柔術人 さん プロフィール

  •  
柔術人さん: 新人類の日誌
ハンドル名柔術人 さん
ブログタイトル新人類の日誌
ブログURLhttps://ameblo.jp/japanese-sushi/
サイト紹介文柔術をたしなむ新人類です。2012年7月から半年間柔術衣もってブラジル各地を巡りました。
自由文内容は2012年7月から半年間に及ぶブラジル巡り(柔術修行の予定だったがうまくいかず)、格闘技の意見や社会学(特にブラック企業)を書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/07/04 13:59

柔術人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • BJJルールの疑問点その①
  •  ブラジリアン柔術は競技化が進み、そのルールは武道的な観点からは疑問がでてくるようになった。外掛け、クローズトガードを持ち上げ叩きつけることの禁止、などいろいろある。今日は相手を抑え込んだまま動かないでいるとマイナスポイントを取られることについて意見したいと思う。  ブラジリアン柔術(グレイシー柔術)は草創期は、相手に負けないことを目的とした護身術的側面が強かった。なので、上のポジションから抑え込 [続きを読む]
  • 一番精神的にきつかったアルバイト
  • 私は大学生時代、社会勉強とお金を得ることを兼ねていろいろなアルバイトをした。肉体的、精神的にきついアルバイトもいっぱいあった。そんなきついアルバイトが高給かというとそうでもなかった。  募集がよくあった。その山パンの仕事は夜7時から次の日の朝5時までパン工場のライン工をするものであり、給料は一晩につき1万円だった。これだけ聞くとお得なアルバイトだと思うが、実際に働いてみるとものすごく精神的にきつい仕 [続きを読む]
  • 6月30日の愛知国際柔術選手権にエントリーしました
  • 6月30日(土)に愛知県武道館で行われるブラジリアン柔術の大会「愛知県国際柔術選手権」に出ることにしました。すでに申し込み済みですが、私のトーナメントも含めほとんどのトーナメントが参加者が今は一人しかエントリーしていないという状況だ。まだ時期が早いから参加者がエントリーしていないだけなのか?それとも土曜日に行われるから参加しづらいのか? 私は今までは軽重量級でエントリーしていたため、対戦相手がいな [続きを読む]
  • ブラジルタウンの群馬県大泉町に行ってきました。
  • 群馬県の大泉町にある、ブラジルタウンに行ってきました。サンパウロのリベルダージくらい広いコミュニティを想像していたのですが、予想に反してずっと小さかったです。町というよりは道路わきにブラジル人向けのレストランや日用品店がある。ロデイオという肉食べ放題で有名なブラジル料理店に行くと「団体客の予約があるから2時ごろに来てください」と言われた。1時間ほど時間をつぶすことに。ブラジル通りにはタカラという大 [続きを読む]
  • お気に入り柔術衣と練習用柔術衣
  •  ブラジリアン柔術衣はとてもファッション性が高い。有名ブランドの柔術衣はやはりかっこいい。 私は柔術衣を30着以上持っているが、その中でも気に入っている柔術衣は海外のインターネットショップで購入した『RONIN』という衣だ。ネームセンスの良さもあるが、戦闘的なデザインが気に入っている。(以下はその写真) それと同じくらい気に入っているのがTATAMI GOLDの衣だ。両肩に金色、いや黄色(笑)で大きく惜しみなくTAT [続きを読む]
  • 柔術における身長と体重の関係
  •  一昔前、まだMMAがバーリトゥードとよばれていた時代は、試合は体重は無制限でおこなわれることも多かった。古くはズ^−ルvsヒクソンがあり、比較的最近では中井祐樹のVTJ95準優勝がある。圧倒的体重差をくつがえした試合は感動を呼び起こした。  バーリトゥードが競技性を帯びMMAとよばれるようになってからは体重は試合の優劣を極める大きなファクターとなった。同身長の場合、どれくらいの体重が適正なのか?パンクラスの [続きを読む]
  • 困ったソウル女子大学生
  •  もう10年以上前のことだ。  1回目のブラジル修行から帰る飛行機の隣の席の韓国人女性とおしゃべりして、日本についてもメールでやりとりするようになった。この韓国人女性、なんでも超難関ソウル大学生らしくて、英語もペラペラだった。そのうち、学会が日本でおこなわれるから来日するという連絡があった。  来日する直前の日に私の携帯の留守電に彼女からのメッセージが入っていたのだが、到着の時間だけ日本語で [続きを読む]
  • 名古屋でホモ兄貴にナンパされたはなし
  • もう10年以上前になるが、未だにはっきりとおぼえている悪夢があります。就職活動で名古屋を歩いていたときのこと。昼間2時くらいのときだった。地図をみながら「うーん、どうしよかなあ?」とつぶやいている30歳前半とおぼしき、日焼けしたサラリーマンがいた。「ねえ、兄さん、ちょっとききたいんだけど」とそのおじさんが私に声をかけてきた。「なんですか?」と答えると「ビジネスホテルがあるところってどこかな?」ときいて [続きを読む]
  • 史上最悪とんでも女
  • みなさんは異性と付き合って、その相手からひどいことをされたことがありますか?僕はこれでもかっていうくらい性格の破綻した女と付き合ったことがあります。その女とはアメリカのユースホステルで知り合いました。付き合っていくうちに女はどんどんつけあがるようになりました。例えばいつも僕のことを社会不適合奢扱いしたり、高いものをおごらされたり....。悩んでいることをその女に相談したときも「そんなのあんたが社 [続きを読む]
  • 特攻野郎Aチーム映画版を観て
  • 今更ながら『特攻野郎Aチーム映画版』をレンタルで借りて観た。この作品には総合格闘技でトップクラスの実績を誇るランペイジ・ジャクソンが出演しているので勇み足で借りたのだ。観た感想はというと、ランペイジの肉弾戦がもっと観たかったというのはあるが、激しい銃撃戦などが非常に良かった。あと、各キャラが濃すぎてたまらんかった。ストーリーはネタバレがよくないので語らないが、まあ面白いだろう。アクション映画として [続きを読む]
  • 交通警備の4日の研修期間は意味あるのか?
