ヤマユリに魅せられて さん プロフィール

  •  
ヤマユリに魅せられてさん: 終の棲家でのんびり暮らす田舎暮らし
ハンドル名ヤマユリに魅せられて さん
ブログタイトル終の棲家でのんびり暮らす田舎暮らし
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sinbolsugi
サイト紹介文リタイア後山の中に終の棲家を建てて、夫婦二人で自然すぎる環境での田舎暮らしは、どこまで続けられるか。
自由文『 終わった人 』 になって成仏するのに時間が掛かりました。窓から山の緑を眺めながらの生活は幸せだ。静かな里山暮らしに、特に欲しいものはないが、望むとしたら妻とふたりで認知症にならず自立して「のんびり暮らし」続けられたらいいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/07/09 18:43

ヤマユリに魅せられて さんのブログ記事

  • 薪割り機ガイドプレートの修理
  • 薪割り機ガイドプレートの修理と搭載方法の変更わたしの薪ストーブ生活にとって無くては成り立たない薪割り機、それが㈱ホンダウォークから購入した初期型のPLOW PH-GS13 PROだ。この薪割り機は価格、破砕能力のバランスが良く人気があるようだ。その後改良が重ねられ最新機種はさらに魅力的な商品になったようだ。最新機種がどんなに改良され魅力的になっても、わたしの薪割り機は初期型のままで、新たに買い換えることもままなら [続きを読む]
  • 薪棚用にスクラップ足場を買う
  • 新設薪棚は鉄製スクラップ足場資材で作ることにした薪を作るには野ざらしを避け、薪をしっかり乾燥させながら保管する薪専用棚が必要だ。どんなにいい薪を作っても常に雨に濡れる状態で保管すると半年もすれば腐敗菌が増える。広葉樹は腐りが早く重かった薪もコルクのように軽くなり、数十分で燃えてしまい火力が弱い。下手に玉切りにせず長いままに置き、薪にする直前に玉切りにして割ることにしている。薪棚の準備ができていない [続きを読む]
  • 千葉の御殿山トレッキング
  • 新年明けましておめでとうございます五年目に入った私のブログ、「薪作り関連、ストーブ関連、敷地の草花、旅行」ぐらいと絞られてしまう。新しい趣味や遊びをつくらねばと思うが、ついつい流されて時が過ぎあっというまに一年が経ってしまうのが常。昨年5月に伐採を手伝い大量のクヌギ類の原木を手に入れ、真夏の日差しのなか妻と薪作りをしたが、まだこんなに残っている。原木からオレンジ色のヒイロタケが出だした。ヒイロタケ [続きを読む]
  • スキーケースソールカバー買う
  • スキーケースソールカバーを買って気持ちはスキー場オガサカ・スキーケース・ソールカバーDX サイズM(155-170?)¥4,190円 拡大可2018年3月スキーを滑っていて転倒し頭を強打、スキーヘルメットを被っていたが「外傷性くも膜下出血」を起こしていたのも気づかず検定に備えてレッスンに夢中だった。頭に違和感を抱えながらスキー検定を受験したが、見事な惨敗の結果だった。家路に向かう朝食の食堂で無意識に体全体が右回転する [続きを読む]
  • 薪割り機のエンジンかからない
  • 4サイクルエンジンのキャブレター分解清掃2016年 ㈱ホンダウォークにて¥200,000円位で買った。「PLOW PH-GS13 PRO」掲載画像は、すべて で拡大できる。回り道してたどり着いたエンジン式薪割り機。HONDAのエンジン音に慣れている私にとって何かBriggsのエンジンストローク音はしっくりこない。私だけが感じる4ストローク音なのか 販売元はなぜ搭載エンジンを「Briggs」から「HONDA」に載せ替えたんだろう?理由がどうで [続きを読む]
