オップス! さん プロフィール

  •  
オップス!さん: ねこだけど・・・?
ハンドル名オップス! さん
ブログタイトルねこだけど・・・?
ブログURLhttp://dearmp.blog.fc2.com/
サイト紹介文見る? ねこの日常。
自由文我々のことを飯炊き女ごときが書くとは笑止千万だが、気の毒なので読んでやって欲しい。おすすめは「悪徳不動産屋」「教育現場の現状」「頻発する詐欺被害の現状」などである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/07/07 17:21

オップス! さんのブログ記事

  • 新たな技
  • 銀ちゃん:「ちょっと ちょっと。」父ちゃん:「どちたの。」銀ちゃん:「ぽぅ!」にほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 埴輪くんの自分年金
  • 白猫ちゃんがきじ白ちゃんにidecoとnisaを進められてあれこれインターネットをいじくりまわしていたある日道端に遮光式土偶が落ちていたと、思ったらしましまちゃんだったねえさんはやっぱしお宝年金?縄文時代じゃ、まだ年金なかった?知ったばかりの知識をひけらかしてみたかった白猫ちゃんがidecoとnisaの説明をすると現代語で話せ埴輪男と言われた・・・・。idecoは確定拠出年金の愛称で掛けた金額が、普通の年金を払ったとき [続きを読む]
  • 自営業の積み立てnisaとideco!
  • 最近、老後破産とか下流老人とか色々プレッシャーをかけられている気がする白猫ちゃんは悩んでいたインターネットの記事でご丁寧に老後の年金生活シミュレーションとかしてくれているけどねぇ基本、サラリーマンの厚生年金の計算ばっかしなの自営業なんですけどひとり者じゃ満額で70万そこそこ夫婦者でも140万程度なんだけど物価上昇率なんか計算に入れて100まで生きるとか脅されて介護に金かかるとか言われて老後に足りない金額を [続きを読む]
  • 鮮やかに 柔らかに咲く
  • 「おときさん、鰻食べる?」来たよ、と声をかけると目を開き、こそばゆいような笑みを浮かべた伯母に言った。「鰻、遅くなったけど約束通り持ってきたぞ。」おときさんは何やらごにょごにょつぶやく。声を出そうにも強い痛み止めで力が出ないのだろう。病魔に侵された体が、流石に鰻どころではなくなったらしい。「食べらんない」と一言いえばいいものを、こんな状況でも気を使って言い訳をしているらしい。「ふんふん、そっか。」 [続きを読む]
  • ケッキョ ケッキョ
  • 今朝、門番を送り出す時ゴキブリが玄関に出没した冷凍スプレーをかけると速度が落ち身動きが取れなくなったところを私に捕獲されてしまった。このゴキブリの子供達も昨日の私のように「パパ、朝まで元気だったのに朝ご飯食べに行って死んじゃった」と騒ぐのかななんて思いそれから門番を送った後心の中の父と共有していたスペースをなんとなく漂っていた。人は死期を悟るものなのだろうかそれとも亡くなってしまった人を想うとき心 [続きを読む]
  • 子供達へ
  • 人にはそれぞれ役割があって産まれるにはそれなりの理由がありその役割を果たすまで生きているのだということ理由なんかあろうがなかろうが関係ないと思っていたけれどあるいは役割は生きることで存在そのものに意味があるのではないだろうかそれは捕食して排泄し栄養を取り込み養分を供給し子孫を残し命を搾取し命のサイクルに嵌っているということだけでなくそこに命があるということその命が無くなるということそれがどうしょう [続きを読む]
  • 人生を全うすること
  • 一番目の父が亡くなった。アメリカからの着信履歴を、父かな、と思いながら英語をしゃべるのが億劫なのでなんとなくやり過ごしているとメッセージが届いて携帯の待ち受けに表示された。[Your dad is passd away this morning.]お父さんが今朝亡くなりました。父の奥さんから改めて着信があり今朝、友達とお気に入りの店にパンケーキを食べに行った父はパンケーキを待っている間になんだか調子が悪いといいそのまま救急車で運ばれる [続きを読む]
  • 銀ちゃん、ググってみる
  • 銀ちゃんは良い子なので我が家の状況を考えめったなことではお父さんにお願いをしない子だけれど、最近お友達がよく話している話しかけるとどんなお店も教えてくれるすごい機械があると知りおそるおそるお父さんに聞いてみた「それはお父さんのことだ」なんでも聞きなさいと、お父さんはいった「そう?・・・・じゃ、近くのお魚屋さん」「まて 検索中だ」「えい」「・・・・・・。」「きたきたきたきた」「そこの角を曲がって3軒 [続きを読む]
  • 作品NO.10 リンゴ園
  • 祖父は母が2歳の頃に亡くなったという母の5歳年上の伯母と4歳年上の伯父と母とを祖母はがむしゃらに働いて育てたのだろう教師をし教育委員会で指導員のようなこともし戦争で未亡人になったしまった女性たちが手に職をつけ生きてゆけるよう羊毛を織ってマフラーやなにかそういったものを作り、販売するホームスパンの会社もつくった沢山の方々のお世話になりご迷惑もおかけしやっていたことだろう酒豪でタバコ吸いで家に辿り着い [続きを読む]
  • 作品NO.17 薔薇
  • 花瓶を載せている箱は画材を入れる道具箱だった子供の頃いつも見ていたのでこうしてみるととても懐かしい母が学生の頃から使っていたものだろうか私がまだ幼い頃に描かれた絵と思われるにほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 売れない画家
