madamefrance さん プロフィール

  •  
madamefranceさん: マダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ハンドル名madamefrance さん
ブログタイトルマダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ブログURLhttps://ameblo.jp/mmefrance/
サイト紹介文フランス人と結婚した旅好きマダムが旅行、生活、美味しいもの、お役立ちパリ情報について綴っています。
自由文日々の暮らしや旅行、美容、健康、美味しいもの、国際結婚について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/06/27 00:15

madamefrance さんのブログ記事

  • 名古屋に帰ったら、食べたいもの
  • 一ヶ月間の里帰り。 早くも半分が過ぎてしまいました。 さまざまな所用( 日本帰国時に必ず、行くところ )を済ませたり、 家族や親族、友人との充実した時間を過ごしています。 渡仏する直前まで働いていた会社の同僚との食事会も 楽しみのひとつで、今年も「うなぎ」をリクエスト。 うなぎに飢えた、異国暮らしの友を不憫に思ってか、 みなさん、快く、賛同してくれました。 パリでもうなぎは食べれますが、名古屋風のうなぎは [続きを読む]
  • 一年ぶりの里帰りで、母がしたこと
  • フランスで、お留守番のダーリンに見送られ、 涙・涙で 、別れを惜しみ、里帰りをして、 一週間が経ちました。 皆さまにも想像していただきたい。 旦那さま(奥さま)や恋人と1ヶ月間、離れ離れに なるとしたら、どんな気持ちになりますか? 羽が伸ばせて、嬉しい。ヒャッホ〜って?       こらーっ! 私はもう切なくて、仕方ありません。 今生の別れでもあるまいし、たったの1ヶ月。 自分の意志でそうするにもかかわらず [続きを読む]
  • 一時帰国
  • 一年のうちで最も過ごしやすいこの時期に 狙いを定めて、一時帰国します。 ダーリンはお留守番。 一緒に行きたかったな。 一年ぶりの日本、楽しんできます! 皆さまの応援が更新の励みになります。 一日一回、それぞれに応援 、よろしくお願いいたします。 ↓ 人気ブログランキング ☆こちらにもお願いします。      ↓ にほんブログ村 初めての方は こちら も読んでくださいね。 読者登録していただく [続きを読む]
  • シリーズ化決定?モノプリの最新エコバック
  • ゴールデンウィーク最終日、いかがお過ごしでしょうか。 5月はフランスも以下のとおり、 1日 Fête du Travail メーデー 8日 Victoire 1945 第2次大戦戦勝記念日10日 Ascension キリスト昇天祭(移動祭日)21日 Lundi de Pentecôte 聖霊降臨祭 翌日の月曜日(移動祭日) と祝祭日が多いです。 今週は飛び石連休になるので、その間の平日も休んで、 連休にする人も少なくないです。 「faire le pont」というフランス語の [続きを読む]
  • パリジェンヌに人気のほっこりカフェ
  • 週末の昼下がり、友との待ち合わせに向かった 先はパリのガイドブックでもお馴染みの パリジェンヌにも人気のサロン・ド・テ Mamie Gâteaux(マミー・ガトー)。 年に4回、パリを訪れる友はいつもアパルトマンに 滞在するのですが、今回は老舗デパート 「ボン・マルシェ」にほど近い、このお店の目と鼻の先 にあるアパルトマンに滞在していました。 白を基調にした店内は明るく、ナチュラルテイスト。 おひとりさまでも入りや [続きを読む]
  • 桜越しのエッフェル塔
