西邑真理 さん プロフィール

  •  
西邑真理さん: ☆(一つ星)グルメと時々旅 2017
ハンドル名西邑真理 さん
ブログタイトル☆(一つ星)グルメと時々旅 2017
ブログURLhttps://ameblo.jp/nsmrmr2383/
サイト紹介文旅と美味しいモノとの出会いのアレコレを大好きなパリから身近な街まで色々とご紹介しようと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/07/08 00:22

西邑真理 さんのブログ記事

  • パリで中華料理 その2
  •  メインとして頼んだ炒飯に牛肉のカシューナッツ炒めを食べていたら。今度は右隣りの親子にマンゴーが運ばれて来ました。それがスゴイんです!!1個丸々?って大きさ。今度は友人の?さんが「あれ、食べるわ。」と言い出しました。マンゴー独特の香りがやや苦手なんですが、とっても瑞々しくて美味しそう。少しだけ頂きつつ、私は杏仁豆腐にいたしました。(マンゴーは"季節の果物”です。常にあるかどうかは、?) たっぷりの量で [続きを読む]
  • パリで中華料理 その1
  •  メトロ""Saint-Michel”(サン・ミッシェル)から歩いて約5〜6分。本日のお昼、中華料理屋さんの『MIRAMA』まで迷うことなく着きました。このお店に来るのは何年振りでしょうかね。ガイド本を書こうと決心してパリに出掛けた1993年。その時に初めて訪れているので、20年以上経っている?いや〜、我ながら驚き!!このお店、今でもパリの人々に愛されているようです。スッキリと改装された外観に、まずビックリ!! 店頭で焼いてい [続きを読む]
  • バスから眺めたパリ6区
  •  私達が乗った58番のバスは"Vanves - Lycee Michelet ”(ヴァンヴ)を出て、"Hotel de Ville”( オテル・ドゥ・ヴィル)まで行くようでした。"Hotel deVille”と言えばパリ市庁舎。すぐ近くには『BHV』(ベー・アッシュ・ヴェー)があります。昔はハンズのようなデパートだったんですが、この間訪れてみれば。改装されて普通のデパートに変わっていました。『Bon Marché』(ボン・マルシェ)然り。個性的なお店がどんどん消え [続きを読む]
  • バスにのんびり揺られて
  •  充分に蚤の市を堪能した私達は駅前まで戻り、そこからバス58番で"Odeon”(オデオン)に出ることにしました。お隣の"St.Michel”(サン・ミッシエル)でお昼の予定です。 駅前には良さげなパン屋さんが 一度買ってみたいのが、中央にあるプチ・ガトーの詰め合わせ 偶然行きたい方向のバス出会ったので、乗りました 後から気付くのもナンなんですが、バスの95番。(↑の画像)とっても有名ですよね。パリのサンジェルマン・デ・ [続きを読む]
  • 『Vanves』(ヴァンヴ)の蚤の市 その5
  •  予告通りに、最後はガラクタ?それとも?って感じのワケが分からない品々。そして懐かしグッズです。  気が付けば、私達は2時間もウロウロしていました。そして通りは人でいっぱい。いつの間にかのギュウギュウ。日本の方もチラホラお見受けしました。どうやら、パリ在住らしい。家族揃って日曜日の蚤の市。おチビさん達、楽しいのかしらん。 家の中ではゴミ化?した置物 玩具?楽器? ベランダにこれ?我が家にはオシャレ [続きを読む]
  • 『Vanves』(ヴァンヴ)の蚤の市 その4
  •  蚤の市が広がる?Av.Marc Sangnier”(マルク・サニェ大通り)を行くと、途中でくの字に曲がっている箇所に出会います。ここではピアノを弾いている人(有名なんだそうです)や移動式カフェがあり、ちょっと一息つく親子連れ等々。う〜ん、いいなぁって思います。市、そのものを楽しんでいるって感じで。 台車の上にピアノ。お昼頃から演奏が始まりました ここからファッション関係の始まり〜〜〜 時々見かける子供靴は新品あ [続きを読む]
  • 『Vanves』(ヴァンヴ)の蚤の市 その3
  •  今回はインテリア色々。持ち帰るには難しい品々も結構ありました。パリには『クロネコ』さんがいるんです。日本まで配達を頼めばどのぐらい掛かるのか分かりませんが、購入代金よりも高く付く可能性大でしょうね。 テーブルランプと呼ぶには豪華すぎ こちらは吊り下げ用 もしかして、航海用? 友人が欲しかったキャビネットは70?  次回はファッション関係の品々をご紹介。 にほんブログ村 ????ここをポチッとお願い [続きを読む]
  • 『Vanves』(ヴァンヴ)の蚤の市 その2
  •  『Vanves』(ヴァンヴ)は3大蚤の市の中でも一番治安が良く、規模も手頃とのこと。確かに危ない人は見かけなかったけど、あくまでも素人目線。気を付けるに越したことはありません。本気で買おうと思う時は、通りを2度ぐらい往復してからでも遅くないようでしたよ。  今回は家庭から出た?という感じのキッチン用品をまとめてご紹介。パリらしい、若しくはフランスらしい品々満載でした。 こんな感じのブースが幾つもありまし [続きを読む]
