゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん プロフィール

  •  
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん: 〜闇と真実の扉〜
ハンドル名゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん
ブログタイトル〜闇と真実の扉〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/legend-rina/
サイト紹介文日々の日常と 文章作品を載せるページ 文章作品は過去の物から新作まで 此処に何かが在る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/13 09:31

゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さんのブログ記事

  • 負け犬の仏像
  • 負け犬の仏像いつまで動けない仏像をやってる拝むだけでは古びて汚れるだけだ何をしたいかじゃなく何をする?なりたい物じゃなくなる物を探せなれなかった時こそ手を合わせて誠心誠意で人に許しを乞えばいい仏の顔も三度ぐらいはしてくれるやりもする前から負け犬になるな全ての命には存在の自由がある中役に立たないと生きて悪いのか?全ては善悪を問えない自己責任で生きる事には何の資格も要らない能力だけに囚われてるのは自分 [続きを読む]
  • 紅蓮の信条
  • 紅蓮の信条誰でも成果に伸び悩んでいるのに有りもしないような差を生み出し辛い時ほど視野は狭くなり続けて一段ほど無駄に高く底を上げてる誰も出来るわけないほど高く見て自分ばかりが出来てない気になる人の事ばかりが良く見えるだけで誰でも似たぐらいに決まっている追われるような日々に焦らされて出来る宿命を背負って駆け抜けろどんなに精一杯でも誰も知らない何とか歯を食い縛って持ち堪えろ想いだけで叶えば誰も苦労しない [続きを読む]
  • 本当の希望
  • 本当の希望世界の片隅で心の真ん中に穴が空いてもう終わりの不幸でも悲劇でもないねただ自分が終わりにしたいだけなのさ大切な欠片を失い優しい子守唄を望む何かのせいにして逃げたいだけさそんな人間に本当の希望は見えない理由を付けて認めたくないだけさそんな人間に本当の勇気は出せない鮮やかな世界を見ていたくなくて自分の手の平でおおい隠した希望見えなくさえなれば絶望は出来るまたこの世界で笑える気がしなくて心に潜む [続きを読む]
  • 一流の人材
  • 一流の人材人に優りたいのは未熟で評価を望みチヤホヤされるような必要を求める存在価値に囚われた上下の張り合い早熟な子供がいて晩熟な大人もいる必要にこだわるなら必要とされない何かを成す事は勝ち負けではない中全ての物事は役目を担う責任を抱え地道に最後までやり抜く事が大切だ急に出来なくなる事ほど周囲は困り空いた穴は一体誰がどう埋めるか?厄介な負担が生まれて迷惑を掛ける必要に伴い責任と期待と重圧は増し責任感 [続きを読む]
  • 自己責任の無法地帯
  • 自己責任の無法地帯自己責任の無法地帯は恐ろしい中甘い言葉を信じる者は裏切られる冷淡な人々は鴨を狙って探し回り微塵も興味のない心と必用な身体存在価値と利用価値が掏り替わるいずれ憎しみに移り変わる人々と心を踏み躙られて衝撃が駆け巡る大きな痛手に人生が狂い出す人々未練の欠片もなく次の鴨を探して自分のみで執着する人々は虚しい何とかするからこそ何とかなる中現実逃避は幸せを放棄する行為だ軽はずみな行動が後悔に [続きを読む]
  • 尊重の名の下に責任逃れ
  • 尊重の名の下に責任逃れ選択し得ない選択肢が存在する中自由選択に見せ掛けた一択の問い自由意思に見せ掛けた一択の問い自由参加に見せ掛けた一択の問い尊重の名の下に責任を人々に着せ抜け道を通り自由の身を得る人々無意味な自由に潜んでる責任逃れ当然で自己責任は増やされ続けて一見だけで分かるほど甘くはない迂闊な行動が後悔に移り変わって考える事なく責任を全う出来ないだからこそ生きる為に立ち上がる愛情を模した欲望に [続きを読む]
