田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供405回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • 「中の力」を外へ出せ<br />
  • あなたが何となく幸福でなかったり、生きがいが感じられなかったり、健康でなかったりするのは、あなたの中に宿っている神様(内在の神)が喜んでいない証拠です。 内在の神が喜ばれないのは、あなたの中の神様の力を外に出してあげないからです。 出すべきものを出さなければ人間でも神様でも苦しいのです。あなたでも一年中部屋の中へ閉じ込められて外へ出してもらえなかったら喜ばないでしょう。神様も、あなたの中に宿ってい [続きを読む]
  • 望むように「在る」こと
  • あなたが、人生とは、「行動すること」だと考えているなら、あなたは、真の自己(魂)を理解していません。あなたの魂にとっては、暮らしのために、何をするかなどはどうでもいいことです。それは、人生が終わる時、あなたもどうでもいいと思うでしょう。 魂にとっては、どんな行動をするかではなく、その間どんなふうに在るかだけが大切です。 魂が追求しているのは在り方であって、何をしているかではありません。 「行動するこ [続きを読む]
  • どちらの方向へ変わるかはあなた次第です
  • 宇宙には「良い」状況も、「悪い」状況もないことを理解しておくことです。すべてはあるがままにすぎません。だから、価値判断をやめましょう。また、すべての状況は一時的です。どんなこともいつまでも同じままではなく、静止してはいません。どちらの方向へ変わるかはあなた次第です。 [続きを読む]
  • 人生(運命)を創造しているのは自分です<br />
  • 何かをする理由は、ひとつしかありません。 世間(宇宙)に向かって、自分が何者であるかを示すことです。そうすれば、人生は自己の創造になります。 私たちは人生を使って、真の自分、こうありたいと願ってきた自分を創造します。 又、ある行動を拒否する理由もひとつしかありません。それが自分にふさわしくなくなった、という理由です。その行為が自分の真の姿を表さないからです。 正しい自分を示したいと願うなら、自分にふさ [続きを読む]
  • 読書の効能(一書の恩徳、萬玉に勝る)<br />
  • 意義ある一冊の本から受ける恩徳は、多くの宝玉よりも大きいものです。また、良師の一言の教訓の貴重さは千金の重さに匹敵します。 自分を取り巻く社会の人に、持って生まれた自分の個性を発揮して世間から歓迎されるような生き方が最高の生き方です。いかに個性を発揮しても、世間にご迷惑をかけるような生き方はよくありません。 縦横無尽に自由自在に力いっぱい生きるには沢山の本を読むことです。 仕事の本、人生の本、自身を [続きを読む]
  • 高齢になっても、いつまでもいつも学び続ける<br />
  • 頭(こうべ)白しとて このことによりてのみ彼は長老(おさ)たらず彼の齢(よわい)よし熟したりとも これ空しく老いたる人とのみ よばれん2009年に101歳で亡くなられた松原泰道老師がよく口にされた「法句経」の言葉です。 「高齢者になったから尊いのではない。高齢者になってもなお道を求めてやまないところに年を取る意味があるのです」と師は言われるのです。 百一歳になってからも師は、「私はいま人の助けを借りなけれ [続きを読む]
  • 人は自分の発した言葉で自分の人生を創ります
  • 人は自分の発した言葉で自分の人生を創ります。 自分の周囲の環境や、自分が立たされた状況はすべて自分が発した言葉によって形成されていきます。ですから、朝から晩まで、「うれしいなー、楽しいなー、幸せだなー、豊かだなー、恵まれてるなー、愛してる、ありがとう、ツイてるなー」と言い続けると、この言葉しか言いたくなくなる人生に囲まれてしまい、生涯しあわせに暮らせます。 要するに、この世は「引き寄せの法則」が働い [続きを読む]
  • 「思い」は行い、肉体、環境、及びあらゆる体験の源です
  • 私たちが思うことは、私たちの行い、肉体、環境および、私たちが手にするあらゆる体験の源です。その源をきれいにしたならば、すべてのものがきれいになります。きれいな心からは、きれいな人生ときれいな肉体が創られ、けがれた心からは、けがれた人生とけがれた肉体が創られます。 心の中で繰り返しめぐらされている思いは、それが良いものでも悪いものでも、その内容に応じた結果を、肉体内で確実に発生させているのです。 病気 [続きを読む]
