場します。 お堀の深さに、目がくらみそうです。 [続きを読む]
  • あの世界的大ヒット作の舞台となった場所
  • エディンバラの中心地からバスに揺られること1時間弱。 この日は小説、映画共に、世界的大ヒットとなった、 「ダ・ヴィンチ・コード」の舞台を訪ねました。 壮大な物語の最後の謎解きの 場所となるロスリンチャペルです。 1446年に、伯爵ウィリアム・セント・クレアが基盤を建て、 約40年の歳月をかけて、建てられました。 40年にわたるチャペル建設中、石切職人、石工彫刻職人、 道具に磨きをかける蹄鉄工など多くの職人が必要と [続きを読む]
  • エディンバラのおすすめタイレストラン「THAI ORCHID」
  • 日本は連日の猛暑で、報道を見聞きしているだけでも わたくし、めまいがしてきそうです。 ひとり暮らしの70代の母の体調が心配で、 毎日、連絡をとっていますが、昨日は 連絡がつかなかったので、もしや熱中症で、 倒れているのでは?ととても不安になりました。 電話機の故障ということが判明し、ほっと 胸を撫で下ろしましたが、エアコン・フル回転で、 なんとか無事に、この暑さを乗りきってもらいたいです。 お若い方も油断せ [続きを読む]
  • 日本から撤退してしまったパリの人気カフェ
  • 太陽が燦々と照りつける、ある日の昼下がり。 向かった先はパリ7区にあるカフェショップ COUTUME(クチューム)。パリ本店のオープンは2011年。 2014年4月には 「パリで一番おいしいコーヒーが飲めるカフェ」 という触れ込みで、日本上陸も果たしました。 本当に、パリで、一番おいしいコーヒーか? 明言は控えますが、サードウェ−ブコーヒーの 草分け的な人気店であることは確かです。 この日は日本からパリを訪れていた友の [続きを読む]
  • 今夏のバカンスの行き先は?
  • 昨日はネットニュースで、地元名古屋の気温が 39.5度を観測したと知り、またまた、ビックリ! 母とは生存確認も兼ね、毎日、連絡を とっていますが、高齢者は熱中症になりやすく、 重症化すれば、死亡する恐れもあるので、心配です。 そういえば、私が子供の頃は「熱中症」という言葉にも まだ馴染みがなく、帽子をかぶらずに、遊びに行こうと すると「日射病になるから、帽子をかぶりなさい。」 と注意されたものです。 日射病も [続きを読む]
  • 職人技の光るアートのような和菓子
  • 暑中お見舞い申し上げます 日本は連日、広い範囲で、猛烈な暑さが続いている そうですが、皆さま、お変わりございませんか。 先日、岐阜で、気温40度を超えた地域も あったと知り、驚いています。 被災地ではただでさえ、過酷な状況が続いている というのに、追い打ちをかけるようなこの暑さ。 避難生活を余儀なくされている方々、復旧作業に 尽力されている方々の健康状態が心配です。 どうか、一日も早く、平穏な暮らしに戻れま [続きを読む]
  • フランス 20年ぶりの悲願達成!
