わたなべ桃太郎 さん プロフィール

  •  
わたなべ桃太郎さん: 娘を絶対プロにするぞ!
ハンドル名わたなべ桃太郎 さん
ブログタイトル娘を絶対プロにするぞ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/fmgoo4/
サイト紹介文同タイトルの漫画を『GOLFコミック』で連載中。娘をプロゴルファーにしようと色々計画・実行中!
自由文娘わたなべサイは2013年7月生まれ。
父わたなべ桃太郎が本気でプロゴルファーにしようと、色々計画・実行していく様子を書いていこうと思います。
自身のゴルフについても少々。
備忘録も兼ねているので限定公開記事多めです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/07/01 12:00

わたなべ桃太郎 さんのブログ記事

  • 今夜10時
  • > プロゴルファーとして生きるための> 副業という考え方は時代の必然ではないか> 以前からスポーツ界でもひとつのことに打ち込む生き方を> 美しいとする美学もあるかと思うが これは娘の“師匠”、井上透プロコーチの言葉。https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17154868 そして、ボクも常に念頭に置いている考え方。 よくプロ野球やJリーグでは「セカンドキャリア」について話題になるが、 もともと、相対的に見て、「稼ぎが [続きを読む]
  • 動画、大事。
  • 放送作家をしていると、よく言われるんですよね。 「テレビのお仕事だから、動画撮ったり、編集上手でしょ!?」 まったくそんなことはないです。 歯医者だから、盲腸の手術、上手でしょ!? もしくは・・・ AV男優だから、アキラ100%のお盆芸、得意でしょ!? って言われているようなもので、 放送作家と編集作業、近いようで遠いんです。 放送作家なんて、ただの「アイデア屋」なので、、自分だけでは「モノづくり」ができ [続きを読む]
  • 親もプレーしよう!
  • ドーター杯には多くのジュニアが参加してくれています。 そのことも嬉しいのですが、もっと嬉しいのは・・・ 多くの親が一緒にプレーしてくれること。 ボクは、絶対にジュニアの親にゴルフをして欲しい! そう思って、いや願っています。 なにしろ、これだけゴルフの衰退が浮き彫りになっている中、 自分の子どもを飛び込ませたい!と思っている業界を、自分が盛り上げないでどうする! それに・・・ ジュニアのマナーや、「消しゴ [続きを読む]
  • 第6回ドーター杯
  • 毎年7月、『ドーター杯』というコンペをしています。 当初は年に2回だったのだけど、なんだかんだでここのところは年に1回しかできていない・・・。 いや、それでも続けることが大事。 ってなわけで、第6回大会、メンバーに召集をかける。 ドーター杯のメンバーは ■ゴルフ関係者■メディア関係者■漫画関係者 そして■ジュニアゴルファー&親 これらを結びつけることで、いずれ娘が飛び込むはずのゴルフ界を盛り上げていこう [続きを読む]
  • ミケルソンの野郎!
  • ミケルソンの野郎がやりやがりました。 いや、ボクだって、こんなガラの悪い表現は嫌いだ。 でも、そう言わざるを得ないよね、あのプレー。 全米オープンの3日目。 ミケルソンのパッティングがカップをオーバー。 したら・・・そのボールを止まる前に打った。 見ていて、アッ!となった。 ただ「キレた」だけだと思った。いや、そうに違いない。 たしかにセッティングがタフすぎて、こんなのゴルフじゃない、なんて言っている人も [続きを読む]
  • 変わる常識
  • よく変わるもの。 芸能人の顔。 そして、常識。 例えば、宇宙から大気圏に突入するとき、熱くなるのは「摩擦熱のせい」 とか、 過呼吸の発作を起こした人には、「紙袋をかぶせる」 とか 心停止した人には、「人工呼吸をする」 とか セミの成虫は「一週間しか生きられない」 とか 雷のとき、「金属を身に付けていると危ない」 とか すべて、“常識”は変わりました。 ただ、なかなか浸透しない のが、“常識のやっかいなところ”。 [続きを読む]
  • 禁煙改革
  • 東京オリンピックまであと2年。 東京都を中心に禁煙を進めようとしていますが・・・国会で「禁煙法案」が出されるたびに、 どんどん歪められて、結局「骨抜き」にされる が繰り返されていますね。 これだけ骨がなければお年寄りや小さな子供でも安心。小骨がノドに刺さりません。 ってな具合の骨抜き。 関連業界の影響も大きいかもしれないけど、(禁煙にすると「お店がつぶれる」 とかいう嘘とか) 話はもっとシンプルで、 俺さ [続きを読む]
