さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: やさしい義眼の作り方
ハンドル名さくら さん
ブログタイトルやさしい義眼の作り方
ブログURLhttp://sakuraeye.blog.jp/
サイト紹介文やさしい義眼の作り方。シンプルな道具手に入りやすい材料を使った作り方の紹介。技工士さんにもおすすめ
自由文フィリピンで仕事しています。
こちらでは何かと材料や道具が手に入りにくかったりしますが、先人の知恵に思いをはせながらシンプルな製作法と先進の技術材料も駆使して義眼を作っています。

特に高価な道具や機械は使いません。
歯科技工士さんにもおすすめできる技術です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/07/05 12:51

さくら さんのブログ記事

  • 12年越しの患者さん
  • フィリピンで手がけた二人目の患者さん。乳児期の火傷で、上唇から頭頂部近くまでダメージがあり、鼻も大部分が欠損した状態。最初に医師からの紹介で私のところに来た時のことを今も覚えています。道の向こう側にお母さんと思われる人に手を引かれた女の子。やはり鼻は顔面... [続きを読む]
  • クリアボタン金型 その後
  • 暇を見てクリアボタンを作りためています。実験も含めて都合3つ作った金型も、2つは日本から来られた新しい友人にそれぞれもらわれていき、手元に残っているのは一個。ちょっと思いついて・・・というのは金型の場合アクリルの収縮がどっかに出てしまうのが気になっていま... [続きを読む]
  • 動画 テスト
  • 長らく気づきませんでしたが、Youtubeにアップロードされた動画は記事にはれるようです。ちょっとまだ試しにやってみている状態ですので、お見苦しい点は平にご容赦。先日の虹彩を描いているところの動画です。とりあえずダイジェスト版としてタイムラプスのような動画です。... [続きを読む]
  • マイクロモーター 人柱レポート
  • 会社を辞めて以来、自宅で仕事することも増えて来て、そうするとどうしてもマイクロモーターが必要になってきます。マイクロモーターというのは歯科技工士の道具で、簡単にいうと高級なリューターです。仕事の内容によっては1日の大半を、この何かを削る道具を持って過ごす... [続きを読む]
  • 犬の義眼
  • 犬に限ったわけではないのですが、獣医さんと話をする機会があり、その時動物の義眼の話になりました。聞いてみると、眼球摘出の部分など、少し人間の場合と違うことがあるようで、いつも作っている義眼のみたいにはいかないようです。今はまだ頭の中であれこれ考え情報を集... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ 8 仕上げ
  • 夜討ち朝駆けでなんとか最終?のエピテーゼとオブチュレーター付属の義歯を仕上げました。この患者さん、眼窩にぽっかり穴が空いているという状態も気の毒ですが、上顎口蓋も半分近く切除されているため、オブチュレーターでこの穴を塞がないと、会話も食事もままなりません... [続きを読む]
  • 新しい道具箱
  • 3月末で会社をやめましたが、退職の日付は知らせないままひっそりといつの間にかいなくなろうと計画していました。送別会とか大げさにされるのは苦手だし、何よりスタッフを見捨てていくような部分があり、後ろ髪もひかれまくりだったからです。ちょっとずつデスク周りの荷... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ 7 シワの彫刻
  • 前回の記事と前後してしまいますが、ワックスや粘土を使ってエピテーゼを彫刻するときのテクニックをひとつ。今回の患者さんはちょっと高齢の男性で、人生を語る深いシワが刻まれています。これを模倣しないといけないのですが、やはり皮膚の柔らかさ、そこからくるシワとい... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ 6 シリコン 試適
  • 今回初めて使った粘土。なかなか硬さがいつも使っている粘土ワックスに近いのと、色が皮膚の色に近いので良さげと思っていたのですが、やはりワックスではなく粘土のせいか、辺縁を薄くのばすとぽろぽろ取れてしまいます。あと、やはりもう少し硬いほうが良いですね。熱を加... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ 5 精密印象
  • 今回の症例は眼窩のエピテーゼだけではなく、オブチュレーターと義歯の3ピースになりそうです。それぞれアタッチメントで繋ぐ予定ですので、眼窩から口腔内までをひとつながりで正確な位置関係を記録しなければいけません。エピテーゼのワックス原型の試適と調整の時に、精... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ 2 蓋の完成