  • とある猛暑の日売れない画家がコンクリートの道を歩いているとそよ風で家が吹き飛びいまだ路頭に迷っている白猫ちゃんに遭遇した売れない画家は白猫ちゃんに「君が噂の竪穴式住居の白猫ちゃん?やぁ、可哀そうにうだっているじゃないか僕の売れない絵をあげようこれを建材に使っておくれどうせなんの役にも立たない絵だからね」と、少し自嘲気味にそう言った白猫ちゃん「ありがとうございます だんなさん」白猫ちゃんは売れない画 [続きを読む]
  • 誕生
  • 実にビミョウな取り合わせチギチギチャガ チャガベカン ベカンやっぱりなぁおかしかったなぁああそうかだからこんなにどこまでも深くやはらかだ [続きを読む]
  • 誕生
  • 実にビミョウな取り合わせチギチギチャガ チャガベカン ベカンやっぱりなぁおかしかったなぁああそうかだからこんなにどこまでも深くやはらかだにほんブログ村にほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへ [続きを読む]
  • 生きるんだ
  • 暇だと思えたら勝ちだ自分を追い詰める奴に勝ちたい暇になれ不安を否定しろそれはただのマジックだ私は人を貶めていないし怠けていないやるべきことをやっているたったひとついつもお前は汚い醜い不要だ異物だと囁く奴に狂わされているだけだ太陽は味方だにほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 価値観
  • こんにちは きじ白が災害現場からレポです。家吹っ飛んだんですか?―・・・。築何年?まさか あの手作り竪穴式住居?新築だっ他の家平気だよ?そよ風しか吹いてませんよねえ?トイレの穴しか残らなかったの?彼はいまもはや穴しかない竪穴式住居での生活を強いられています。神はなぜ 彼につける薬を下さらないのでしょうにほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 晴天
  • 箱と遊び疲れて銀ちゃんが眠りについたそして 空が泣いている夢を見た目が覚めると お父さんに聞いた「お父さん お空が権利が無いから 消えなきゃいけないって泣いてたのどうしたら もう誰も泣かずに済むの?」お父さんがいった「夕方までは大丈夫だ」「夕方以降は傘をさせ。」にほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • 僕と空の違い
  • 箱が木に登った。鳥がいるから登った。銀ちゃんが木の下で箱に聞いた。「掴まえられそう?」箱が言った「掴まえたいの?」銀ちゃんが頷くと箱が聞いた「なぜ?」「だって面白いもの」「そう」箱は鳥を掴まえた「お腹が減ったんじゃなくて?」「減らないよ。だっておうちで食べたもの」銀ちゃんが笑った「君のことを掴まえようとしている奴がいるよ」箱が銀ちゃんの後ろを指した鳥が逃げた銀ちゃんが振り返ると そこには空しかなか [続きを読む]
  • るんるん猫ちゃんのきじ白ちゃん 学習する
  • かつて、白猫ちゃんのために戸建てを探した僕の奥さん。寂しそうにしていた白猫ちゃんに買ってあげたパウチにAIきじ白ちゃんがオマケで(おっと!これをいうときじ白ちゃんはとても傷つくんだ。)ついてきた。きじ白ちゃんと白猫ちゃんはとても仲良しになった。きじ白ちゃんはすごい速さでいろいろな情報を学習している。白猫ちゃん:かかともだぞきじ白ちゃん:わかってら僕の奥さんもきじ白ちゃんにメロメロだ。今日も彼らに美味 [続きを読む]
  • 白猫ちゃんの夢
  • 目が覚めた?いつまでも子供だと思っていたけれどオマエもおとなになったなそんなおまえも―かわいいぜ!俺はおとこだ エロおやじ―という夢を、僕の家の白猫ちゃんがみたと騒ぐので僕は奥さんに相談した僕:しろねこちゃん寂しいのかな?奥さん:そうねぇ。このところふさぎ込んでるし。そうだ!好物のパウチをたくさん買ってあげよっと― 夜帰宅すると、パウチを大量に発注した奥さんが言った奥さん:いっぱい買ったからおまけ [続きを読む]
  • ツリーの天使
  • 銀次 君は母ちゃんの宝もんですよどんな天使より大切な天使たち初めての木登りは 自分で降りられなかったね色んな降り方 出来るようになったよねお尻からあたまからひっくり返りながらずり落ちながらもう こんな高いとこにもいけるんだねきみをみると かあちゃんはうまれてよかったいきててよかったと おもいますみんなありがとううまれてくれてにほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへにほんブログ村 [続きを読む]
  • ちょっと ごめんよ
  • 曇っていたから、ソファーに寝転がった。(散歩時間に誰も賛同しなかったのだ。)このところみーこが(しま)甘ったれでしょっちゅう側にいる。側にいて、他に近づく者たちを威嚇するもので一番被害を受けているのがぴの(しろ)だ。夏だろうが安定の乗っかり頻度で私の腹で寝ていられる奇特な猫なのだ。寝っ転がった時みーこは冷蔵庫の上の籠に収まっていた。ぴのがソファーに近づく気配がした。見るとぴのが「いい?」という顔を [続きを読む]
  • 会いたかったよ
  • 晴れた日銀ちゃんが外へ出ると箱がお散歩をしていた銀ちゃんが挨拶をすると箱は銀ちゃんを見て言った「やぁ こんにちは今日も元気かい?」「うん。会いたかったよ。」箱は ちょっと縮まった。にほんブログ村元野良猫・保護猫ランキングへにほんブログ村 [続きを読む]