れんげの画像日記 さん プロフィール

  •  
れんげの画像日記さん: れんげの画像日記
ハンドル名れんげの画像日記 さん
ブログタイトルれんげの画像日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hanano55rengesou
サイト紹介文移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、 里山での風景などを、日記風に綴って行けたら
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/06/28 05:38

れんげの画像日記 さんのブログ記事

  • キチジョウソウ(吉祥草)花と実
  • キチジョウソウ(吉祥草)花と実<キジカクシ科キチジョウソウ属>茎は地を這い、ひげ根を下ろしながら広がる。葉は長さ10〜30センチで細長く、根元から束になって生える。葉の間から高さ8〜12センチの、濃い紅紫色の花茎をだし、淡紫色の花を穂状につける。長さ0,8~1,2センチの6枚の花被片は反り返る。球形の果実は赤く熟し、縁起物で庭に植えられ園芸品も種も多い。花被片がめくれ黄色い花粉が目立つ。 [続きを読む]
  • リンドウ(竜胆)
  • リンドウ(竜胆)<リンドウ科リンドウ属>花は天気が良く、気温があがらないと、開かない。見に行った時はまだ蕾んでいたのでお弁当を食べてまた見に行った。青紫色の花は、花が開くと雄しべから花粉が放出される。雄しべがしおれると雌しべが開く。自家受粉を避けるため時間差で雄花が変化する。美しい青紫の花、鐘形で長さ4〜5センチ。花冠の先が5つに裂け、裂けめの部分に少しとがったような「副片」がある。花の内側は、褐 [続きを読む]
  • ノササゲ(野大角豆または野豇豆)の実
  • ノササゲ(野大角豆または野豇豆)の実<マメ科ノササゲ属>何と言っても、この時期一番見たいのは、紫色の鞘から藍色の種子が飛び出すノササゲの実だ。丁度いい時期に出会うのも、運があると思う。食用になるササゲに似て、野にはえることが名前の由来。他の草に絡みついて広がるつる植物。葉は3出複葉で互生する。小葉は長卵形で質は薄く、裏面は白色を帯びる。丁小葉は長さ3〜15センチ、幅2〜6センチある。葉のわきから出 [続きを読む]
  • タコノアシ(蛸足)
  • タコノアシ(蛸足)<ベンケイソウ科タコノアシ属>沼、河原、水田跡などの湿地に生える多年草。茎は直立し高さ30〜85センチ、無毛で通常淡紅色を帯びる。葉は互生し狭披針形。茎の先や葉のわきから花序の枝を数本分け、片側に黄白色の小さな花が多数つく。今の時期が一番、この名にふさわしい姿です。 [続きを読む]
  • ハナセンナ(花栴那)またはアンデスの乙女
  • アンデスの乙女<マメ科センナ属>はじめ写真を撮った時から、悩んでいて、やっとここにたどり着いた。園芸品をやりだしたらキリがないのだろうが・・。はじめはジャケツイバラに似ている花だと思い興味をそそられて調べたが・・コバノセンナ、ホソバセンナ・・アンデスの乙女・・と、行きついた。原産地はブラジル中部。マメ科の常緑樹。よく分岐する。葉は3対または4対の偶数羽状複葉で、葉片は長楕円形披針形。鮮やかな黄色い [続きを読む]
  • キミノシロダモ(黄実のしろだも)とシロダモ(白だも)
  • キミノシロダモ(黄実のしろだも)とシロダモ(白だも)<クスノキ科シロダモ属>キミノシロダモの黄実は漢字だが、ダモの漢字はない。シロダモの白は、葉裏が白い事からだ。山野に生える常緑高木。果実が黄色いの品種をキミノシロダモと言う。夕暮れのワンコのお散歩で出かけたので、画像がぶれています。樹皮は帯緑暗褐色で平、滑らか。雌雄異株。葉は長さ8〜18センチの長楕円形で革質。☆3脈が目立ち、裏面は白色。シロダモ [続きを読む]
  • タイワンツバキ(台湾椿)
  • タイワンツバキ(台湾椿)<ツバキ科ツバキ属>中国南部、台湾、ベトナムを原産とする常緑高木。葉は厚く、楕円形。花は枝の先に、次世代の芽があり、径、8センチくらいで白色。雄しべは黄色く、雌しべが雄しべの中から顔を見せるのが特徴。樹皮は薄いコルク質の樹皮に覆われる。観賞用に栽培されることが多い。 [続きを読む]
