nao さん プロフィール

  •  
naoさん: 空あり ku-ari
ハンドル名nao さん
ブログタイトル空あり ku-ari
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mame-festival
サイト紹介文森のようちえんのスタッフが、子育てや趣味のフラ、日々の気付きを綴ります。時々KinKi Kids。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/07/11 06:14

nao さんのブログ記事

  • 深呼吸
  • ずーっと風邪をひいてます。喉の痛みや違和感、1ヶ月くらい続いている気がします。原因はよく分かりません。花粉症かな?昨日ブログを書きまくって目が疲れたというのもありそうですが。書きたい時には書いてしまいたいものです。今日のPTAはキャンセルして寝ていたい体調でしたが、ペアの方の欠席連絡が入り、私は熱も出ていないしとにかく行ってみようとトライしました。 結果、しんどくなることもなく楽しかったです無理して体 [続きを読む]
  • 思いやりで補う
  • 個人個人が好きなことを好き勝手に表現するものだと思います。いや、自分勝手でなくどんなに相手のことを思って言葉を紡いでもダメな時はダメで。言葉を補うのは心。あの人のことだから、こんな言い方もこんな行動も他意はないだろう、という肯定的な見方。こころ。他人を肯定的に見られないとき、ひどく傷ついています。そんな時は自分に優しくします。今日もひとりごとにお付き合いいただきありがとうございましたランキングに参 [続きを読む]
  • 心の闇に光を当てる便箋
  • 使わないのに、持ち続けていた気がする便箋。この度使い道が見つかりました!筆ペンで欲望を心のままに書き綴り、書き捨てる。書いたらすぐゴミ箱に行くために、残らないと思えば、心の中のあらゆるモヤを心置きなく吐き出すことができます。昨日は、表面的な感情の奥底にある寂しさを見つけることができました。私は寂しかった!とじっくりと味わい自覚したら、とても気楽になったのでした。そしてまた心を軽くして遊びます。今日 [続きを読む]
  • におい
  • 我が子といっしょに、我が子が赤ちゃんの時のアルバムを見ていた。かわいいかわいいと、写真のほっぺやら、ももやら なぜなぜしてあー この赤ちゃんのときの頭のにおい思い出すな〜って話しながら、息子(小3)の頭のにおいをかごうとしたら「じどうのにおい」と言われて大笑い今日も遊びにきてくださりありがとうございますランキングに参加しています。よろしければ下の画像を して応援よろしくお願いしますにほんブログ [続きを読む]
  • 真実はここだ!!
  • 真実は、苦しみも悲しみも、「どんな試練もどんとこい精神」にヒントがありそうな気がします。かかってこいや!試練!私のこだわりをあぶり出してくれよ!とメラメラしていたら、人生はとても楽しい気がします。そしたらもう怖くないですね。今日も遊びにきてくださりありがとうございますランキングに参加しています。よろしければ下の画像を して応援よろしくお願いしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 真実はどこだ⁈
  • 終わりのない話し合いにおける、正解のぶつけ合いについて。真実はどこだ⁈と叫びたくなるとき。正解=こうすべき!!!!は、真実になり得ないと気付きます。正解のぶつけ合いのなかでは不正解!!!が色濃く浮き彫りになり、どこかアンバランスなのです。真実は調和であり、バランスの中にある気がします。正解と不正解、もしくは白と黒が調和し、共存する道は、グレーであるかもしれないし、白と黒がそのままの個性をつぶさずに [続きを読む]
  • イカレポンチ遠くを見る
  • 見た目至って普通だけど 中身イカレポンチ 今まで人生の中で頂いた賞賛の言葉の中でも格別嬉しかった言葉。子どもたちとふざけてじゃれてると、色々な面倒なことを忘れます。娘の必死の側転に、必死の倒立とかにアドバイスしようとして、「まずはお前がやれよw」って突っ込まれるのが至福の時です。悩んでるのがアホらしい。風邪みたいなもの。悩みは通り過ぎて行くさ、と人生の先輩は口を揃えます。学校の先生と話してたら、「我 [続きを読む]
  • 保育士だから
  • なんだか暗ーいブログを書いたまま止まっていました。まー、ずっと暗いのか笑 それが持ち味だからいいのか笑保育士なのに全然うまくいかなくて〜とブログを書いた直後に、息子が学校であったモヤっとしたことを色々話してきたので、あーこの子っぽいなぁ、分かる〜 そういう時困るよね〜 とか言ってたら「ありがとうね。お母さん保育士だから気持ち分かってくれると思ったんだ」と言ってくれて、私はなんだか嬉しかった。「保育士 [続きを読む]
