kenemo さん プロフィール

  •  
kenemoさん: 中毒性のあるなにか
ハンドル名kenemo さん
ブログタイトル中毒性のあるなにか
ブログURLhttp://kenemo.seesaa.net/
サイト紹介文京都市近郊でロードバイクに乗ったりスマホいじったりで、最近は少しずつヒルクライムにハマってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/07/07 14:32

kenemo さんのブログ記事

  • 週末の花脊
  • 週末は気温が上がるらしいと聞いて予報を見てみると京都市29度とか4月ではなかなか聞けないような数字が飛び込んできた。ということは肌寒いこともないし、山のほうに気持ちよく走りにいけるかな、という気になる。つまり、花脊峠に行きたい。実はTwitterで少し「花脊行きたい」とつぶやいたら、花脊どころか前ヶ畑やら芹生やら恐ろしげなワードの並ぶグループライドにお誘いいただいたのだけど、当日土曜日は急な家の事情で参加な [続きを読む]
  • ブログテーマ・・・
  • ちょっと気まぐれでブログのテーマの変更を試みたらレイアウト崩れまくりな挙句に元データが消えたのか完全に戻せなくなってしまうという粗相。いろんなところに支障がありそうなのでなんとかしたいのだけど、SeesaaBlog案外よくわからんので時間かかりそう。いっそどっかに移転してしまうほうが早いのかも、とも考えつつそれはそれで面倒なのでそのうちなんとかします。 [続きを読む]
  • 久々の京見峠アタック(伊吹山代償行動)
  • 伊吹山ヒルクライム当日、午後、僕は京見峠のふもとにいた。理由は簡単、久々に全力アタックしよう、とおもったからだ。なぜ伊吹山ヒルクライムの日にこんなところに居るのかについては当日DNSしたからなのだけど、大会当日に向けて冬のブランクを吹き飛ばすべくトレーニングしてきたことも、さいご1週間以上休息に勤め体調を整えてきたことも、そのままなあなあで終わらせるのはいやだったから、何か吐き出す先が欲しかった。心理 [続きを読む]
  • 中山道サイクリング
  • 伊吹山ヒルクライムの前日受付の日、宿を取った米原と受付場所の関ヶ原の間を往復することになったので、せっかくなので旧中山道サイクリングをしてきました。先にルート紹介とログを。この区間(米原関ヶ原間)を走るのは去年の伊吹山以来。単に移動するだけなら基本的には国道21号線をたどるだけのルートなのですが、ちょうど旧道が併走している区間があるので横道にそれても楽しそうだな、と気になっていたので、一年越しで確認 [続きを読む]
  • 伊吹山ヒルクライム2018の会場に行ってきた
  • 年明けからずっとこればっかりだった気がする。伊吹山ドライブウェイヒルクライム大会2018。結論を先に書くと、現地までは行ったけど出走せず、DNSして帰りました。前日まで直前まで天候の不安はあったものの気分は明るかった。「今年はフルコースだ、やったー!」と言う気持ちが強く、また珍しくトレーニングっぽいこともやってきたので(FTPは上がってないけど)フルの15kmを走るとどんなことが起きるのかわくわくしていた。ただ [続きを読む]
  • 伊吹山準備 天候確認
  • 伊吹山ヒルクライムまであと10日、と言ってる間に一週間になり、一週間だと言ってるうちにあと4日となりました。自転車のレースは悪天候でも行われますが、原則ホビーライダーなので体調管理や安全確保のためにも危険が伴う場合は勇気ある撤退が必要不可欠です。一週前の4/9時点。降水確率60%…。ま、まあまだあやふやだから。去年も直前になんとかなったし。気持ちは落ち着かないけど何にも出来ることはないのでひたすら祈りな [続きを読む]
  • 京見旧道を冷やかしてから花見
  • この記事は京見リピート練最終回の続きにあたる。リピート練を終えて帰途に着く途中、バイパス部分からちら見えする桜(?)が気になって、まっすぐ下らずに旧道のほうに入ってみた。こちらに入るのは久しぶり。京見峠は2014年に新道バイパスが完成して旧道は一応封鎖されてグネグネヘアピンはメインルートではなくなった。けど金網フェンスは完全には閉じておらず一応歩行者や自転車なら今も入ることが出来るようにされている。ロ [続きを読む]
  • 永遠の京見峠
