青年管理職 さん プロフィール

  •  
青年管理職さん: 課長の資格「ビジネスマネジャー検定」その学習ブログ
ハンドル名青年管理職 さん
ブログタイトル課長の資格「ビジネスマネジャー検定」その学習ブログ
ブログURLhttp://fanblogs.jp/businessmanagement/
サイト紹介文経営者と社員の間にいる管理職。愚痴りながら新しい検定試験にチャレンジします。
自由文転職や昇格の鍵を握る検定試験。組織の為にまた、自分の為に生き残る為に必要な知識を学びながら愚痴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/06/28 15:59

青年管理職 さんのブログ記事

  • 第8回 ビジネスマネジャー検定から始める事
  • お疲れ様です。マネジャーの皆さま、毎日忙しい日々を送られている事と思います。まるで人ごとのように言っているつもりもなく、忙しいです。最近では働き方改革によって、「まず疲れる」のです。それがいいのかもしれませんね。ずるずる仕事していても効率がいいのか悪いのか?時間だけで解決させるような仕事よりは、ビシッと範囲内で出来るところまで・・・・そう言うわけにもいかないのですが、ほんと周りは早くなりました。「 [続きを読む]
  • 「会議」から仕事を始める作戦!
  • 昨日も今日も、さらには明日も会議・・・そんな日々会議に追われている方も多いのではないでしょうか?資料作成に追われるばかりで、「会議」によって仕事が進まない!と思われている方もいるかもしれません。一口に「会議」といってもさまざまな目的と役割があります。そもそもを考えてみると、「会議」はあいまいで、2人以上の人が仕事のために集まれば「会議」と呼ばれますよね。しかし、多くの人が仕事が進まない理由こそ、こ [続きを読む]
  • 残業はなぜ減らない?|管理者の葛藤
  • 「いつも残業して残業代を請求しているが、見合った成果を出しているのか?」 「自分の仕事が終わればそそくさと帰ってしまうが、やる気があるのか?」なんか矛盾しているようなところもありますが、一人のマネジャーが一人の部下に抱いている両極端な気持ちだったりしますよね。残業は少ないほうがいいですよね。でもなぜ、残業をなくせないのか?残業をなくすために有効な手段として「デッドライン」を設ける事です。限られた時 [続きを読む]
  • 社員旅行で北海道へ
  • 北海道行ってきました。青函トンネルを新幹線で・・・もちろん真っ暗なトンネルでしたね。設立70周年記念ということで、自分を含めた3人で計画しました。初めて北海道は函館に行ったんですが、いいですねぇ。旅行。終始飲みっぱなしの二日間でした(笑)2班構成で自分は1班、初陣を飾ってきました。函館山の景色は、やっぱ綺麗昔より灯りは少なくなったとは言っていましたが、思わず「おおぉ」ってうなっちゃいました。また行きた [続きを読む]
  • シーズンですね。送別会
  • 歓送迎会で外食産業は忙しい時期でしょうかね。管理職になるとこうしたイベントにも出なきゃいけないし忙しさが増します。今日は、メーカーさんの担当者が転勤となるので一緒に仕事した仲間と送別会と銘打って飲み会です。お酒の好きな人達には何かと理由がつけられるいい時期です。あまりお酒が得意でない自分は食事担当です(笑)社外でのこうしたお付き合いから良好な関係に繋がることも多いですし、本音が聞けたりと悪いものでは [続きを読む]
  • ブランディング研修を受けてきました
  • 「ブランディング」という言葉を聞いた事はありますでしょうか?先日、研修会と言う事で当社の部長級以上の方々と自分、営業支援部署から2名の女性で参加した「ブランディング研修」だったのですが、わかったようなわからないような。明確な戦略まで組み立てる事はできませんでしたが、目指すべき部分は見えてきたようにも思います。結局は、「ブランド」として自社を、又は提供するサービスを他社と比較して圧倒的な支持を得られ [続きを読む]
  • ロジックツリーのすすめ|3つのツリーと4つの身につく能力
  • マネジャーは上司から課せられる業務目標など、内容が抽象的である場合があります。それをどのように実現するかはマネジャーに託されていることが一般的です。ですから、マネジャーは抽象的な事象を論理展開して、具体的な事項に落とし込むことができなければなりません。その際に「抽象」から「具体」へと論理展開するためのツールが、ロジックツリーです。ロジックツリーとは論理を樹形図で表します。ひとつの上位概念(イシュー [続きを読む]
