ポリー さん プロフィール

  •  
ポリーさん: 冷えても夫婦は継続中
ハンドル名ポリー さん
ブログタイトル冷えても夫婦は継続中
ブログURLhttp://lonely-polly.blogspot.co.uk/
サイト紹介文英国在住。穏やかな生活が送れると思いきや、イギリス人夫の浮気発覚や予期せぬ義両親との同居に悩む日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/07/12 07:44

ポリー さんのブログ記事

  • たくましくなったと思う。
  • 段々寒くなってきて、朝起きるのがとにかくつらくなってきた。いつも大体4時頃起床するのだが、皆が寝静まった時間帯は寒い。この頃は、湯たんぽを抱えながらソファーに座って、コーヒーを飲むのが日課になっている。そういえば今年は、ずっと湯たんぽを使っている。我ながら驚くが、夏も湯たんぽを使用していた。今朝は、コンソメスープとプロテイン入りのパンで作ったサンドイッチ、サラダを朝食に出した。皆が朝食べるわけでは [続きを読む]
  • 子供が欲しいと言いたい。
  • 「ところであなたはいつ妊娠するのかしら」昨夜の夕食後、使用したお皿を洗っていると、キッチンにワインを取りに来た義母に、そう唐突に言われた。怒られ慣れているので今更義母に怒られても動じないが、今回は全く予期せぬ言葉だったので、本当に驚いたし、動揺する自分がいた。洗っていたお皿が、手から滑り、派手な音を立ててシンクに落ちた。私が言葉に詰まっていても気にせず、義母は「で?いつなの?」と再度私に尋ねてきた [続きを読む]
  • ポルトガルへ出張。
  • 海外出張を命じられた。出張や外回りと縁がなく、デスクワークが私の業務だと思っていたが、突然上司…今は社長の立場である元上司に海外出張を命じられた。しかも何故か、週末に。日本だと週末の出張は結構当たり前だが、こちらの認識では週末は休むもの。休日である週末に出張だなんて驚きだが、イギリス人にしては随分仕事熱心な社長だから、仕方ないのかもしれない。今週の金曜日から出張。週末を仕事で潰されるのは不本意だが [続きを読む]
  • 甘ったるいケーキで送別会。
  • 昨日夫に「明日ケーキを焼いて欲しい」と言われた。何でも社員に退職する人がいるので、午後のティータイムの時にケーキを振舞いたいのだという。それは別に構わないのだが、この間夫に、「低糖質のメニューを提供しているレストランがある」と嘘をつかれたこともあり、当初は本当に退職する人のためにケーキを振る舞うのか、疑っていた。しかし、今回は本当に本当だった。退職する社員は、私も面識のある女性。結婚を機にご主人の [続きを読む]
  • 本人がそれでいいなら仕方ない。
  • 夫は数ヶ月前よりも、かなり太った。言葉は悪いが、醜く見える。しかし、日本よりもイギリスは、肥満に寛容だと思う。太っている人は多いし、日本だと難しいが、太っていても恋人がいる人は山程いる。家族は夫を痩せさせようと必死だが、世間的には夫の肥満レベルは、取り立てて騒ぐことではないのかもしれない。だがいくら日本より多少肥満に寛容だとしても、夫の周囲には、肥満はいない。仕事仲間は皆普通体型か痩せ型だし、中に [続きを読む]
  • また早く起きてしまった。
  • 今朝はすごく早く目が覚めてしまった。また3時に。就寝したのは1時だったので、あまり寝た気がしないが、何故か目が覚めてしまい、頭が妙にクリアだった。もう寝てても眠気はこないだろうという感じだった。そういえば先週もこんなことがあったなと思う。仕方ないので3時から起きて、家のことをしたり、家族の朝食の準備をした。そしてまだ皆が起きる前に、家を出た。仕事までに時間があったので、ジムに行ったのだ。こういう時、 [続きを読む]
  • 85kg。
  • 今朝夫が、珍しく体重を測っていた。何でも前日にお腹を壊したからとかで、体が軽いのだという。実は昨日、夫はキヌアを食べた。私や他の家族は以前から食べていたが、夫はキヌアを避けていた。だが昨日、夫はランチで止むを得ずキヌアを食べたらしい。個人差はあると思うが、キヌアは下痢になりやすい。夫は下痢になった。夫はお腹を壊して下痢になったので、体の中のものは全て出て行ったそうだ。そのため体がすごく軽い、としつ [続きを読む]
  • 本日の飲み会。
  • 新しい職場に勤めだしてから、早2週間。元々前の職場で共に働いていた同僚達なので、新しい職場といえども、新たに人間関係を築かなくていいし、気が楽だ。今日の夜は、飲み会。少人数の会社になったからか、前よりもチームワークが強いし、飲み会も頻繁だ。私だけかもしれないが、イギリスでは女性一人で飲みにいけない空気を感じるので、こうやって頻繁に飲みに行けることは、結構ありがたかった。しかも上司の気前がいいため、 [続きを読む]
