田村季山 さん プロフィール

  •  
田村季山さん: 人生を上手に生きるために
ハンドル名田村季山 さん
ブログタイトル人生を上手に生きるために
ブログURLhttp://happy-life358.seesaa.net/
サイト紹介文人生を上手に生きるためのヒントとなるようなことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/07/11 17:36

田村季山 さんのブログ記事

  • 自分の発した言葉が自分の人生(運命)を創っている<br />
  • 人は自分の発した言葉で自分の人生を創っています。自分の周囲の環境や、自分が立たされた状況はすべて自分の発した言葉によって形成されていきます。ですから、朝から晩まで、「嬉しい、楽しい、幸せ、愛してる、ありがとう、大好き、ついてる、豊かだな〜、恵まれてるな〜」と言い続けていると、この言葉しか言いたくなくなる人生に囲まれてしまいます。何でも、自分で実際に試してみることは大事です。必ずそうなります。あなた [続きを読む]
  • 当たり前の水準<br />
  • 思い通りにならなくて当たり前だと思っている人は、思い通りにならなくて当たり前なのですから、それでゼロです。そして、少しでも自分の思い通りになったり、思いがかなったりしたときには、それが「嬉しい、楽しい、有難い」ということになります。ですから、「思い通りにならなくて当たり前。だけど、思いがかなってくれたら嬉しいな」と思っている人には、ゼロか、「嬉しい、楽しい、幸せ」しかやって来ません。自分の思ったこ [続きを読む]
  • 「そう思う心」があるだけ
  • 宇宙には「不幸」や「悲劇」は存在しません。そう思う心があるだけです。また「幸福」という名の現象も存在しません。そう思う心があるだけです。宇宙の現象には「幸」も「不幸」も、「プラス」も「マイナス」もなく、「成功」も「失敗」もありません。「敵」も「味方」もなく、「勝利」も「敗北」もありません。宇宙的には、「絶対的なもの」としては、それらは何一つ存在していません。「そう思う心」があるだけです。どんな現象 [続きを読む]
  • 「そう思う心」があるだけ
  • 宇宙には「不幸」や「悲劇」は存在しません。そう思う心があるだけです。また「幸福」という名の現象も存在しません。そう思う心があるだけです。宇宙の現象には「幸」も「不幸」も、「プラス」も「マイナス」もなく、「成功」も「失敗」もありません。「敵」も「味方」もなく、「勝利」も「敗北」もありません。宇宙的には、「絶対的なもの」としては、それらは何一つ存在していません。「そう思う心」があるだけです。どんな現象 [続きを読む]
  • 潜在能力を開く<br />
  • 潜在能力を使ったり、目覚めさせるには、自我を減少させることが必要です。自分だけがかわいい、大事だと思わないで、宇宙の存在物全てに「愛」を投げかけましょう。人間が持つ「自己中心的ないやらしい部分の人格」を少なくし、全ての存在物に優しさと慈しみの心を持つことをすれば、「潜在能力」は必ず花開きます。「自我の欲望」を少なくできれば、波動としての宇宙の情報が沢山入ってきます。そうなれば、思いは次々と実現しま [続きを読む]
  • 空海の座右の銘・・・<br />
  • 空海ほどの優れた人でさえも座右の銘を持っていました。その言葉はどんなものであったのでしょうか?その言葉とは・・・、己の長を説くなかれ他人の短を言うなかれということであったそうです。「自分の長所を、どうだすごいだろう、と説明するな。他人の短所を口にするな」という意味です。人間には自慢する心、慢心、自己顕示欲、そういったものがいつも、芽生えようとしています。自慢話を喜んでくれるのは、母親だけなので、そ [続きを読む]
  • 今、現在に最善を尽くす
  • 感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていきます。逆境もよし。順境もよし。要はその与えられた境遇を素直に生き抜くことです。どんなに悔いても過去は変わりません。どれほど心配したところで未来はどうなるものでもありません。いま、現在に最善を尽くすことです。また、今この状況が最善と思っていつも生きていきましょう。 [続きを読む]
  • あらゆる現象・出来事・状況は中立です