  • 関東アマブロック大会
  • 相手をつぶしてこい! 相手がケガして試合に出られなくなったらこっちの得だろ? なんて、ステキな無理難題をふっかける指導者にも巡り合えなかったボクは、 普通に青春スポーツを謳歌しました。野球ですが。 女のコにモテたい! それだけが青春のモチベーションだった・・・という98%(ボク調べ)の昭和男児の一人。 でも、最近のコたちは、無垢だなぁ・・・ 女にモテたい!欲はどこに置いてきたんだ!? と感じたのが、先日出 [続きを読む]
  • オリジナルスコアカード
  • ケツ痛いっス! 第一声がこれでした。 出産直後の浜田ブリトニー(と娘)の面会。 娘たちも一緒に行ったのですが、12歳以下は病室に入れないとのことでパネェ先輩には会えず。 ボクは赤ちゃんにも会いました。 諸事情がありw 目元は似てませんでしたが、可愛かったです。 生まれたての娘のことを、まさに昨日のことのように思い出しました。 ※これはウチの下の娘です ブリトニーが自分の娘に対し、どんな将来設計をしているか [続きを読む]
  • 試合でほくそ笑む
  • よくゴルフ仲間から・・・ なんで試合に出るの? なにが楽しいの? プロとか、プロを目指している子が試合で戦うのは分かる。 そりゃ勝つためだよね?勝てば先(お金)につながるから。 なんて、言われます。 そう言いたくなる気持ち・・・ めちゃくちゃ分かる! キャバクラに行く人の気持ち、理解できないもんね。 口説き落とせるわけでもないのに、声かれるほど喋りまくる、しかも結構なお金も取られる、 とかさ。 違うか。 キャ [続きを読む]
  • ゴルフ上達に不可欠なのは
  • 最近思うんですよ。 大学ゴルフ部時代のボクはいったい何をやっていたんだ!?と。 そうそう、夜な夜なコンパに明け暮れた日々を反省・・・ って、そんなんじゃないです。 むしろ、コンパはやってよかった。(いいんかい!) コミュニケーションがうまくなったからね、うん。 コンパはよかった、うん。 それに引き替え、よくなかったのは・・・「自分を客観視できていなかった」こと。 そう、チンピラのような風体なのに、身の程わ [続きを読む]
  • 関東アマ予選の結果
  • 漫画家の浜田ブリトニーが妊娠を発表しましたね。 ボクは彼女がホームレス時代からの付き合いで、娘も小さい頃に会っています。 娘、おびえてますが。 漫画でも2作品ほどペアを組みました。ボクが原作で、ブリトニーが作画。 その一つがゴルフ誌『ALBA』で連載していた『パねえゴルフ』。 色々なところに取材ができて、面白かったなぁ・・・ なんて昔に思いを馳せるのはそこそこに、 このブリトニーは自称ハタチを通していま [続きを読む]
  • 怒りを鎮める天才
  • え?娘ですか? もちろん、やってますよ、ゴルフ。マイペースで。 わたなべ家の「マイペース」 ってのは“笑顔の消えない”ペース です。 これは「量の問題」じゃない です。 ボクは2時間で600球打っても、笑顔は消えませんが・・・ 4歳の娘は100球も行かずに怪しい表情に。まあ、そこはボクがなだめすかして、笑顔をキープさせますよ。 なにしろ、「人を笑顔にするプロ」ですから。 ・・・そんな高尚なものじゃないな。 [続きを読む]
  • 関東アマ、エントリー完了
  • 「いやいや、 オレも若い頃は飛ばし屋だったんだよ!」 「それが年取ったら、 飛距離が落ちちゃってさぁ!」 「250ヤード、飛ばすのも ヒーヒー言ってるよ」 ・・・ 学生の頃、ゴルフ場でキャディーのバイトをしていましたが、 飽きるほど聞かされた話です。“昔自慢”。 「250ヤードでヒーヒー」なんて言う人は、だいたい200ヤードぐらいしか飛びません。 「まあ、昔は、 女をヒーヒー言わせてたもんさ!」 なんて与 [続きを読む]
  • 他力本願で行こう!
  • いまのところ、そこまで積極的にゴルフに前のめっていない娘。 ママ友やパパ友などが面白がって「将来何になりたいの?」と聞くと・・・ 「プリキュア〜!」と元気に答える4歳児。 いいだろう、いいだろう。 ちょっと肌の露出が多いのが気になるが、正義の味方も悪くない。 人を数人殺した経験がありそうな悪人ヅラじゃなかったらボクもプリキュアになって稼ぎたいところ。 いや・・・プリキュアって稼げるのか?! おもちゃメー [続きを読む]
  • 競技で勝ちたい!