  • 保育士なのに
  • 娘が学校に行かなくなった時、私、保育士なのに。子どもの専門家のはずなのに!と正直焦りました。一刻も早くふつうに学校に行ってほしいなどと、自分の都合ばかり考えていたことを思い出します。最近よく思うのは、私の場合、保育士の仕事と、家庭の育児は全く違ったということ。保育士は理性的、育児は感情的傾向がある、と。よっぽどの心の底からの志がないと、我が子を受け止めるのは難しかったのです。特に、子どもが2人にな [続きを読む]
  • 娘は娘でいい=私は私でいい
  • この頃、「娘は娘でいい」という気持ちが強くなっています。同年代の子と比べて、人形を並べてあそんだり、あやとりにはまったり、少し幼いのかもしれないと心配になるときもあったけど、とても優しくて繊細な感性の持ち主で、これが我が娘の持ち味なのだと今は思います。娘が昨日もピアノを聞かせてくれました。たどたどしい指使いのところも、スラスラ滑らかに弾けるところも、真剣な眼差しも愛おしいと思いました。優しい音色を [続きを読む]
  • 出さない手紙を書く
  • 娘が、光の柱がある!神!って感動して撮っていた写真です。この頃、娘がとても愛おしく感じます。突然あやとりにはまり、12段ばしごまでマスターしました。彼女の根気は素晴らしい!できない、とすねはじめた弟に、私は側転ができない、あなたは側転ができるからすごい、それぞれ得意がある、って励ましてくれてました。そういうところもとても好きです。図書館で、子ども向け悩み相談の本を借りました。とても勉強になります。読 [続きを読む]
  • 否定しないで観察します
  • ステキな理想の自分と、怒る・暴れる・叫ぶ・獣のような本性の狭間で自信をなくしていたのは、母娘同じなのかなという気がします。ステキな方は良し!マル!獣の方は醜いからだめ!バツ!とやっていると、自分を生きられません。人前に出られません。どんな姿があっても自分だなと思います。自分の中に色々な面があるだけ。この面はだめ、とえり好みして否定していると、自分の全部が嫌になります。あー自分の心の中にこういう気持 [続きを読む]
  • 心を入れ替える
  • 結構やさぐれていました。体調も悪く、寝ても寝ても寝足りなかった先週でした。思春期の感情の揺れ(暴れ)に付き合うのがしんどいと感じていました。感情的に反応したくなります。仕事も、子育てもうまくいってないのに自分にはやる資格がない、しんどいと思っていました。でも心を入れ替えて、娘にプラスの言葉がけをしよう!って決めて、いいところ見つけて褒め、助かったらありがとうって言い、認めて認めてをやっていたら、少 [続きを読む]
  • 自分のルーツに笑いが止まらない
  • 亡くなった父の思い出話を母から聞きました。鍵がなくて玄関に入れない時、父は裏口のドアのパネル部分を四角に切って、そこから鍵を開け、泥棒のように侵入したそうです。その切った穴をガムテープで止めていたらしく、本物の泥棒がいつでも入れる仕様!記憶は曖昧だけど、四角に開いた穴にうっすら記憶があるのと、父が棒を構えて、泥棒が来たらこうしてやる!と戦う真似をしていたこと。というか、それを見せられていたこと(笑 [続きを読む]
  • 幸福論
  • ここ最近は、レキシがカバーした「幸福論」を聴き狂っています。音楽がかっこいいのはもちろん、歌詞が良くて熱唱しながら、「物事人をそのまま見る」ということを再確認させてもらえます。時の流れと空の色に何も望みはしない様に 素顔で泣いて笑う君にエナジイを燃やすだけなのです今日カフェで見つけた本。「写真ノ中ノ空」空の写真と谷川俊太郎さんの詩です。その中にもハッと心に響く言葉がありました。「空は裁かない いつま [続きを読む]
  • 人生は自分が創っている
  • 昨日ふと、「人生は自分が創っている」という言葉を思い出しました。自分の思った通り、望んだ通りに物事が起きている。もしも間違った物語を生きているなら、その物語を書き換える必要があると。昨日の朝手帳に、「幸せを感じて暮らしたい」と書きました。不思議なことに、昨日は本当に幸せを感じながら眠りにつきました。娘が学校に行かずに覇気のない顔で過ごしていることが心配で、私の何が悪かったのかと焦って怒りが込み上げ [続きを読む]
  • オリジナル