  • ひとつの現象や出来事には、「プラス」も「マイナス」もありません。しかし、「感謝の心」を意識しはじめた人は、「普通の出来事」にさえ幸せを感じられるようになります。そして、そのような人は「一般的に不幸」といわれるような現象(状況)に対しても、「幸せととらえる」ようになります。その結果として「たくさんの幸せが降ってきている」ように感じることができます。感謝の多い人は、さらに感謝したくなる現象に囲まれます [続きを読む]
  • 既にもの凄く恵まれていることに気づく
  • 足りないものに目を向けるのではなく、自分がどれほど恵まれた状況に囲まれているか、ということに手を合わせること(感謝)ができたら、事態は一変するかもしれません。「あれが欲しい、これが欲しい」ではなく、すでに「ものすごく恵まれている」ことに気づくことです。「あれも足りない。これも足りない」と言うことは、「あなたのやってることは、気に入りません」と、神(宇宙)に向かって宣戦布告しているようなものです。既 [続きを読む]
  • 全てをありのままに受け入れること
  • 私たちの悩みや苦悩は、私たちの中にある狭い価値観や好き嫌いの感情によって生まれているのかもしれません。自分の思うような人であれば受け入れる、好きになる。自分の思うような人でなければ受け入れない、嫌いになる。という選び方をしている限り、私たちは悩みや苦悩から抜け出すことはできません。日常の中で大切なことは、目の前にいる人・こと・ものを好き嫌いで分ける訓練ではなく、すべてをありのままに受け入れる訓練を [続きを読む]
  • ピンチと認識する自分の認識力の低さを反省する
  • ピンチという現象そのものは宇宙には存在しません。ピンチと認識する自分の認識力の低さをやめましょう。現象はゼロです。宇宙にはピンチやマイナスの現象があるわけではありません。現象はすべてゼロです。それを自分がどう思っているかだけです。もともとピンチという現象はありません。ピンチと認識すること自体が、まだきちんと宇宙を認識していないということです。 [続きを読む]
  • 「自分がどう生きるか」です…。
  • 「今、自分の家族に、すごく元気のない人がいる。病気の人がいる。引きこもりの人がいる。ウツ病傾向の人がいる。自閉症傾向の人がいる。そういう人をどうしたら治してあげられるでしょうか」という相談がたくさんあります。その人をどうこうする必要は全然なくて、自分がどう生きるかだけを考えることです。「私」が元気に楽しく幸せに明るく生きていると、周りの人はどんどん元気になります。もし、家族で一人でも、楽しくて幸せ [続きを読む]
  • 起こってくる現象を受け入れる
  • 自分の辛く悲しい感情というのは、その現象を否定しているからであって、その現象を受け入れれば、どこにも悩み苦しみは存在しません。すべての現象は、受け入れないから辛いのです。すべてを受け入れて、「思い」を持たなければ、悩み苦しみは生じません。「思い」を持っていないようにみえても、悩みや苦しみだと自分の感情を言ってしまう人は、受け入れていないのです。起ってくる現象を受け入れて、今できることをやっていれば [続きを読む]
  • すべての本質は空(くう)です・・・
  • 私たちが「楽しい」とか「つまらない」と言っているその現象とは、楽しい現象やつまらない現象が独自に独立して存在しているわけではありません。淡々とした何の性格もない空(くう)である現象が続いているのです。それを私たちは「楽しい」とか「つまらない」などの性格を付けて見、判断し、評価し、論評しているのです。このことが本当に理解できた人は、その瞬間から悩み・苦しみ・苦悩・煩悩から離れることができます。 [続きを読む]
  • 相手を変える必要はありません
  • 多くの人は、自分の価値観の中に相手を連れてこようとして苦しみます。こういう場合は、その人の良いところも悪いところも踏まえた上で、そのまますべてを受け入れてしまえばいいのです。すなわち、自分の心を広げる。許容度、寛容度を上げるということです。「世の中には、そういう人もいるよね〜」と、自分の価値観を押しつけないで、「気にならない人」になることです。相手を変える必要なんかどこにもありません、その人を認め [続きを読む]
  • 既に持っていること、今ある恵みに目を向ける
  • 悩みや苦しみというものは、自分が足りないものを挙げつらねて、「足りないものをよこせ」「足りないものが欲しい」と言っているだけのようです。ないものを欲しがるのではなく、自分がいま持っているものを喜ぶと、自分がどれほど恵まれているかに気がつきます。ないものをねだるのではなく、自分に与えられて、すでに恵まれているものに目を向けたら、自分はどれほど恵まれているかわかりません。どれほど満たされ恵まれているか [続きを読む]
