田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • 一切を感謝と歓喜に
  • 忘れてならないのは、「喜びを感じるから感謝するのではなく、まず感謝をすると同時に喜びが生まれて来る」・・・この理屈を越えた真理です。これさえ分かれば、たとえ身体に病気があろうが運命に良くないものがあろうと、その心で一切を感謝と歓喜に振りかえ、苦をなお楽しむの境涯に生きることができます。その時、幸福の楽園がおのずから現出してくるのです。以上のことは、中村天風師がいつも仰っておりました。 [続きを読む]
  • 先師先人に学ぶ<br />
  • この人生において、私たちの人格が真に確立し、もはや惑うこともなくなるまでには到底、自分ひとりの力ではなし得られるものではありません。 私たちは常に権威ある人格、品性、気魄(きはく)、才能に接触し、誘掖(ゆうえき)され、陶冶(とうや)されて、始めてようやく、自己を充実し、洗練し、向上させることができます。この厳粛な事理を閑却し、蔑視する者は必ず人生に退転し、迷惑し、顛倒(てんとう)するの愚に終わらな [続きを読む]
  • 「天国言葉」の言霊パワーで神様を味方につけ、ツキを呼ぶ<br />
  • 「天国言葉」を日々の暮らしの中で、できるだけ口にして、「地獄言葉」は使わないようにしましょう。そして、丁寧な、美しい言葉遣いで話すようにしましょう。ちなみに、「天国言葉」というのは、日本一の高額納税者の斎藤一人さんがよく言われる、「ついてる。うれしい。楽しい。幸せ。ありがとう。感謝します。ゆるします」などの良い言葉を意味します。一方、「地獄言葉」というのは、「ついてないとか、不平不満。愚痴・泣き言 [続きを読む]
  • 人間性を練り、自らの人格を高め、深めていくために学ぶ<br />
  • 人はどんな環境にいても、その環境を生かして幸福のメロディを奏でることが、この世に生を受けた者に課せられた使命だと思います。 明末の儒者、呂新吾(りょしんご)にこういう言葉があります。 「学問の要訣はただ八箇の字にあり。徳性を涵養し、気質を変化す」 人が学ぶのは思いやりや誠実、勤勉、忍耐の心といった徳性というものを養い育て、悪い気質を良い気質に改めていくためだ、というのです。 私たちは人間性を練り、自ら [続きを読む]
  • 運をつかむには・・・
  • 北宋時代の中国の文人で、唐宋八大家の一人と言われた蘇老泉(そろうせん)の「管仲論」に次の言葉があります。 「効の成るは成るの日に成るに非ず。けだし必ず由(よ)って起る所あり。禍の作(おこ)るは作る日に作らず。また必ず由って兆(きざ)す所あり」 人が成功するのは、ある日突然成功するわけではない。平素の努力の集積によって成功する。禍が起こるのも、その日に起こるのではない。前から必ずその萌芽があるというこ [続きを読む]
  • 明るい職場(家庭)はあなたがつくるのです
  • 明るい職場は社長がつくるんじゃないです。 一人ひとりの社員、「あなた」がつくっているんです。よく未熟な人は、「うちの会社のここはこうだ」と文句をいいます。でも、その「うちの会社」というのは、「あなた」がいる会社でしょう。そこに何か問題があるとすれば、その元凶は「あなた」なんです。だから、自分が変わらなかったら会社なんて変わらないです。 国も家庭も同じことだと思います。 相田みつをさんに次のような詩が [続きを読む]
  • 自分の使命は?<br />
  • 不運が続くのは、自分の使命と違うことをやっている証拠です。 世の中は極めてシンプルにうまくできています。自分の使命に合うことをしていると自然と道もひらけて運もよくなってきます。一方、逆に使命に沿わないことをしていると、不運に見舞われたり病気になったりするのです。 自分の使命を見極めるヒントとして長所と短所が与えられています。運のよし悪しも、これと同様、人に自分の使命を見つけさせるヒントと言っていいで [続きを読む]
  • 快適な生活が送りたいなら
  • ゲーテは詩集「処世のおきて」の中で、「気持ちよい生活を送ろうと思うなら」といって、次のように説いています。 済んだことをくよくよせぬこと。 滅多なことに腹を立てぬこと。いつも現在を楽しむこと。とりわけ人を憎まぬこと。 未来を神に任せること。 以上、達人の言葉は古今に不変です。参考にしてください。 [続きを読む]
  • 「お蔭様で」という受け止め方ができるように
