激旨!タイ食堂 さん プロフィール

  •  
激旨!タイ食堂さん: 激旨!タイ食堂
ハンドル名激旨!タイ食堂 さん
ブログタイトル激旨!タイ食堂
ブログURLhttp://xn----ieu8ap1dyfzkv469awe1a.com
サイト紹介文タイ・バンコクを中心にタイ人に人気のローカルなタイ料理店を巡り、オススメ店を紹介します。
自由文タイ料理といえばトムヤムクンやカオマンガイ、タイラーメンのクイッティアオなど、タイ料理に詳しくない人でも知っている料理名があると思います。
タイに来てガイドブックに載っているタイ料理店だけを巡るだけじゃオモシロくありません!
タイ人が「美味しい!」と絶賛するお店こそ、本物のタイ料理店です。
弊ブログでぜひお気に入りのローカル店を見つけてくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/07/09 23:18

激旨!タイ食堂 さんのブログ記事

  • ソムタム三昧!バンコクでおさえておきたい9店舗
  • 数あるタイ料理の中で、日本人にとって耳慣れた料理名といえば、トムヤムクン、カオマンガイ、グリーンカレー、パッタイ、ソムタムなどでしょう。これまでトムヤムクンやカオマンガイ、パッタイは特集をしたことがあり、バンコクでおすすめのお店を取り上げています。バンコクでパッタイならこの10店舗|2017-2018年度決定版バンコクで激旨のトムヤムクンが食べたい!至高の9店舗東京のほんとうにおいしいカオマンガイ店を5店舗 [続きを読む]
  • 高級車で乗り付けて来る人も サトーンにある名も無きムーピン屋台
  • 2018年1月30日付けの記事で紹介した、バミー食堂『ミートゥー』の取材を終えたあとの話です。バイクにまたがり、次なる目的地に向かうべく走り始めたら、同じSi Wiang通りの道路脇に、賑わっている屋台を発見。すかさずバイクを止め、屋台へと吸い込まれるように歩いていきました。屋台前には大勢の人が注文した料理を待ち、歩道に並べられた3、4つのテーブル席はすべて満席。炭火でムーピン(豚の串焼き)や鶏肉を焼いているた [続きを読む]
  • バンコク旧市街にカオパットを極めたフカヒレ屋台がありました
  • シンプルな料理ほど難しいとはよく聞きますが、カオパット(炒飯)もその1つでしょう。使用する調味料は数えるほど、白ご飯と具材を炒めただけという極めてシンプルな料理ですが、仕上がりは店によって雲泥の差が現れるほど異なり、料理人の腕とセンスが試される料理です。私はカオパットが好きで屋台や食堂で頻繁にいただきますが、外れることは少なくとも、大当たりに出会うことは非常に稀。1年に一皿程度じゃないでしょうか。 [続きを読む]
  • 珍しいタイのお菓子を揃える カオサン『sane cafe & workshop』
  • 私はお酒をこよなく愛しているためか、甘いものにあまり興味がなく、「激旨!タイ食堂」でスイーツを取り上げたのは数える程度しかありません。「タイのお菓子(カノム)」に関してはほぼ皆無といっていいでしょう。カノムだってタイ料理文化の1つでもあるのだから、もっと紹介しなければいけないと思いつつ、取材となるとバミー屋やイサーン屋台へ足が向かう日々。そんな私に喝を入れてくれたのが、弊社で働くタイ人女性スタッフ [続きを読む]
  • Huen Phen(フアンペン) チェンマイでまず行っておきたい北タイ食堂
  • 日本人旅行者に人気のチェンマイは、ロングステイビザで滞在している方も多く、日本人が暮らすにも適している環境なのでしょう。かくいう私もチェンマイは好きで、バンコク以外で住むのなら「チェンマイ県」「プラチュアップキリカーン県」「チュムポーン県」なんかが良いなぁと漠然と思っています。プラチュアップキリカーン県、チュムポーン県の2県は知らない方がほとんどだと思うのですが、住んでみたい候補に挙げた理由は「海 [続きを読む]
  • モーファイ鍋の名店「ヘンチュンセン(Heng Chung Seng)」が復活の再開店!
  • 私がこよなく愛するクイッティアオ店『ヘンチュンセン(Heng Chung Seng)』。モーファイ鍋が旨い店として本サイトで何度も取り上げたことのある食堂です。タイ人の常連も多く昼時になると満席が続く超人気店でもあります。その『ヘンチュンセン』が2017年11月14日から急きょ一時閉店に。シャッターに貼りつけられた告知には閉店時期は記載されておらず、再開店がいつなのか不明なままでした。モーファイ鍋の名店「ヘンチュンセン [続きを読む]