aobeko さん プロフィール

  •  
aobekoさん: v-strom650 de tabi
ハンドル名aobeko さん
ブログタイトルv-strom650 de tabi
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/transxfndogz
サイト紹介文v-strom650、ソロツーリング、北海道、東北、福島、キャンプ、キャンプ料理、林道、カメラ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/07/02 00:11

aobeko さんのブログ記事

  • ②2018GW四国の旅
  • 2018.4.30結局!前回は?パニアのお話しで終わってしまったので今日は?出発から!四国に向かいます早朝5時!眠い!しかしながらテンションは高い東北福島の朝はまだ気温も低く、山を見上げると雪がある福島市からR115→土湯峠→猪苗代へ山沿いは、まだ雪もあり・・・桜も咲いている交通量の少ない快適な峠道を快調に走る今日の目標距離は?1000km走破できれば!一日の走行距離では自己新記録?会津を過ぎ新潟 [続きを読む]
  • ①2018GW四国の旅
  • 2018 4月30日 午前4時天気も上々!今日から!大型連休!突入!さて!さて!これから8日間 冒険の旅に出ます目指すは!四国→福島から約1000km目標は!剣山スーパー林道をv-strom650で走破すること初日!一気に高速で大移動!気持ちは!一日1000km走破?午前4時前日までにすっかり準備を終わらせ!出発するのみのV-st 一ケ月前にヤフオクで購入したサイドパニアケースを装着最小限の荷物と思いパッキングし [続きを読む]
  • 2018新春Touring file9 大島謎生物 キョン
  • 2018.1.4離島!最終日さて!林道や山奥を走っていると時折遭遇する謎の生物顔が鹿で?体がイノシシの子供みたいな、動きは野犬なみ何度か撮影を試みましたが、どうにも警戒心が強く?すばしっこいので、野生のものは撮影できませんでした地元の人に聞くと?その動物の名前はキョン早朝!宿の裏の遊歩道に出没するかもしれない←宿の管理人さん情報早朝!海のふるさと村の遊歩道を散策確かに!目視でキョンを見ることができ [続きを読む]
  • 2018新春Touring file8 恐怖!蝋人形の館
  • 2018.1.3夕暮れ時島ツーリングは、コンパクトな島をじっくり見れるのがいいお腹も満たされたし・・夕暮れにむけて夕日を見に行こう前日!宿で会ったライダーさん夫婦に教わった場所波浮港!ここが昔メインの港だったそうで今はクルーザーが多い昔は栄えたのでしょうが、今は静かな漁港です夕暮れまで時間があるのでちょっと寄り道しますなんとも歴史を感じる街並みお!舞子の里♪←ここですこれまた歴史を感じる建物どうや [続きを読む]
  • 2018新春Touring file7 三原山お散歩
  • 2018.1.3 昼頃午前中オフロードを満喫して!午後は・・・そうだ!山に登ってみよう!↑ここも素晴らしい絶景!大島の中心にある三原山ここは行っとこうこの旅初の観光地?ここはさすがにバイクは無理なので歩きます!2時間ぐらいかな?舗装された遊歩道!けっこう楽に歩けます馬がいます。思ったより楽に歩けます・・観光用なので登山というよりは、お散歩コースですね展望台まで30分ぐらい若干!曇っていましたが離島な [続きを読む]
  • 2018新春Touring file6 伊豆大島 謎林道
  • 20181.3 12時ごろ離島生活2日目この日のログ↓この日もダート満喫でした早朝の裏砂漠を堪能!大島のダートは大きく分けると3っ①裏砂漠②名前のある林道③謎林道?③謎林道・・道路沿いに林道の支線がたくさんあるんですダートを探すと結構あります何のための道なのか?は不明たぶん?農道とか行きつく先には地震計があったりとか?たぶん?何か理由があってある道もあるし昔使っていた道なんかも災害で廃動になったりとか [続きを読む]
  • 2018新春Touring file4 東京砂漠
  • 2018.1.2 10時ごろいよいよ!伊津大島Touring開始でございます!この日のルート、ほぼ島一周宿から近い、砂漠地帯に向かいますグーグルマップ↑○囲みが砂漠地帯 ざっくり外周20kmぐらいかな砂漠地帯入り口は外周道路左手に避難場所 右手が入り口 看板なし?入口からとりあえずの終点まで・約2kmぐらいのダートです路面は、1cmぐらいのほぼ均等の砂利?火山石?で走りやすいとにかく広い!初日いきな [続きを読む]
  • 2018新春Touring file3 離島上陸
