ぱにかめ さん プロフィール

  •  
ぱにかめさん: パニック症日記(パニック障害)
ハンドル名ぱにかめ さん
ブログタイトルパニック症日記(パニック障害)
ブログURLhttp://fanblogs.jp/panikame/
サイト紹介文パニック症のことで自分が経験したこと、調べて分かったことなど紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/06/28 17:53

ぱにかめ さんのブログ記事

  • しみじみ今思うこと
  • 以前働いていた会社の社長がなくなりました。パワフルで、厳しくて明るくて、時には子供のような面白い人でした。先日お別れの会が開かれました。私は久しぶりに薬を飲んで行きました。前の会社の関係者がたくさん来るので、不安を解消するためです。飲まなくても大丈夫だと思っていたのですが、以前のように飲まずに頑張るのはやめ、飲んで気楽にいこうと思いました。年賀状だけやり取りしていた後輩と数十年ぶりに会って一緒に行 [続きを読む]
  • ハロウィンパーティー
  • 私はハロウィンというものは自分には無縁のものだと思っていましたが、今年思わぬ形でデビューしてしまいました。10月末の日曜日。私は会社のボランティアで、朝から子供向けのイベントでバタバタ。夕方片づけも終わり、イベントに来てくれた近所の友達ファミリーと焼肉を食べていました。その店に偶然、もう一組のこれまた近所の別ファミリーが来て、子供も含め総勢11人。楽しい焼肉パーティーとなりました。そのパーティーもお開 [続きを読む]
  • 山形県南陽ワインマラソン
  • 私達夫婦は毎年、秋は福島の猪苗代マラソンに行っていたのですが、今年は何らかの事情で行われないということで、他のマラソン大会を探しました。そして初めて行ったのが、山形県南陽市のワインマラソン。タイトルにまず惹かれ、私の好きな東北だし、ワインや芋煮があるというので、申し込みました。私は今回10キロに申し込んでいたのですが、そろそろ練習を、ということで始めた1.5キロのジョギングで、なんとまた治りかけていた [続きを読む]
  • 感謝しています。
  • 私が以前17年勤めていた会社の、社長が亡くなりました。私の父親と同じ80歳、小柄な女性でしたが、若いころは単身でヨーロッパに行き、いろんな経験を積み、東京で照明会社を立ち上げた人です。60年代、70年代のディスコやファッションショーの、その時代の先端を行く照明を作り上げてきた人です。もちろんその時代の事は私は知りませんが、昔の本や雑誌を見て、すごい人だったんだと会社に入ってから知りました。10数名の小さい会 [続きを読む]
  • 思い込み
  • さて、あのモヤモヤから間もなく、私は膝の痛みが再発し、それを理由に「身体回復センター」を辞めることになりました。でも痛んでも痛まなくても、やめるつもりだった、と素直に伝えたら、先方は案外すんなりと受け入れてくれ、それどころか辞めるにもかかわらず、いつもと変わらず親切な対応をしてくれました。あんなに悩んでいたのはなんだったんでしょう。同じ系列のセンターに通っていた人から、やめる時に引き止められて大変 [続きを読む]
  • 悩み勃発
  • 先日の記事で、ほとんど悩みはないようなことを書きましたが、昨日一昨日と、あることでモヤモヤしております。私はここ数年膝の痛みがなかなか治らず、色々な医者や接骨院に通うのをやめ、春から「身体回復センター」というところに通い始めました。ここは治療ではなく、痛みの原因になる体のゆがみを自分で整え、痛みを軽減する、膝に負担をかけない動きをする、というところです。会費は月1万円と、パートの私にとっては高額で [続きを読む]
  • 最近の悩み
  • このブログも書き始めて、もう3年以上経ちました。パニック症になってから、苦しんで、立ち直って、開き直って、今は平和な日々を過ごしております。そんなことはもう遠い昔の、他人ごとのような感じがする今日この頃です。家族や友人もたまに会うと健康で元気だし、私はやりたくないことはあまりせず、やりたいことをやりたいときにやる、自由気ままに生活しています。学童の仕事も慣れて多少嫌なことや傷つくことはあっても、そ [続きを読む]
  • 子供とのかかわり方
  • 最近は全くパニックともうつとも無縁な日々を過ごしています。仕事もまあまあ、無理せずやっています。でもこの前、少しだけモヤモヤした気持ちになりました。私達大人が時々他の子供たちに注意していると、いつもは優しいA君という発達障害の子がかばおうと思うのか、先生にいじめられていると思うのか、突然その場に来て大人をたたいたり蹴ったりしてきます。いつもは「いじめてないよ」「お話してるだけだよ」となだめたりする [続きを読む]
  • 5月の恒例行事
  • 今年も5月は忙しくてあっという間でした。GWは暇でだらだらしてましたが、翌週は仙台マラソン、ライブ、1泊2日の函館旅行etc…。そういえば、去年も同じような行事があったような…。でも膝痛で去年走れなかった仙台で、今年は5キロ走りました。4回目の出場でまさかの30分台!この歳になって最速記録です。頑張りました、自分をほめてあげたい…。旦那も完走、その後新しい地元の銭湯を見つけて入りました。ライブでは2階席でした [続きを読む]
  • あきらめることは考えを変えること?