  • 分校の新そばを食べにいく
  • 千葉の山の中にある分校のそば処千葉県大多喜町養老渓谷「粟又の滝」、11月の紅葉シーズンは終わった。樹木の葉は落ちきって観光客もまばらだ。せっかく養老渓谷「粟又の滝」まで来たのであれば、足を延ばしてそば処「もみの木庵」はどうであろう。我が家から車で一時間で行けるのがうれしい。11月の紅葉シーズンは関東近県から多くのそば好きが訪れるが「新そば」には早いのだ。12月に入ると今年刈り取ったそば粉で「新そば」が食 [続きを読む]
  • 回り道して高くついた薪割り機
  • 薪ストーブ生活をはじめるには薪がいる2010年 ホンダ運搬車 力丸「HP-350」をYahooネットオークションにて¥150,000円位で買った。薪ストーブ生活には薪が必要で、薪を買うか作るかしなければならない。薪を作る人には、斧で割ることにこだわる人と薪割り機で割る人に分かれる。私も薪は斧で割るものだと思い込みよく割れそうな斧を探していた。そんな時あまりにパカパカ割っている動画を見てしまった。これが失敗の始まり。これだ [続きを読む]
  • 刈払機のエンジンかからない
  • 2サイクルエンジンのキャブレター分解清掃 専門の農機具店で¥60,000円位で買って16年ほど愛用している。「ロビンNB2510」掲載画像は、すべて で拡大できる。田舎暮らしに欠かせないのが草刈機、昨日まで調子よかったエンジンが今日は不調なんてことはよくある話。 明日は道路除草作業の共同作業日なんて時、しばらくぶりに草刈機のエンジンを掛けようとしたら始動しない。こんな時焦りますよね 以前は農機具店に持ち込ん [続きを読む]
  • 折々のことば 宮澤喜一
  • 長年「読売新聞」の購読者であったが、年数は忘れてしまったが社主のある「ことば(・・・)」に失望し、翌日から「朝日新聞」に切り替えた経緯がある。「天声人語」の上に連載しているコラム記事「折々のことば」も一緒に拝読するのが楽しみの日課になった。「日めくりカレンダー」の故事ことわざと違い、各方面の知識人が語ったことばに時として新鮮な気持ちで読んで考えてしまう。今回取り上げた「ことば(・・・)」、元総理大臣・ [続きを読む]
  • 自分で屋根煙突支柱取り付け
  • 自分で屋根上煙突支持金具を取り付けてみた2009年4月から住み始めたこの家、実際に薪ストーブを焚いたのは半年後の10月だった。初の煙突設置仕様は、ルーフフラッシングの上に直筒1000?(内径φ150?外径φ240?)を一本載せた上にチムニートップを被せる仕様だった。風が強く巻いたとき、室内煙突の繋ぎ目から煙が逆流し始めて室内はもうもうの煙だらけになった。そんなことが繰り返された。我が家は平屋で薪ストーブ設置位置が [続きを読む]
  • もう薪ストーブ生活に入った
  • 寒いのを我慢するのはやめましたやはり年とともに身体も変化してきているんですね。寒さの体感温度が敏感に感じるようになったのか、もう室温が20℃をきったら肌寒くて我慢できません。着込めば済むかもしれないが、家の中でモコモコではリラックスできない。我が家ではストーブを焚いてTシャツか薄着一枚で過ごすのがあたりまえになってしまった。晴れの日はOMソーラーが動き暖かい暖気を取り入れてくれて室温が上がるが、曇り [続きを読む]
  • 七輪でサンマを焼いてみた
  • 七輪でサンマ焼きに挑戦するがなかなか難しい 旬の魚「秋刀魚」は、どこのスーパーでも安く買える。売り出し特売日の今日、サンマが一尾68円で売っていた。妻は焼いて食べたいねと言ったが煙臭くなるので嫌った。デッキの上に七輪(バーベキューコンロ)を出して網焼きしようかと私が言ったら炭火焼き決定となった。これがなかなか難しかった。妻から「遠火の強火」と言われたが、油が落ちると猛烈な火と煙に襲われる。レンガを二 [続きを読む]