  • 2018.1.2 6時頃早朝6時、いよいよ伊豆大島に上陸!気温5度ぐらい・・意外と暖かい下船すると・・すぐにバイクが下ろされ!いよいよ大島探検開始でございます!ここは岡田港しかし?帰りもここから出船するとは限らず、もう一つの港元町港かもしれない?毎朝、島の屋外放送でどちらか発表されるそうで・・・なんのことやら・・さっぱりわかりませんでしたが出航場所が天気で変わるそうです?絶景!月が沈む瞬間!これまた離島なら [続きを読む]
  • 2018新春Touring file2 離島へ
  • 2018.1.1 19時夜景がきれいであるここは東京都→竹芝桟橋レインボーブリッジきれいですねカメラ下手でもきれいに写ります↓目指す伊豆大島へ、バイクで行くには?まずは・・・排気量が250cc以下であること大型客船で行くのですが?←要予約バイクも別に予約が必要↓2カ所に予約の連絡をする必要があるhttp://www.tokaikisen.co.jp/time_price/bringingin/どうやら、客船の会社と貨物の会社が違うようです。このよう [続きを読む]
  • 2018新春Touring file1 砂漠を目指す
  • 2018.1.11 福島→東京季節は、冬!でございます私の住む福島県は、バイクを乗り季節でもなく冬眠中でございますしかし、この冬仲間たちは!真冬の北海道を目指してツーリングに旅立ちました!   ↓↓↓こちらご参照↑雪国の私ですが、どうも寒いのは苦手?・・そんなわけで丁重にお断りしましたが?さて!正月どうしよう?寝正月?も悪くない・・・しかしながら・・・せっかくの長期連休それもまたもったいない?仲間 [続きを読む]
  • 四国アドベンチャーズ妄想編 最終回
  • お久し振りでございますしばらくブログ更新していなかったので久々に更新致します四国ツーリング妄想編で終わっていたので続き〜です宿は良いとして是非とも行ってみたいのが林道でございます四国はどうも林道王国ツーマップを開いても茶色の道がたくさんです中でも徳島県周辺の林道は魅力的です日本最長林道の剣山スーパー林道は是非ともチャレンジしたい一本ですさてさて我が愛車v-stで走れるものか?是非ともチャレンジしたいで [続きを読む]
  • 四国アドベンチャーズ エピソード3
  • おばんです。計画編!まだまだ話し引っ張りますよ。さて前回は、移動手段!決定!車&バイク旅になりました当初一人旅のイメージでしたが?林道アタックは3人で行くことにまいどながら・・仲間がいると林道は安心!楽しいです!移・食・住の移は決まりそうするとこん度は食の心配?飯にあんまり予算を使いたくないので?やはり自炊かなキャンプか?野宿か?はたまた・・ビジネスホテルか?またまた四国検索!そうすると・・ライダ [続きを読む]
  • 四国アドベンチャーズ エピソード2
  • せっかくどうもです???このお話は、旅の計画の、妄想でございます私なりの計画のプロセスですなかなか話が進みませんが・・ご了承ください!本編↓2017.4月ごろ計画!さて!四国ツーリング計画?ネットでさんざん検索四国の絶景をツーマプと照らし合わせながら行きたいところを厳選?候補①しまなみ海道!②剣山スーパー林道!③天空林道しまなみ海道 広島→愛媛を結ぶ高速道路2006年全線開通やはり・・20年前は全線開通してい [続きを読む]
  • 四国アドベンチャーズ エピソード1
  • せっかくどうもです。日記?替わりのこのブログですが?しばらく・・・書いていなかったのでわすれないうちにまた旅の記録を残したいと思いますこのお話は、今年のGW前後のツーリングのお話しです。2017.4月ごろはて?GWも間もなく?今年はどこに行こうか?昨年は?富士山・・一昨年は、富山・・その前は?弘前?どうにも?気になっているのが・・四国!?20年ぐらい前に・・一度!四国にはまって・・行ったことを思い出す←確 [続きを読む]
  • ニトリダッチのお話し
  • 皆様!せっかくどうもです北海道ロスから立ち上げれず?しばらく?じゅんいちろうのモトブログの編集してたのでなんだか・・家のこともしてなかったので・・私、今日から2連休?たまには、自宅のお掃除お手伝い!でございます2017.10.2 茶の間のじゅうたんが、だいぶくたびれてきたので・・交換することに近所の、ニトリへ・・・私は?初!ニトリ?←家具屋には用はないし?こんな時でもないと行きませんよねはて?ニトリ店内!” [続きを読む]
  • キャンプ場のお話し
  • 2017.9.11 福島県 磐梯吾妻スカイライン近所のキャンプ場ご紹介浄土平野営場←http://www.bes.or.jp/joudo/vc/camp.html浄土平キャンプ場は磐梯吾妻スカイラインの中心地、吾妻小富士の西側の山すそに広がる標高1,576mの台地状の兎平(うさぎだいら)にあり、ヒメコマツ、コメツガ、ダケカンバなどの原生林におおわれた清閑なキャンプ場です。【注意事項】・キャンプファイヤー、花火はできません。・フロ、シャワーの施設はあり [続きを読む]