博嶺と玉鳳ちゃん さん プロフィール

  •  
博嶺と玉鳳ちゃんさん: 滝沢博嶺・玉鳳のホームページ
ハンドル名博嶺と玉鳳ちゃん さん
ブログタイトル滝沢博嶺・玉鳳のホームページ
ブログURLhttp://suminooekaki.blog.fc2.com/
サイト紹介文群馬県情報と特に高崎市の歴史、現代、そして趣味の水墨画・書道をご紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/06/29 03:20

博嶺と玉鳳ちゃん さんのブログ記事

  • 刷毛で描く黄山風景
  • 今回は刷毛で描く、達人の解説で”黄  山  風  景”を画いてみましょう。水墨画愛好者は中国黄山に多くが訪れているようです。お手本の”黄山風景”小生の習作墨色が良くない作品となりました。原因は濃墨の山の下です。雲との境のにじませが、うまくいきませんでした。何度か重ね塗りをしてしまいました。結局うまく表現できませんでした。以下小生の習作過程です。左の黒山から描き始めました。墨色が悪いのは紙質かな〜と [続きを読む]
  • 狭間にある日光町は住宅街
  • 日  光  町  (ち ょ う)  は、隣接する稲荷町に、高崎女子高校があります。北、東面には広大な貝沢町が取り囲んでおります。その狭間の住宅街です。[高画質で再生]高崎市日光町 この交差点の東は環状線にぶつかり、各方面に行くことが出来ます。隣接する稲荷町には(西の塀の建物)高崎女子高校があります。日光町公民館市営住宅地この道の南側が日光町の住宅街になります。日光町には大きな通りはなく、生活道だけに [続きを読む]
  • 墨の美を追求する街角風景
  • スタンビングを使用した街角風景を描いてみました。先濃後淡技法で墨の重ね塗りを省き、墨の五色を重要視する表現方法です。手本作品小生の作品スタンピング技法(転写)ドーサ液の原液を用意します。ドーサ液の中に濃墨を入れます。下絵を描いておきます。この形に新聞紙を手で切ります。新聞紙は自由に方向変換ができて形ができます。この新聞の記事がそっくり写るわけではわけではありません。新聞紙がにじみが出て最適というだ [続きを読む]
  • 総合文化センターのある末広町(ちょう)
  • 高崎市の教育文化発祥地といってよい末広町をご紹介します。少年科学館[高画質で再生]高崎市総合文化センター 総合文化センターの中心地から写しました。この取材で末広町(ちょう)の区域を初めて認識しました。中央通りにある橋は末広陸橋と言います。したがって北に向かって右側は(左側も多少含めて)末広町の管轄地域です。南北に細長い町です。中央公民館裏口です。ボケ防止のために、講習でよく利用させて頂いております。 [続きを読む]
  • 墨の美をもとめて抽象画に挑む
  • 墨 の 美 と 躍 動 感 を も と め て水墨画は多くの先人たちの、ご努力で現在に至っています。その伝統的な手法は文人画、南画といった伝統的な手法で受け継いできました。しかし水墨画というジャンルの認知度の低さが問題です。以下記述は、某先生の考え方に小生も同感して、それを利用させていただきます。 題 名”サーフインスロープ”小 生 の 完  成  品墨の美の最終的な行き着く表現は、霧のボカシが入 [続きを読む]
  • 中央銀座通りの鞘町(さやちょう)
  • 戦後成長期は人ごみで賑わった高崎市中央銀座通りの南入り口に鞘 (さやちよう) 町があります。高崎市中央銀座通りの復活案を、現在練っているという新聞記事を読みました。ダルマ市も今年から高崎駅周辺で開催されます。昔の賑やかな、市街地になることを期待してやみません。お堀にクリスマスの飾りがまだ残っていました。右上、松の見える所が鞘町界隈です。高崎城跡お堀にかかる”さくら橋”を渡ると高松中学校、総合保健セ [続きを読む]
  • 峡谷の陽光を画く
  • ニカワと白抜き剤を使って新  年  の  陽  光を画いてみましょう!!題して”寂  光”(じゃっこう)果たしてどう描けるか!明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申しあげます。”つちのえ いぬ”年  「初こよみ 掛けし いつもの柱かな」寂       光小生の完成品寂光とは”ぼんのう”を断じ、絶対的な静寂に達するということらしいです。参考作品手本は岩を刷毛で描いています。刷毛は墨色 [続きを読む]
  • 高崎駅東口の栄町(さかえちょう)
  • 栄 町 (さかえちょう)は高崎東口にあります。高崎駅東口を南北に走る県道12号線(前橋高崎線)と、東西には、県道24号線(高崎伊勢崎線)が走る。高崎駅東口の中心市街地です。今や高崎駅東口栄町は”高崎市芸術センター”の建築で重機がアッチコッチに天高くそびえています。[高画質で再生]高崎駅東口陸橋より写す高崎市タワー美術館ビルも栄町にあります。高崎文化芸術センターの建築現場近くによると偉大な重機です。ブルー [続きを読む]