  • ハスカップ又はクロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)
  • ハスカップ又はクロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)<スイカズラ科スイカズラ属>数日前から、グリーンベルトの見難い場所にこの実がなっていた。いったい何だろうと思って調べていたら、やっとこれがハスカップ(またはクロミノウグイスカグラ)だと解った。たわわになっているのに、奥にあるので目立たなかった。北海道にいるブログの友人によくこのハスカップの画像を送ってもらっていたのを思い出した。ちょっと摘まんで食べ [続きを読む]
  • ヤツデ(八手)の花
  • ヤツデ(八手)の花<ウコギ科ヤツデ属>暖地の沿岸部に自生する常緑低木。葉は長さ、幅とも20〜40センチで掌状に7〜9裂し、裂片のふちに鋸歯がある。葉の先に径2〜3センチの散形花序を円錐状に多数つける。花は白色で径5ミリ。花弁、花柱、雄しべは5個。花には両性花と雄花があり、雄花は花柱が短くて合着する。(今度はきちんと観察してみようと思う)果実は球形で翌年の4〜5月に黒く熟す。 [続きを読む]
  • モチノキ(黐木)の実
  • モチノキ(黐木)の実<モチノキ科モチノキ属>山地に生え、大きいものは高さ25メートルにもなる。葉は互生し、長さ4〜9センチの倒卵状楕円形で革質。4月頃、葉腋に黄緑色の小さな花を密につける。雌雄異株。果実は径1センチの球形で赤く熟し、鳥がよく食べる。樹皮から染料や鳥もちをつくる。 [続きを読む]
  • サルトリイバラ(猿捕茨)の実
  • サルトリイバラ(猿捕茨)の実<ユリ科シオデ属>落葉つる性植物。山野に普通に生えるが、なか綺麗な実に出会えない。茎は硬く、節ごとに屈折し、まばらに棘がある。葉は互生し、長さ3〜12センチの円形または、楕円形。先端はわずかに突出し、基部は円形。質は厚くて光沢があり、3〜5脈が目立つ。葉柄は短く、両側が翼状になり、一対の巻き髭がある。雌雄異株。果実は径7〜9センチの球形の液果で、紅色に熟す。 [続きを読む]
  • ノコンギク(野紺菊)
  • ノコンギク(野紺菊)<キク科シオン属>野や山にごく普通に生える多年草。茎は直立する。今年はノコンギクがきれいに咲いていなかった。ノコンギクは野菊の一種でヨメナに似ているが、変異が多いそうです。葉は両面に毛があり、ザラザラしている。頭花は淡い青紫色で茎の先に多数、散房状につく。そう果には冠毛がある。 [続きを読む]
  • アワコガネギク(泡黄金菊)またはキクタニギクとも言う。
  • アワコガネギク(泡黄金菊)<キク科キク属>植物辞典ではキクタニギクで載っていた。私はアワコガネギクで覚えたので、ここではアワコガネギクとする。山地の谷間のやや乾いた崖や土手などに生える。茎は叢生し、さかんに枝分かれする。葉は互生し、長卵形で5深裂するが、葉の質は薄い。両面に細い毛がある黄色味のある緑色で艶が無い。茎の先端に多数の頭花をつける。舌状花は短く多数で、中心の筒状花も多い。 [続きを読む]
  • リュウノウギク(竜脳菊)
  • リュウノウギク(竜脳菊)<キク科キク属>日当たりのよい山地に生える多年草。葉は互生、卵形の洋紙質で3中裂し、裏面には丁字状毛が密生し灰白色を帯びる。今年は綺麗に咲いていなかった。舌状花で普通は白色。のちに淡紅色になる。頭花の径は3〜4センチ。和名は竜脳と言う香料に似た香りの油が含まれていることによる。 [続きを読む]
  • マルバフジバカマ(丸葉藤袴)
  • マルバフジバカマ(丸葉藤袴)<キク科アゲラテイナ属>北アメリカ原産の帰化植物。多年草で、この頃は東京でもよく見られる。数本の茎を直立し、高いものは1メートルにもなる。茎は上部でよく分岐し、毛がある。葉は卵形、鋸歯があり、ややざらつく。短い柄があり対生する。秋に枝の先に径5ミリほどの、白い筒状花からなる頭状花を多数つける。そう果には白色の冠毛がある。明治年間の中期に導入され、市街地に広がっている。 [続きを読む]
  • アズマヤマアザミ(東山薊)
