GAME さん プロフィール

  •  
GAMEさん: がめがま。
ハンドル名GAME さん
ブログタイトルがめがま。
ブログURLhttps://ameblo.jp/3c-skgs/
サイト紹介文カマタマーレ讃岐の記事中心に仕方のないことばかり書いていきまーす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2015/07/11 00:45

GAME さんのブログ記事

  • これが「開幕戦」
  • 勝てていないクラブとの4連戦。ここまで3引き分け。良くはないけど悪くはない。ただ、それだけにここは勝っておきたい! そんな状況下での徳島ヴォルティスとの「東四国クラシコ」。ちぃとバタバタしてて、今回は短めですけどプレビューっぽいのを書いてみます。 前節の岐阜戦を観てみました。スタメンはこの通りでした。 前々節から5人入れ替えているのでメンバーは代わるかもしれません。 このチームで特徴的なのは前線からの [続きを読む]
  • He is Back…?
  • 主力を欠いたシーズン序盤。踏んばりきれなかった…。でも、最下位とはいえ、そこまで大きく引き離されなかった。まだフル出場は難しいかもしれない。ベンチに名を連ねるだけになるかもしれない。しかし、彼なら その名があるだけで空気を変える力がある。ある方が言っていた。一人、彼が帰ってきたからといって過度な期待は禁物だよ…と。あたしはそうは思わない。このチームは渡邉大剛、高木和正ありきのチーム。まだ高木クンの [続きを読む]
  • 越えてけ!
  • がくさんのブログにありました通り、愛媛戦前の清掃ボランティアにはカマタマーレユースの皆さんが応援に参戦してくれました。そして彼らを率いる関原凌河監督がやって来てくれました!「お掃除サポーター リョウガ来てくれた!編」りょーがの顔を見ると、一気に思い出が溢れ出す。やはり、りょーがと聞いて、このビューティフルゴールを思い出す方も少なくないでしょう。あたしもその一人です。それだけじゃない。"美形なジャイ [続きを読む]
  • やっぱり合言葉は…
  • 北四国決戦に来場された方々は、きっと大半がリピーターだったと思います。そのリピーターの皆さんに訊いてみたいです。試合の内容と結果はともかく、「楽しかったですか?」と。あたしは結構楽しかったんですよね。勝ててない愛媛戦の戦績を逆手に取ったイベント2発。「愛媛の壁を乗り越えろ!」な跳び箱イベント。「愛媛を飲み干せ!」な、みかんジュースイベント。なかなか面白いアイデアだなーって感じました。順位見たらわか [続きを読む]
  • 「重見天日」 第9節 愛媛戦(後編)
  • ハーフタイムに、あるサポさんから声が上がる。「みかんジュース、まだあるみたいなんで、みんなで飲み干しましょう!」んじゃ、オレも…私も…続々と席を立つ讃岐サポ。オレンジの願掛けはコンコースに列を作っていた。ただジュースを飲み干すだけなんだけど、なんかこういうのっていい(笑)。席に戻ると、あのさぬぴーがPK対決が終わっていた。なんと勝利したという!おぉ!流れが変わったぞ、これ(笑)!☆三−−−………後半 [続きを読む]
  • 「重見天日」 第9節 愛媛戦(中編)
  • 讃岐はセンターバック横のスペースを狙う。中盤で人数をかけて奪い、最終ラインからのロングボール1本で抜け出してゴールを獲ろうというシンプルな攻撃。9分頃、やはり中盤で人数をかけてボールを奪い、アレックスがロングボールを放り込む。これを原が頭で落としたところに森川が走り込んでシュート!これは大きく外れてしまったが、カタチは悪くなかった。むしろ面白い!一方の愛媛も狙い通り右WBの小暮に高い位置を取らせて、そ [続きを読む]
  • 「重見天日」 第9節 愛媛戦(前編)
  • 土曜日は法事で高知県に行ってました。 ちょっと早めに移動して、弘化台にある魚市場に行き、いろいろと購入してきました。高知って、なかなかの食い倒れですよねぇ。旨いもんがいっぱいある! 帰りにコーヒーを買おうとコンビニに立ち寄ったんですが、そこでなかなかよろしいものをみつけたんで即決で購入しました。 それが… 「匠の冴」!匠クン、そろそろ冴えてくれるといいんですけどねぇ〜。 今節は「北四国決戦」。隣国 [続きを読む]
  • そのまま突き進め
  • 勝てば今季のホーム初勝利であり、対愛媛戦初勝利、そして他会場の結果次第では久々の降格圏脱出となる愛媛戦。勝てばいろんなものを手に入れることができる闘いです。ダービーマッチというだけでなく、是が非でも勝ちたい試合。今季は序盤から苦戦している愛媛FC。前節の山形戦をチェックしてみました。これが前節の布陣でした。昨季と同じ3-4-2-1。やろうとしているサッカーもほぼ昨季と同じかなーという印象でした。昨季と大き [続きを読む]
  • 人類史上最強の武器