  • インスタント下絵で大作を画く
  • インスタント下絵の作り方現代、平均寿命は延びているにもかかわらず、何故かスピード時代です。小生もその時代に遅れまいと機器を駆使し、水墨画を画くようにしています。デジカメ、コピー機等は身近にあります。それらを使って絵にする方法をご紹介します。この写真は高崎東口近くの朝6時30分頃の写真です。これを写真ソフトで切り取りし、かつ多少加工して下絵の原稿を作ります。、”王子江”(おうすこう)NHKテレビテキストよ [続きを読む]
  • 唐沢川が流れる福島町(ふくしままち)
  • 福     島      町の中央に唐沢川が流れています。その流れは、清く心を洗ってくれました。源流は榛名山麓の榛東村附近でした。唐沢川の流れは心を洗ってくれました。[高画質で再生]高崎市福島町を流れる唐沢川 福島町は高崎渋川線(=三国街道=県道25号)沿いに位置しています。東に中泉町、北に三ツ寺町があり唐沢川橋の南には大八木町があります。県道25号はこの東にも新しく建設され、高崎市金古町上宿交差点で合 [続きを読む]
  • 冬の荒波を描いてみよう
  • 冬    の    荒    波を描いてみます。激しい波しぶきは、白抜き剤を使って描いてみました。小生の完成品写真集より落款を入れる前の、ほぼ完成品です。描き方の手順先ずは和紙を縦横四等分しました。(八等分すれば、尚よい)和紙のサイズは41X32cmです。横の縦に対する比率は41÷32=1.28になります。逆に縦の横に対する比率は32÷41=0.78になります。今回の下絵の描き方は大作の50号、100号でも同じ方法で構図を取る [続きを読む]
  • 塚沢小・中学校がある飯玉町(いいだままち)
  • 飯  玉 町 は 学 園 の 町として存在感を示しています。それは塚沢中学校、塚沢小学校、塚沢幼稚園があります。まさに児童の学園にふさわしい町です南に芝塚町,北に天神町、西には問屋町,東に稲荷町、日光町が隣接しています。。周辺にはこの他、県立女子高校、県立工業高校があります。東に隣接する稲荷町には、県立女子高校があります。写真の道路左側の建物は、県立女子高校です。右側は塚沢中学校です。その南には、一 [続きを読む]
  • 群馬の森で開催中の第68回県展
  • 第68回を迎えた群 馬 県 美 術 展(県 展)  は、爽秋の下で開催されました。小生も、地域文化に溶け込んで、3回目の出品となりました。日本画としての水墨画の存在を高めていくために、これからもアッピールできる絵を描いていこうと思っています。掲載作品は小生の独自の瞬間的判断と知人等を優先しています。応募総数651点で前年から61点減少しました。入選は616点です。24才以下の出品料無料化を2年前から始めました。 [続きを読む]
  • 羨ましい吉井町馬庭(まにわ)の景観
  • 吉  井  町  馬  庭  (まにわ)  はなんと、素晴らしい景観に恵まれた町だろうと思いました。うらやましくも感じました。子供たちの心身発達、発育にはとっても良い環境だと直感的に脳裏に貼りつきました。珍しい紋様を見せる鏑川の流れです。[高画質で再生]高崎市吉井町馬庭に流れる鏑川 鏑川に架かる”入野橋”です。この橋を渡ると254号線にぶつかり左は藤岡方面へ、右は富岡方面へと繫がっていいきます。この橋の北近く [続きを読む]
  • 群馬水墨画協会展(前橋文化会館)
  • 第 17 回 群 馬 水 墨 画 協 会 展が前橋市民文化会館(昌賢学園前橋ホール)で開かれました。小生も第4回展位から出品しています。先輩諸氏の中には、何人かが、鬼籍に入りました。,ありし日の元気な頃の先輩の面影が脳裏を掠めます。元群馬水墨画協会会長:春山南楠画 八つの加盟団体が出品しています。あかぎ墨彩会(前橋・伊勢崎)・秀峰会(高崎)・創翔会(太田・大泉)・琤墨会(高崎・前橋)・南珠墨彩会(高崎・前橋)・ [続きを読む]
  • 新島学園短大が所在する昭和町
  • 昭 和 町は北側に信越本線の北高崎駅を近くに持ち、近辺には請地町、大橋町、飯塚町、末広町に囲まれており、その中心位置にあります。又新島学園短大がある町で有名です。古くは室町時代から利用されていたという長野堰用水です。高崎市は水に恵まれていなかったようです。「江木町にある円筒分水堰」現在では一級河川烏川から取水し、幹線水路は15箇所に水門で分水して、8.6?下流で円筒分水堰で4支線(江木町)に分岐して水 [続きを読む]
  • 山のひなびた温泉宿