  • ストレスとの共存
  • マネジャーは業務を展開するなかで、様々なストレスにさらされています。目標達成までの過程であったり、解決すべき問題に直面したとき、上司や部下とのやり取りのなかでの精神的緊張があるでしょう。そのストレスの管理について理解しておく必要があります。ストレス管理の必要性ストレスとは、精神的・肉体的に負荷となる刺激や状況を言います。マネジャーともなると、期待される成果、責任範囲の拡大などストレスを受けやすい状 [続きを読む]
  • 自分の働きを「時給換算」して振り返る事
  • マネジャーになると部下の「残業」の問題にぶち当たります。自分の責任で失敗しておいて残業となったのにその残業代も会社に請求・・・何だこいつは?なんて世代の違いで感じる事なのか?腑に落ちない残業と向き合う事があります。かといって、管理職となって「固定給だから」といってだらだら仕事をしてしまう課長職なんて人もいたりすると思います。自分はどうなんだ?って胸張って「俺はちゃんとやってるぞ!」って言えるのかど [続きを読む]
  • ABC分析で整理整頓|機械的に切り捨てよう
  • うちの会社は3月決算なので残す3か月となりました。もはや、うちの業種では大体の着地は見えてしまう3か月。先月の年末商戦に比べれば静かな時が流れます。しかし内部では来期の戦略などで意外と忙しく年度末を迎えてしまうのが恒例です。今年こそ余裕を持って、「土俵の真ん中で相撲をとる」を胸に業務を進めていきたいと思います。先月から引き続き行っているのが、商品の選定です。もちろん皆さんの会社でも自社の商品やサー [続きを読む]
  • 部下が「抑うつ状態」と診断されました
  • 従業員が100人も超えていれば、いろいろな人がいます。パートさんに至っては、初日から出社しなかったり、数日出社してその後、連絡がとれなくなったり・・・何が起きたのか?不安になります。連絡だけは取りたいです。こちらに非のある環境がわかれば是正する事も必要ですし。もちろんマネジャーやリーダーがそうしたところに気がつかなければいけないのかもしれません。なかなか出来ないものです。先日から、会社を休みがちだ [続きを読む]
  • 第六回ビジマネ検定結果 合格者は3,530名
  • ビジネスマネジャー検定の最新実施日は2017年11月12日(日)でした。心待ちにしていた試験結果が発表され、さながら高校受験のような緊張感とともに確認をしたのではないかと思います。年に2回実施されますので、今回で3年目を終えたところになります。先日の検定で第六回目となりますが、合格者は3,530名でした。気になる合格率は68.9%でした。この上げ下げは意図的なんでしょうかね?超難問だったのか?と思うような合格率 [続きを読む]
  • 社長のスケジュールを間違えた!!
  • お疲れ様です。やってしまいました・・・。今日は朝の9:00から打ち合わせの為、メンバーと会議室に入り浸っていたのですが、そこで事件が起こりました。時刻 11:34社長 『ちょっとごめんいいか?』社長が会議室に入室。目があった。。。。どうやら私に用があるようだ。社長 『あのこの前予定入れてくれた㈱○○の常務さんたち、まだ見えられないんだけど担当者の番号教えてくれないか?』今になって思えば、ここで自分で電話 [続きを読む]
  • 心理学を応用したコミュニケーション術|その2
  • 前も心理学を応用したコミュニケーションについて浅はかながら紹介しました。実際のところ、こうした項目を意識しながら日々を過ごす事って意外と難しくて、ついつい忘れてしまうんですよね。でも、習慣になれば「身につく」レベルにまでなるんでしょうから、がんばってみるしかないですね。無意識に行動できるまでには、日々の努力です!大事なコトは小さい声で文字などは大事なコトは大きく太線で強調させることができますが、話 [続きを読む]
  • 迷惑メールに「spam 」とわざわざ表示されてくるのです。
  • サイボウズというチームウェアを使っています。掲示板やメールはもちろん、アプリを開発して社内のプロジェクトの進捗確認に使ったり、いろいろ出来るシステムです。他にもたくさんあるのでしょうが、お取引をしているメーカーさんでも「サイボウズ」を使用している所があるので、それなりに知られている所なんだと思います。本題は、管理本部(自分の事務所の下階のフロア)から掲示板に書き込みがありました。『最近、実際の企業 [続きを読む]
  • リスクの顕在化|その時マネジャーに求められるものは?