  • もう40代後半ともなると、いやでも体調の変化に気付かされます。今年は2月頃からもう花粉症で咳が止まらず、治ったと思ったら風邪で咽喉をやられ、この前は疲れのせいか下痢が続きました。おかげで2か月くらい薬を飲みっぱなし…。こんな時は気持ちもふさぎがちですが、日々何事も頑張らずにとりあえずこなす、今日一日を無事に過ごす、と気負わずにいたら、意外と元気に過ごせました。気づいたらもう5月、体調もまあまあ良くなり [続きを読む]
  • 忙しい春休み
  • 春は何かと忙しいですね。学童も、春休みは朝からやっているので、1日勤務の日もあります。朝8時過ぎから元気な子供たちがワーッと来て、ギャーギャー騒ぎます。春休みでも、親は会社を休めるわけではないので、長い子は夜7時までいます。働いてる親も大変だけど、1日中学童にいる子供も大変…。疲れて具合が悪くなったり、機嫌が悪くなったり。そして数限られた職員もへとへとです。私も普段はしないのですが、この前久々に大声 [続きを読む]
  • 天然宇野昌磨くん
  • 私の大好きなオリンピックが、またあっという間に終わってしまいました。一番気になっていたのが、やっぱりフィギアスケート!男子!でも私はそういう時に限って、試合時間は土曜日なのに出勤。バタバタと子供たちが帰った後、先生たちがスケートの話をし始めました。録画して帰ってから見ようと思っていた私は、結果を知っている先生に「結果は言わないでください!」とお願いしました。なんて面倒くさいやつなんだろうと思われた [続きを読む]
  • お酒
  • お酒もだいぶ飲めるようになりました。年末年始も実家で日本酒を毎日飲み、友達との新年会でも日本酒をコップ3杯飲んで、電車に30分乗って帰ってきました。最近は飲んでから電車で帰ってくるのがすごく面倒になって、近所以外ではあまり飲まないようにしていたのですが、この日は気分がよくて、調子に乗って飲んでしまいました。次の日も若干2日酔い気味…。仕事も適当…。でも飲みたいときに飲まないと楽しくないし、あまり後のこ [続きを読む]
  • あっという間の年末年始
  • 年末年始といえば、以前は楽しいと思っていたけど、ここ何年かはまた疲れる日々がくる〜、と思うことが多くなりました。まず1日かけて大掃除をします。これは疲れるけど旦那も協力的だし、やっておけば、新年気持ちよく迎えられるので、頑張ります。そして帰省。ゆっくりしに帰るつもりなのに、ここ何年かは張り切ってお餅もおせちも全部手作りする母親に振り回され、結局私も旦那も父親も手伝う羽目になります。母親も疲れた疲れ [続きを読む]
  • 久々うつ
  • 久々にきました!ここ最近問題なく元気で忙しくしていた私は、昨日久々にうつ状態になりました。今職場が人手不足で、私はパートなのにサブチーフをやってほしいという話をいただきました。とは言っても、チーフ、サブがいて、私は3番目の立場だし、時給も少し上がるので、あまりプレッシャーなくできそうと思い、引き受けました。勤務時間は変わらないのですが、やはり人手が足りずに、他のパートさんよりは多く出たり、ちょっと [続きを読む]
  • ちょっとだけ忙しい日々
  • 最近精神状態が安定し、職場が人手不足になったこともあり、仕事を週3日から4日に増やしました。職場の環境もいいし、子供達にも慣れ、あまりストレスを感じず仕事ができています。その間にたまに照明の仕事や、町会の仕事もやったりして、以前の私の生活に比べ、なかなか忙しい日々を過ごしています。でもあれもこれもやらなくては〜という事はあまりせず、疲れたら午前中でも寝る、今日はご飯を作らない、洗濯は明日にするなど、 [続きを読む]
  • ものづくり
  • 私は物を作るのが苦手です。小さい頃は絵が上手って言われたこともありました。でも見えるものをそのままそっくりに書くのは出来たけど、子供っぽい、大胆で元気な絵は描けませんでした。大人になって、照明の仕事についても、舞台のシーンなど考えるときにアイデアが浮かばなく、他の舞台のまねをしてみたり、絵を見て配色を考えたりしていました。一言でいうと、想像力がないのです。鈍いし、頭が固い。なぞなぞもさっぱりわから [続きを読む]