  • 寒い雪の季節になってきました。水墨画と言えば白を生かした雪景色が多く描かれています。そこで山の温泉宿の雪景色を練習してみたいと思います。題して「山の湯宿(ゆじゅく)」を作家の作品を参考にして描いてみたいと思います。作家の作品小生の完成品又又、落款を失敗してしまいました。雅号をたまたま手元にあった絵の筆で書いてしまいました。そして悪い体勢のままで書いてしましまったのです。結果、曲がってしまいました。 [続きを読む]
  • 国道17号線沿いの下之城町
  • 高崎環状線が国道17号線にぶつかり東の終点となっています。その終わりを受けて立つているのが下之城町です。環状線を利用するにも、高崎市街地に行くにもよく通過するお馴染みの交差点です。[高画質で再生]国道17号線沿いの高崎市下之城町交通量の多いい下之城交差点(国道17号線)下之城町第一公民館下之城プリエッセ下之城町も国道17号線沿いを南に離れますと、未開発の土地が広くありました。高崎線下りです。車両を見ておりま [続きを読む]
  • 画印の基本知識
  • 画印についての基本知識を勉強してみたいと思います。捺(お)すは捺印(なついん=印に肉をつけて紙等につけること)からきてこの文字を使うのでしょうネ。因みに”押す”は密着して圧力を加えるとの意。小生の印泥はこんなに柔らくないです。こんな状態だったら良い印が捺(お)せると思います。小生もこのようにして押印(=捺印)しています。但し全体を混ぜてはいません。時間がかかりますから。小生は、このような専用の油は [続きを読む]
  • 観音山連峰沿いの寺尾町
  • 寺 尾 町の 住 宅 街 は 観 音 山の山並みを背にした閑静な町です。市街地から吉井町へとつなぐ城南大橋を渡りきった町が寺尾町です。晩秋のススキを思わせます。機械は稲を見事にくわえ込んで米を機内に残して稲わらは粉砕して土に戻していきます。近くで初めて見ました。小生の頃は、人間が何人かで列をつくり皆で、カマを持って手刈りで前進していきました。縄文時代ですネ。隔世の感があります。田んぼに、米が白い袋 [続きを読む]
  • 凍てつく陸中海岸・浄土(じょうど)ケ浜
  • 岩手県浄土(じょうど)ケ浜の厳しい凍てつく白い岩を描いてみましょう。小生の完成作品(色紙)お手本の完成品(P10号サイズ)お手本の浄土ケ浜の写真です。浄土ケ浜の奇石は岩がもともと白いです。このお手本の先生もドーサで雪の表現をしているので小生もそれに習っています。お手本の写真をコピーしました。そのコピーを裏返して柳の木炭で(又は濃い鉛筆でもOK)塗りました。それを色紙にかぶせて2B程度のやや硬い鉛筆で写しまし [続きを読む]
  • 変わりゆく下斉田町
  • 高  崎  市  下  斉  田  町は関越道スマートセンターオープンに伴う開発が進み急速に高崎市の東部重要拠点となりつつあります。工業団地の誘致造成に伴う企業の進出、その団地からの国道354号との連絡道路網の建設が着々と進んでいます。関越道新潟方面入り口です。東京方面入り口は玉村町地域になります。左右は国道354号線です。(下斉田町交差点)下斉田町は関越道沿いにあり、その東側は玉村町地域となっています [続きを読む]
  • 華厳の滝を描く
  • 華    厳    の    滝(栃木県)観光名所で関東周辺では余りにも有名です。絵ハガキ等で優美な滝を見ています。果たして「凍てつく華厳の滝」が描けるかどうか不安ですが、挑戦してみます。「凍てつく華厳の滝」 落款をいれました。F30号 「凍てつく華厳の滝」  白麻紙  F30号 「凍てつく華厳の滝」  白麻紙  右手上部にくぼみ、影等で変化をつけました。(上の写真を参照 )  手前の岩の雪山に窪み、影 [続きを読む]
  • 高崎競馬場があった岩押町(いわおしまち)
  • 元  競  馬  場 が あ っ た岩  押  町(いわおしまち)をご紹介します。今でも競馬場前とかかれた信号があります。その競馬場も赤字続きで、いまでは場外馬券売り場になってしまいました。それを「BAOO高崎」と称して大きな看板があります。柿もだいぶ熟れてきました。元競馬場を一度だけ見に行ったことがあります。面白い光景は今でも忘れません。腹巻に札束?を挟んで勝負に励んでいる人がいました。儲けたのでし [続きを読む]
  • 晩秋の黒部峡谷を描く
  • 秋も深まりつつある中で、トロッコで行く晩 秋 の 黒 部 峡 谷を描いてみようと思いました。お手本の完成品です。小生の完成品お手本は岩に山馬筆を使っているとありますが、使い方が分かりませんでした。山馬筆は剛毛で穂先の長い筆を言います。馬の毛でしょうね。先ず下書きをしました。目けんとうでは描けそうもないと思いました。雲肌麻紙の切れぱっしを、P8号(45.5x33.3cm)サイズにしました。描き終わってみるとM8 [続きを読む]