  • 時々、いやいつも自己否定をして疲れてしまいます。自分の頭の中で勝手に作った「いい人」や「嫌な人」もいます。嫌な人(嫌だと勝手に自分が感じる人)は、自分の中の見たくない・受け入れたくない部分を具体的に見せてくれている人だろうと思います。いちいち反応して感情を揺らしていたら本当に疲れ切ってしまいます。今日パラパラ読んだ本にヒントがあって受け入れるコツはただありのままに見ることだそうです。ありのままに見 [続きを読む]
  • ひといちばい敏感な子
  • 世界がすっかり変わって見えるような良い本に出会いました。ほぼ全てのチェックに当てはまる我が子はHSCのようです。HSCは、Highly sensitive child の略で、「ひといちばい敏感な子」と訳されてます。こだわりや感覚の過敏さはもしかしたら発達障がい?と思ってましたが、HSCは生まれもった気質と言われているそうです。思春期に入り、より関わりが難しくなった娘にどう対応したら良いのか分からず疲れ果ててましたが、この本に出 [続きを読む]
  • 言の葉の庭を見た
  • 泣きたい気分だったので ハイボール片手に「言の葉の庭」を見ました。以前もブログに書いた気がします。「君の名は。」の新海誠監督の作品です。鬱アニメと言われてるそうで、ヒロインの鬱っぷりが見ててしっくりきます。ファンデーションを落として割る場面で泣きました。エンディングは、エンディングだけ見ても泣けてしまいます。自分の中で表現しきれなくてくすぶってる部分を表現してくれるからだろうと思います。以前ご紹介 [続きを読む]
  • 目に入れたら痛い
  • 目に入れても痛くないほど、父親が娘を可愛がります。全肯定。一方私は、目に入れたら痛いわ!と思ってしまいます。もしかしたら、体当たりすぎて本当に目に入れてるのは私だけなのかもしれない。苦笑いな毎日です。今日は久しぶり(土曜日以来⁈)にお酒飲みました。しいたけ占いの方が、牡牛座はお酒を飲んだりして世界との一体感を求めるというようなことを言ってた気がします。(立ち読み、うろ覚え)一体感、好きです。サマソ [続きを読む]
  • 自分に刃を向ける人に感謝する
  • 自分が短気で戦士なために、少しでも自分に刃を向けられたのを感じるとすぐに「やんのか⁈オラ」みたいな気持ちになり、煮えたぎる心で平静を装うか、装いきれずに爆発するか、自分の負けを感じて落ち込むか、逃げるなどの負け試合をしないための方法を考えます。厄介な人ですね(再)そこで、自分に刃を向ける人に感謝できることはなんだろうと考えることにしました。自分を強くしてくれてありがとう。自分の在り方を考え直させて [続きを読む]
  • 色々な人が色々なことを言う
  • 世の中にはごまんと人がいます。そして、それぞれの持論を展開します。強いエネルギーを発する人や言葉にいつも流されそうな自分がいました。激しくなくとも、静かに僧侶が書いたような本だって、なんとなく正しそうだと思って流されそうでした。しかし私が覚醒したきっかけは、最近見た本で、ビールは刺激物だから、ストレスを苦い刺激でごまかしているだけだから飲まない方がいい、という文章を見た日に、めっちゃビールを飲んだ [続きを読む]
  • 水至って清ければ 則ち魚なし。
  • 鎌倉の翌日は母子3人で江ノ島を初めて訪れました。(写真は、帰りの船からの江ノ島)8月のうちに弁財天さんを2箇所もお参りできるなんて幸せに思います。残す大弁財天は、いつかは家族で行きたい厳島神社です。イチキシマヒメさんが祀られている、中津宮では「もっと自分の本心を表現しなさい」と後押しされたような気がしました。母子の旅行で昼からビール飲んでるとか、あかん気がしてたけど、やってみたらなんのことはない、と [続きを読む]
  • いざ鎌倉
  • 子どもたちと共に神奈川にきました。かまくらなんて行きたくない!と言ってだるそうだった息子も、絶品オムライスを頂いたら「僕は人生の3回はかまくらに来ます!来年も来ます!」と興奮していて、お店を出る時に「ありがとうございましたー!美味しかったですー!」って大声で挨拶してました。普段恥ずかしがり屋なのになかなかやるなぁ。 交通系ICカードも少し前に持たせたものが大活躍で、手馴れたもので ピッと 颯爽と通ってい [続きを読む]
  • 家出
  • 誰かや何かのせいにして、自由気ままに動けない自分に嫌気がさして、先週思い立って琵琶湖に行ってきました。かねてから行きたかった竹生島です。「見た目いたってフツーだけど、中身イカレポンチ」友達に言われた賞賛の言葉を思い出すと笑いが込み上げてきます。朝の5時、行きたい!と思ったけど、躊躇してました。娘に、琵琶湖に行ってきたいんだけど行っていいー?って試しに聞いてみたら、「いってらー。私宿題やるから行かな [続きを読む]