  • 永遠のBeliever
  • 永遠のBeliever心からの純真は何にも染まらない中いつか思い知ると影で笑ってる人々曲がった誰の予想も当たる事はなく見え始める全ての欲望が逃げて行く根っから真面目な信念が突き動かし都合の良い損得すら吹っ飛ばされてどれほどの汚い現実も歯が立たないいつまでも変わらない馬鹿が強い中ただ強いんじゃない愚かなBeliever純粋な眼光が狡賢い全てを撥ね返し一生懸命な子供のように眩過ぎる光ただただ悪知恵の一つも使わないで年 [続きを読む]
  • 誇るべき精神力
  • 誇るべき精神力独りで孤立してる狭い世界に生き限界を思い知らされる障壁がある精神的はホームグラウンドだろ?みんな心身共に健康が大切な身体普段と完全に立場が逆になるんだ雑魚でも経験豊かな兵に早変わりいつも何をしてるかを教えてやれ誇るべき精神力を魅せてやるんだ如何なる攻撃でも慣れ切った妨害どれだけの力でも耐え慣れた苦痛強まっただけで足止めは出来ない豊富過ぎる経験を源に受け止めろ恐れ慣れした精神力で駆け抜 [続きを読む]
  • 自意識欠乏
  • 自意識欠乏決まり切った事は代わりにならず特定の人だけで成り立つ狭い世界恥も体裁も気にする動機を失って自意識欠乏で投げ遣りになってる気にするはずの事も気にしてない無意識に人を忌み嫌って避け続け人前に立つ為の自分を持ってない過去に囚われて今の自分が適わず難なく出来た事も怖くて難がある度を越した警戒心に必要性はない人目には自意識過剰になり過ぎる漠然と人並みの渦に怯えてるんだ用心深過ぎて浮く事を怖がってる [続きを読む]
  • 誇らしく生きられる得
  • 誇らしく生きられる得誰かと比べられた方が楽なもんさ嫌なら一人の勝負をやって魅せろ自分だけが辛くても人は関係ない一人だけで自分と勝負するだけさ体が悲鳴を上げる苦しみの前では気持ちだけで済めば安いと思うさまだ体に牙を?いて往生際が悪いすぐ従えるほど大人しくないんだ何をも耐え続けて逃げ切りを図る体に徹底抗戦でピークの始まりだ歯を食い縛って世界を睨み付けろもう何もやりたくなくなる瞬間に自分がやらなければ誰 [続きを読む]
  • 価値観の死角
  • 価値観の死角つもりじゃない事ばかり溢れる中どんな自分だって決して恥じるな生きてれば意に反する事ばかりでまずは確り地に足を付け落ち着け早合点で蹴っ飛ばして浮き足立ち何事も引っ張るほど気不味くなる何だって焦り過ぎれば空振りするあまり甘く見てると失敗するんだどんな事も栄えれば邪魔が入って頭の中が真っ白になれば守れない蒼い恐怖に張り詰めた中で燃えろ弱い心を振り切って前に踏み出せ少しの差に結果は大きく分かれ [続きを読む]
  • 想いだけの辛さ比べ
  • 想いだけの辛さ比べ保証されない未来を拒み過ぎる中数多の先人の教訓は活かされない虚構の幻想を妄信して熱中する中高い代価を払って人の同情を買う想いだけの辛さ比べに無我夢中で一見見だけの健気は傲慢な欲張り誰もが一目見た瞬間に惹かれない限界に乾いた人の渦に飛び込んで偏向した見る目は甘言だけを求め冷淡な温もりに惑乱して溺れ込む履き違えた自由主義で穢れを望み渇いた喉を潤す為に人を奪い合い所構わずに憎み合いが巻 [続きを読む]
  • 生粋の悲観的
  • 生粋の悲観的四方八方から悲劇に囲まれてる中全ては不都合に繋がり雁字搦めで都合良い逃げ道一つ有りはしない兆が一までの可能性が立ち並んで確率は天文学的な領域にまで及ぶ有りとあらゆる恐怖が舞い上がり見え隠れする不幸は脅かすようで全方位を危機感に包囲されている生粋の悲観的に一切の死角はない生きても地獄で死んでも地獄の中刻々と迫るような苦しみに震えてやれば失敗でやらないと一生後悔どん詰まりに嵌まり込んで出れ [続きを読む]
  • 黒い少女
