Joey さん プロフィール

  •  
Joeyさん: The Other Side Of Me
ハンドル名Joey さん
ブログタイトルThe Other Side Of Me
ブログURLhttp://goodtimes-badtimes.seesaa.net/
サイト紹介文他では書けない自分の心模様、勉強記録、メンタルヘルス他健康一般に関すること...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/07/09 17:24

Joey さんのブログ記事

  • 独立して稼ぎ続けるのは容易ではない
  • スパムに関することを調べていたら、あるページに辿り着いた。そこで紹介されていたのは、数年前に読むのを止めたブログのURLだ。最初は良いかなと思っていたのが、次第に興味は失せてSNSでの繋がりも絶ったという経緯がある。そんなこんなで気が進まなかったけれど、超久々に覗いてみると、まず全体の構成が変っていて、イメージ先行になったような気がした。肩書に"作家"も付けている割には、内容が随分と薄くなって日記化してい [続きを読む]
  • 英語が喋れない理由
  • マレーシアにいた日本語が喋れるマレーシア人や、中華系じゃないのに中国語喋れる人とか、ほぼもれなく英語も堪能だった。センスとか環境のサポートもあるんだろうけど、単純に全ての語学の学習量が豊富なだけ説もある。数学天才的な奴が普通に他の科目もかなりできるのと同じようなイメージ。— ゲロマドンナ@日本 (@gero_madonna) 2018年12月14日↑でも言及されているが、来日する外国人が、半年〜1年程度で日本語を話せる [続きを読む]
  • 日本の職場
  • 色々騒がれている外国人労働者の件、今度は農業や水産業にも派遣Okとするみたいですね。90年代の終わりに派遣できる業種を増やした結果、正社員が減っただけではなく、人口も頭打ちになりました。昨今の奨学金問題も、その頃に生まれた人たちですよ。↓が今日シェアされてきたのですが、以前の職場で転職して間もない頃に、上司が予算会議で"コストが増えたから"と他のメンバーに言っていたのは忘れません。全部ではないでしょう [続きを読む]
  • 置いてきぼりを喰らったような感じ
  • HUAWEIのCEOが逮捕され、その関連のニュースは思った以上に流れている。内容全部は理解できなくてもYoutubeで流しっ放しにしていると、世界経済の中で中国の存在が際立って大きいのを感じる。”あれ、日本は?”と言いたいけど、20年前ならいざ知らず、現在であれば鼻で笑われるくらい差を付けられてしまった今さら感たっぷりだが、もうニュースは英語で聴く方が良いな。国内で発信されるモノはバイアスがかかる度合いが大きいから [続きを読む]
  • 類は友を呼ぶ...は正しい(~_~;)
  • 昨晩は、ライブに参戦。開演前から並んで、尚且つ良いポジションを確保していたので、結局5時間立ちっ放し。まぁ、チケット代は安かったけど、疲労回復までの時間がいつも以上にかかるから、トータルではお得かどうかは分からない(~_~;)お目当てのバンドで楽しんだから元は取ったハズ。結構、鬱屈していた気分だったのが、スッキリした。ストレスを対人関係で感じることは、オンラインでもオフラインでもある。↓にもあるように、 [続きを読む]
  • 生きていたからこそ掴んだチャンス
  • ↓↓↓は、FBでシェアされてきた動画。不安障害、鬱、パニック障害だったようだ。寝たきり(bedridden)になって、部屋から出られなくなったこともあるらしい。ご両親の助けを得て、出場できたとのこと。もうちょっと状況を知りたいなとは思ったけど、それがメインの番組ではないので仕方がない。いやぁ、3回観て、3回とも目から汗が思いっきり出ましたワ。FB検索してみると、同じ名前でアカウントが3つある。?有名人?AGTの動画 [続きを読む]
  • 日本の大学に行く価値とは?
