猫兎 さん プロフィール

  •  
猫兎さん: 猫兎ライフ
ハンドル名猫兎 さん
ブログタイトル猫兎ライフ
ブログURLhttp://catrabbitnekousagi.hatenadiary.jp/
サイト紹介文読んだ本、おいしい食べ物やおいしいお酒、気になるニュース、気づいたことなどを綴ります。
自由文私が実際に体験したことを綴っていきます。「質素に、楽しく、まったりと」がモットーです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/07/05 11:10

猫兎 さんのブログ記事

  • 【CoD BO4バトロワ日記】初ドン勝
  • youtu.be初めてのドン勝は完全に運だった。降下地点が円に近かったし、ラスト8人になるまで敵に出会うこともなかった。●1キル目建物内に潜んでいたら、外から足音が聞こえた。扉を開けたら後ろを取れていたので危なげなくキル。●2キル目円の縮小に伴って姿を晒した敵をキル。こちらは待ち構える体勢だったので楽にキル。●3キル目相手に先手を取られていたので危なかった。最初のバズーカでこちらだ死んでいてもおか [続きを読む]
  • 通常の2倍のカロリー【レビュー】『赤玉パンチ』
  • 【紹介】甘いことで有名な赤玉ワインがサワーになったもの。【感想】元のワインが非常に甘いので、サワーになっても薄い感じはしない。甘くておいしい。ただし、カロリーは驚きの86kcal/100ml!!(くらいだった気がする…)単純に考えても、コーラやビールの2倍ある。ダイエットの敵。【100年の時を超えて、今も愛され続けるワイン】サントリー 赤玉 スイートワイン 赤 550ml [日本/赤ワイン/甘口/ライトボディ/1本]出 [続きを読む]
  • CoD BO4でドン勝する方法【CoD BO4】
  • 【紹介】Call of Duty Black Ops 4のバトルロイヤルモードBlack Outで何回かLEAVE NONE STANDING(CoD版ドン勝)をしたので、勝ちパターンを以下に紹介する。youtu.be【ドン勝する方法】①人が来ない場所に降下する生き残るのが目的のゲームモードなので、敵にはなるべく出会わない方が良い。敵が集中する人気のスポットに降下するのは自殺行為と言える。装備の整っていないスタート直後は一番死にやすい。生まれたての子供 [続きを読む]
  • 【読書感想文】『1日1ページ読むだけで身につく世界の教養365』文響社
  • 【紹介】1ページ毎に歴史・文学・視覚芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7つの分野についての記事が書かれている。ちょうど1週間で1ローテーションする。【感想】様々な分野についての幅広い内容が書かれている本。どれも興味を引くものばかり。1日1ページと銘打たれているが、普通に読んでいれば1ページ以上読んでしまう。浅く広い本なので、何かを学ぶというよりは新たなジャンルの開拓に適している本。1日1ページ [続きを読む]
  • 今冬春購入予定のゲームたち
  • 【CALL OF DUTY BLACK OPS 4(コールオブデューティーブラックオプス4)】【PS4】コール オブ デューティ ブラックオプス 4【早期購入特典】「1,100 Call of Duty ポイント」がダウンロード可能なコードチラシ (封入)【CEROレーティング「Z」】出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント発売日: 2018/10/12メディア: Video Gameこの商品を含むブログを見る伝統的なFPSシリーズとしては初めてバト [続きを読む]
  • 焦がしラ王【レビュー】『ラ王 焦がし醤油&焦がし味噌』日清
  • 【紹介】最近CMでやっているラ王の焦がしバージョン。【感想】野性爆弾クッキーが出てくるマジキチCMが気になって購入した。スープは特徴的な暗い色で、焦げたような香ばしいかおりが漂う。その見た目とは裏腹に、醤油も味噌も、味はこってりしておらずあっさりしている。おいしい。個人的にはもう少し重くてもよかったかなと思う。日清 ラ王 焦がし醤油 117g×12個出版社/メーカー: 日清食品発売日: 2018/09/10メディア: [続きを読む]
  • 地獄に行ってきた【レビュー】『地獄の坦々麺天竜』戸塚駅
  • 【紹介】JR・横浜市営地下鉄の戸塚駅併設の商業施設トツカーナにある坦々麺のお店。激辛が売り。【感想】非常に目立たない場所にあり、普通に駅やトツカーナを利用していてはおそらくその存在すら気づかないであろうお店。だが死神が湯切りを振るう看板は1度目にしたら忘れられない。辛いものが苦手なので長らくスルーしていたが、ついに好奇心が恐怖に打ち勝ち、入店した。注文したのは入門編の5辛。見た目はさほど辛そ [続きを読む]