  • 今しあわせの只中にいる
  • 「幸せ」とは「何かを得る」とか「欲しいと思っていたものを手に入れる」ことではなく、「今の自分が幸せの中にいること、幸せの中に存在していること」を知ることです。 欲しいものを得たいとか、今以上の何かを得たいなど、自分以外の外に求めるものがあり、それが求められた、得られた、ということで「幸せ」を感じるならば、人生は実に苦悩に満ちたものでしかないでしょう。 幸せでない期間があるからです。思い通り得られない [続きを読む]
  • 幸も不幸も自分の心次第で創り出せる
  • 不幸も悲劇も存在しません。そう思う心があるだけです。 世の中はすべて「空」「中立」です。 同様に、「幸福」という名の現象も存在しません。 現象としてはすべて「空」「中立」です。 今の状態、今起っていることを「幸福」と思うか「不幸」と思うかは、すべて「私」の心しだいです。 幸を選ぶのも、不幸を選ぶのも、あなたにゆだねられています。どちらもあなたの自由です。 神(宇宙)は幸を選びなさいとは言いません。 [続きを読む]
  • 幸も不幸も自分の心次第で創り出せる
  • 不幸も悲劇も存在しません。そう思う心があるだけです。 世の中はすべて「空」「中立」です。 同様に、「幸福」という名の現象も存在しません。 現象としてはすべて「空」「中立」です。 今の状態、今起っていることを「幸福」と思うか「不幸」と思うかは、すべて「私」の心しだいです。 幸を選ぶのも、不幸を選ぶのも、あなたにゆだねられています。どちらもあなたの自由です。 神(宇宙)は幸を選びなさいとは言いません。 [続きを読む]
  • どんな状況でも、状況は思い通りに変えられる・・・
  • あなたが意味を与えるまで状況はまったく意味がありません。あなたが良い意味を与えることによって常にうまくいきます。どんな状況も、すでにその中に本質的に決まっている意味はありません。あなたが与える意味によって、そこから得られる結果が変わってきます。ですから、あなたのハッピーな人生にとっていかにも矛盾して見えるもの(状況)でも肯定的な意味を与えることによって、それが障害に見えなくなります。 障害を見よう [続きを読む]
  • これが宇宙の仕組み・・・
  • 人生を「上向かせる」には、まず人生についての考えを明確にしなければなりません。どうなりたいのか、何をしたいのか、何が欲しいのか、よく考えなさい。はっきりするまで、考えなさい。そして、はっきりしたら、今度はほかのことは考えず、ほかの可能性を想像しないこと。 否定的な考えは頭から追い出しなさい。悲観主義を一掃しなさい。疑いを捨てなさい。不安を拒否しなさい。最初の創造的な考えをしっかりつかんで放さないよ [続きを読む]
  • あなたはもっともっと素晴らしくなれます
  • どんなに「良い」と思っていても、もっと良いことがあります。 自分の考え、イデオロギー、宇宙観がどんなに素晴らしくても、もっと素晴らしくなれます。シェイクスピアが言うように「天と地の間には、お前の哲学では及びもつかないことがある」のだから。だから、開かれていましょう。オープンでいましょう。古い真実が心地良いからといって新しい真実の可能性を閉め出してはいけません。心地良さのゾーンが終わるところから、人 [続きを読む]
  • あなたの基準があなたにとっての王道です・・・
  • はじめは「これが正しいことだ」という思いに支えられて進んでも、自分の本音を抑えていれば、いつか必ず無理が出てきます。世間の考えた幸せを実現しても、あなた自身が幸せを感じることはできません。実現したあとも、次の幸せ探しがはじまります。 「自分の進みたいことに進むと、世間に迷惑をかける」という基準すら、あなたの「迷惑」という考え方の「枠」です。同じ基準をすべての人が持っているわけではありません。あなた [続きを読む]
  • あなたの基準があなたにとっての王道です・・・
  • はじめは「これが正しいことだ」という思いに支えられて進んでも、自分の本音を抑えていれば、いつか必ず無理が出てきます。世間の考えた幸せを実現しても、あなた自身が幸せを感じることはできません。実現したあとも、次の幸せ探しがはじまります。 「自分の進みたいことに進むと、世間に迷惑をかける」という基準すら、あなたの「迷惑」という考え方の「枠」です。同じ基準をすべての人が持っているわけではありません。あなた [続きを読む]