  • 先日、大学で教えておられる方が、今の大学生は全く勉強しないと嘆きのツイートをしていた。僕の時と全く変わっていないことに、ちょっと信じられない感じがした。そういう学び舎に行こうとしている人が、大学進学の為に借りた奨学金という名の”学資ローン”の返済に苦しんでいる人のニュースが増えた。一体どういうものなのかを後になって気づくというのは流石に恥ずかしいことであるが、このような流れを作ってしまった90年代後 [続きを読む]
  • マイナンバーの現状
  • 僕はまだ、カードを発行して貰っていません。通知書も”取りに来ないんだったら、捨てるぞ!”と脅かされて渋々貰いに行きましたが、未開封のままです。良く知りませんが、パウワードを4つ設定するってある人が書いていました。正気?こういう仕事の末端は非正規が受け持っているのが多いので、どうしてもセキュリティーが甘くなります。つい先日もアメリカで大規模な個人情報の漏えいがありましたから、日本でも”有り得る”と考え [続きを読む]
  • 気分の移り変わりを手帳に記録する
  • 海外の手帳好きの人の中では、↓のように感情を記録している例を割と見かける。Mood Trackerと言うらしい。これだけやっていても、大して効果はないと思う。ただの塗り絵だ。何かが起こった結果として自身の感情に影響が出るのだろうから、相関性を掴むのが大事ではないかな。ちょっとからかわれた程度では何とも思わない人がいれば、免疫が無い人なら悪く受け取ってしまうこともある。季節ごとに気分が上下することだってあるだろ [続きを読む]
  • 悪いヤツは逃げ方が上手い
  • あるジャーナリストが褒めていたアメリカの議員の一人がマルコ・ルビオ。中国のウイグル人迫害についても糾弾している一人。自分の信念に基づいて行動を起こす人のようだ。別の方が、マルコのツイートについて言及していた。どうやら聖書の言葉を紹介しているようだ。僕はミッション系の高校を卒業しているが、全く信心深くない(~_~;)困った時の神頼みしかしないので、助けてもらえないのだろう。The quiet words of the wise are [続きを読む]
  • 結婚に対する認識
  • ↑↑↑は、ggbbaの世代とは随分違う。離婚率も既に4割弱までになっているし、もはや片親の家庭も珍しくない。家同士の結び付きという古い価値観を嫌う人がいるけど、見方を変えれば、厳しい世の中を助け合って生き延びるという知恵の表れなのかもしれない。日本はここ数十年で家父長制やお見合い、結婚は家と家のもの、みたいな制度がバラバラになり、多くの人がその大変化の過渡期の家庭で育ってきている。ああはなりたくない、は [続きを読む]
  • みんな、長生きしたいのか?
  • 人生100年の時代?仮にそうであっても、僕は生きたいとは思わないな。一番大事なのは”健康寿命”のはずだ。健康寿命を過ぎてしまった後は、それほど価値があるものだろうか。高齢になるに従って、友人、配偶者(僕はいないけど)、親類縁者との死別があったり、疎遠になったりする。万が一、長生きできたとしても、健康を害したり、喜びを分かち合える人がいなければ意味は無い。一応、自分の目標は70才。そこまで活きられたら、 [続きを読む]
  • マジで泣けた曲 The Show Must Go On by Queen <br />
  • 映画が随分評判が良いのは知っているけど、僕はQueenのファンではない。曲だって、本の少ししか聴いたことが無い。だから、全く気にしていなかったところに、この曲をお奨めされた。取り敢えず聴いてみたら、目から汗が止まらなくなってしまった。フレディーが、この世から去る直前にレコーディングされたなんてことを、微塵も感じさせないくらいパワフルな歌声を聴かせてくれている。歌詞の一つ一つが、自分に突き刺さってくるの [続きを読む]
  • 悩ましいこと
  • 日課以外のことまでは、手が回らない日が多い。それは、手つかずのことが積み上がっていくという意味でもある。ジョギングしながら、"どうすりゃ良いんだ?"と考えた。やはり、昨日より少しでもハッピーに過ごしたい。その為には、できることを確実にやるしかない。優先順位をつけるなら、以下の通りになる。果たして、やれるか?>自分。1.その日やらなければいけないこと2.不安、心配事の解消3.やりたいこと [続きを読む]
  • 子ども向け覚せい剤?
  • 日本の役人に対して、ちょっとオカシイと思うのが、外国で禁止されている薬、農薬などを認可してしまうことです。彼らは本来ならエリートのはずですが、実際は"勉強しか"できない、国を守るという意識が希薄な人たちではないかと邪推したくなります。遺伝子組み換え食品の推進や種子法廃止の動きもそうですが、かなり拙い未来の足音が聞こえてきています。洒落になりません。以下は小倉さんの投稿です。特に子どもがいる方は知って [続きを読む]
  • 金に困っているようには見えないが...
