よしお さん プロフィール

  •  
よしおさん: それいけ!よしお
ハンドル名よしお さん
ブログタイトルそれいけ!よしお
ブログURLhttp://yoshioseabass.naturum.ne.jp/
サイト紹介文福井県でのシーバス釣行記。磯や川で日々魚を追いかけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/07/06 14:05

よしお さんのブログ記事

  • よしお、今朝は海と川の両方へ向かう
  • いい大人が朝っぱらから深いヤブを漕いで、ハァハァと息を切らしながら川べりに立つ。15分かけてやっとたどり着いても、5-6投で飽きてしまい竿をたたむ。▼帰り道に見かけたストイックに疾走してる早朝ジョガーの姿に後押しされUターン。海に向かう。ブレードルアーの回収中、空中に飛びつき喰ってきた腹ペコメバルを掛けて納竿。園児のように早寝し、ジジイのように早起きすればどこでも行けちゃうね。-----よしおのインスタグラ [続きを読む]
  • よしお、切れ藻が邪魔でキィーってなる
  • 5センチ未満の小魚がウヨウヨ居る中、強気の16センチミノーをセット。足元から5-10mの範囲をチマチマ打っていると、サイレントアサシン 160F元気よく喰ってきた。▼スズキ探しを一通り終え、竿を青物用に持ち替える。が、ダイペンを投げる度に切れ藻を連れてくる。トレブルでもシングルでもほぼ毎回。藻に引っ掛からないときは、かわりにウンコみたいなの引っ掛けてくるし…。粘らずサッと帰りました。-----よしおのインスタグラム [続きを読む]
  • よしお、友人のランカー捕獲作戦を開始する
  • 昨年に引き続き、友人のランカーシーバス捕獲作戦を今年も開始しました。今年こそは!と奮起する彼に私が贈った言葉が、1.水量・流量・ポイントは気にするな。行って行って行きまくれ。2.ランカーは必ず居る。自分が釣らなきゃ誰かが釣っちゃうよ。3.釣行毎のラインチェックは忘れずに。この3つ。▼初回は彼の気に入ってるポイントで開始。一投目で50センチほどのキレイなシーバスを掛ける。幸先がいい。さぁ、どんどん行きまく [続きを読む]
  • よしお、iPhoneでの撮影が面倒くさい
  • 波がかぶらない場所まで移動し、タイドプールに魚を退避させる。二重にしたジップロックからiPhoneを取り出し岩に立てかけ背景と画角を調整する。魚を掴み、暴れているのを落ち着かせ、前に付き出す。一連の作業でiPhoneの水没はこれまで計4回。タイムロスも多いからあのカメラ買おうかな。GoPro HERO6 BLACK -----よしおのインスタグラム フォローしちゃいなよ [続きを読む]
  • よしお、専属カメラマンに釣らせる
  • 4か所目のポイントでやっとかけて、専属カメラマンにブツ持ちを撮ってもらう。Megabass KAGELOU 124すると、自分も釣りたくなったのか「ぼ、ぼくも…つ、釣りたいです!」と専属カメラマンに懇願される。ずっと後ろで待たせておくのも気の毒なので、許可を出したらすぐにバカデカいのをかけてきた。このカメラマン、かなりできる!-----よしおのインスタグラム フォローしちゃいなよ [続きを読む]
  • よしお、「俺らヒラマサを獲りにきたんだぜ?」
  • (ターゲットが釣れないと思うから保険でライトタックルを…)そんな気持ちで竿を2本持ち込んだらもうおしまい。▼今日はタモ係と同行。車を停めるとなにやらゴソゴソとカバンの中にエギのケースを入れている。(ヒラマサ狙いで何やってんだコイツ…)って思ったが自分も負けじとワームをポケットに入れる。コアマン アルカリ 3.3インチ カタクチイワシ現場に到着後、エッサホイサとダイペンを2時間ばかりひっぱるがノーコンタク [続きを読む]
  • よしお、はじめてのシーバスゲットにたちあう
  • ウェーダーを買ったばかりの友人と4回目の九頭竜川ウェーディングへ。ダイワ ミドルアッパー根掛かりを恐れている彼にはロストしてもヘコまないジグヘッドワームを提案し、さっそく初シーバスをゲット。サイズは小さいが狙ったレンジを攻めて獲れた納得の1本。おめでとう。ブツ持ちも様になってる。ダイワ ソルトペンシル 110S-HD一方、自分も(トッププラグなのにシンキングの)矛盾ルアーでミニサイズをゲット。今後も徐々によ [続きを読む]
  • よしお、釣らせられない
  • ウェーダーを買ったばかりの友人と今朝も九頭竜川へ。自分がはじめてランカーシーバスを釣ったポイントに案内する。アチコチでボイルしているサカナっ気ムンムンの中で開始。自分は現在ルアーが2個しかなくプレゼントしたルアーを借りてキャスト。シーバスが掛かってしまう…。その後はふたりともライントラブルの連続。やがて時間がきて納竿。友人はノーフィッシュ。ランカーまではかなり遠そう…。-----よしおのインスタグラム [続きを読む]
  • よしお、脱ボッチ