  • 明日、讃岐が闘う相手は隣国の愛媛FC。愛媛は21位、讃岐は最下位。共に降格圏。死闘になるだろう。勝てば降格圏から脱出の可能性があり、負ければ大きなダメージを被る。ここまで奮闘する讃岐だが、主力を欠いて結果が伴わず。その苦戦する姿に落胆し、背を向けてしまったファン、サポーターもいるだろう。どうでも よくなったよ腐敗した 微笑 苦笑約束された練習環境の改善も うやむやにされたまま。共闘ではなかったのか?言 [続きを読む]
  • かまたまアンケート:期待の漢。
  • さあ、皆さん!風が吹いてきましたよぉ〜。「たかがアウェイ2連戦を2引き分けで帰ってきたくらいでそんな…」 って思われるかもしれませんが、ここはテンション上げてていいかなーと思っています。 だいごう不在、キャプテン和正とニッシもコンディション不良でメンバーが揃わない状況。 そんななかで勝ち点を拾えるようになってきたんです。これに彼ら3名が加われば、チームの調子が上向くのは必至ですもんね。そういう意味では [続きを読む]
  • 「水滴石穿」 第8節 松本戦(後編)
  • 「負けてたまるか!」Jリーグ屈指と言っていい松本サポのチャントに抗い続けるセビージャが聞こえる!画面を前に思わず口ずさむ。身体はコタツに。心はアルウィンに…後半開始早々、襲いかかる松本の波状攻撃。しかし…高崎の無回転シュートは枠の上。石原−セルジーニョ−浦田とダイレクトに繋いでPAに侵入!森川とパクのプレスを受けつつ放ったシュートも枠の上。7日に強風で中止となった瀬戸大橋30周年イベント・花火大会へのト [続きを読む]
  • 「水滴石穿」 第8節 松本戦(中編)
  • 松本にはあの男が帰ってきている。J昇格初年度、開始7秒でゴールを奪われた試合。讃岐が0-5でくっちゃくちゃに粉砕された試合。その試合で猛威を奮った悪魔の右足を持つ男。 岩上祐三。 その高精度の右足がいきなり讃岐を襲う。 開始1分で得たフリーキック。 岩上のキックは森川がクリアするものの、こぼれ球にセルジーニョがミドル砲!これはバーの上を超えていったがフリーで打たせていた。ヒヤリとする…。 讃岐も直後にチャ [続きを読む]
  • 「水滴石穿」 第8節 松本戦(前編)
  • 1988年4月10日。瀬戸大橋が開通しました。ちなみにその9日前にFM香川が開局。(それまでFMってNHKしかなかったんですよね〜) 当時岡山に住んでいたあたしにとって、移動手段が船しかなかった香川県は異国の地。これほど近くて遠い地域はありませんでした。TV局は一緒でも、どんな文化なのか、どんな方言を話すのかすらよくわからなかった。瀬戸大橋とFM香川は、あたしのなかで香川をグッと近づけてくれました。 それどころか、瀬 [続きを読む]
  • 最終ラインを越えてゆけ!
  • ・昨年の上位、もしくはJ1降格組・主力のメンバーがほとんど残留・補強が的確でフィットしそうな選手を揃えた こんなチームがJ1に昇格するんだろうなと思っています。それは千葉さんであったり、今節対戦する山雅さんだったり。 ところが、松本山雅は まさかの開幕ダッシュ失敗。前節、ようやく今季初勝利をマークしました。 ちょっと気になったので、前節の大宮戦以外に得点シーンと失点シーンをチェックしてみました。 これ [続きを読む]
  • 若さを活かせ
  • 第7節の京都戦。何度も斬りつけてくる京都の侍たち。何度もゴールをかすめる紫の刃。くぐり抜けてきたLucky Guy1失点は悪い意味で若さが出た。原ちゃんのゴラッソを守り切れなかった。耐えに耐えた試合終盤、疲労困憊の京都に襲いかかる蒼きGladiatorたち!森川裕基のヘッドが、佐々木匠のシュートが鬼門突破を試みる!しかしゴールは奪えずドローとなった。熱く励ますサポーターだが…心のなかではHeavy Rain未だ進展のない練習場 [続きを読む]
  • 第1ターンのまとめ
  • うまくいかなかった第1ターン。勝利数は僅かに1、勝ち点も4ポイント止まりで現在最下位です。ここまでの讃岐をセクション別に見ていきたいと思います。前向きに(笑)。◇ようやく昇り調子?爆発に期待まずは攻撃陣。今年は1トップを継続しています。ここまで1トップの起用はこんな推移。第1節 我那覇選手→木島選手→原選手第2節 原選手→森川選手第3節 原選手→木島選手第4節 原選手→木島選手第5節 原選手→木島選手→我那 [続きを読む]
  • 第7節:かまたまアンケート
  • リーグ戦も1/6が終わりました。この第1ターン、讃岐は1勝1分5敗で勝ち点は僅かに4。最下位に沈んでいます。波に乗れなかったカマタマーレ讃岐。これからをどうすべきなのか、アンケートを取ってみました。回答は下記の四択。①布陣も起用する選手も変えず、このままで精度を高める今より連携が高まればもっと上に行けるんじゃないかという意見。②フォーメーションは変えるべき以前のアンケートでは4-4-2が高い支持を得ていました [続きを読む]
  • 激闘CLIMAX!