  • ワールドカップ ロシア大会 決勝戦 4 対 2 で、 フランスが手強いクロアチアを下し、 世界の頂点に立ちました。 20年ぶり2度目の優勝に、フランス中が沸いています。 2年前の UEFA EURO 2016 では決勝戦に進出するも あと一歩というところで、ポルトガルに敗れ、 涙をのんだので、喜びもひとしおでしょうね! 現地で観戦していたマクロン大統領も大興奮! Le Monde.fr チームを優勝に導いたディディエ・デシャン監督は 自国開催 [続きを読む]
  • フランス
  • ワールドカップ ロシア大会 決勝戦 4 対 2 で、 フランスが手強いクロアチアを下し、 世界の頂点に立ちました。 20年ぶり2度目の優勝に、フランス中が沸いています。 2年前の UEFA EURO 2016 では決勝戦に進出するも あと一歩というところで、ポルトガルに敗れて、 涙をのんだので、喜びもひとしおでしょうね! 現地で観戦していたマクロン大統領も大興奮! Le Monde.fr チームを優勝に導いたディディエ・デシャン監督は 自国開 [続きを読む]
  • 大失態!? シャンゼリゼの軍事パレード
  • 昨日、7月14日はフランス人にとって、特別な日、 フランス革命の発端となった1789年7月14日の バスティーユ牢獄襲撃に由来する建国記念日でした。 7月に入るとパリおよび近郊の上空をヘリコプターが 頻繁に往来するようになるので、改めて、 革命記念日が近づいていることを意識します。 毎年、シャンゼリゼ大通りで、大規模な軍事パレードや エッフェル塔で、花火が打ち上げられるのは 皆さまもご存知のとおり。 昨年のパレードで [続きを読む]
  • パリの「再生利用」にスポットを当てたイベント
  • 西日本の広い範囲で記録的な大雨、さらには 各地で土砂災害や河川の氾濫が相次ぎ、 甚大な被害となっていることを知りました。 先月も大阪北部を震源とする地震があったばかりで、 改めて、自然災害の脅威を感じています。 犠牲になられた方々にお悔やみと被害にあわれた方々 およびそのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。 これ以上の被害や二次災害が起きないことを 心よりお祈りしています。 さて、本日はパリのイベン [続きを読む]
  • ワールドカップと幻のモノプリエコバック
  • ワールドカップ ロシア大会 決勝トーナメント1回戦、 日本は悲願のベスト8を果たせませんでしたが、 一夜明けた翌日、知人友人10人くらいから、開口一番 「結果は残念だったけれど、日本は素晴らしかったよ!」 とその健闘ぶりを称えられました。 自分は何もしていないにもかかわらず、あまりにも 皆さんが称えてくださるものですから、まるで、自分が 褒められているかのように、錯覚してしまいました。 また、日本チームが使用し [続きを読む]
  • ありがとう!サムライジャパン
  • ワールドカップ 日本 対 ベルギー戦は午前3時〜 でしたので、今日は寝不足の方も多いでしょうね。 フランスは午後8時〜でしたので、私もリアルタイムで 観ておりました。 フランスチームの試合の時はフランスがゴールするたびに、 ご近所から歓喜の声があがります。 今夜は日本ゴールの時にもご近所から歓喜の声があがり、 まるで、同志が近くにいるようで、嬉しくなりました。 さて、日本のワールドカップ・ベスト8進出ならず、 [続きを読む]
  • 一時帰国最終日に心乱されたこと
  • 願わくば、一時帰国の際には日系の直行便で、 帰りたいところですが、私はいつも FINNAIR (フィンランド航空)を利用しています。 なぜなら、中部国際空港セントレア ⇔ パリの直行便がなく、 最短で、実家にたどり着けるのが、フィンエアーだからです。 パリを発つ時もセントレアを発つ時もとんでもなく、 早起きをする必要がなく、ヘルシンキでの乗り継ぎ 時間も短いため、私にとっては身体的負担が 最も少ないフライトと言え [続きを読む]
  • パリに戻りました!