  • 「ウェーダー買ったからシーバス行こうぜ!」とまだ釣ったことのない友人に誘われる。彼はウェーディングもはじめて。今朝はふたりで九頭竜川メジャーポイントにて開始。はじめて水に浸かった彼の感想は、「水圧が気持ちいい」「不思議な気分」でした。2か所ほど巡ってノーフィッシュでタイムアップ。友人「釣れるまで毎朝行こうぜ!」よしお「お、お、おう…。」ランカー釣れるまでお付き合いします。-----よしおのインスタグラム [続きを読む]
  • よしお、キマる
  • デカいのがまわってるっていうもんだから、緊張しながらいつもより腰を落とし歯を食いしばりながらダイペンを操作する。90分ほど連投したトコで喰ってきて、容赦無い乱暴なフッキングが見事にキマる。でもあがってきたのは、60チョイのこの子。モンスターには出会えず…残念。同行者に撮ってもらった写真を確認すると、俺のブイゾーンもばっちりキマってたよ。-----よしおのインスタグラム フォローしちゃいなよ [続きを読む]
  • よしお、今日もダメだったでござる
  • 外洋でイカが悠々自適に泳いでいることから青物は居ないということは予測できたけど、今日も飽きずに懲りずにビッグサイズを狙いに向かう。▼「よいしょ!よいしょ!」とトッププラグを引き続け、疲れたらライトタックルで幼魚に遊んでもらう。でも3時間も4時間も投げ続けていればさすがに集中力も体力も途切れ、ゴロンと寝そべってしまう。そんな時はこの言葉を思い出す。『青物はいつ回ってくるかわからないから常にルアーを水の [続きを読む]
  • よしお、久しぶりにエギングへ
  • 最近はほとんどやらなくなったエギングだけど、SNSタイムラインに流れてくるアオリイカ釣果に感化され友人を誘い久しぶりに行ってきました。今年はアオリイカの成長が例年よりも早いらしく、数も沢山いるみたい。ヘタッピなふたりだけどポンポンと釣れてくれます。座りながらおしゃべりフィッシングが出来るのがイイね。友人も初めてアオリイカを釣り、喜んでくれました。思えば自分の海通いもこのエギングから始まったなぁ。久し [続きを読む]
  • よしお、専属カメラマンのSぞー氏に撮ってもらう
  • 出勤時間が迫り、終わろうとしていた時に掛かった小ぶりの黒鯛を、「でっかく写真を撮りますね。任せてください!」と私の専属カメラマンのSぞーが言うもんだから、言われるがまま従う。パシャパシャと撮りはじめたが、 徐々に調子づいてきて、「いいよー。いいよー。」とか「もっと前に。もっと!」なんてイッパシのことを言い出す。しまいには、「もっとアゴを前に!アゴ!もっと!もっとアゴ出せないの?君なら出せるよー!」と [続きを読む]
  • よしお、盆と正月が一度に来ちゃった
  • 青物を獲るため太めの竿と頑丈なリールを用意し、シコシコと磯通いを続ける事 早三ヶ月。ノーフィッシュの日々が続いているが、トッププラグでのキャスティングは何故か飽きない。▼今朝はいつものパートナーとお気に入りの磯に入る。ウネリが不安だったが難なく入れた。ダイビングペンシルの操作はユーチューブが手本だけど自分のルアーが効果的な動きをしているかどうかはわからない…。そんな青物初心者のふたりがブンブンブン [続きを読む]
  • よしお、イカメタルに初挑戦
  • 少し緊張していた。ほとんど乗ったことのない船の上という事と、「イカメタルやるなら僕のコレ使って下さい!ぜったい釣れますから!」という私のファンから道具一式を授かり、プレッシャーを感じていたから。それにしてもこの借りた4点セット、竿とメタルスッテはもちろん理解できるが変なロゴが入ったキャップとバカでかいジグは何なんだろ?聞いても、「きっと役に立ちますから!」と言うだけ。まぁ釣れればなんでも良いけど… [続きを読む]
  • よしお、タモ入れ係を従えてよしお島へ
  • 「よしおさんが掛けた魚をタモ入れしたいです!」と熱烈なオファーを受け、やむを得ずよしお島に同伴することにしたが約束の時間になってもそのタモ係は来ない…。けたたましく鳴り響く携帯に目をやるとこの有様。先が思いやられる…。▼約30分遅れで現場に到着し開始。いい感じのウネリが入り良いのが出そうな雰囲気。だったけど投げども投げどもアタリ無し。結局、どしゃ降りの中変な記念撮影をさせられて二人共ノーフィッシュで [続きを読む]
  • よしお、ボイルの正体を暴く
  • 川が好調の様で海に向かう前に少しだけ寄り道をする。サイズはそこそこだがチリッとドラグを鳴らしてくれた元気なヤツ。まだ続けたかったが海にいるビッグな奴らに出会うため川を後にする。▼目当ての磯に入り、暗いうちは岩べりを丁寧にトレースしシーバスを誘う。ベイトはいるみたいだが対象はどうやらいないみたい。やがて辺りが白みはじめ、ピチャピチャと水面が慌ただしくなる。そのボイルにミノーを何度投げ込んでも相手をし [続きを読む]
  • よしお、お座りフィッシングで遊ぶ
  • 今週は出張が続き、充分に睡眠もとれないままだったけど疲れた身体にムチ打って磯に入る。本日2カ所目では(青物出ないかなぁー)とヘビータックルに持ち替えたが100g近いダイペンを引く体力はすでに残っていない。岩に腰掛け、無気力フィッシングを開始する。投げるのは秘密兵器ダイソージグ30g。草でも引っ掛けたかなとピックアップしたらアジが付いてた。ラッキー。私のお友達、カサゴはいつも元気に喰ってきてくれる。久しぶり [続きを読む]