  • イライラする考え方をやめる・・・<br />
  • 相手を変える必要なんかどこにもありません。その人を認めて、自分が「気にならない人」になったら、それで「終わり」です。自分の価値観を押しつけないで「気にならない人」になる。すなわち、自分の心を広げる。許容量、寛容度を上げるということです。すべてのことに鷹揚になって、イライラしなくなったら自分が一番ラクだということです。そもそも、宇宙にはイライラする現象があるのではなくて、イライラする考え方をするから [続きを読む]
  • 実践しているか? 言ったように生き、やってることを言う<br /><br />
  • 聖書や仏典などの本を十日間読めば、誰でもキリストやお釈迦様と同じことを話せるようになります。しかし、だからといってその人が、キリストやお釈迦様と同じように周囲から尊敬されることはありません。それはその人が「実践」をしていないからです。みんながその人の話を聞くようになるかどうかは、話が立派かどうかではありません。人が耳を傾ける理由は、その人が、本当に「そう生きているか」どうかだけです。いくら能書きが [続きを読む]
  • 本来の友とは・・・<br />
  • 私たちは「友」という概念を非常に狭い意味でとらえがちです。友というものは、年齢が近く、同じような趣味を持ち、同じような音楽を聴き、同じような遊びに関心がある人、というふうに考えている人が多いようです。しかし、本来の「友」とは、遊び相手とか遊び仲間というようなものではなくて、人生上の悩み・苦しみ・苦悩・煩悩を少しでも軽減してくれるような「気づき」を教えてくれる人のようです。それは同時に、自分もそうい [続きを読む]
  • 「バランスのいい食事」というのは実は体によくありません<br /><br />
  • 現代人は「何でもバランスよく食べる」ことを美徳としていますが、これは人間の生理と食性を無視した考え方です。1956年にアメリカの農務省が発表した四大食品群(第一群=肉、魚、卵。第二群=乳製品。第三群=野菜と果物。第四群=穀物)というのは、四大食品業界の利益確保のために考案されたスローガンです。農務省の使命は国民の健康管理ではなく、すべての農産物の在庫の一掃でした。そのために栄養士を利用して、国民が [続きを読む]
  • 名医は少ない<br />
  • 現代医学が信奉する栄養学による食事療法は、生活習慣病の蔓延に貢献してきました。これは信じられないことですが、現実にそうなっています。病院で出される食事は、うどん、ジャムパン、マーガリン、スキムミルク、ベーコンなどの粗悪な加工食品と加工の過程でタンパク質や食物繊維が破壊された豆腐、こんにゃくなどの自然食品と称す加工食品、鶏肉の炒め物や魚の塩焼きなどの血圧を上げる料理がほとんどです。「糖尿病のための食 [続きを読む]
  • 宣伝と真理は違います<br />
  • 多くの人は、カロリー計算をして何でもバランスよく食べれば、健康的な食生活だと思っています。カルシウムは乳製品から、タンパク質は肉や魚から、小魚は骨を作る、果物は太るもの・・・そう固く信じ込んでいます。これらの間違った栄養学の考え方が、日本ではまるで宗教のようにいまだに信仰されているのは、この国が世界の栄養学の巨大な潮流に疎いという事実に加えて、様々な食品業界が国民の健康管理を行うはずの厚生労働省と [続きを読む]
  • 際限はありません
  • 今の考え、今の状況がどんなに「良い」と思っても、もっと良いことがあります。自分の考え方、環境、宇宙観がどんなに素晴らしくても、もっと素晴らしくなれます。だから、もっと開かれていましょう。もっとオープンでいましょう。古い真実が心地良いからといって、新しい真実の可能性を閉(し)め出してはいけません。心地良さのゾーンが終わるところから、人生が始まります。 [続きを読む]
  • 否定的な想像、思いに発展させない
  • いろいろな状況に出会ったとき、あわてて今まで自分が学んできた定義づけで解釈しようとしないでください。起きていることには何も意味がないということを思い出して特定の意味を与えないでください。「どんな状況からも肯定的な結果が得られるのだ」ということを思い出し、信頼して、肯定的な結果を探し自分に引きつけてましょう。 [続きを読む]