  • 夫婦の形とは。
  • 世間の子供がいない夫婦は、一体どうやって過ごしているのだろう。きっかけは思い出せないが、ふと気になった。私と夫のような関係は稀なのかもしれないと思っていたが、先日、知人の共働きの夫婦は、同じ家に住んではいるが、自分のことは全て自分でするらしい。自分のことは全て自分でするのは当然といえば当然なのだが、私の知人の夫婦は全てが別なのだ。一般的には、夫婦のどちらか一方が全て家事をする、または、分担して家事 [続きを読む]
  • 更年期なのかもしれない。
  • 今日の朝、仕事に行きたくないと感じた。結局気力を振り絞って出勤し、今会社にいるのだが、今も正直やる気がないし、帰宅したいと思っている。仕事だけではない、家事をするのも億劫だった。今朝たかだが洗濯機を回すのも嫌で、洗濯カゴに入った家族全員の洗濯物を見るだけで、イラついた。物によるのかもしれないが、私が知っている限りイギリスの洗濯機は小さい。一回ではとても家族全員分は、洗濯できない。しかも洗濯が長い。 [続きを読む]
  • 眠れなかった。
  • 今、イギリスは朝の3時だ。何故か一睡もできなくて、ベッドに横になっているのがつらくなってしまい、こうしてパソコンに向かっている。あと1時間もしたら、朝の準備もしなければならないのに、一睡もできなかった。眠れないことも最近の悩みだが、便秘や胃痛、胸のむかつきも最近の悩みだ。特に腸内環境と胃痛は最悪で、ほぼ毎日不調だ。こういう時は、本当に日本に帰りたいと思う。日本のように気軽に病院に行きたい。そして何か [続きを読む]
  • また人のせいにする。
  • 私の提案で、夫と私は、夫の行きつけの洋服屋に行った。太る以前は、夫は自分の行きつけの洋服屋に毎週行っていて、店員さんと良い関係を築いていた。久しぶりに赴くので、夫は日本で買ったお土産を店員さんにあげるつもりだった。お店に入った時、店員さんは、太った夫を夫だとわかっていなかった。対応は普通だったが、「誰だこのデブ」というような視線を送ってきた。そして夫をスルーし、私に「何かお探しですか?」と声をかけ [続きを読む]
  • 着れる洋服が限られてしまった夫。
  • 夫は急激に太ったため、今家にある洋服で着られる物は、ほとんどない。それぐらい、太ってしまったのだ。人間ってこんなにも突然短期間で太ってしまうものなのか…と勉強になったが、着られる洋服が限られてしまったことは、結構問題である。この間まで細身の体型だった夫は、身だしなみにすごく気を遣っていた。いつも同じジーンズとトレーナーや、堂々とレギンス一枚のファッションをし下着のラインを平気で露わにしている…など [続きを読む]
  • 今年もあと二ヶ月で。
  • もう10月になってしまった。2017年も二ヶ月とちょっとで終わってしまう。年々一年が終わるのを早く感じてしまうのは、私も年をとったからなのだろうか。大半の人がそうだと思うが、年をとることをポジティブに考えられない私は、すごく憂鬱だ。今年の冬は、日本で過ごしたい。ここ数年、日本の年末からは随分と遠ざかっている。 久しぶりに日本の師走とお正月を感じたいという気持ちはもちろんだが、クリスマスディナーだの、シー [続きを読む]
  • 夜中に電話。
  • 朝方、誰かの話し声で目が覚めた。体は起こさず目だけで確認すると、夫が誰かと電話をしていた。おそらく、朝の4時くらいだったと思う。こんなに早い時間に誰と電話しているのか、すごく気になった。私が寝ている寝室で堂々と電話をするくらいだから、相手はやましい相手ではないのだろう。私が寝ているというのに、寝室で電話をするなんて、すごく迷惑だと思った。このまま寝ようと思っても話し声が気になってしまい、全く眠れな [続きを読む]
  • 頑張っているならいいと思うけれど…。
  • 昨夜夫に、「低糖質のメニューを提供しているレストランを見つけたから、一緒に行こう」と言われた。低糖質のプロテインバーやパンが売っていることは知っているが、低糖質のメニューを提供しているレストランがあるとは知らなかったので、興味あった。それに夫自ら、痩せる意志を見せてきたことに、私は少し感動した。一昨日ジャンクなポテトを貪っていた夫とは、思えなかった。しかし、私がばかだった。早速昨夜夫が言う低糖質レ [続きを読む]
  • ご祝儀の催促。