  • 冬がそこまで薪ストーブの準備
  • だんだん秋が深まり薪ストーブを焚く日が近い2018年は雨が多い秋だったなぁ〜、もうすぐ秋も終わり寒い冬がすぐそこまで近づいてきた。毎年、春になったら煙突の掃除をしようと思いながら、ついつい直前になって掃除をしている。2016年10月にはガスケット交換、ストーブ本体の塗装など購入してから初めてのメンテナンスを自分で行なった。このときの作業を含めて色々と薪ストーブのサイトマップで見れる。2017年は煙突掃除すること [続きを読む]
  • ささやかな暮らしの中のデッキ
  • 秋風さわやかなデッキでジンギスカン 先日の台風による大風で我が家の木々にも被害がでた。折れた枝の撤去や落ち葉の片付けとふたりで連日の作業に追われた。私は徒長した庭木(ボウカシ)の剪定、妻は日陰斜面のグランドカバーになっているキチジョウソウ(吉祥草:スズラン亜科)の整理と続いた。ちょっと息抜きがしたいね ジンギスカンをしよう。 ささやかな幸せ。。。いつまで庭の手入れが続けられるか。。。おひとりさまが [続きを読む]
  • 百名山乗鞍岳トレッキング
  • 乗鞍岳は登山初心者でも登られると聞いて妻と向かったが。。。岐阜県高山市と長野県松本市の県境にまたがる剣ヶ峰(標高3,026m)を主峰とする山々の総称。乗鞍岳へは、登山道を下から歩いて登るルートもあるが、多くの登山者は両県ともシャトルバス(一般車両の乗り入れが禁止)で乗鞍畳平駐車場までバスに乗って登山を開始している。千葉から車で中央高速道路を走り、乗鞍高原観光センター駐車場(無料)にたどり着き、畳平行きシ [続きを読む]
  • 小さな物置作りに挑戦外壁編
  • 自分で作る物置だもの、外壁ぐらい凝ってみたいね物置の外壁仕上げとして、木製板張りと波形鉄板張り、あまり一般的ではないがサイディング張りと蔵のような塗り壁が考えられる。下見板を横張りする張り方として、「よろい下見板張り」、「箱目地下見板張り」、「押縁下見板張り」、「ささら子押縁下見板張り」などがある。杉板を縦張りする張り方として、「押縁堅羽目板張り」、「敷目堅板張り」などがある。我が終の棲家の外壁の [続きを読む]
  • 小さな物置作りに挑戦屋根編
  • 素人でも簡単にできるシングルアスファルト葺き物置の屋根施工面積は小さい。素人でも扱いやすい「コロニアル」か「シングルアスファルト」のどちらかがベストと思える。施工面積が小さいのであれば、カッターなどで切断しやすく六角形などの変形した屋根葺きもわりと簡単にできる「シングルアスファルト」葺き。耐久性・耐火性を比べれば、「コロニアル」が上回っているが切断には専用の切断器かディスクグラインダーで切断しなけ [続きを読む]
  • 小さな物置作りに挑戦上棟編
  • 小さくても建て前は建て前、これでも立派な上棟です前編で、わたしがオークション等で収集した道具類を紹介しましたが、頻繁に使うものと滅多に使わないものがある。最近は何でも充電式の電動工具が売られているが、数年使わない電動工具もある。カセットバッテリーの経年劣化を頭に於いて選ぶ必要があると思っている。軸組み工法で使用する木材は、杉KD材(人工乾燥材)90m/m角を使用した。はじめるにあたって素人のわたしに難 [続きを読む]
  • 小さな物置作りに挑戦道具編