  • 娘をプロにするとか言いながら、全然練習させねえし・・・競技復帰するとか言いながら、イベントものや、ダブルスなどぬるい試合にしか出ねえし・・・てめえのゴルフへの向き合い方は甘いんだよ!なんて、、ボクに対して、批判の向きもあるかと思います。そのご意見・・・ごもっとも!でもね、甘くて何が悪い!!むしろ、甘い方がいいじゃないの。これ、ホンネです。なにしろボクは放送作家。「おもしろいが一番」 がモットー。 [続きを読む]
  • プロで稼ぐために
  • ボクはコースを覚えるのが下手みたいです。 ラウンドして・・・何度も回ったことがあるコースでも、全然覚えていないことに気づき、、やや愕然とします。 まあ、いつでも新鮮なリアクションができるので楽しそうに見える、というメリットもありますが・・・。 そう、「ヒトは忘れる生き物」ってかなり大事。 さて。先日の「ドリームカップ」。 多くのジュニアゴルファーが参加していましたが・・・ 結構「思うこと」が多かったんで [続きを読む]
  • おっさんローアマ獲得
  • こないだ・・・とか言いながら、去年の話になるという、、 ちょっとした浦島太郎感覚を味わう、わたなべ桃太郎。 「ただ、てめえがサボってるだけだろ」なんて批判は受け付けません。 泣いちゃうからです。親になると涙もろくなりますね。(たぶん、意味が違う) それはさておき、ショートコースを舞台に、プロ&腕利きジュニア&アマチュアがガチで戦う 「みんなのゴルフダイジェスト ドリームカップ」 という大会が、去年発足し [続きを読む]
  • 川奈の結果
  • ボクは冷たいものが飲めません。 いや、飲めます。飲めますが、苦手です。 できればいつでも熱いものを飲みたい。100歩譲って常温。 そして、熱い料理は「とにかく熱い状態」を好む。 ピザとか味噌煮込みうどんとか、ひと口めはべらぼうに熱くあって欲しい 「熱すぎだろ、バカヤロー!金返せ!」 ってぐらいがいい。お金は返すどころか、1割増しで払ってもいい。 そんな熱いものは熱いうちに、がモットーのボクが・・・ あれだ [続きを読む]
  • 待ってろ!川奈
  • 今年から、本格的に“競技復帰”したわたなべ。 実に19年ぶり。 19年前といえば・・・ スウェーデンのヨーテボリ・ブーヒュース県、エルヴスボリ県、スカラボリ県が合併し、ヴェストラ・イェータランド県が新設された年ですよ! ・・・ って、全然ピンときませんね。 スウェーデンの人ですら、「おお!それは懐かしいね」とならないんじゃないかな、、 これだからウィキペディアは使えないな!(↑勝手にウィキから引用してお [続きを読む]
  • 全日本決勝に出た!
  • 食事のとき、好きなものを先に食べるか、あとに食べるか、という 暇つぶしのときぐらいにしか使わないどーでもいいトークテーマがあります。 かなり昔からこの手の話はされてきたんだろうな。 「おれ、好きなものは先に食べる派だから、 大好きなマンモスの肉、先に食べようっと」 「マジで!?お前、好きなもの先派?? おれは断然“あと派”なんだよね。 だから好きな猿の脳みそは、残しておくんだ」 なんて、石器時代の人も [続きを読む]
  • 来たれジュニア!
  • 老若男女が親しめるスポーツ という触れ込みで紹介されることも多いゴルフ。 いや、もちろん間違ってはいないんですが、 どんなスポーツもそうじゃん? って、思わなくもない。 総合格闘技だって、トライアスロンだって、十種競技だって・・・老若男女イケるでしょ。 少なくとも、それらの競技に燃えている人は、 オレがハマってるスポーツだって、みんな楽しめるよ! って思ってるよね、、たぶん。 ゴルフは「ハンディキャップ」 [続きを読む]
  • いい人たれ!
  • 番組がらみや連載の取材などで、プロと接する機会が多いのですが、 トッププロに共通して言えることは すごくいい人ばかり ってことです。 ごく一部の超例外を除いて。 かつては・・・ 特に男子プロの影響もあってか、傲岸不遜なイメージも強かったプロゴルファーですが(ボクの個人的な感想) そんな人たちも、シニア入りするような年齢になり、みんな丸くなったそうです。 そんな中、“丸くなった”のではなく、 ずっと丸かった [続きを読む]
  • ただの奇跡じゃん!
  • ボクは放送作家です。 いくつかゴルフ番組の構成をしていますが、 あんまり宣伝は好きじゃありません。 「今度、ボクがお手伝いしている番組、 こんな内容です。ぜひご覧ください」 みたいな、、。 ボクの考えすぎかもしれませんが・・・ オレ、こんなに頑張ってるんだよ!という、“スゴイだろアピール”に思われそうで、、。 恥ずかしいんです、、。 実際、若手に多いんですよ、 放送作家って“裏方中の裏方”なのに、目立ちた [続きを読む]
  • 気になるお値段は!?
  • 先日書いた“指型つきジュニアクラブ” どこで売ってるの? と知り合いに聞かれましたが・・・ ググれ、バカ なんて、まったく思いません。 なにしろ・・・彼は「ググり上手」な人なので。 ググったはずなんです。Yahooでもググった はずなんです。(↑ややこしい日本語) そんな彼が、ググっても出てこないって言うんだから、 ボクとしては、薄ら笑いを浮かべるわけです。 正式な商品名は「Yard Club」と言います。 このネ [続きを読む]