  • 今回は月曜日に型取りして、金曜日にワックス試適と蓋の装着という予定でいましたが、火曜日に患者さんから電話があり、金曜日に子供の誕生パーティーがあるからそれまでになんとかならないかとのこと。ありがちなのですが、いったん着手して型取りすると、患者さんとその家... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ 2 蓋を作ります
  • 型取りの後はまず眼球を作ります。この辺は拙著「やさしい義眼の作りかた」をご参照ください。ただし、通常の義眼に比べて、粘膜のソケットに適合させるものではないのでその点は少し簡単になります。型取りの前後で皮膚の色のサンプリングと虹彩の大きさや色、白目の部分の... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ 1 型取り
  • 今回の患者さんに限りませんが、だいたいいつも料金を交渉してくる方がほとんどです。こちらの状況を踏まえて、日本でやっていた時よりも安い料金設定ですが、それでも主だった材料は現地調達できないのである程度やむを得ないところがあります。今回の患者さんにはマニュア... [続きを読む]
  • 眼窩のエピテーゼ マニュアル
  • 義眼のマニュアルに追加したい部分が結構増えてきました。技術的に見直したところとか、さらに改良したところもあるためですが、なかなか手が進みません。日常の業務をこなしながらも色々と別の症例も間に入ってくるため、特に耳の患者さんが多いので、それならエピテーゼを... [続きを読む]
  • 立会いセット
  • 歯科医院に立会いによばれることが多く、大抵はうちのスタッフの尻拭いか、VIPの患者さんのため。冠や入れ歯の調整とか色々様々やることはあるのですが、クリニックによって器具や切削、研磨のための道具が満足にない場合が多いです。いちいちないものを探すのも面倒だし時間... [続きを読む]
  • デンタルインプラントとアタッチメント
  • この写真だけ見てもなんのことやら、だと思います。歯が全然ない下顎に4本のインプレントが植えられていて、その上に金属の構造体、この症例の場合バーを作っています。そのバーに黄色のクリップが収まるわけですが、クリップの方はこの後に作る総入れ歯側に固定されます。こ... [続きを読む]
  • 人工乳房
  • しばらく更新していませんでした。仕事環境を今根本的に変えているのと、人工乳房のオーダーを間に合わせないといけなかったりで、いっぱいいっぱいです。義眼の仕事がしばらく間が空いてしまっています。手を動かす仕事はコンスタントにやらないと、時々簡単なことを忘れて... [続きを読む]
  • ひとつぶ千円のキャラメル
  • 買おうかどうしようかしばらく逡巡していたもの。正確にはキャラメルじゃないんですが、見た目がどうしてもそう見えてしまうので・・・しばらく前に発見した画材屋さんにシュミンケホラダムの固形水彩絵の具が置いてあります。ほかのメーカーのものもおいているのですが、ど... [続きを読む]
  • マックにウィンドウズ
  • しばらく前に買ったノートパソコンですが、ずっとウィンドウズを使ってきていましたが、今回はマックにしました。・・・というのは理由があって、歯科で使うCTスキャンのデータから3Dモデルを作るのに、そのままのデータではデザインソフトでも読み込めないし編集もできませ... [続きを読む]
  • 10年選手の道具たち
  • 一点豪華主義というわけでもないのですが、ものを選ぶのには結構慎重に選びます。特に常に使う手の延長としての道具などは、どうしてもこれじゃないといけないというのが何点かあります。最初からそう感じて選んだものとばかりは限りませんが、結果的に長年使ってきた道具と... [続きを読む]
  • だれにでも義眼は作れるのか?
  • 歯科技工士という立場にあったため、義眼やエピテーゼの製作には材料的な知識や技術には近い立場にあるといえます。私の場合は技術の習得がたまたまのめぐりあわせだったのですが、日本では一般にどこに行けばその技術が教えてもらえるのかわかりにくいのではないでしょうか... [続きを読む]
  • ベテランの技
  • 昨日の記事で紹介させていただいたブログ主さんがしばらく前にフィリピンまで来られました。メールのみで結構長い付き合いでしたが、実際のお会いしたのは今頃になって、しかもフィリピンで。その方に、日本のベテラン義眼技師さんが作られた義眼をいただきました。やはり本... [続きを読む]
  • ブログの紹介
  • 自分の備忘録としてブログをほそぼそと続けていますが、そんなブログでもそれなりにアクセスがあります。ときにはひとりでかなりのページを閲覧されているようなアクセスデータの日もあり、どういう方がアクセスされているんだろうとちょっと興味を覚えるときがあります。多... [続きを読む]