  • このたびの大阪北部を震源とする地震により、 犠牲になられた方々にお悔やみと被災された方々および そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。これ以上、被害が拡大しないこと、皆様の安全と健康、 そして、一日も早い被災地の復興をただただ祈るばかりです。 さて、1ヶ月ぶりの更新となってしまいましたが、 私は恒例の里帰りからパリに戻って参りました。 お留守番の主人にとっては長い長い1ヶ月であったと 思いますが、 [続きを読む]
  • 名古屋に帰ったら、食べたいもの
  • 一ヶ月間の里帰り。 早くも半分が過ぎてしまいました。 さまざまな所用( 日本帰国時に必ず、行くところ )を済ませたり、 家族や親族、友人との充実した時間を過ごしています。 渡仏する直前まで働いていた会社の同僚との食事会も 楽しみのひとつで、今年も「うなぎ」をリクエスト。 うなぎに飢えた、異国暮らしの友を不憫に思ってか、 みなさん、快く、賛同してくれました。 パリでもうなぎは食べれますが、名古屋風のうなぎは [続きを読む]
  • 一年ぶりの里帰りで、母がしたこと
  • フランスで、お留守番のダーリンに見送られ、 涙・涙で 、別れを惜しみ、里帰りをして、 一週間が経ちました。 皆さまにも想像していただきたい。 旦那さま(奥さま)や恋人と1ヶ月間、離れ離れに なるとしたら、どんな気持ちになりますか? 羽が伸ばせて、嬉しい。ヒャッホ〜って?       こらーっ! 私はもう切なくて、仕方ありません。 今生の別れでもあるまいし、たったの1ヶ月。 自分の意志でそうするにもかかわらず [続きを読む]
  • 一時帰国
  • 一年のうちで最も過ごしやすいこの時期に 狙いを定めて、一時帰国します。 ダーリンはお留守番。 一緒に行きたかったな。 一年ぶりの日本、楽しんできます! 皆さまの応援が更新の励みになります。 一日一回、それぞれに応援 、よろしくお願いいたします。 ↓ 人気ブログランキング ☆こちらにもお願いします。      ↓ にほんブログ村 初めての方は こちら も読んでくださいね。 読者登録していただく [続きを読む]
  • シリーズ化決定?モノプリの最新エコバック
  • ゴールデンウィーク最終日、いかがお過ごしでしょうか。 5月はフランスも以下のとおり、 1日 Fête du Travail メーデー 8日 Victoire 1945 第2次大戦戦勝記念日10日 Ascension キリスト昇天祭(移動祭日)21日 Lundi de Pentecôte 聖霊降臨祭 翌日の月曜日(移動祭日) と祝祭日が多いです。 今週は飛び石連休になるので、その間の平日も休んで、 連休にする人も少なくないです。 「faire le pont」というフランス語の [続きを読む]
  • パリジェンヌに人気のほっこりカフェ
  • 週末の昼下がり、友との待ち合わせに向かった 先はパリのガイドブックでもお馴染みの パリジェンヌにも人気のサロン・ド・テ Mamie Gâteaux(マミー・ガトー)。 年に4回、パリを訪れる友はいつもアパルトマンに 滞在するのですが、今回は老舗デパート 「ボン・マルシェ」にほど近い、このお店の目と鼻の先 にあるアパルトマンに滞在していました。 白を基調にした店内は明るく、ナチュラルテイスト。 おひとりさまでも入りや [続きを読む]
  • 桜越しのエッフェル塔
  • 多くの人にとって、パリのシンボルといえば、真っ先に 思い浮かぶのが、エッフェル塔ではないでしょうか。 宜しければ、こちらの記事 エッフェル塔の消印はいかが? もどうぞ。 エッフェル塔は街の至るところから目にできますが、 先端部分を凝視することって、ほとんどなかったなと。 見慣れたパリのシンボルも桜越しに見ると感慨深いです。 数日前まで外出時にはストールが手放せなかったのに、 短い春を一気に跳び越し、パ [続きを読む]
  • パリ花公園で春うらら
  • パリの南東に広がるヴァンセンヌの森。 その広大な敷地の一画にあるのが、 Parc Floral de Paris(パリ花公園)です。 水仙の盛りは過ぎましたが、 うららかな春を満喫 春の風情(ピンク)と秋の風情(赤)が同時に 感じられて、なんだか得した気分です。 日本庭園もあり、パリにいることを忘れてしまいそう。 眺めているだけで、ほっとします。 すぐ横には数々の盆栽が観賞できる盆栽パビリオンもあります。 タイミン [続きを読む]