  • 多くの人にとって、パリのシンボルといえば、真っ先に 思い浮かぶのが、エッフェル塔ではないでしょうか。 宜しければ、こちらの記事 エッフェル塔の消印はいかが? もどうぞ。 エッフェル塔は街の至るところから目にできますが、 先端部分を凝視することって、ほとんどなかったなと。 見慣れたパリのシンボルも桜越しに見ると感慨深いです。 数日前まで外出時にはストールが手放せなかったのに、 短い春を一気に跳び越し、パ [続きを読む]
  • パリ花公園で春うらら
  • パリの南東に広がるヴァンセンヌの森。 その広大な敷地の一画にあるのが、 Parc Floral de Paris(パリ花公園)です。 水仙の盛りは過ぎましたが、 うららかな春を満喫 春の風情(ピンク)と秋の風情(赤)が同時に 感じられて、なんだか得した気分です。 日本庭園もあり、パリにいることを忘れてしまいそう。 眺めているだけで、ほっとします。 すぐ横には数々の盆栽が観賞できる盆栽パビリオンもあります。 タイミン [続きを読む]
  • 大人気のフランス土産!モノプリの新作エコバック
  • 2月から多忙な日々が続いておりまして、 滞りがちのブログの更新がさらに滞っております。 この忙しさは7月まで続く予定ですが、来月に、 控えている一時帰国が目下の楽しみです。 帰国のたびに、頭を悩ますのがお土産選びですが、 日持ちのしない食品以外は徐々に買い揃えています。 そのうちのひとつが、フランス全土に展開するスーパー MONOPRIX(モノプリ)のエコバックです。 安くて、軽くて、かさばらない、フランスの プチ [続きを読む]
  • 見頃を迎えたパリの桜
  • 日本は今春、記録的な早さで、桜が開花、 満開となった地域も多いようですが、 パリの桜は例年並みの開花状況。 夫婦で、開花を楽しみにしている5区の Jardin des Plantes (パリ植物園)の白妙桜も見頃を迎え、 6日(金)の夕方、大勢の見物客で賑わっていました。 別品種の薄紅色の桜も可愛い! 可憐な花々にも癒されます。 所変わって、 こちらは日本人も多く暮らす、パリに隣接する街 Boulogne-Billancourt(ブローニュ [続きを読む]
  • 世界一有名な羊ドリーと対面
  • イギリスは多くの美術館や博物館の入館料が無料なので、 気軽に立ち寄れるのが嬉しいです。 こちらはスコットランド博物館と王立博物館が合併して、 2011年に再オープンした「スコットランド国立博物館」。 スコットランドの歴史や民族、文化に関する展示をはじめ、 自然史、 CERN加速空洞 科学や産業技術の変遷、 ピカソデザインのCapra(ヤギ) アート、デザイン、 ヴィヴィアン・ウェストウッドによるハリスのツイードス [続きを読む]
  • スコットランドの日本人も係わった世界遺産の橋
  • 見所がコンパクトにまとまっているエディンバラの街。 パリやロンドンほど物価も高くなく、治安もまずまず、 暮らしやすそうな街という印象を受けました。 内陸に位置するパリには海がありませんが、 エディンバラはそばに、海岸があるのも良いですね。 中心部からバスで20分ほどの PORTO BELLO というビーチにやって参りました。 海岸沿いには家々が建ち並び、目の前が ビーチというロケーションはなんとも羨ましい! その反面、 [続きを読む]
  • 日本と逆で驚いたフランスの手相の見方
  • もうすぐ、お彼岸だというのに、パリは昨日、 一昨日と2日続けて、雪が降りました。 特に、土曜日はちょっと舞ったという感じではなく、 結構な降りっぷりで、長い時間、降っていました。 先週は春らしい陽気で、コートも厚手のものから 薄手のものにチェンジ。 長い冬が終わり、いよいよ本格的な春の到来かと 身も心もウキウキしていたところ、再び、気温が急降下。 予報では今日と明日もマイナス気温となり、寒くなるそうです。 [続きを読む]
  • ロイヤル・マイルを歩いてみよう!
