Moana さん プロフィール

  •  
Moanaさん: カナダの風に吹かれて
ハンドル名Moana さん
ブログタイトルカナダの風に吹かれて
ブログURLhttps://ameblo.jp/chikipop/
サイト紹介文カナダの首都オタワからフレンチ・カナディアンの夫との生活、大好きな旅の話など発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/07/13 02:09

Moana さんのブログ記事

  • 100点満点の夏。
  • 夫の妹、ステファニー一家のサマーハウスで少し前に開催されたパーティーの様子です。いつものメンバーが揃い、楽しいひとときが過ごせました。私は、セント・アルバートの出来たてチーズと、ジャマイカのアップルトン・ラムで作るラムパンチなどを担当しました。ラムパンチは好評で、この大きなパンチボールに二度も補給したほどです。パーティーでは、下手にお腹にたまるアペタイザー何かを持っていくより、こういう方が喜ばれる [続きを読む]
  • 罪悪感いっぱい
  • 食べ物の話ですが、カルチャーショックのテーマに入れます。なんだかとても疲れて眠かったので、夕食はテイクアウトにしよう、と夫に提案しました。特に女性の方には分かってもらえるんではないでしょうか?月に1度、無性にジャンクフードや炭水化物が食べたくなる時だったんです。ピザとプティンでいいね、ということになり、夫が取りに行ってくれました。(プティンに関してはFood & Drink のテーマで何度か紹介しています。)ミデ [続きを読む]
  • バスルーム完成!!
  • 今住んでいる家の地下は、建てた当初は打ちっぱなしのコンクリートとむき出しの木材で、こちらで言うところのUnfinished Basement でした。器用な夫は、このスペースを少しずつ改築し、単なる物置場所から、居住空間に変えていきました。その中でも、一番大変でお金がかかるのがバスルーム。でもやっと完成しました!配管以外は、すべて夫の手によるものです。特にこのタイル張りの完成度に関しては、プロからも絶賛されるほどでし [続きを読む]
  • カナダ、夏の風景
  • この辺では夏はとにかく水辺で過ごすのが一般的です。水辺といっても湖ですが、特にオンタリオ州はカナダ中で湖沼の数が1番多く、あちこちにアクセスしやすい湖があります。2週間前の週末、また夫と釣りに行ってきました。日中は暑いので、午後出かけて夜9時まで湖の上にいました。葦が夕暮れの風に揺れています。私たちの行く湖はとても大きいので、一旦マリーナを出てしまうとほとんど人に会うことがなく、ゆっくりとリラックス [続きを読む]
  • 一時間でできるボランティア
  • 3年ぶりにやってきました。こちら。献血です。冬よりも夏の方が献血をする人の数が少ないと聞いて少し驚きましたが、みんな夏休みでコテージに行ったり出かけたりしているからだそうです。献血の後はおやつコーナーで休憩。中にはフラッとなってしまう人もいるので、意外に大事なコーナーです。クリニックは職場から歩いて5分ぐらいのところにあるホテルにやってくるので、とても便利。(終わった後に巻いてくれる包帯がカワイイ) [続きを読む]
  • 進化する寿司
  • 今日のランチは久しぶりに奮発してお寿司を買いに行きました。ファーストフード系のSushi Shopと言うお店です。オーダーしたのはKAMIKAZEという太巻きと、DIABOLOという軍艦もどき。 こうした名前から分かるように、北米では日本人以外の人にも親しみ安くなるよう、寿司のフュージョンやアレンジがとても進んでいます。この店にいたってはスシピザ、スシタコス、スシバーガーまであるんです!以下はSushi Shopのフェイスブックより [続きを読む]
  • バックヤードの花たち(7月)
  • 7月は庭が一番華やぐ月です。今年は猛暑のため、普段は8月になってから咲く花たちがどんどん咲いてしまっていて、今から8月の庭が寂しくならないか心配してしまうほどです。デルフィニウムは、170センチの私の身長をゆうに超える高さ。たくさん咲いてくれたのは良いのですが、風に弱いので支柱が必要です。青い花と言うのはとても珍しいので、家を訪れる人たちにとても驚かれます。今年は百合がとてもよく咲いてくれました。5月の [続きを読む]
  • ひっそりと美しく…
  • ガーデニングの季節になると、どうしても家の外の花に注意がいってしまいますが、家の中でもこんなに美しく咲いています。この蘭はもうそろそろ10年になります。ちょっとだけ入院した時があり、その時に義母からもらったものです。もらったときには1輪咲のような感じで、入っていた鉢も小さかったのですが、花をもらうと構いたくてしょうがない性分の私。どんどん大きくなって、鉢も2〜3回替え、現在の大きさになりました。数年 [続きを読む]