  • 私は大学生のころ交通警備のアルバイトをしたことがある。実際に路上で交通警備の仕事をする前に4日間の室内での研修があったのだがこれは必要なのか、はなはだ疑問であった。『万引き犯はどの時点でつかまえることができるか?』など、路上の交通警備とは関係ない内容ばかりだった。おそらく国が建前のために義務付けているのだろうけど、研修の内容をもっと実践的なモノにすべきだと思う。 [続きを読む]
  • 【伝説の柔術家】吉岡大さん追悼
  • 吉岡大という、日本人トップ柔術家が亡くなった。私は吉岡さんとは一度だけスパーリングしただけの間柄ではあるが、この突然の別れに驚きを隠せない。吉岡さんは当時青帯になり立てだった私にも非常に礼儀正しく接してくれた。吉岡さんとのスパーでは本当に格のちがいを思い知らされた。それでいて非常に謙虚な人であった。本当に心技体を兼ね備えた人だったと思う。吉岡大さん、ストイックなところに本当に尊敬しますが、もうち [続きを読む]
  • パチンコの遠隔操作は実在する、と感じた
  •  私が初めてパチンコ店に行ったときのことです。  田舎にあるパチンコ店でしたが、店内はやたら音楽とパチンコの音で騒々しく、ハイテンションでした。 パチンコのプレイ法など知らない私は隣のおじさんのまねをして、ちらちら横を見ながら打ち始めました。初心者丸出しだったと思います。3千円ほどつぎ込み、もう帰ろうかと思っていたとき、大当たりが出ました。 あれよあれよといううちにドル箱が積み上げられ、満足して帰 [続きを読む]
  • 「本当の強さとは何か」を読んで(増田俊也&中井祐樹著)
  • 増田俊也&中井祐樹の対談方式で書かれた本【本当の強さとは何か】を読んだ。中井祐樹の格闘技に対する謙虚かつ真摯なスタンスに感動した。感想は、全てを書くと長文になるので、特に感動した点をいくつか書くにとどめよう。まず中井氏の柔道に対する想いについて。柔道の町道場は、月謝をもっと値上げできる環境を作るべきだ、というところ。柔道の町道場の運営で生計を立てられるなら道場の数も増え、競技人口も増える。僕も柔 [続きを読む]
  • セブンイレブンも長蛇の列
  • 私の近所のセブンイレブンは問題ありだ。 まず、ほとんどの時間、レジに人がおらず店員は品詰めなどをしている。呼んでもなかなかレジに来てもらえない。 そしてよく「700円以上お買い上げのお客様にくじ引きサービス」をおこなっているのだが、もし客が当たりくじを引くと店員が小走りにその商品を取ってくる。しかもよく当たりくじがでるのだ。 これは客の待ち時間のロスだろう。 セブンイレブンの方針は見直したほうが良い [続きを読む]
  • 長蛇の列の原因は
  • 私のよく行くマミーマート(スーパーマーケット)のレジはいつも長蛇の列だ。店員は精算した商品をカゴにきれいに並べて入れるのだが、そのきれいさが度を越しているのだ。きれいにそろったテトリスを想像してもらいたい。あのように形の異なるものをきれいにつめるのだから時間が異常にかかる。おそらく店からそのように教育されているのだろうけど、教育した者、おそらく会社の方針を決めたもの、はこのレジの現場を知らないの [続きを読む]
  • 新しい酒のつまみ発見!【クラッツ】
  • 普段、酒のつまみといえば自分で作ったサラダなどがほとんどで、かわきもののつまみなどはめったに手をつけなかった。しかし、本日スーパーでビールコーナーにCRATZ(クラッツ)という枝豆味のおつまみが積まれていて試しに買ってみた。家でクラッツを食べてみると非常においしい。枝豆味だがクセがない。ついついあっというまに食べきった。こんどからクラッツもお気に入りつまみに加えようっと。↓これがクラッツ [続きを読む]
  • ブラジル国内周遊のススメ
  •  アメリカ西海岸、ヨーロッパなど欧米諸国はほぼ旅行した私だが、ブラジルはそれらの国々と全く違ったテイストだ。 サンパウロ、リオデジャネイロもラテン系よろしくのんびりした国であるが、可能ならブラジル北部の赤道直下の街マナウスやベレンを訪れて欲しい。 赤道直下の街は日中暑く、それゆえか住人の性格も本当にオープンだ。マナウス、ベレンは漁業が盛んで魚料理がおいしい。また、港近くではキヨスクサイズのバーが [続きを読む]
  • 過去の記事 …