  • 運動不足の日々
  • カウンセリングを辞めた後も、精神状態は安定していて、前みたいに異常に落ち込んだり悲しくなったりすることはなくなりました。ただ年齢のせいか、身体がボロボロです。4月から痛み出した膝はまだ治らず、走れない状態だし、腱鞘炎もアキレス腱の痛みも接骨院や病院でも治らず、今は他の接骨院で試しています。数日前から風邪をひいて、のどが痛くて今日も病院に行きました。水泳教室も今月はプール工事でお休み。最近山登りも行 [続きを読む]
  • カウンセリング卒業
  • カウンセリング卒業しました!思えば3年前、パニック症になって薬を飲まずに治すと決めてから、約50回、通い続けました。カウンセリングを受けて一番よかったと思えたのは、本来の自分が取り戻せたことです。今まで他人には気を使って話せなかったことも、嫌なことも、先生と話をしているうちに、引き出されたように思います。そして一番大事なのは、自分自身に正直になることです。したいことはする、疲れたら休む、嫌なことは無理 [続きを読む]
  • 祭り
  • 今年も町会の祭りに参加しました。思えば最初は嫌々町会に入った私が、もう5回目の参加です。今までやっていた班長は他の方にお願いしたのですが、私のような若手(?)は不足で、また他のお手伝いをすることになったのです。顔は知ってるけど、あまりお話をしたことのない方々と仲良くなれて、今回も忙しかったけど楽しいお祭りとなりました。朝早くみんなの麦茶を作り、子供神輿や山車について回って麦茶を配り、お弁当食べなが [続きを読む]
  • 心の傷
  • 今回も問題なく帰省し、東京に帰ってきました。でも帰省する車の中で、また昔のつらい出来事を思い出してしまうことがありました。私は小1の頃、近所の変態男にいたずらされたのです。怖くて嫌で、でもずっと誰にも言えず忘れたように過ごしてきました。それを帰省するたびに、思い出してしまうようになったのです。帰省後、カウンセリングを受けている時にその話をし、先生に「お母さんにどうしてほしかったですか?」と聞かれ、 [続きを読む]
  • 母親
  • 今、介護問題や母娘問題など、昔ではあまり公にならなかった家族について社会的に問題になっています。今回は母親について書きます。私のの親は小さい頃から共働きで、母親は月曜から土曜までフルタイムで働き、朝は家族のご飯とお弁当を作り、仕事帰りに買い物をしてご飯を作る、というハードな生活をしていました。父は掃除などはしますが、台所に立つことは一切しませんでしたし、土曜などは母親が家族分のお昼ご飯を作り置きし [続きを読む]
  • 3年前と今の私。
  • 7月から学童は夏休みに入りました。出勤時間はまちまちで、子供が始終いるので疲れますが、何とかやっています。先週は久々の照明仕事もやって何かと忙しかったのですが、今週はいつもと違うシフトのおかげで、4日間何も予定なしの日が続きました。暇は暇で、ゆるい時間を楽しんでいます。今日はあまりにも暇なので、近所のプールでひと泳ぎしてきました。夏休み期間は、週1回の水泳教室が休みなので、自主練です。暑いし、朝一番 [続きを読む]
  • 発達障害って?
  • パニック症になる前の私は、うつ病や、精神疾患のことに関して無関心、というより近づいてはいけないもの、と心の中で思っていたように思います。それが自分がなってみて、少しは理解できるようになりました。それと同じく、発達障害と聞くと、なにそれ?みたいな感覚だったのですが、学童保育に特別支援児と言われる子が来て、その子たちと接するようになって、ちょっと関心を持つようになりました。最近よく聞く言葉でもあります [続きを読む]
  • 楽しいことは、疲れます。
  • 久々に風邪をひきました。GW明けから忙しく、仙台のマラソンに行って、仕事もいつもより多く入って、隣の子供達とホットケーキパーティーをして、北海道のおばあちゃんの白寿祝いに行って、その北海道でやっぱり疲れと寒さでやられました。自分で決めたスケジュールとはいえ、また忙しくなるなー、と楽しいことのはずが、めんどくさいなー、という気分もありました。でも楽しいことって楽しいだけではなくて、面倒で疲れることと同 [続きを読む]