madamefrance さん プロフィール

  •  
madamefranceさん: マダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ハンドル名madamefrance さん
ブログタイトルマダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ブログURLhttps://ameblo.jp/mmefrance/
サイト紹介文フランス人と結婚した旅好きマダムが旅行、生活、美味しいもの、お役立ちパリ情報について綴っています。
自由文日々の暮らしや旅行、美容、健康、美味しいもの、国際結婚について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/06/27 00:15

madamefrance さんのブログ記事

  • 防げたかもしれないストラスブールのテロ
  • ドイツとの国境に近い、 フランス東部・アルザス地方の 中心都市 ストラスブールで、 起きたテロ事件。 ストラスブールは盛大な クリスマスマーケットが有名で、 国内はもとより、世界中から 多くの観光客が訪れる町です。 数日前に、パリを訪れていた 友人もこの時期ならではの雰囲気を 楽しみに、足を延ばしていました。 容疑者は治安当局が監視対象と していた地元出身の29歳の男。 この男、前科があるのですが、 なんと前科27 [続きを読む]
  • 大統領の譲歩案に対するジレ・ジョーヌの反応
  • その年の世相を反映した 言葉の中から選ばれる 「新語・流行語大賞」。 フランスに、そのようなものが あったとしたら、必ずや ノミネートされるであろう。 さらには大賞をとるくらい、 旋風を巻き起こした言葉 といえば、「Gillets Jaunes ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)運動」、 もうこれしか、思い浮かびません。 テレビをつけてもジレ・ジョーヌ、 ラジオをつけてもジレ・ジョーヌ、 家でも外でも話題はジレ・ジョーヌ、 L’E [続きを読む]
  • 観光客への影響も拡大したフランスの暴動
  • フランス各地で、先月17日以降、 行われている燃料税引き上げに、 端を発した抗議デモ「Gillets Jaunes ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト)運動」。 先週、政府は1月1日に、予定されていた 燃料税の引き上げを6ヶ月延期 することを宣言。 当然ながら、6ヶ月先延ばしに したところで、事態が変わるはず もなく、ついに、燃料税引き上げの 取り消しを決めました。 しかし、時すでに遅し。 大企業や富裕層を優遇し、 低所得者の窮状に、 [続きを読む]
  • パリ最大!チュイルリー庭園のクリスマスマーケット
  • この時期、パリのさまざまな場所で、 開かれるクリスマスマーケット (マルシェ・ド・ノエル)。 2008年以降、観光客の人気を 集めていたのが、市内最大の規模を 誇る、シャンゼリゼのクリスマス マーケットでした。 ところが、販売されている物の 多くが、安価な中国製品や フランスに、関係のない物 ということで、問題となり、 また、パリ市と特定の人物との 癒着疑惑もあり、昨年は シャンゼリゼのクリスマスマーケットが、 ま [続きを読む]
  • 冬の風物詩 ディオールのクリスマスデコレーション
  • 12月に入り、クリスマス気分も 一層、高まって参りました。 一年で、最も華やかに、 街が彩られるこの時期に、 パリを訪れたら、おさえておきたい、 イルミネーションスポット。 凱旋門からコンコルド広場 までの全長約2kmを結ぶ、 世界一有名な通り、 シャンゼリゼ通り と併せて、 ご覧いただきたいのが、 至近距離に、位置する モンテーニュ通りです。 並木通りを彩る イルミネーションは写真で 見るより実物はさらに、美しく、 [続きを読む]
  • パリのエレガントなクリスマスデコレーション
  • 12月に入り、我が家の前の 通りも恒例のクリスマス イルミネーションが施されました。 決して、豪華とはいえませんが、 窓から見える キラキラ に、 ちょっぴり、ワクワクしています。 さて、ところ変わり、 こちら、ヴァンドーム広場の クリスマスデコレーションは 優美さにおいてはパリ随一。 ここ数年、デザインは変わらず、 大きなクリスマスツリーと それよりもさらに、大きい クリスマスツリーが 寄り添うように、対になり [続きを読む]
  • パリ炎上、過激デモ再び!