  • アズマヤマアザミ(東山薊)<キク科アザミ属>高尾山周辺では最も多いあざみのひとつ。茎の高さは1,5〜2メートル。茎は直立〜斜状し、下部で枝分かれが少なく、中部以上で分岐し、枝は上向きに鋭角的に伸びる。花は分岐した枝の葉のつけ根に2〜3個ずつ付き、花柄はない。小花柄がやや長いものもある。花が枝先に単生するものもある。くも毛が多い。葉の基部は茎を抱かない。アズマヤマアザミは、関東に多い山薊の意味。普通 [続きを読む]
  • シオデ(牛尾菜)の実
  • シオデ(牛尾菜)の実<サルトリイバラ科サルトリイバラ属>果実は黒色で、径1センチほど、球状に集まる。青い実だと、いつもサルトリイバラかと?迷うのだが、今回の高尾山の帰りの道でシオデの黒い実に初めて出会うことができた。春の新芽は山菜として、茹でたり炒めたりして食べられ、アスパラガスのような風味がある。山野にはえるつる植物で、巻き髭を出して他のものに絡みついて伸びる。葉は長さ5〜15センチで、5〜7本 [続きを読む]
  • シロヨメナ(白嫁菜)
  • シロヨメナ(白嫁菜)<キク科シオン属>山に多く、林の縁などの半日蔭に生える。茎は直立〜やや斜上する。葉は先が尖り、長楕円形披針形で3脈が目立つ。下部の葉ではあらい鋸歯がある。葉に毛はないので、葉裏の脈が目立ち、ざらつかない。花は白色で径1,5〜2センチ。日本のシロヨメナ(白嫁菜)でも四国には紫色を帯びるものがある。高尾山にて。 [続きを読む]
  • ストロベリーツリー(苺の木)の実
  • ストロベリーツリー(苺の木)の実<ツツジ科イチゴノキ属>葉は長めの楕円形で、互生する。葉の質は革質で柄は短くふちはギザギザの鋸歯。始めは黄緑色で、黄色・オレンジ色を経て赤くなり熟せば食べられる。ちょっとボケてしまったが・・花は壺形をしていて、白いスズランのような感じ。味は酸味があり、主にジャムや果実酒にする。 [続きを読む]
  • キャラボク(伽羅木)の実とイチイ(一位)の実
  • キャラボク(伽羅木)の実<イチイ科イチイ属>高山や深山に自生し、庭木としても、よく植えられている常緑低木。よく枝分かれして横に広がる。葉は線形でイチイに似るが、イチイのように二列にならず、やや輪生状に並ぶ。雌雄異株。雄花は淡黄色。雌花は緑色で胚芽の基部は輪片に包まれ、熟すと肉質の仮種皮が種子をくるむ。☆下は<イチイ(一位)>葉はらせん状につき、横に伸びた枝では左右二列に並ぶ。実もよく似ているので葉 [続きを読む]
  • サネカズラ(実葛)の実
  • サネカズラ(実葛)の実<モクレン科サネカズラ属>別名ビナンカツラ。山野に生える常緑つる性。葉は互生し、長さ5〜12センチの長楕円形、または長卵形。8月頃、径1,5センチほどの花が垂れさがって咲く。雌雄異株または同株、まれに両性花がつく。花弁と萼はともに淡黄色。雌花は花の後、花床が球形にふくらみ、球形の赤い果実をつける。 [続きを読む]
  • クサギ(臭木)の実
  • クサギ(臭木)の実<クマツズラ科クサギ属>山野の林縁や川岸などの日当たりのよい所に生える。落葉高木。葉は対生し三角状心形または広卵形で先が尖り、基部は心形。果期は平開して赤くなり、果実は径6〜7ミリの球形で光沢のある藍色になる。果実をわらの灰汁で煮た汁で布を染めるとあさぎ色にに成る。根は薬用にする。名の由来は枝や葉に強い悪臭があることからきている。 [続きを読む]
  • フユイチゴ(冬苺)
  • フユイチゴ(冬苺)<バラ科キイチゴ属>山地に生え、高さ約20センチになるが、地を這う常緑低木。長い枝を伸ばしてその先に新しい苗をつくる。葉は互生し、長さ5〜10センチの心形で縁が5浅裂し、歯牙状の鋸歯がある。表面は毛が少ないが裏面は軟毛が多く、托葉は落ちやすい。9〜10月、枝先に白い花を5〜10個開く。花弁は5個。長さ7〜8ミリ。果実は球形で赤く熟し、食べられる。↑は高尾山にて。他は赤塚植物園で。 [続きを読む]
  • ガンクビソウ(雁首草)
  • ガンクビソウ(雁首草)<キク科ヤブタバコ属>頭花は6〜8ミリの卵形で、茎の上部でわかれた枝先に下向きにつく。その形が煙管(きせる)の雁首(がんくび)に似てることから雁首草(ガンクビソウ)と呼ばれている。下部の葉は卵形で基部は丸かったり、やや心形で長い柄がある。根生葉は花の時期は枯れる。ヤブタバコを大きくしたような感じ。他にホソバガンクビソウ、サジガンクビソウなどがある。 [続きを読む]