  • 本当は、待ち望んでいたことがやって来た時よりも、困ること、苦しいことがやってきた時に、人間は人間になれるものです。賢くなり成長できるものです。 人の世には悲しみを通さないと、見せていただけない世界があるものです。みなさんも、いろいろな悩み、苦しみ、心配ごとを持っておられるかもわかりませんが、そのことを経験した「おかげさまで」というような受け止め方ができるようになれると、そのことを通して、人は深みや [続きを読む]
  • 具体的な現実は、感情やフィーリングから創られます
  • 「あぁ〜なんだかワクワクして充実して満ち足りているな〜」というフィーリングを感じる練習をしてみて下さい。 前もって身体で知っておけば、その満ち足りたフィーリングを感じられるような具体的な人生の形を、身体があなたの周りに引き寄せ始めます。あなたが感じている感情やフィーリングがそのまま電磁場(オーラ)で固まっていき、現実の形態を創るのです。 「具体的な現実は、感情やフィーリングから創られる」ということを [続きを読む]
  • 人生はプロセスが目的なのです
  • あなたの人生には、特別に決まった使命や役目、目的があるわけではありません。意外でしょうが、人生には、特別な目的はないのです。 人生のすべてが目的です。すべてが大切で、すべてが価値あることです。すべて平等に価値があります。 生きることに特別な目的がないように、個々の人間にも特別な目的はなく、ただ自由な各自の選択があるだけです。もし何か絶対的な目的があったなら、それはあなたがそのように決めただけのことで [続きを読む]
  • 淡々とただ受け入れましょう
  • ただそうであるだけの個人自我を、ただそのまま無条件に受け入れてください。 「悲しい」 「辛い」、それはデータがあるだけです。どちらもデータに反応する個人自我を見たかっただけです。それを無条件に受け入れないから終わらないのです。この受け入れが充分になされることが大切です。 理想を捨ててみましょう。 人格だけでなく、今の状態や状況にも「特定の価値観」を持たないことです。 人格や現状は有限のものとしてとら [続きを読む]
  • 毎日、毎晩、今日あったいいことを数えよう!<br />
  • 自分が喜べることや楽しいと感じることを意識的に探すようにしましょう。どうしようもなく落ち込んだときに気持ちを切り替えるためには、「いいこと探し」をするのが効果的です。 「いいこと探し」とはその名のとおり、自分の身の周りにあるいいことを探してみることです。 普段、何気なく過ごしているときは気づかなかったような小さなことも、意識してみるとたくさん見つかるものです。 健康な人は目が見えることや耳が聞こえる [続きを読む]
  • より良いものでより悪いものをかすませる
  • 毎日を爽快な気分で過ごすためには、物事を良いの悪いのと区別しないで、より良いものの光によって、より悪いものの存在をかすませるのがコツです。 悪いところばかり見つめていると、それを勢いづかせることになってしまいます。意識するものは、拡大します。ありふれたことにも光を当て、無視しないで、数の中に入れて感謝しましょう。 私たちは、とかく所有していると、それを無視したり軽視したりしがちです。自分が持ってい [続きを読む]
  • 恨み、憎しみを持たないこと
  • 自分の幸福を壊しているのは、自分に悪いことをした「嫌な人々」ではありません。それは、悪いことを忘れないでいつまでも恨み続ける「自分の心」なのです。あなたを攻撃したり意地悪をした人も、やりたくてやったわけではなくて、ただ真理がわからなかったから過ちを犯したのだと思いましょう。 相手に仕返しをすることで、決して幸福は得られません。 子供が何か過ちをしでかしても、許してあげられるように、人を恨むのではな [続きを読む]
  • 心の扉を開きましょう
  • 世の中が、人が、自然が輝いて見える人。それは自分から心の扉を開いている人です。マイナスの面、みにくい面、汚いものだけしか見えない人は、自分の殻に閉じこもっているからです。心の扉をとざしていたら、美しいものも、いいものも見えなくなります。それは不幸なことです。 「よく見れば、なずな花咲く垣根かな」といいます。よく見れば、それまで見えていなかったものが見えます。 美しいものが見える心の目を持っていると [続きを読む]
  • 願望が若さと美貌の秘訣
  • 急ごうと思うから、足がはやくなります。綺麗になりたいと思うから若さと美貌が保てるのです。 人の行動は、条件反射的なこともありますが、多くの場合、意識的です。特にある時間を継続的にみると、このことが必須の条件であることがわかります。 急ごうと思うから歩幅が大きくなり、その速度が速くなるということです。 日々の営みも、長期的な人生そのものも、意志的にどうするかにかかっています。よりよい目標を達成するため [続きを読む]