  • この曲を聴きながらお楽しみください。NWA世界ヘビー級王者の入場曲「ギャラクシーエクスプレス」!第1ターン(第1〜7節)は1勝1分5敗。正直なところ、欲しい勝ち点の半分しか取れず最下位で始まったカマタマーレ讃岐。挽回したい第2ターン(第8〜14節)、対戦チームを紹介しましょう。第8節 松本山雅FC戦試合の前後と試合中のギャップが楽しい"ベスト麺ダービー"。JFLから仰ぎ見る先輩は反町監督残留の条件である最強の補強を敢 [続きを読む]
  • 「大器晩成」 第7節 京都戦(後編)
  • 北野監督は後半の頭から右サイドバックを替えてきた。【讃岐 ①】22 武田有祐 → 4 荒堀謙次試合後のコメントで北野監督は、武田についてビルドアップの部分に不満だったと発言している。さらに讃岐は守り方も変えてきた。前線からのプレスも厳しめに入り出した。ボールを保持して讃岐を崩したい京都。サイドバックを釣り出して闘莉王の両脇を突きたい讃岐。京都は仙頭がDFの股を抜く巧いシュート、フリーキックで見せた石櫃 [続きを読む]
  • 「大器晩成」 第7節 京都戦(中編)
  • ♪俺たちの勝利の歌を♪この街に響かせろ♪京都のゴール揺らせ♪さぁ行こうゼ〜! 「雨上がりの夜空に」のサビ部分のメロディで奏でられる新チャント「勝利の歌」が響き渡る。想いが強いからか、どことなく念仏のように聞こえてくる(笑)。 ピッチに目を移すと、ひと際目立っていたのは今季初先発の中島大貴。やはりそのサイズの大きさは、それだけで武器である。ここまでパクチャニョン&麻田将吾で固定されてきたCBの二人だが、 [続きを読む]
  • 「大器晩成」 第7節 京都戦(前編)
  • ほんの少し肌寒いけれどスキッと澄んだ感じ。雲ひとつない晴天に満開の桜。2015年も春休みの期間中に西京極での試合があったが、あの日はあまり天候がよくなかった記憶がある。2016年はCBに我那覇和樹、永田亮太を起用する奇策を繰り出すもPKに沈んだ。2017年は逆に田中マルクス闘莉王がFWに起用され、セットプレー一発で沈んだ。いつも何となくモヤモヤしてた西京極。そして4度目の西京極。この日のスッキリした天候に、満開の桜 [続きを読む]
  • ポジティブ!ポジショニング!!
  • ここまで1勝5敗で勝ち点3、最下位の讃岐。目下4連敗で、ここから勝ったことのないチームとの闘いが4戦続きます。試練の時。しかし、逆にこうした対戦相手に勝っていけたら勢いに乗れそう。浮上のチャンス到来やで!くらいの心持ちでいきたいですね。マグネットリボン、今までより上につけましたかね(笑)?今節の対戦相手は京都サンガF.C.。対戦成績は3分5敗。目下同一カード4連敗中の苦手。しかも西京極は5敗中4敗を喫した鬼門中 [続きを読む]
  • リベンジからの快進撃
  • 嵐に帆を張る2018年のJ2航路。これから さらなる暴風域に突入する。京都サンガF.C.3分5敗松本山雅FC3分4敗愛媛FC3分7敗徳島ヴォルティス4分2敗運命の4連戦が始まる。対戦成績は実に31戦未勝利。0勝13分18敗。(天皇杯での対戦を含む)こんな試練の前に行われた3連戦。4戦12失点と大荒れだった栃木守備陣に完封。心折れた戦士は荒れ狂う千葉攻撃陣に6失点。袂を分かった大分・馬場に恩返し被弾。涙無しじゃ語れぬBad dayもう涙はぬ [続きを読む]
  • アンケート:こんな起用は?
  • 嵐の船出となった2018年のJ2航路。怪我人も多いですね…。讃岐はここまで1勝5敗。うーん、うまくいってませんね。ここまでの闘いを北野監督はどう捉えてるんですかね…。ご覧の通りで「辛抱の時、準備の時」なのかなーとは思います。無残な敗戦は観ていて心も傷みますが、高木クンと大剛クンの完全復活のその日からが勝負なのかなーと。もし、彼らが万全に戻る期間が遅れた時は、そこに代わる選手がいるのかどうか。育てられてるの [続きを読む]
  • 「円孔方木」 第6節 大分戦(後編)
  • 後半の頭から、讃岐は佐々木渉を武田有祐に替えてきた。【讃岐①】14 佐々木渉 → 22 武田有祐前半の終わり頃、渉クンと西クンのポジションが入れ替わっていた。大分に狙われ、苦労していたからか?面白いプレーも見られたが、マッチアップする星のドリブルが切れていたし、近くには後藤もいる。北野監督は当初、荒堀を送り出そうとしたが、タケ起用に踏み切ったのはそこのケアか?讃岐は左サイドからの攻撃を徹底。このサイド [続きを読む]