  • ”森について思うこと”
  • 素晴らしい記事にとても感動したので、リブログしたいと思います。山梨の実家に帰るたび、山里から動物が降りてきて田畑を荒らすことが問題になり、結果的にその動物が殺されてしまうと言う切ないニュースをよく見ます。人間と自然の共存は難しい課題ですが、こちらブログの記事に大きなヒントがあると思いました。 [続きを読む]
  • 今日の朝は…。
  • 地元のカレッジにやってきています。州政府の雇用促進プログラムの一環で、リストラなど雇用先の都合で解雇された人たちが、再度教育やトレーニングのチャンスを与えられ、大学で資格や新しいスキルを身に付けられるプログラムがあります。州政府資本なのでなんと学費は政府持ち、という素晴らしいプログラムですが、誰でもその機会が与えられるわけではありません。私は申し込みのあった、または申し込んでみたい人々のカウンセリ [続きを読む]
  • ごめんねミヌー
  • 日本に帰国してた時、地元のショッピングモールで発見した、猫用の被り物がとれるガチャガチャ。狂喜した私は、なりふり構わずガチャガチャにしがみついて、全種類集めるんだと相当な散財をしました(笑)。3つ目が出てきた後、ガチャガチャがスタックしてしまい、ちょっと叩いたり、揺らしたりしてみても、入れたお金は挿入口のちょっとだけ奥にスタック、レバーも詰まってしまいました。カスタマーサービスセンターに行って直して [続きを読む]
  • オタワ砂漠化…?
  • というのは大げさですが、ここ3週間まともに雨が降っていません。その上気温はすごく高く、1週間の半分以上が、30度から35度前後という日が続いています。オフィスは冷房が効いているので、外がどんなに暑くても中は涼しく、場合によっては冷えすぎてしまうので、今日もちょろっと散歩に行ってきました。いつもはカラット清々しいオタワの夏ですが、今年はなんだか攻撃的な感じがします。空気がカラカラに乾いているせいか、息をす [続きを読む]
  • ウィークエンドのはじまり
  • 毎週金曜日が待ちきれない夫。彼が何より楽しみにしているのが、週末の夜に焚き火をしながら、ビールを飲んでリラックスすることです。問題は、せっかちな彼が焚き火を始める時間が、やたら早いと言うこと。ご覧の通りまだ日が暮れて夜になってないのに、もう焚き火を始めています。今は夏時間でとても日が長いので、この写真を撮った時点で夜の9時です。明るいですよね〜。私が勝手に森の守り神と呼んでいる、このフクロウのキャ [続きを読む]
  • 夫の夢叶う
  • ついに念願のバスボートを手に入れた夫。大きな買い物なので、ローンの組み方などについて私とさんざんすったもんだした挙句、やっとという感じ。買いたいと言い始めてから約3年は私が許さなかったんですねー(笑)。今まで彼が持っていたのはベーシックな小さなボートで、私たち2人がする釣りの範囲ではこれでも充分でした。でもやはり、中古で買ったこともあり、時々エンジンがかかりにくかったり、設備も古く、コンフォートと言う [続きを読む]
  • バックヤードの花たち(6月)
  • ガーデニングが趣味とか言っておきながら、最近家のバックヤードの花の写真を全くアップしてなかったので、紹介したいと思います。暑い日が続くオタワですが、花たちはやはり燦々と輝く太陽の光が好きなようで、今年は例年になくよく咲いています。トップバッターは、このバラたち。寒さにとっても強く、街路樹としてもよく植えてある種類です。家にある3種類のクレマチスのうち、2年前に場所を移した日陰にあるクレマチスの二種類 [続きを読む]
  • パーティーは終わった…。
  • 今年の7月1日(カナダの建国記念日)は例年にない猛暑となり、気温が35度、湿度は90%以上と言う非常に蒸し暑い1日になりました。この日の前後1週間も、気温35度前後の日がずっと続いていて、通常涼しいカナダの夏には珍しい猛暑です。日本もスーパー猛暑とか大変らしいですね。7月1日は我が家で夫の家族を招いてパーティーをしました。もちろん計画は1ヶ月以上前からしていたので、まさかこんなに暑くなると思わず泊まっていってもら [続きを読む]
  • 人生の幸せをかみしめた朝〜松庵・絶景〜
