Ms.Humpty さん プロフィール

  •  
Ms.Humptyさん: ピサンキ日和
ハンドル名Ms.Humpty さん
ブログタイトルピサンキ日和
ブログURLhttp://pysankyclub.blog.fc2.com/
サイト紹介文ウクライナに古くから伝わるエッグアート「ピサンキ」を作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/07/06 17:29

Ms.Humpty さんのブログ記事

  • 夏っぽいブルーのピサンカ
  • 予告通り、青いのを作りました。グースです。ちょっと変わった分割でしょう?私はもともと動物を描くのが下手で今回の魚も大変苦労しました。で、ネットで写真を見たりしてフォルムを参考にしました。最初は「鯉」あたりが綺麗だからいいかな〜と思ったのですが私が描くと可愛くない・・・・おっさん(鯉だけど)っぽい感じになるのはなぜだろう??てなわけで鯉はやめてグッピーにしました。どちらが鯉でどちらがグッピーかわかり [続きを読む]
  • ミツロウ作り再び
  • 以前、真冬に自己流でミツロウの精製をしましたが、気温の高い夏だとどうなるか試してみることにしました。今回はちゃんとキャンドル用の染料と言うものを着色に使いました。わー!なんだかお店で売っているピサンキ用のミツロウみたいじゃないですか。これから試し描きします。でもねぇ・・・・ミツロウは安いんですけど、着色用の染料が高いんですよね。この染料と送料を考えると・・・・コスパ的には微妙。「顔料」だったら安い [続きを読む]
  • 伝統的なピサンキを作ってみた
  • 「次作はブルー系」って告知しておきながらなんなんですけど伝統的なピサンキを再現してみました。正真正銘ウクライナの伝統的なピサンキってこんな感じです。電気キスカをね・・・買ったはいいけどイマイチ使いこなせない私。コードが邪魔で綺麗な線が引けないんです。コントロールが普通のキスカより難しくて。 なので、電気キスカの練習に簡単な模様のピサンキを作ってみることにしたのがコレ。右上のピサンカの白いラインの酷 [続きを読む]
  • 鶏なのにビッグな卵
  • 夏場の卵は殻が薄いと言っておきながら、こんなものを買ってしまいました。だって送料が無料だったんだもの。一つの卵の中に2つ黄身が入った卵。人で言うところの一卵性双生児と同じ、双子の卵です。当然のことならが普通の卵より大きいわけですね。まさに我々ピサンキ作家のためにあるような卵です!と言うより、ピサンキ作らない人になんの需要があるのか聞きたい。ここで注文しました ↓↓↓https://item.rakuten.co.jp/tsuku [続きを読む]
  • 色違いピサンキ
  • こんにちは。卵の殻って、夏場は薄いってご存知でしたか?卵の殻をストックするなら3〜5月がベストです。さて。同じデザインで色だけ変えて四季を表現してみました。ベースのデザインは同じです。“twelve diamond” と呼ばれる、12個のひし形で構成されている分割方法です。茶色の卵を使ったため、ピンクの発色がちょっと予想外な結果に。春と呼ぶには少々毒毒しいですね。定番の色の組み合わせです。これ絶対に失敗しないのでお [続きを読む]
  • キスカのグリップをカスタマイズしてみた
  • ピサンキ作りに欠かせないキスカ。でもちょっと細くて握りづらくありませんか?とくに柄が白いシリーズ。市販のソフトグリップを色々試してみたものの、どれも鉛筆の太さに合わせて作られているためブカブカ・・・。スパイラルタイプは・・・私の持ち方の癖なのか使っているうちにズレてくるんです。で、これです。「お湯まる」というお湯につけると柔らかくなる樹脂のおもちゃ(?)がありまして、写真はその類似品。100均にお湯 [続きを読む]
  • セリアのガラスキャニスター
  • 追記;オススメのキャニスターは3サイズあるうちの真ん中のサイズです。写真が下手すぎるのが悩みです、はい。さて、最近セリアで見つけたガラス容器。ピサンキ染料を入れるのにとってもおススメなのでご紹介させて下さい!染料入れにはこだわりがあり、以前こんな記事を書きましたが ↓ ↓ ↓http://pysankyclub.blog.fc2.com/blog-entry-39.htmlこのセリアの容器のほうが優秀!!まず本体がクリアなガラスな [続きを読む]
  • 膨張色!