  • 土曜の朝、テレビをつけて、 開口一番、 うわゎゎゎ... やってるねー。 Yoan Valat/EPA-EFE 週末は朝から晩まで、 このニュース一色。 まだ夜も明けぬうちから、 凱旋門の周りには パトカーがずらりと並び、 ポリスが待機。 EPA/MAXPPP 治安部隊が放水や 催涙弾を使用するなどして、 暴徒の鎮圧に、当たるも デモ隊の人数の方が 圧倒的に、多いので、 Geoffroy VAN DER HASSELT / AFP この有り様。 デモ隊のメンバーが、 凱旋門の [続きを読む]
  • 衝撃のデモから5日、シャンゼリゼの今
  • シャンゼリゼ大通りが大変なことに! で、お伝えしましたように、 フランス各地で、先月17日以降、 燃料税の引き上げに、抗議するデモ 「Gillets Jaunes(黄色いベスト)運動」 が行われています。 先週末にはシャンゼリゼに、 約5,000人が集結。 暴徒化したデモ隊と治安部隊が 激しく衝突する事態に、発展しました。 その様子をテレビで、観ながら、 (始まったばかりの)クリスマス イルミネーション、大丈夫かな? お願いだから [続きを読む]
  • エッフェル塔とフルーツタルト
  • パリのシンボル、エッフェル塔! 今でこそ、「鉄の貴婦人」と 称されますが、建設当時は 「醜い鉄の塊」と揶揄されて いたとか。 しかも20年で、解体する 予定だったのですから、 今ある姿は実に、感慨深い ものがあります。 数多くの歴史的建造物が 存在するパリですが、もし、 エッフェル塔がなかったら と想像するだけでも 寂しい気がします。 さて、本日はそんな エッフェル塔の足元に広がる シャン・ド・マルス公園そばの P [続きを読む]
  • シャンゼリゼ大通りが大変なことに!
  • 先週の木曜日から毎年恒例の シャンゼリゼ大通りのクリスマス イルミネーションが始まりました。 今年は点灯式に、デザイナーの カール・ラガーフェルド氏が 参列するということで、「見に行っちゃうー?」 と主人を誘うも即、却下。 ミーハーは私だけなのね。 中止となったシャンゼリゼ 大通りのクリスマスマーケットが、 代わりに、チュイルリー公園で、 24日から開催されることとなり、 それに合わせて、イルミネーションも 見 [続きを読む]
  • フランス人も興味津々の日本食材とは?パリで日本食材PRイベント
  • 先日、「パソナ農援隊」さんによる、 日本の食の匠 × フレンチ・ガストロノミー というイベントに、ご招待いただきました。 会場となったのはパリの交通の要所、 シャトレ・レ・アル駅すぐそばの レストラン「AG les Halles」。 5つのスタンドに分かれて、 生産者の方々が原材料にこだわり、 自信をもって、お届けする 数々の逸品が所狭しと並びます。 飲食関係者向けのPRの場 ということで、食品そのものの 試食はもちろん [続きを読む]
  • カップルで訪れたい、パリの愛の聖地
  • フランス語が分からなくても 「ジュテーム」という言葉は 耳にしたことがあるでしょう。 Je t'aime(ジュテーム)=愛しています 恋人たちが寄り添い、 囁く姿が目に浮かぶような、 フランス語の代名詞ともいえる 言葉ではないでしょうか。 パリの愛 の聖地といえば、 数年前までは真っ先に、 ポン・デ・ザール(芸術橋)の 名前があがったものですが、 愛の重みに、耐え切れず、 ハプニングが発生しました。 ( 参考記事は こち [続きを読む]
  • パリの三つ星レストランで日本酒の試飲会
  • パリの目抜き通り、シャンゼリゼ 大通りから一歩入った場所にある ミシュラン三つ星レストラン PAVILLON LEDOYEN (パヴィヨン・ルドワイヤン)。 先日、こちらで、1647年創業の 歴史ある名古屋の蔵元 萬乗醸造 (醸し人九平次)さんの講演と 日本酒の試飲会が開催され、 参加させていただきました。 マイクを手にした方が15代目となる 現当主 久野九平次(くの くへいじ)氏。 先代の時代には高度成長期の 生産性・合理性の追求 [続きを読む]
  • フランス人と結婚して、持ち歩くようになったもの
  • 秋も一段と深まり、 美しい紅葉の季節になってきましたね。 こちらはパリ市内最大の面積を 誇るリュクサンブール公園。 後方に見えるのはフランス史に 名を残す偉人たちが眠るパンテオン。 関連記事は こちら パリの秋も素敵ですが、 ダーリンは秋に日本を訪れたことが ないので、いつか紅葉で彩られた 京都をふたりで、訪れたいです。 ところで、フランス人は公園が大好き。 日光浴をしたり、読書したり、 食べ物や飲み物 [続きを読む]
  • パリで開催!今秋注目の「ミロ」展
  • パリの歴史建造物にも指定されている Grand Palais(グラン・パレ)。 そのグラン・パレで、先月3日から 20世紀を代表するスペインの 画家 ジョアン・ミロの「Miró」展 が開催されています。 会期の始めと終わりは来場者が集中 するため、少し、間をおき、開幕から3週間が 経った頃、ふらりと行ってみましたら、 はい、この有り様。大盛況です。 上の画像、右上の方まで行列が 続いていますが、予約がある人で、 この行列なので [続きを読む]
  • パリで "ボルディエバター" 買うなら、ココが穴場!