  • エディンバラのランドマーク、エディンバラ城( 前編 ・ 後編 ) を後にし、旧市街の目抜き通り、ロイヤル・マイルを歩きました。 西端のエディンバラ城と東端のホリールードハウス宮殿の 1マイル(約1.6km)を結ぶ、石畳の一本道です。 通り沿いには歴史的建造物やショップ、パブなどが建ち並び、 さまざまなパフォーマーにも遭遇します。 ヨーロッパの観光地ではお馴染みの空中浮遊。 皆さまもトリックはご存知ですよね? [続きを読む]
  • エディンバラが「北のアテネ」と呼ばれる所以ここにあり
  • 昨年、バカンスで訪れたスコットランド。 夏の終わりのスコットランド 「旅のレポートは追々、アップします」と言っておきながら、 はや半年が経過してしまいました。 旅ネタはスコットランド以外にもいろいろと溜まって おりますが、なかなか記事にできず・・・。 しかし、皆さまにおすすめしたい場所がたくさんあるので、 間にパリ情報もはさみつつ、ご紹介していきたいと思います。 備忘録も兼ねつつ、これから訪れる方の 参考 [続きを読む]
  • まさか自分が偽硬貨に遭遇するとは!
  • 本日より3月ですね! 例年ならば、まだまだ寒いとはいえ、春の訪れを 少しづつ、肌で感じるようになる頃ですが、 今年はそんな気配がありません。 シベリアからの寒気団が欧州全域をすっぽり覆い、 マイナス気温のパリとなっております。 ローマでは6年ぶりの積雪となったそうで、 話題になっていましたね。 暖冬かと思えた前半のツケが2月になって、 やって来た感じです。 さて、本日はこちら、2ユーロのお話です。 皆さまもご存 [続きを読む]
  • パリのモダンカジュアルなベトナムレストラン「Saigon Pantheon」
  • 観光アテンドのご依頼をいただいたお客様と ランチをご一緒させていただきました。 お客様のリクエストは ・ ボブンかフォーが食べたい! ・ 小奇麗なお店であること。 以上、2点。 そこで、パリ5区と6区にまたがる昔ながらの学生街 カルチェ・ラタンにあるベトナムレスラン 「Saigon Pantheon(サイゴン・パンテオン)」にお連れいたしました。 この地区のランドマーク「パンテオン」のすぐそばです。 ( フランス史に名を残す [続きを読む]
  • パリの親子で楽しめるダイナミックな博物館
  • 日本に比べて、お休みの多いフランスの学校。 日程は全国共通もあれば、3つの地域に分けられ、 1週間づつ時期をずらして、定められる場合もあります。 ちなみに、パリはゾーンCに分類され、学校の休暇は カレンダーにも明記されています。 子供のいない我が家には関係のないようにもみえますが、 バカンス中は人の流れが活発になるため、 旅行の計画を立てる際には考慮します。 パリは今週から2週間の冬休み(クリスマス休暇も2週 [続きを読む]
  • お手頃価格の女性ウケしそうなフランスのお菓子
  • 今週前半は凍える寒さでしたが、木曜日から 気温も上がり、過ごしやすくなってきたパリ。 気になるセーヌ川の増水は水に浸かっていた 川岸の砂を取り除く清掃が金曜日から始まりました。 まだ通常水位には至っていませんが、着実に 水位は下がっているようなので、安心できそうです。 さて、シャンパーニュ地方の中心都市ランスといえば、 シャンパンと大聖堂の町として、世界的に有名ですが、 本日はそのランスで、1756年に創業し [続きを読む]
  • 義理チョコって、必要?
  • 昨日はバレンタインデーということで、日本の男性陣は 朝から、なんとなくソワソワされた方も多いでしょう。 義理でももらって嬉しいチョコレート? いやいや、お返しが大変だから、もらわない方がいい? 気にしていないようなそぶりでもひとつももらえないのは 寂しかったり、さまざまな思いが交錯する一日ではないでしょうか。 フランスのバレンタインデーは愛し合うカップルの ためにある日ですから、義理もホワイトデーもござ [続きを読む]
  • 大雪の後にAmazonでポチッた商品とは?
  • 12月から断続的に降り続く雨、そして、今週の積雪と 悪天候続きのイル=ド=フランス地域圏。 降雪や積雪によって、都市機能が低下するのは いたしかたないですが、パリの交通網の混乱ぶりは 予想以上でした。 特に、バスの運行に関しては如実にそれが感じられます。 豪雪地帯にお住まいの方にとって、積雪12cmはなんてことは ないでしょうが、首都圏では大混乱を招いています。 雪慣れしているカナダの方々や国内でもフランス東部に [続きを読む]