  • 物置作りに最低限必要な木工道具を用意  通常の電動カンナ(手持ち式)を手押し式卓上カンナ盤に置き換えられる便利な簡易固定台がある。小さな物置作りに挑戦基礎編で、コンクリートブロック積み基礎の作業過程を紹介してまいりましたが、いよいよ軸組み躯体を加工し上棟していく過程を掲載していきます。物置とは物を保管貯蔵する工作物で、材質で分類すればスチール製と木製が考えられる。単に木製と一口で言ってもツーバイフ [続きを読む]
  • 猛暑のなか薪作りに遊びが
  • 猛暑のなか薪作りに大汗を流しているが遊びも必要だ強い日差し避けにタープテントを張っているが、上からの熱線 と 地面からの反射熱で半日が薪割り作業の限界だ。この暑さです。熱中症に注意しているが体調が悪くなる。薪割り機も高温のせいかエンジンの調子が悪くなり突然始動しなくなった。薪割り機を購入した先は新潟県上越市のPLOWホンダウォークだ。100Kg超えの大型機械を遠方の所から購入すると調子が悪いから見てくださ [続きを読む]
  • 終の棲家の山百合だよりH30
  • 家の周囲はヤマユリの匂いが充満してます!我が終の棲家にとって自慢の花!「ヤマユリ」が咲きました。春から手入れをして見守ってきた。この花が咲かないと夏になった気がしません。ほっと一安心。 ヤマユリの球根は年々大きくなり花付きも増えるが、10年も過ぎると突然消えることが起こっている。そのようなわけで、全体に小ぶりな開花状況になった。写真を撮っていたらハプニングが! キジの親子がやって来た(写真は雌の親 [続きを読む]
  • 空飛ぶタイヤを観てあらためて
  • 映画も面白いが、やはり原作本はもっと面白いTOHOシネマズなどで、多くの皆さんはすでに「空飛ぶタイヤ」を観られたことでしょう。私と池井戸潤(いけいどじゅん)との出会いは、皆さんと同じように『半沢直樹』でした。このドラマの原作になったのが「オレたちバブル入行組」、 「オレたち花のバブル組」で元銀行マンの真骨頂の作品でしたね。すっかり池井戸作品の虜になった私は、刊行されている作品全てを読みました。この映画、涙腺 [続きを読む]
  • カジノが成長戦略ですか?
  • カジノに経済政策を賭ける政治家の大博打(おおばくち)我が家の土手に咲くガクアジサイ(額紫陽花)が梅雨に入って開花した。画像を すれば拡大画像になる。統合型リゾート(IR)法案が成立しそうだが、古今日本で始めて賭博(とばく)が合法化されるわけだ。昔から博打(ばくち)は身を滅ぼし、生活を壊し家族を苦しめ借金苦で一家離散といわれているね。いやいや違うよ!カジノ、ホテル、劇場、映画館、ショッピングモール、 [続きを読む]
  • 考えるきっかけ「終わった人」
  • 本で読む終わった人?映画で観る終わった人台風の接近に伴い朝から雨だ。 こんな時はTOHOシネマズに行くに限る。「万引き家族」、「終わった人」、「用心棒(1961)」、「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」「家族はつらいよⅢ」は一番に観ましたが、姉さん女房が連れあいの私には少し違和感を覚えた。私はただお金を稼ぐ人、家内はお金を預かる人、我が家を含めてこれが常識と思っていた。映画のような旦那だったらとっくに離 [続きを読む]
  • ほどほどのむずかしさ
  • 「ほどほど」とはちょうどよい程度と辞書にあるが伐採したクヌギの原木を重機で2トンダンプに積み、薪置き場の奥からダンプしていった原木の小山ができました。画像を すれば拡大画像になる。「ほどほどの人生」、「ほどほどの生活」、「程々の家」など「ほどほど」に続く事柄はいっぱいある。わたしの場合は、「ほどほどの田舎暮らし」、「ほどほどの人生と寿命」かな。終の棲家で大切に育てきているヤマユリの斜面は、薪 [続きを読む]