  • ちょうど昨年の今頃、フランスでは バター不足が深刻化し、スーパーの 売り場からバターが消え始めていました。 そのときの記事はこちら 他人事ではないフランスのバター不足 今はすっかり落ち着き、安定的に、供給 されてはいますが、お値段は上がりました。 そんなフランスのバターは日本では 高級品なので、本場に来たら、 バターをたくさん持ち帰りたいと 思われる方も多いですよね。 小分けにして、冷凍しておけば、 日持ち [続きを読む]
  • パリのマルシェとハッピーハロウィン
  • フランス語で、ハッピーハロウィンは Joyeux Halloween! 「H」は発音せず、 「ジョワイユーアロウィン」となります。 近年は日本でも盛り上がるイベントの ひとつとなってきましたが、皆さまも 何かイベントに、参加されましたでしょうか。 日本もフランスもハロウィンは よその国から入ってきた習慣なので、 雰囲気は似たようなものですが、 個人的には日本の方が子供はもとより、 大人も盛り上がっているような気がします。 子 [続きを読む]
  • 大人も子供も夢中にさせる絵本
  • 先日、初めて、パリのチェコセンター を訪れました。 チェコセンターはパリや東京をはじめ、 22ヶ国24都市にある、チェコ外務省の 外郭団体で、芸術や文化を通じて、 さまざまなチェコの魅力を発信しています。 この日の目的はプラハ生まれの絵本作家 ミロスラフ・サセック(Miroslav Sašek) の展覧会でした。 彼の名前を知らなくてもこの作風を見て、 ピンときた方もいらっしゃるでしょう。 左から、ニューヨーク、ローマ、パリ [続きを読む]
  • 日本でお馴染みのあの植物、フランスらしい別名とは?
  • フランスは本日より夏時間から 冬時間に変わるため、日本との時差が マイナス7時間 → 8時間になります。 3月の最終日曜日の午前2時に、 時計を1時間早め、10月の最終日曜日の 午前3時に、時計の針を1時間遅らせます。 というわけで、今日だけ1日25時間、 ちょっぴり得した気分です。 サマータイムといえば、日本でも2020年の 東京五輪・パラリンピックへ向けて、導入が 検討されましたが、見送られましたよね。 サマータイムを導 [続きを読む]
  • 期間限定のうっとりするほど美しいノートルダム寺院【後編】
  • フランス初期ゴシック建築の最高傑作と 称えられる、パリのノートルダム寺院。 この歴史的建造物を舞台に、8夜限りの 音と光のショー「Dame de Cœur (ダム・ド・クール)」が開催されています。 期間限定のうっとりするほど美しいノートルダム寺院【前編】 からの続きです。 ファサードに、映し出されるショーの エンディングでは普段は 閉じられている中央の扉が開き、 観客を中へといざないます。 入場に際して、人数制限は行 [続きを読む]
  • 期間限定のうっとりするほど美しいノートルダム寺院【前編】
  • フランス初期ゴシック建築の最高傑作と 称えられる、パリのノートルダム寺院。 この歴史的建造物を舞台に、 10月18日〜25日までの期間限定で、 音と光のショー「Dame de Cœur (ダム・ド・クール)」が開催されています。 初年度の昨年、第一次世界大戦 終戦記念式典の一環として、 5夜にわたり、10万人を動員し、 反響を呼んだダム・ド・クール。 今年はさらに日数が増えて、8夜開催となり、 早速、主人と行って参りました。 [続きを読む]
  • パリのユネスコで開催「日本へのクリエイティブな旅展 2018」
  • 日仏友好160周年を迎えた今年、 パリを中心に、「ジャポニスム2018」の さまざまな公式企画が開催されています。 関連記事は 「日本の美」をまとった鉄の貴婦人 エッフェル塔 フランス人も魅了!パリで開催「若冲」展 今週は「日本の食と文化を考える」 シリーズの一環として、 「Voyage Créatif au Japon 2018 (日本へのクリエイティブな旅展 2018)」が UNESCO(ユネスコ)のパリ本部にて、 開催中(本日最終日)です。 会 [続きを読む]
  • 売り切れ必至!世界一美味しいクロワッサン
  • そのお店の前を通ると素通りできず、 つい買ってしまうものって、ありますよね。 私にとって、そんなお店のひとつが PIERRE HERME(ピエール・エルメ)です。 この日も吸い寄せられるように、中へ。 相変わらず、お客さんが列をなし、繁盛しています。 今や、ケーキ類やアイスを含め、エルメの ほとんどの商品がネットで注文でき、 店頭受取または配達が可能となりましたが、 ヴィエノワズリー(菓子パン)はお店に、 足を [続きを読む]