  • いつから京見峠を上っているんだろう?ロードバイクに乗り始めて1ヶ月ほどしたころ、街中の「坂」ではなく、まともな「峠」として挑んだはじめての強敵が京見峠だった。一度寒い冬のある日、下見と称して訪れたもののカーブを曲がっても曲がっても坂が続く姿に絶望して帰った。帰宅後にGPSログを見直して引き返した地点が約半分の位置だったことを知り、「アレでまだ半分だった…」と一旦は絶望仕掛けたけど「あともう半分がんばれ [続きを読む]
  • 無我の京見峠
  • 週末。「あ、京見峠いこう。」で、行って来た。前回は5本目に入れず非常に悔しい思いをしたけど、きっと一時的な疲労とかだろう、とたかをくくって再挑戦。一応目標はふたたび235W平均を目指してがんばることにした。1本目はさすがに達成。ただ心拍が上がり気味に感じる。平均235W、NP236.4W2本目、既に少しきつくなってくる。230Wは無理じゃね?というか無理して達成しても次登れないんじゃね?とか考えてたらゴールしてしまった [続きを読む]
  • 伊吹山準備その2(移動ルートと宿泊地)
  • その2ってほどでもないけど。去年と同じく、伊吹山は前日入りすることに決めて調整を始めた。ざっくり大会前後の移動ルートを整理すると、 前日が 京都 (⇒宿泊地) ⇒ 関が原(受付) ⇒ 宿泊地 当日が 宿泊地 ⇒ 関が原 ⇒ ヒルクライム ⇒ 帰宅と、なる。当日移動は実は一応可能で、始発で向かえば関ヶ原駅に7:30にはつけるし、なんなら米原まで新幹線使う気になれば7時台に出たって間に合わなくも無い。ただ、 [続きを読む]
  • 飽きたけど京見峠
  • 少し時間が経ってしまったけど、前の週末のライド記録。といっても特に目新しいことはなく、「伊吹山までは京見峠だね」という軽い感じで出発。市内の気温もまあまあ上がって、京見上り口の気温は13度。(終了時点では12度)目的としては、前回が230W×5本出来たので、出来れば今回は235W×5を目指して、無理でも前半数本だけでも維持を狙うこととする。が、千本通りを上がっているときからどうも太ももが張っていて重い気がするし [続きを読む]
  • 伊吹山準備その1
  • 伊吹山ヒルクライムまで、あと1ヶ月ちょっと。まだ準備まったく手をつけてないけどとりあえず去年と同じ宿を仮押さえだけしたのでここから徐々に準備していきたい。準備を進めるにあたり、去年の記事やツイートを拾い読みして課題を洗い出しているところ。荷物・ハートレートモニター忘れない・財布を分割しすぎて困らない・切符はきちんと保管、無くさない・冬装備忘れない(下山用)・替えの下着忘れない(宿泊用)・宿に送るな [続きを読む]
  • 性懲りもなく京見峠
  • ちょっと色々用事がかさなって週末が丸々つぶれそうだったけど、ライド時間を3時間ひねり出した。時間がないのでコースやメニューに悩む時間ももったいないので京見峠にGO。道中でちょっとサドルが高すぎる気がしたので、然林房前で5mmほどサドルを下げてからスタート。今回も目標はFTP強度で5本。時間の都合で帰宅時間に間に合わなさそうな場合は4本で帰ることにしてその場合はラストはTTペースに変更予定。(結果として5本走れた [続きを読む]
  • シートポスト交換
  • ある日思い立って、シートポストを交換した。愛車であるところのロードバイクScott Addictに対してこれまでいろんなパーツを交換してきたけど、シートポストはまだ手をつけてなかった部分のひとつ。スペック表ではデフォルトでは「Syncros Carbon FL1.2 27.2/350 mm」というシートポストが使われている。一応カーボン製らしい。径は27.2mmで長さが350mm。細かなスペックはよくわからない。これまで3年使ってきて重さとか硬さにそれ [続きを読む]
  • 飽きもせず京見峠
  • いや、飽きてるねんホンマは。(挨拶)さておき、気候もだいぶ良くなってきて、いよいよ春めいてきました。そろそろ凍結がきになる北部の山々も少しずつ開通していくかしら?という気もして一瞬「せっかくだし花脊峠いくか?」と思ったんだけど、結局脚の向く先は京見峠。トレーニングターゲットであり課題でもある「平均FTP維持で5本」が実のところまだクリアできてないのでがんばってクリアしたいのだ。出発していつものように鷹 [続きを読む]
  • 気温計測とパワーメーター校正
  • ライド前、天候は雨が降るかどうかだけを気にしていた夏とは違い、寒くなってからは気温や風向きや降雪の有無など、走り出す前に気になる気象情報が増えますね。特に、個人的に冷え性ウェアの選択にも悩む日々です。ウェア自体、メーカー各社が一応「5度対応」「0度対応」なんて言ってますが、そもそも5度ってどれくらいの寒さなのか?というのが身についていないと、活用することも難しいですね。メーカーごとの基準も案外ばらば [続きを読む]
