鉄ちんちんの気まぐれ紀行 さん プロフィール

  •  
鉄ちんちんの気まぐれ紀行さん: 鉄ちんちんの気まぐれ紀行
ハンドル名鉄ちんちんの気まぐれ紀行 さん
ブログタイトル鉄ちんちんの気まぐれ紀行
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kohigashi2520
サイト紹介文今日も行く!走れ、汗と涙の撮り鉄ドキュメント!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/07/04 21:08

鉄ちんちんの気まぐれ紀行 さんのブログ記事

  • 嗚呼!サロンカー!
  • 記念号としての役割を終えた「サロンカーなにわ」の送り込み回送。時間的にBESTな「サントリーカーブ」で狙います。午前中の下りは逆光になりますが仕方がありません。本番までの「サンダーバード」で構図を確認します。定刻通りに姿を現しました。しかし、頻繁に行き交う列車を見ていて嫌な予感が的中。列車が近づいて来ると同時に、手前の高速線をサンダーバードが通過。見事に被りで撃沈。嗚呼、サロンカー!周辺からもため息や [続きを読む]
  • 「サロンカーなにわ」運行!
  • 橋本駅開業120周年・紀勢本線電化40周年を記念して、「サロンカーなにわ」使用の臨時列車が運転されました。一人で拍子抜けをして、目を離したすきに「パンダくろしお」を撮り逃すという失態もありましたが、快晴に恵まれた風景は、いつまでも眺めていられました。追いかけを決行して、2か所目は有田川。すでに数十人おられましたが、それでもキャパが広いので余裕を持って構える事ができました。列車は、夕陽を浴びながら軽快に通 [続きを読む]
  • 西笠田で俯瞰!105系電車!
  • 和歌山線の有名な俯瞰場所からの撮影です。西笠田は、紀ノ川が近くを流れ、広大な風景が広がる印象に変わります。遠くに姿を見せて、大きくカーブする105系電車。同じ場所からの撮影ですが、アップでは架線がうるさくなるので、多少の工夫が必要です。夕刻の光が、風景全体を赤く染めようとしてくれましたが、日没よりも随分と早く太陽が山陰に隠れていきました。 [続きを読む]
  • 梅雨明けの猛暑の合間に!
  • 梅雨明けの猛暑が続きますが、早く仕事が終えた日には、近場の夕陽スポットには十分間に合うようになりました。仕事帰りでは場所も限られますが、大和川は大阪でも有名なスポットになります。今回は車体のギラリを狙いました。南海高野線(上)と阪堺電車(下)です。 [続きを読む]
  • Dr,イエロー!加古川
  • 久方ぶりの「ドクターイエロー」。上り列車の撮影では米原方面によく出かけたものですが、今回の対象「のぞみ下り」は、明石から程近い加古川橋梁へ。真夏日かと思いきや、突然のゲリラ豪雨に見舞われる不安定な日でしたが、撮影時は何とか晴れてくれました。現地で先客と挨拶を交わすなり、500系列車が通過しました。下り列車で、速度、明るさ等を確認しながらカメラを調整します。あいにく雲が広がりますが、日差しのきつい天候 [続きを読む]
  • 復路189系「木曽路満喫号」
  • 野尻付近での「189系」撮影後は、復路の撮影地を考えます。中津川まで乗り入れているため、できるものなら「中津川〜南木曾」区間で検討するなら約3時間半後。昼食を挟み、前日から目星を付けていた撮影地へと向かいます。多数の同業者の仲間入りとなりましたが、キャパが広いためゆったりと撮影できました。光線状態(逆光)が良くないのは仕方ありません。定刻通り姿を現した列車は、長野へと向かいました。約30分後にやってくる [続きを読む]
  • 189系「快速木曽路満喫号」
  • 廃車解体が進み、長野車センターの1編成のみが残る「旧あさま色189系」。快速「木曽路満喫号」として、中央西線に乗り入れました。有名お立ち台は大盛況。それならばと移動した別の有名地。しかし、最近地主とのトラブルがあったようで立入り禁止に。悩んだ末に訪れた野尻付近ですが、バックの木曽山脈が雲で隠れるのは残念です。まず「特急しなの」で構図を決めます。メイン列車が姿を現しました。記録写真ですので、晴れ間のタ [続きを読む]
  • 紫陽花残る樽見沿線。
  • 桜シーズンには多くの賑わいを見せる樽見鉄道ですが、紫陽花のスポットも点在する沿線でもあります。前回訪れた時は、桜に囲まれた日当駅。この時期は、線路沿いに紫陽花が咲き並びます。日当駅から樽見方面に移動して訪れた高尾駅。少し遅かったようで、一部の残された紫陽花を狙いました。 [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間に!
  • 梅雨休みの一時の晴れ間。この時期は、雲の色に期待が持てます。日が長くなった黄昏時。急遽向かった大和川の近鉄道明寺線は、大阪でも夕陽撮影の有名スポットです。残念ながら不安定な雲に隠れた夕陽ですが、辺りを赤く染めてくれました。 [続きを読む]
  • 数年ぶりの紫陽花名所!
  • 数年ぶりに訪れた紀勢本線は紫陽花の名所。随分と花の量が減少している印象を受けました。紫陽花は近づいての撮影が原則なので問題はないのですが、列車を絡めるとなると、パターン化してしまいがちなのが難点です。日当たりが良く、厳しい時間帯での撮影のため、アングルの工夫にかなり苦労しました。好きになれないJR東海エリアの列車と、撮影そのものに手応えを感じることはありませんでしたが、改めて紫陽花の撮影としての難し [続きを読む]
  • 紫陽花ロード!
  • 関西本線「新堂〜柘植」の沿線は、紫陽花が咲き並び、紫陽花ロードと呼ばれます。訪れた日の花は、少し早かったようでしたが、今頃は満開となっていることでしょう。ディーゼル音を唸らせながら、猛スピードで単行列車が走り去ります。 [続きを読む]
  • 撮影の宝庫区間!
  • 朝夕のラッシュ時には117系も運用に入りますが、日中は105系が主力となります。農作業を眺めていると、踏切の警報が鳴り出しました。赤いトラクターが夏の風景のアクセントになってくれました。少し移動するだけで、色んな風景に出会えます。吉野口〜北宇智間は、まだまだ多くのシーンが撮れそうです。 [続きを読む]
  • 水田風景と105系電車!
  • 五条北IC付近から撮影和歌山線主力の105系電車。来年春からの227系導入と、2020年には現車両の105系・117系の置き換え完了が公表されました。和歌山線・まほろば線の農村風景からも、国鉄電車が姿を消そうとしています。吉野口〜北宇智この時期は、農作業をする人の姿をあちこちで見かけます。 [続きを読む]
  • 奈良線の車両!
  • 列車の交換が見られる上狛駅。103系同士の交換を期待しましたが、最近まで見ることのなかった205系との顔合わせでした。103系電車と221系電車が主力の奈良線でしたが、日根野支所より転属されてきた205系電車の運用が始まりました。快速電車を中心に、本数の幅を広げる221系電車。天気の良い日は、水田に映る白い車体が美しいです。 [続きを読む]
  • 山間を走る103系!
  • 現役の姿を見れるのも時間の問題とされている奈良線の103系。221系、205系が目立つようになりましたが、沿線では103系を追いかけるカメラマンも多く見かけるようになりました。(画像は、大塚山古墳近くの小道から) [続きを読む]