  • 春っぽい色のピサンカを作りたいな〜と思い、前回同様、ピンクとグリーンで作りました。が。ピンクに対してグリーンが弱すぎたと言うかやけに黄緑っぽくなってしまい、イマイチですね。結構下書き大変だったんですけど・・。スマホなのにピンボケって・・・。よく、淡い色の服は太って見えると言いますがこのピサンカのバンドを見る限りそれって正しいのかも・・・。黄緑の方が太く見えますよね。ピンクと緑、それぞれ濃淡2色を使 [続きを読む]
  • ピンクとグリーンのグース
  • 新作です。ガチョウ(グース)の卵を使っています。何度も殻の内側に染料が入り込み、くじけそうになりました。内側が濡れていると綺麗に染まらないのです。仕方がないので、一度塞いだ穴を再びあけて、内側が乾くまで作業を中断しました。二日くらい。デザイン上、何度も洗って白に戻してまた染める・・を繰り返さないと出来ないので大変でした。緑の葉っぱを描いてから白に戻しピンクに染め、ピンクの葉っぱと背景を塗ってからま [続きを読む]
  • 秘密兵器??
  • ピサンキ・・・自分でデザインを考える場合、当然ながら出来上がり見本がないため、ミツロウを落としてみたら「あれれ?想像してたのと違う」残念な仕上がりにがっかりすることもしばしば。で、これまでは何度も作り直ししていたのですが時間と労力がもったいない・・・・もっと正直に言うと単に面倒臭い!!で、試験的に新兵器を投入してみました。そう。Apple Pencil?です。まずはこんなふうに、下書き段階の卵の写真を撮り・・ [続きを読む]
  • ピサンキワークショップのお知らせ
  • ピサンキ仲間の一人が来月都内でワークショップを行うことになりました〜!5月12日(土) 13:00〜16:00 (星のピサンキ)5月22(火) 13:00〜16:00 (命の木のピサンキ)料金:3,500/1レッスン場所: folklora (調布にあるヨーロッパの雑貨屋手芸本などを扱っているお店です)詳しくはここを →★ピサンキの楽しさを一人でも多くの人に知ってもらいたいのでこの機会にぜひ体験してみて下さいね!ハマる人はメチャハマ [続きを読む]
  • 久しぶりの投稿
  • 前の投稿から三ヶ月以上空いてしまいました。上の写真はエッチングの技法で作ったピサンカです。蜜蝋で模様を描いてからお酢に入れると、模様のない部分がジワジワ溶けて…まるで彫刻を施したかのような凸凹のある仕上がりになります。凹凸でみせるデザインなので、「フチ」が多めなデザインにしました。蜜蝋を落とす前はこんな感じさらに、色のついた殻でこんな作品も作ってみました。作り方は上の卵と同じです。黒翡翠鳥の卵で、 [続きを読む]
  • ミツロウを精製(?)してみた
  • 皆さま、お正月は如何お過ごしでいらっしゃいましたでしょうか。本年も宜しくお願い申し上げます。これ。ミツロウです。チョコレートじゃありませんよ。某キャンドルショップで購入したミツロウ。国産なのにとてもリーズナブルです。が。細いキスカで使用すると、詰まるんですね。フェイスブックのピサンキのグループ内で、「ミツロウは溶かすと不純物が沈殿するから、上澄みだけをすくって使うとキスカは詰まり知らずよ」という書 [続きを読む]
  • レアの卵
  • レアのピサンカを作りました。レアという名前の鳥の卵です。Rhea、レア、リア、またの名を Nandu (ナンドゥ)とも言います。南米に生息するダチョウに似た、飛べない大きな鳥です。初めて扱う卵なので、色々と勉強になりました。気孔の大きさや、肌の質感などオーストリッチ共グースとも違って思うように染まらなかったり。あっ!ミス発見!サイドはこんなデザインになっています。正面もサイドも命の木のモチーフになるようにと [続きを読む]
  • 電気キスカのスタンド
  • 電気キスカのスタンドを自作してみました。電気キスカ、熱いのでその辺に置いておくわけにはいかないんですよね。しかも、グリップが普通のキスカより太いので、箸置きのような低いものに乗せると転がって、大惨事になるの。←なった材料はダイソーの白いボックスとワイヤーです。このボックス、私はニスがけの時のオアシス入れにも使っています。→☆こんな感じでワイヤーをギザギザに曲げてこういうのを2個作って、蓋と本体の間 [続きを読む]
  • ニスがけ日和
  • 爽やかな秋晴れの日曜日です。洗濯機を回している間にピサンキのニスがけをすることにしました。テッカテカのピッカピカが好きなので。ピサンキにニスをかけるのは光沢が欲しいから。ビジュアル的理由です。補強効果はたいしてありませんが(どっちみち落としたら割れる)、防水効果はあるかも。観葉植物の近くに飾る人は是非どうぞ。ピサンキには「油性」のニスを使います。トールペイントやデコパージュによく使われる水性ニスだ [続きを読む]