  • またしても京見峠
  • 週末になったので飽きもせず京見峠リピートに繰り出した土曜日。前々回はほぼアベFTPで4回リピートしたけど伊吹山想定には少し標高が足りなかった。前回は5回でそこをクリアするつもりで挑んだけど、平均出力は少し下がってどのラップも210Wちょいで、僅差とはいえFTPに届いていなかった。なので、今回の目標は5本ともアベFTPできちんと登ることを意識する。最新のFTPが218Wだったので220W平均くらいは維持したいところ。京見峠1本 [続きを読む]
  • また京見峠ですか
  • 大将、いつもの!さて、週末になったのでまた京見峠に走りに行ってきました。前回は「時間が無いんでとりあえず」感が満載だったけど、今回は一応真面目に計画的トレーニングとして京見峠にぶつかってくることにした。計画計画といってもいたってシンプル。京見峠を使って上り下りするだけ、ルールは以下。・然林房から京見峠ピークまでをFTP維持意識。・登りきったら適当に下って10分以内に再度登りを開始する。・リピート数は5回 [続きを読む]
  • 三連休
  • 降って沸いた土・日・祝の三連休。うれしい!日祝は予定ありで土曜は雨。かなしい!土曜日のアクティビティ午前中、雨が降る前なら走れるかも?と期待して朝起きてみたら、既に雨降っててどうしようもない。体調もあまりよくなくテンションも低め(最近そんなんばっか)だけど、まったく身体を動かさないのはいやなので一応ローラーなぞ軽くまわす。ダイエット走的に、200W×20minを2回。下限200Wを意識してあわよくばFTP強度まで [続きを読む]
  • 防寒テムレス
  • 感度の高いローディなら皆知っているであろう、防寒テムレスというグローブがある。(公式サイト)見ればわかるとおり、ザ・作業用手袋といったいでたちでとても自転車用には見えない。それもそのはず、自転車用では無い、正真正銘作業用手袋である。テムレスは「手蒸れ」+「レス」という命名からもわかるように、作業用ビニール手袋の「蒸れやすい」という弱点を克服した、蒸れないビニール手袋なのだ。本品はその防寒Verで、中 [続きを読む]
  • 決戦用ホイール(WH9000-c24)導入 ※但し借り物
  • 伊吹山ヒルクライムにエントリーしましたので、とりあえず悔いのない程度には準備からがんばろうということで週末はだいたいヒルクライムな日々です。秋から少しあったブランクもとりあえず乗り越えて、地味に身体に負荷を覚えこませる日々となり、それはそれで楽しいですね。ただまあ残り2ヶ月を切ってくると、もう本番までの伸びしろはあまり残ってないなぁと感じてしまいます。そんなときはどうするか。 大人ならどうするか? [続きを読む]
  • 千束の坂突破。
  • 京見峠の近く、名物坂のひとつとして「千束の坂」があります。一番簡単なアクセスは金閣寺前の道をまっすぐ北上(駐車場前から少し一方通行はあるけど自転車はOK、注意して進む)坂本体の距離はたった120m。高度差は23m(どちらもSTRAVAデータ)、計算すると平均斜度は19%となる。生活エリアのため交通量はそこそこ多い。一般車だけでなく運送屋など中=大型車両もよく通るため、タイミングが悪いと離合困難になり路肩に緊急退避せ [続きを読む]
  • 連続柳谷で出力比較など
  • 少し時間が経つとどの日まで日記を書いたのか、わからなくなるシリーズ。とある1月の週末。仕事の付き合いで金曜わりと深酒したせいもあり、日曜になってもあまり体調はよろしくないのでモチベーションも低めな日曜日。直前まで暖かい日が続いてたので京北エリアもワンチャンあるかもって予報を睨んでたけど、ちょうど土曜の明け方から冷え込みがぶり返して週末はやっぱり北部は避けるべきかなって感じになって、ひとまず南部へ。 [続きを読む]
  • 柳谷とモニグロ
  • 前の週は雨を言い訳にFTPも測定したし、天気もいいなら外に走りに出るしかないって週末の話。結論としてFTP向上してなかった怠け者なので、気持ちと身体にカツを入れたい。本当は花脊峠にでも繰り出したかったのだけど、見るまでもなく京都の北のほうは完全に雪っぽいので南に出るしかない。一応平日通勤中に山を観察していて、見る限りでは北山方面から愛宕山、そして西山にかけて山頂近くはしっかりと白いのだけど、大山崎あたり [続きを読む]