  • 日産を立て直したヒーローが、一転してダーティーなヒ−ル(悪役)になってしまうのか?ゴーンさんで思い出す写真がある。釣り上がった眉がトレードマークになっている方だが、お子さんに対してとても優しげな表情をしていたのを捉えていて、強く印象に残っている。あれを見てしまうと、なかなか悪い人だとは思えない。どう見ても、お金に困っている人ではないのに何故?という疑問が消えない。中小の非上場の会社ならともかく、日 [続きを読む]
  • 言語化して、記録すること
  • ↓は素晴らしい。英語でなく、日本語でも苦手な話題があるし、ついていけないこともある。話術の天才は別にして、僕レベルだと、ネタを少しづつストックする以外の対応は思い浮かばない。願わくば、自分の分からないことを相談しても、馬鹿にしたり、嫌がったりしない人が側にいて欲しい。昨日のパーティの帰り、電車の中で取ったメモ??こんな感じで「うまく話せなかったこと」をメモしておくのが自分なりの英語イベントの活用法 [続きを読む]
  • どこもかしこも、コストカット
  • NTTからの請求書が来ない。いつもならば毎月7日頃到着する。以前、郵便局員が"配達なんてやってられねぇ〜"と言って捨てたのがニュースになったのを思い出した。理由がどうあれ、遅延損害金なんてチャージされたくない(何回か、されている)どうしてなのか。何か起きたのか。気になったので電話をしてみると、今月から5000円以下の場合は2ヶ月毎の偶数月に請求書が送付されることになったらしい。し、知らんがな。自動引き落とし [続きを読む]
  • 中国の政府統計を笑えない時代が来るかも...
  • 政府統計というと、先日↓のようにインチキが発覚したのが記憶に新しいですね。https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12417791723.htmlまた、前回消費税を上げる直前にも、求人数を水増しして景気が良くなったように演出したと、某ジャーナリストが言っていました。こういうのって偉い人からの命令でやっているのだろうと思っていますが、現場が随分と大変なことになっているのは知りませんでした。「緊縮財政」は、こういう [続きを読む]
  • 家族の記憶
  • ある方の御尊父様の逝去について書かれた投稿の最後に、「笑顔しか思い出せない。^^」という一文があって、ドキっとした。短い一文ではあるが、家族間の関係が見事に凝縮されていて羨ましい。僕の実父は、床に臥せるようになる前は、たまにだけど、顔をくしゃくしゃにして笑うことがあった。でも、見たのは多くない。何回だ? [続きを読む]
  • 一日を24時間と考えない
  • ここ数日は、割と早い時間に倒れ込むように寝てしまっている。激しい運動など、疲れるようなことをしていないから、理由がよく分からない。そうかといって、睡眠時間がメチャ長くなるワケではない。もっと寝たいと思っても、尿意をもよおしたり、背中が痛くなって目が覚めてしまう。どちらかというと、夏の方が暑さもあって短時間睡眠になり、秋冬は若干長めの傾向だと思っていたが、変ったのだろうか。まぁ、早起きできるならOKだ [続きを読む]
  • 終わりが無い旅
  • 先日シェアされてきたツイートには、TOEIC満点は米国の小6程度、彼らは1万語くらいの語彙力がある、と書かれていた。確かに外れてはいないかもしれないが、ノンネイティブ向け(といっても実質は日韓の受験生が殆ど)のテストと、現地で生活をしているネイティブを比べるのは如何なものか。人間はアウトプットの機会が足りないと、なかなか記憶に定着しない。母国語が英語と比べると言語体系が全く違っていることを考えると、ネイ [続きを読む]
  • ヨン様といえば...
  • 僕の中ではぺではない。ジャーナリストのマイケル・ヨン氏のこと。欧米でも、こういう風に正義感に溢れた報道をする人は珍しい。それゆえ儲からないみたいだが(~_~;)習近平が、中国のマーケットを開放すると宣言したことについての投稿を、辞書を引きつつ読んでみたが、日本人には無い闘争心があるのだなと感じた。米中を、それぞれEagleとDragonに例えているのが面白い。Elders say to never corner a ferocious animal.人間でも [続きを読む]
  • 【メモ】気になったツイートなど 10/31-11/4
  • 眠剤を、いつも1/2錠から1錠にしたら、、結局寝られたのが5時間。1/2錠で3時間だから、割合としては間違っていないのか...睡眠サイクルがぐちゃぐちゃになっていたのを、なんとかして直さないと。寝不足気味の日々が続くと、やろうとしていることも出来ずに溜まり、同時に忘れてしまうことも増えていく(泣)モノ忘れに関しては、人は年齢が上がるにつれて、どうしても多くなるのが普通。これを老人力が上がると、ポジティブに言う [続きを読む]
  • お悩み君
  • ここで語られている「生きる意味」というのは、悩みの泥沼に嵌まってしまった人がブチ当たる問いかけでもあります。ある分野のトップなら相応しい理由づけするのは簡単でしょうが、大抵の人にとっては己の生きる意味というのは高尚過ぎて分からない/見つからないのではないのが普通だと思います。ある人によると、2000年前から同様な悩みはあるとのこと。もし、何か答えが欲しければ、自分の半径3メートル以内の人を喜ばせてみては [続きを読む]