  • 判断基準・・・
  • 「こうあるべき」という判断基準は「絶対」ではありません。 時代や地域、自分の精神レベル、違う向きから見るとまったく違う解釈があります。 「正しさ」の基準も変わります。 枠のない宇宙から見たら、今の自分が考える「こうするべき」は、今の自分の枠の範囲内の判断であり、すべての次元に通用するわけではない、ということを常に認識しておきましょう。 [続きを読む]
  • 判断基準・・・
  • 「こうあるべき」という判断基準は「絶対」ではありません。 時代や地域、自分の精神レベル、違う向きから見るとまったく違う解釈があります。 「正しさ」の基準も変わります。 枠のない宇宙から見たら、今の自分が考える「こうするべき」は、今の自分の枠の範囲内の判断であり、すべての次元に通用するわけではない、ということを常に認識しておきましょう。 [続きを読む]
  • マイナスのエネルギーを創らないために・・・・
  • マイナスのエネルギーを一切つくらないために1、不平、不満、愚痴,泣き言、文句、悪口を言わない。 2、批判、言い訳、弁解はしない。 3、後悔しない。 4、正論の押し付けはしない。 「この考え方は素晴らしいから、あなたもそうしないとダメ」とか「絶対にこうすべき」とか。 5、あらゆる否定的なコメントをしない。 「こんな問題は解決できない」とか「絶望的な状況になった」とか「絶対に間違っていると思う」とか。 6、 [続きを読む]
  • 赦し・・・許してあげましょう
  • 自分の幸福を壊すのは、自分に悪いことをした「嫌な人々」ではありません。それは、悪いことを忘れないでいつまでも恨み続ける「自分の心」なのです。あなたを攻撃したり意地悪をした人も、やりたくてやったわけではなくて、ただまだ未熟で真理がわからなかったから過ちを犯したのだと思いましょう。この世には精神レベルの低い人高い人。未熟な人、成熟した人達が一緒に暮らし相互に学習できるようになっています。 相手に仕返し [続きを読む]
  • そのままに、あるがままに見ること
  • 世間のものごとに触れても、心が動揺しないこと。 憂いがなく、汚れがなく、安らかであること。これが最上の吉祥です。 人も勉強をし、経験を重ねると何が起こっても動揺しないで平安でいられるようになります。すべては見方、とらえ方次第です。すべてのことは良い方に肯定的に解釈すれば、すべてよい方へ向かいます。 選択は、あなたの自由ですが。あらゆることに、正邪、善悪、上下、大小、優劣、勝敗はありません。 [続きを読む]
  • そのままに、あるがままに見ること
  • 世間のものごとに触れても、心が動揺しないこと。 憂いがなく、汚れがなく、安らかであること。これが最上の吉祥です。 人も勉強をし、経験を重ねると何が起こっても動揺しないで平安でいられるようになります。すべては見方、とらえ方次第です。すべてのことは良い方に肯定的に解釈すれば、すべてよい方へ向かいます。 選択は、あなたの自由ですが。あらゆることに、正邪、善悪、上下、大小、優劣、勝敗はありません。 [続きを読む]
  • そのままに、あるがままに見ること
  • 世間のものごとに触れても、心が動揺しないこと。 憂いがなく、汚れがなく、安らかであること。これが最上の吉祥です。 人も勉強をし、経験を重ねると何が起こっても動揺しないで平安でいられるようになります。すべては見方、とらえ方次第です。すべてのことは良い方に肯定的に解釈すれば、すべてよい方へ向かいます。 選択は、あなたの自由ですが。あらゆることに、正邪、善悪、上下、大小、優劣、勝敗はありません。 [続きを読む]
  • プラス面を評価する、明るい方を見て生きる
  • 極端な場合を除き、どんな出来事・事件にも、プラスに見えるところとマイナスに見えるところが同居しています。ものに表(光が当たっているところ)と裏(影になっているところ)があるように、常にプラス面とマイナス面があり、その表の部分(プラス面)を評価するようにすると、ものや人の見方は変わります。 人生にトラブルが多い人は、たぶん、人や出来事のマイナス面ばかり見ていて、批判的だからでしょう。 自分が物事を好意 [続きを読む]