  • 大した親しくない大学の友人が、結婚することになった。正直友人と呼べるのかわからない間柄なのだが、一応年に一回はやりとりがある。そういう間柄だ。だがこの度、彼女の結婚式に招待された。結婚式に招待はされたが、私は行かない。日本に住んでいないことが主な理由だが、彼女とは親友と呼べるような関係ではないので、わざわざ彼女のために一時帰国するのは微妙だ。もちろんこれが本当に親しい親友なら、喜んで一時帰国して出 [続きを読む]
  • 義母とカウンセラー。
  • この頃ますます感情の起伏が激しい義母に、カウセリングを受けさせたい。この願いは私だけではなく、義姉もだった。義姉が色々カウンセラーを探してくれた結果、彼女の友人の友人がカウンセラーだった。義母の話をすると、カウンセラーは快く引き受けてくれた。そして先日の土曜日、ホームパーティーを開いた。表向きは、義姉が自宅に友人を招いただけという感じだが、本来の目的は義母を、カウンセラーに会わせるということだった [続きを読む]
  • 明るい月曜日。
  • 先週の月曜日から新しい職場に勤めて、ようやく一週間が経った。仕事という仕事はまだしておらず、身の回りの整理などが主な仕事なので、忙しさはない。それは楽なのだが、出勤する時に、体がまだ覚えていないのか、未だに前の職場に行こうとしてしまう。今の職場はあまり馴染みがないエリアなので、それもあるのかもしれない。一番楽なのは、同僚達が皆昔の職場にいた人達のため、気負わなくていいところだ。 今夜は職場の飲み会 [続きを読む]
  • ジムのウェア。
  • 新しいジムウェアを購入した。オンライン上でセールをしていたので、ついたくさん購入してしまったが、なかなかデザインが可愛いジムウェアなので、すごく満足している。本当は家に届けてもらおうと思ったが、すぐに欲しかったので、お店に取りに行くことにした。今日の仕事帰りに、お店に取りに行く予定だ。私は大学卒業後、普通に日本で働いていた。その時は、とにかく何でも挑戦して頑張ろうという思いがあり、所謂意識高い系だ [続きを読む]
  • マクドナルドのデリバリー。
  • 昨日の仕事帰り、私はスポーツジムに寄り、運動をした。筋トレ後、有酸素運動のため、動画サイトの動画を観ながらランニングマシーンで走っていたのだが、動画の途中で流れるCMに、とてつもなく魅力的なCMが流れたのだ。そのCMは、マクドナルドがデリバリーサービスを開始したというもの。日本以上にデリバリーが充実しているイギリスだが、私は以前からファーストフードのデリバリーサービスがあればいいなと思っていた。まあ普段 [続きを読む]
  • 自分で頑張ってよと思う。
  • 義母が糖質制限ダイエットを推してくるので、今現在の我が家の食卓は結構食材が限定されている。最初は糖質制限に対して、「健康にいいし、体型を見直したい」と好意的だった義姉や義父も、少し飽きてきたようだった。それでも夫と違うのは、二人とも例え飽きても、しっかりと継続しているところである。糖分が足りないと、何だか無性にイライラする時があると思う。だからこそ私は、完全に糖分を抜いている義母には反対で、特に朝 [続きを読む]
  • 週末はいつもお皿や物が壊れる。
  • この週末は、久しぶりに夫と口論をした。口論の原因は、ダイエットのことだ。最近の我が家の揉め事の元凶は、ダイエットの話題しかない。私は痩せる気がない人には何を言っても無駄だと思っているので、家族が一生懸命痩せさせようとしているにも関わらず、家族に隠れてこっそりお菓子を食べている夫には、何も言わないようにしている。だが義母は、そうではない。自分の息子が醜いレベルで太ってしまったことは、義母にとって相当 [続きを読む]
  • お世話になった職場を去る日。
  • 今日で私は、数年勤めていた職場を退職する。この職場には、外国人で英語もろくに話せない私を雇ってくれたことを、本当に感謝している。上司や社長、そして同僚たちには、感謝の気持ちでいっぱいだ。だがここ数ヶ月の嫌がらせには、結構まいった。辞める人間に対してどことなく冷たくなるのは仕方ないことだし、わからなくもない。社長からすれば、対立していた部下(私の上司)に私がついていく形で辞めるのだから、面白くない気 [続きを読む]
  • 義母をカウンセリングさせたい。
  • 義姉が友人の紹介で、近場でカウンセラーに巡り合うことができたらしい。カウンセラーとは、義母のためにである。以前からではあるが、この頃更にすぐにキレたり、人に怒鳴りつける義母。家族だけならまだしも、近所の方々ともいつトラブルを起こしてもおかしくない程の、尖り具合だ。さすがの義姉も、この状態の義母はヤバイと感じたらしい。自ら義母のために、近場でカウンセラーを探し出してくれたのだ。だが自分をおかしいと思 [続きを読む]