  • リスク顕在化時の心構えマネジャーは、リスクが顕在化したときを想定し、どのような心構えでいれば良いのでしょうか。リスクが顕在化したとき、日常の業務の中断や組織の雰囲気の緊張感などの非日常的な出来事が発生します。マネジャーは、リスクの対応にあたって、あらかじめこのような異常事態に対する「覚悟」が必要です。ある書物から参考となる記述をご紹介します。事件が起こりだしてから「どうしよう・・・どうしよう・・・ [続きを読む]
  • 小学生のランドセルの「重み」って・・・
  • 毎朝、出勤前にゴミステーションへ寄っていくという習慣ですが、家では「ゴミ捨て係」を仰せつかっている為、曜日に合わせて忘れずに実施しています。ゴミステーションへ向かっていると、いつものご近所さんの他、小学生が通学途中に寄っていく姿も見かけます。「小学生にして大役を任せられているんだなぁ」と、ほっこりしながら会社に向かうわけですが、先日「ふっ」と思ったんです。自分が小学生だった頃は学校指定のランドセル [続きを読む]
  • 次回ビジマネ11月12日。「称号」を手にする事ができる検定!
  • こちら東北・・・・秋を感じることなく冬に突入!?と思いきやまた暖かくなったりと、気温変化に順応できずに風邪をひいてしまった自分ですが、皆様、第六回のビジマネ検定はどうされましたでしょうか?次回は、第6回 11月12日(日)  が開催日です。申し込みは、個人と団体でそれぞれなんですが、すでに締め切られています。自分もうっかりしていました。締め切り前に一報入れるべきだったのに・・・・個人申し込みは 9月29日 [続きを読む]
  • 上司は広島へ二泊三日の出張でした|そのお土産で・・・
  • 先日、自分の直属の上司が二泊三日の広島出張にいきました。東北の地から広島まで、早くなった交通の便とは言っても、お疲れになったのではないかと思います。自分も名古屋・大阪までは出張で行かせてもらった事があります。大阪ではリーガロイヤルホテル!?でしたか、ずいぶん立派なところにとめさせていただきました。先方の用意してくださったホテルだったと思います。名古屋では、名古屋市に1泊、オカザえもんの岡崎市に1泊の [続きを読む]
  • 改札通過時刻から働き方改革の成果を見る
  •  「働き方改革」・・・我が社でも何かとそうした話がでてきます。とりあえずは、全社の残業時間短縮のために各部署での業務時間割を作成したりしています。また、管理職にも出社・退社の時間記録を付けさせたりと結構大きく取り上げてやってます。早く帰るだけじゃなくて、生産性の良い就業時間に中身を改善しようとするのが最終的な狙いですけどね。そうした中で、東京メトロの調査結果が聞こえてきました。2014年度から2016年度 [続きを読む]
  • H29.7月 第5回 ビジマネ検定の合格率
  • 出ました!!発表は先週でしたが、2017年度1回目のビジマネ検定。第5回目となるビジネスマネジャー検定は7月16日に実施されましたが、受検された皆様はいかがだったでしょうか?申し込み自体は6,108名。実際に受検されたのが5,530名と言う事です(全国計)。1割の方は何かしらの理由によって参加できなかったんでしょうね。そして8月18日に発表となった合否。合格者は2,315名の方。がんばりましたね。おめでとうございます。合格率 [続きを読む]
  • マネジャーに求められるミッションと役割 その③
  • マネジャーのミッション(使命)とは「チームとして成果を出すこと」。この一点ではないでしょうか?そのために様々な課題があるのです。優秀な社員であっても個人が残せる成果には限界があり、継続性についても見込むことは容易ではないでしょう。成果を安定的に生み出し続ける為には、チームとして機能することが必要です。そのチームとして成果を出す事をマネジャーに求めています。この重要なミッションを果たすために必要な5 [続きを読む]
  • 働き方改革 「介護責任と働き方」
  • 今後急増する介護問題の観点から、「働き方」を考えていかなければならなくなっています。何度か取り上げたWLB(ワーク・ライフ・バランス)の実現には介護問題をクリアしなければならない時代です。介護への対応は、対象者の性別や年齢層を含めて育児の場合と異なる点が多いと思います。前もって時期を予定する事が難しい為に緊急の対応に迫られ、介護が始まるといつまで続くのか?状況がどのように変化するのか予測がつかない [続きを読む]
  • 上司に求められる資質「セルフエスティーム」とは?
  • 今朝の朝礼で社長が教えてくれました。どうやら先日研修会?のような席で講義を受けてきたという事で。初めて聞く言葉でした。「セルフエスティーム」ご存知でしょうか?セルフエスティームは英語のself-esteemから来た言葉。意味としてはself は「自分自身」、esteem は「尊重する」という動詞です。「自分を尊重する気持ち」と言う事で、辞書などで調べてみると、「自尊心」「うぬぼれ」という訳が書いてあったりします。でも今 [続きを読む]