  • 『Vanves』(ヴァンヴ)の蚤の市 その1
  •  パリには3大蚤の市があります。北のクリニャンクール、東のモントルイユ、そして南のヴァンブ。知っている方も多いと思います。私はと言えばアンティークは好きなモノの、買うまではいかない。ちょっと神経質なんですわ。で、今回は友人の?さんがデコパージュの材料を探してみたいと言うので、付いて参りました。お初なので、ちょっとワクワクしてます。 13号線で真っ直ぐ行くために?Invalides"(アンヴァリッド)に出ました [続きを読む]
  • 本日の夕食と翌日の朝食
  •  今日はスッカリ疲れました。『Paul』でケーキを食べてしまったこともあり、お腹も空いていません。夕食は簡単に、果物のヨーグルトかけ+BIOで買ったトウモロコシにしました。 ?sucre"(シュクレ)はお砂糖ヨーグルトは甘い方が好きなんです バナナと残っていたプラム 塩とお水を少しふって、レンジで  翌朝です。昨夜の夕食が軽かったので、朝食は少しカロリーを入れます。『DAVOLI』で買ったパテも早く食べてしまわなければ [続きを読む]
  • 本日のお買い物
  •  今日はパリ縦断の旅でした。まず一気にモンマルトルへ。あまりの混雑にサクレクール寺院を諦めました。なんで、こんなに観光客が多いのか?特にヨーロッパ系の人が多いように見受けましたが。季節的に良いからなんでしょうか。パリはもうすぐ年に2回の大バーゲンに入ります。一度行ってみたいですねぇ。お買い物、嫌いじゃないですから。では、本日の戦利品をば。 まずは日本未上陸の『Roussel』 手芸屋さんで可愛いボタン等 今 [続きを読む]
  • 『Comptoirs Richard』(コントワール・リシャール)その2
  •  『Comptoirs Richard』(コントワール・リシャール)はパリのカフェやレストランの約7,000店舗に卸しているという、コーヒー屋さん。店舗により違うのかも知れませんが、種類だけだったら日本のカルディの方が多いかも知れません。でも店内には専門店としての拘りのグッズがいっぱい。コーヒーを売るというだけではなく、関連グッズも充実しています。 量り売りの豆は挽いて貰えますコーヒー豆の数で苦味を表示家族へのお土産は [続きを読む]
  • 『Comptoirs Richard』(コントワール・リシャール)その1
  •  今朝、R.St.Dominique(サン・ドミニク通り)でチェックしておいたコーヒー屋さんの『Comptoirs Richard』(コントワール・リシャール)。気になって仕方がありません。地元に戻って来て、すぐに向かいました。  実はパリへ来る前から知ってはいたんです。ネットで最初に見つけたのは?サンジェルマンデプレ店”。先日訪れた『Le Bon Marché』(ボン・マルシェ)の辺りにあります。でもアパルトマンの近くにあるらしいと知って [続きを読む]
  • その後の『Marche St-Germain』と『SECCO』
  •  『Paul』を出て、ブラブラと?Mabillon”(マビヨン)へ。?サンジェルマン・デ・プレ”とは目と鼻の先。帰りはメトロ10号線の方がラクなので、5分ぐらい歩くことにしました。この近辺は『ドラクロワ美術館』のために前回も来た所です。あれから『ユニクロ』ど〜したかなと思いつつ、今回は『SECCO』(セッコ)にも寄ってみようかと思うんですね。 前回の詳しいお話は↓こちらへ貼り付け元 http://ameblo.jp/nsmrmr2383/entry-1 [続きを読む]
  • サンジェルマン・デ・プレの『Paul』
  •  昼食後、散々歩き回ってサンジェルマン・デ・プレまで来ました。疲れたので『da rosa』でお茶するつもりだったのですが、皆さん軽いお食事をしていらっしゃる。お茶だけでも多分OKだろうと思いつつ、ここへ来る手前で見つけた『Paul』へ向かいました。  サンジェルマン・デ・プレの『Paul』は、駅ナカの『Paul』と少し雰囲気が違います。落ち着いて座れるテーブル席が店頭の奥にあるんですよ。 ?Rue Seine”(セーヌ通り)、ま [続きを読む]
  • サンジェルマン・デ・プレのモノプリと『da rosa』
  •  パリでもっとも古い教会の一つと言われている、『EgliseSt-Germain des Pres』(サン・ジェルマン・デ・プレ教会)。久し振りに来ました。遥か昔にはクラシック音楽を聴きに来たことも。調べてみると、今でもコンサートをやっているようですよ。  まずは、『Monoprix』(モノプリ)の大型店があると言うので寄ってみる事に。友人の?さんは日本で話題のエコバッグを探して見たいと言います。 小さな教会ですが、美しい姿です 教 [続きを読む]
  • メトロ4号線は只今改造中