  • 松島で宿泊してとっても気に入った旅館、松庵の 1番の売りは部屋からの眺望です。逆に言うと、雨や悪天候の場合にはこの眺望が楽しめないので、せっかくここまで来たのに、と言う気分になるかもしれません。私もカナダからの一時日本帰国に合わせて前々から計画したので、天気によって日程を変えるわけにいかず、まさに神頼みの数週間でした。弾丸、または直前で旅行を決める場合には、まずお天気をチェックされることをお勧めしま [続きを読む]
  • 松島旅行〜松庵・夕食〜
  • 松庵の夕食は、日本海の幸を生かした懐石料理。あらかじめアレルギーのリクエストや、苦手な食材等はメールで受け付けてくれるのがとてもありがたかったです。また松庵のウェブサイトから予約をすると、その時点で数々の追加料理をお願いすることもできるので、とても便利だと思いました。お食事は1階の食事処か、部屋食のどちらかを選べます。私たちは部屋から見える素晴らしい夕暮れを楽しみたかったので、部屋食をお願いしまし [続きを読む]
  • 松島旅行〜佐勘・松庵、アメニティー〜
  • 松島で一拍した旅館、松庵で私が気にいったことの1つがアメニティーの充実度です。ネスプレッソをはじめ、緑茶、ほうじ茶、ハーブティーなどが揃えてありました。バスルームはこんな感じ。鏡に映って見えるタオルの置いてあるラックを母はいたく気に入っていました(笑)。こういうのがあるととても使いやすいそうです。「生姜の湯」はお土産になりました。なぜって…こんな素敵な檜風呂が付いているからです。2人入っても十分な広さ [続きを読む]
  • 松島旅行〜佐勘・松庵〜
  • 松島旅行の1番のハイライトは、なんといってもこの旅館に泊まれたことです。松島の宿泊施設を検索してたのですが、あまり良いところがなく、ほとんどが団体客向けの観光温泉ホテルといった風情で、私が苦手なパターン(笑)。せっかくの母との旅行、少し奮発してでも良いところと、思い切って松庵にしました。結果大正解で、今まで私が日本国内で泊まった中で、ここが1番だと確信しています。松庵は客室数が全部で11室しかありません [続きを読む]
  • 松島旅行〜さまざまな祈りのかたち〜
  • 伊達政宗の菩提寺である瑞巌寺の入り口には、絵馬やおみくじ、そして達磨さんがたくさん。この達磨さんはおみくじだそうです。かわいいし、珍しいですよね。翌日訪れた円通院は、良縁の神様が祀られているそうですが、これなんだと思います?すごい数のこけしです!どれもニコニコ顔で、書いてあることも「良縁に恵まれますように」が多く温かい気持ちになる場所でした。いつの時代も人々の祈りは絶えることがないですね。 [続きを読む]
  • 松島旅行〜松島駅前と遊覧船〜
  • 日本三景の1つである松島が見たいと母親のリクエストがあり、今年の5月に母と2人で松島に一泊の旅行に行きました。仙台からJRの仙石線で松島海岸まで約45分ほどかかります。有名な松島と言うことで、お土産なんかもたくさん売ってるような、大きな駅を想像していたのですが、とってもこじんまりとして座る場所もあまりないような小さなかわいい駅でした。駅を出て左側に海岸線に沿って遊覧船乗り場まで歩きます。10分もかからない [続きを読む]
  • バックヤードとミヌー
  • 記事が飛び飛びになってしまいますが、天気が続いているのでガーデニングの記事を1つ。今年は5月の天気が素晴らしかったおかげで庭の植物がぐんぐん緑の葉っぱを茂らせています。ただちょっと花の開花が例年より遅いかなぁと思います。毎日庭の散歩に出るのを楽しみにしているミヌー。散歩といっても、ただ庭を1周してくるだけですが(笑)。さらに最近は蚊がもうもうと出てきていて、それが嫌でちょっと躊躇しているフシも見られま [続きを読む]
  • 駅弁とはやぶさ
  • 今年の日本の帰国の際、母と2人で宮城県は松島まで、1泊の旅行に行ってきました。今までちゃんとした親孝行もしたことがなく、遠くに離れて住んでいて、普段何もできないのでせめてものツグナイのつもりでした。山梨から松島までは軽く半日がかかります。特急あずさ、新幹線はやぶさ、と乗り継いで、仙台からは仙石線の普通列車で松島海岸まで約一時間。朝7時に山梨を出て松島海岸の駅に降り立ったのは午後1時でした。新幹線のはや [続きを読む]
  • ハッピーエンドで終わった勘違い
  • 日本からカナダへ帰る時、羽田でも成田でも最後に食べる食事は「天ざるそば(冷)」と決まっています(笑)。好物の一つで、母と2人で出かけたりするとよく頼みます。前回の日本の帰国の際には、羽田空港までわざわざ来てくれた親友がランチに天ざるそばを奢ってくれてとても美味しかったので、また同じお店に行こうと決めていました。羽田空港の国際線ターミナルのレストランは、国内線ターミナルと比べると数も少ないので、お店の場 [続きを読む]