  • すべての状況は心の投影です
  • 状況は多面性を持っています。楽観的、悲観的、どう見るか。心を変えれば状況も変わります。状況はすべて心の投影です。どんなに嘆き悲しんでも、事実としての状況は一つも変わりません。だとすれば、見方を変えてみたらいいのです。 心を変えれば、状況の色合いも変わり、意味も大きな変貌をとげます。 人生観、歴史観、宇宙観、死生観すべて心の所産です。ある状況をマイナス面からだけ見ていたら、新しいものは何も生まれませ [続きを読む]
  • 起こることは、自分の「意識」が引き寄せています
  • あなたのまわりには、あなたの考え続けたことだけが引き寄せられて起きています。 「こうなりたい」と望んだことも、「こんなことは絶対に起こって欲しくない」ということも、実は両方とも自分が引き寄せたことなのです。まわりに起こることは偶然ではなくてみんな自分が引き寄せています。ということは、自分次第で望むことだけを人生に起こすこともいくらでもできる、ということなのです。 運のいい人はいつも「自分は運がいい [続きを読む]
  • 環境は人を創りません
  • 人間は、心の奥底の支配的な思いにつきしたがい、誤った行いをつづけながら、また正しい行いに努めながら、やがては、それらの果実である自分自身の外部環境に行き着くことになります。 人びとが刑務所に入ったり貧困に苦しんだりするのは、過酷な運命や環境のせいなどでは決してありません。彼らがそうなるのは、ひとえに、彼ら自身の不純な思いと利己的な願望のせいなのです。 澄んだ心を持つ人間は、たとえどんな誘惑を受けよう [続きを読む]
  • すべては、必要・必然・ベストです<br />
  • 神様は生かすものは生かす、往生さすものは往生させます。神様は愛ですからその人に悪いようにはしっこない、と深く固く信じること。 起っていることは常にこれが今の自分に最善のことなんだと考え、どんなことも否定的に解釈しないことが大切です。 すべて起っていることは必要があって、必然的に、ベストなタイミングで起っています。 [続きを読む]
  • すべての出来事、すべての経験は単なる「機会」です
  • すべての出来事、すべての経験には、機会を創出するという目的があります。 出来事も経験も、「機会」なのです。それ以上でも、それ以下でもありません。 「悪魔のしわざ」とか「天罰」とか「神様からの褒美」などと考えるのは過ちです。 出来事や経験は出来事や経験として起るに過ぎません。それに意味を与えるのは、私たちがどう考え、どう行動し、どう応えるかです。 出来事も経験も、私たちに引き寄せられる機会で、意識を通し [続きを読む]
  • 重要なものは何もない
  • 本質的に重要なものは何もありません。 私たちが出来事に意味をつけ加えて、重要なものにしているだけです。 世界(宇宙)はある状況を与えることはできますが、その状況が何を意味するのかを決めるのは私たちです。 私たちが選択しなければ、何事も重要なことにはならないということです。 「重要なものは何もない」という知恵を充分に理解していれば、必ず役に立ちます。 慌てずにいられます。不安からも解放されます。平穏でい [続きを読む]
  • 今からでも運命は容易に改善できます
  • 人間の人生に幸・不幸の違いが生じるのは、つまり運命が分かれるのは、その人間の物事への執着具合によります。 多くの人を観察すると、幸運と不運、生と死、に分かれる事実が存在します。多くの人は、幸運や運命というものは、どこかの誰かによって勝手に自分に押し付けられた不公平なものだと勘違いしています。しかし、その結果を作っている犯人は、自分自身です。 人は、「自分がした過去のことを忘れている」、「自分がした行 [続きを読む]
  • 今の瞬間から、ずっとずっと明るく幸せな人生に出来る
  • 「継続する想いによって人生は支配されている」ということを自覚されるならば、その自覚の深浅に応じて、それが現実となってあなたの人生に現われてきます。 想念は動力であると同時に、ものの実質であるのです。 私たちが強く持続的に想い念じることが、その人自身の人生となり、運命となります。あなたが今、何者であるかということは、これまで何をあなたが持続的に想い続けて来たかを表しているのです。あなたは今、不幸であっ [続きを読む]