  •  『Wepler』を出て、次に向かうは?サンジェルマン・デ・プレ”。すぐ目の前にあるメトロの入口に入って見れば、なんと!2号線にしか乗れないんです。13号線で一気に?Duroc”(デュロック)まで出るつもりだったんですが・・・。  こんな駅もあるんだなぁと、このまま2号線で?Barbès-Rochechouart”(バルベス・ロシュシュアール)に出て、4号線に乗換えることにしました。と・こ・ろがですねぇ。この辺りからジワジワと歯 [続きを読む]
  • 昼食を老舗のブラッスリー『Wepler』で
  •  今日も、お昼ご飯には遅い時間となりました。こんな時、ノンストップで営業しているブラッスリーはとても便利です。しかも、これから向かうのは100年以上の歴史を持つ『Wepler』(ウェプレール)。かって、ピカソやロートレック、アポリネール、ヘンリー・ミラー等の錚々たるメンバーが訪れたそうですよ。詳しくは↓こちらをどうぞ。貼り付け元 http://www.geocities.jp/kcc_newair/paris_cafe/cafe21.htm> 遠くからも目立つ赤 [続きを読む]
  • Batignolles(バティニョール)のBIOマルシェ
  •  今日は土曜日です。この日にモンマルトルで是非とも行っておきたいのが、?Marché Batignolles”(バティニョルのマルシェ)。正式には?Marché Biologique des Batignolles”。 Raspail (ラスパイユ)と並ぶBIOマルシェとして、すっかり有名になりました。私自身は数回来ているんですが、友人は初めて。ど〜かなぁと思っていたんですが・・・やっぱり。  実のところ、BIOはパリ市内のスーパーや八百屋さん等の品揃えの中に [続きを読む]
  • モンマルトルは日暮里 その2
  •  ないねぇ、良さげな手芸屋さん・・・と言い合いながら『Moline』の店員さんに聞いてみれば。お向かいの『Frou-Frou』(フルフル)にあるわよ、と。私も歩きながら気にはなっていたんです。こんなお店、あったかな〜って。  で、調べてみれば。元はオートクチュールに卸していた会社が新たに展開した店舗。日本にも2016年に上陸したそうです。そっか、ここもドンドン新しくなって行くんですねぇ。 『Frou-Frou』(フルフル)の詳 [続きを読む]
  • モンマルトルは日暮里 その1
  •  来ました!来ました。(趣味的にですが)かの有名な、生地屋街。サクレクール寺院を真向いに見て、右手にちょっと行っただけで見えているんです。昔、職場の先輩に連れて行ってもらった日暮里を思い出します。ど〜してるかなぁ、彼女。 一番大きなお店『Marche Saint-Pierre 』 向こう側の赤い庇は手芸材料等々 『Moline』は1879年〜創業  前に来た時は(3年前)『Marche Saint-Pierre 』(マルシェ・サン・ピエール)をグル [続きを読む]
  • 『Christophe Roussel』(クリストフ・ルッセル)
  • メトロを乗り継いで、やって来ました?Anvers”(アンヴェール)。この辺りでアパルトマンを借りて、母と3人でパリを楽しんでから3年も経ちます。早いもんですね。 『Georges Larnicol』のお店、健在でした サクレクール寺院、見えて来ましたね あれっ、『Lindt』(リンツ)だ。前は無かったのに ナヴィゴがあるので、取敢えずケーブルに乗りま〜す いや〜、スゴイ人なんですわ 素晴らしい、パリの眺望  あまりの人の多さに、サ [続きを読む]
  • R.St.Dominique(サン・ドミニク通り)の反対側へ
  •  のんびりと朝食を食べ、アパルトマンを出たのは9:30。やや遅めかもだけど、本日のお目当てはサクレクール寺院があるモンマルトルの丘。私と友人、共に趣味のお店巡りです。 問題は開店時間。遅いんですよ。早くても9:30〜。早めに出て『Le Grenier a Pain』(グルニア・パン)に寄るって手もありますが、今では日本にも数店舗ありますからね。  今日の歩き始めは、クレール通りとは逆方向へ。全く同じ?R.St.Dominique”(サン [続きを読む]
  • バッチリ朝食
  •  昨日は手抜きの夕食だったこともあり、今日の朝食はキチンと取りたいと思います。こういう時、アパルトマンで良かったなぁと思うんですよね。買って来た食材は飛びっきり。カフェやレストランで似た様な食事は出来ます。でも、好きなモノを好きな量で気兼ねなくとは行かないでしょ。 ?COEUR DEBOEUF”(牛の心臓)と言う名前のトマトデカイくて美味しい!詳しく知りたい方や?栽培”(!)してみたい方は↓こちらへ貼り付け元 [続きを読む]
  • 『オペラ座』へバレエを観に その2
  •  終演後、少しオペラ座の中を見て歩きました。何年振りか忘れてしまいましたが、遥か昔にオペラを鑑賞した時は何もかもキラキラしていたような気がするんです。年齢的なこともあるんでしょうが、今回は歴史的な空間を共有する大劇場としての貫禄を感じました。 歴代プリマの衣装(詳しくないので名前は分かりません) 帰りのプログラム売り場には人影が無く 広々としたバレエ・グッズやCDの売り場 やっと黄昏て来ました 140年以 [続きを読む]