  • ブリリアント・ブルー
  • 前回に引き続き、新しい染料を試しています。白い線がちょっと雑なのはご愛嬌。背景の濃いコバルトブルーがいい色でしょう?Pro-Chemical社のブリリアント・ブルーという色です。https://prochemicalanddye.net/pro-washfast-acid-dyes.htmlこれまで使っていたピサンキ用のロイヤルブルーという染料より、ほんの少し黄味が少な目?ピンクとの相性も良さそうです。話は変わりますが、ブログに載せる写真は以前はデジカメで撮影して [続きを読む]
  • 新しい染料を試してみた
  • 夏に買い込んだボトル入りの染料。ピサンキ用ではないため、どのくらいの水にどのくらいの染料を入れるのか決まっていません。自分で調節しなくてはならないのが非常に面倒くさいのです。で、一年くらい前に描きかけて途中で放ったらかしにしていた卵があったので、それを染めて見ることにしました。黄色はもう少し赤みがある方が好きなので、何か混ぜて混色にしようかな。オレンジはこのままでOK。 いいオレンジです。赤に見える [続きを読む]
  • セリアでハロウィン雑貨を・・・
  • 9月になったばかりだというのに、街はすでにハロウィンモード全開の東京です。100均のハロウィングッズも年々充実して来て嬉しい??で、セリアで写真のような蜘蛛の巣のボウルを買ってみました。ついでにガイコツとパンプキンのオブジェも。手持ちのピサンキを適当に入れて写真を・・・。うーん、ボウルの底に何か敷いた方がいいかも?このピサンカは茶色の卵をエッチングして、紫と黒に染めました。こちらは桜卵(ピンクの)がベ [続きを読む]
  • 染料と格闘する
  • 以前もちらっと書いたことがあったかと思いますが・・・アメリカの染料メーカーから取り寄せた酸性染料がいつしかこんなに増えてしまいました。小学生だったら朝顔の花や山葡萄の汁で遊ぶのでしょうが大人なもので・・・化学染料を並行輸入で大人買いしてしまいました。で、最近知った衝撃の事実。染料の粉って色によって重さが違う!?上の写真の染料はすべて2オンスなのですが、このように、入っている量が全て違うのです。私は [続きを読む]
  • 赤玉のエッチング
  • 暑い夏は酸味の効いたサッパリした食べ物が美味しく感じられるものですがピサンキ作りも何となくお酢をたくさん使う作業が真夏には気持ちいい(?)ような・・・と言うわけで、写真のような卵が出来ました。このような技法をアシッド・エッチングと言います。スーパーで赤茶色の卵をよく見かけますよね。あの赤茶色の殻の表面を削っていくと茶色が徐々に薄くなって行き、終いには白になります。アシッド・エッチングの技法ではこの [続きを読む]
  • たまご街道に行ってみた
  • 相模原市の麻溝台というところに、養鶏場がたくさん集まった地域、通称「たまご街道」があるらしいのです。今日は暑すぎず寒すぎず、いい感じに曇り空だったので行ってきました!目的はお察しの通り・・ピサンキ用の卵(の殻)探しです。方向音痴な上に、スマホを使いこなせないおばさんです、はい。ものすごく道に迷いましたが、なんとかたどり着きました。「昔の味たまご」さん。可愛い看板ネコがお出迎えしてくれます。ここは赤 [続きを読む]
  • 染料フェチ
  • お久しぶりです。毎年梅雨時になると、染料にカビが生えやすくなるのでチェックするようにしています。傷んでいるものは処分し、新しく作り直します。写真は、あちこちで買い集めた酸性の化学染料です。本来、洋服や毛糸などを染めるためのものですがピサンキに使えないか、購入しては実験しています。化学染料は染めるものの素材によっていくつかの種類に分かれます。コットンやリネンなど、植物から作られた素材を染めるための染 [続きを読む]
  • オーストリッチのピサンカ
  • ダチョウのピサンカ、出来上がりました。実は以前の記事で作成中だったものを仕上げた後、気に入らなかったので、再度一から作り直しました。8つの6角形と6つのクロス(?)でこうせいされたデザインです。この6角形の中にさらに6角形があります。ダチョウの卵は完全な球体ではないため、6角形を同じサイズにするのはとても難しいのです。6角形がなるべく正六角形っぽくなるように、クロスのほうで調整しました。(横向きの写真が [続きを読む]