  • 黒い少女真夜中に紅い月が照らしている中錯覚が生み出した希望の模造品に次から次へと賭け橋を渡って行く光は粉々に砕け散って痕跡になる壊れた原石は暗闇に捨て去られて染み付いた血痕は払拭し切れない思い描いた理想は泡になって散るずっと壊れた希望を抱いて眠る中喪失感に埋め尽くされている日々眩しい陽射しを遮るように歩んで一面に広がる灰色の曇空は重たく復讐に脅えながら悲しみに暮れる亡いものばかりを見付けている中蒼 [続きを読む]
  • 寂寞の森
  • 寂寞の森孤独が差した心の迷宮を彷徨って悲劇の階段を上がり下がりしては夜が明けるまで飛ぶ声を殺した鳥辺り一面に不協和音が鳴り響く中納得の為に莫大な後悔を背負っていつも振り子のように揺れている霧に覆われて希望を遠ざかり続け寂寞の森に迷い込んで抜け出せず光を失くした羽根は剥がれ堕ちてもう二度と日の目を見る事もない一夜限りの希望は絶望に変わって悲しみの螺旋は無限に続いて行く予告されてる惨劇に目を逸らして限 [続きを読む]
  • 一番重要な裏
  • 一番重要な裏全ての事に肝心なのは動機と状況一括りにした差別が巻き起こって善悪を掏り替えるから贔屓なんだどうして一人の人として見ない?誰かだから仕方なくなるのは情で事の是非が変わったわけではない植え付けられた固定観念は根深くいつでも不信感を拭い去りにくい過去に縋り付いて未来に怯え続け自分に負けてもいいなんて思うな気持ちじゃ済まず問題は結果だろどうして無駄に表ばかりを見る?苦労するほど裏で頑張って来て [続きを読む]
  • 負の支え
  • 負の支え不幸も悲劇も思い込む事に必死で強い悲観に惑わされて気付けない現在の自分を護ってる要でもある願望が叶うと行き詰まるのは自分復讐を遂げれば罪悪感に苛まれる憎悪の果てに待つのは憐れな敗北強い攻撃性に囚われて気付けない現在の自分の支えを成してるんだ理想の実現一つで原動力は尽きる強がる全てが一瞬で吹き飛ばされ喪失して生気も失くして何もない虚しく打ち負かされるのは自分だ罪を現実逃避の要にして縋り付き独 [続きを読む]
  • 無限尊重
  • 無限尊重人を妬み僻み有利に傾け続けて理解に憑かれて理性は空中分解自分ばかりだからショータイム苦しみにカオスな心で牙を?け無間地獄の耐久戦を制するんだ掏り替えばかりの姑息な手段で逃げ回る性根の腐った愚劣な蝿何をしても許されると思ってる履き違えた自由で自在に暴れて真の公共の場ではしたない人々意思の無限尊重で全肯定に飢え食い下がる度に打ちのめされる自分で評価を落とし続けて笑み当然の罵倒の限りを尽くされる [続きを読む]
  • 輪廻の末の転生
  • 輪廻の末の転生暗闇を彷徨い歩くような日々に頑張ったぐらいで褒められない気ばかり遣い過ぎで笑っちゃう忘れかけてた希望に連れ去られいつの間にか心の支えになって私の錆び付いた時を動かしてたさりげなく響かす無限の可能性たった一つの変わらない想いにふとした瞬間に目は追っていて隙があれば頭の中が一杯になる嫌われないように保険をかけてきっと卑怯だって思われるよね焦り過ぎなのは分かってるけど初っ端から嫌われたら絶 [続きを読む]
  • 純情な明日
  • 純情な明日遊び心は余裕がないと生まれない本当に余裕を失った怖さを知らず恋い焦がれても手に持ち切れない漠然と温もり求めて冷め過ぎたらとめどなく溢れる悲観に夢はない無限の世界を信じられなくなって幸せなんて何もない事に気づこう今この時を見て生きて行かないと遥か遠い先は何もせず生まれない過去がなければ笑った今もなくて失う事の怖さを教えてくれたから本当に誰かを大事に出来るんだよ一息ついたら振り返って前を向け [続きを読む]
  • みんなの為に生まれる力
  • みんなの為に生まれる力みんなの為にを抜きには人は弱いたった一人ぼっちで何が出来る?雑魚にも満たない力で敵ってみろすぐに芯が折れて話にもならない自分が信じずに偽りに変える自滅本当に人の為でないと力は出ない関係の呼び名が違うだけの一人だ鉄でも管で大木に敵うわけがない好い加減に私利私欲も底を尽きるみんなの為にやる気が燃え滾って降り掛かる難関にも活路を見出しどれだけ辛くても物ともしないで何かを頑張らないで [続きを読む]
  • 辛苦の上下
  • 辛苦の上下どんなに甘えず真面目に努めても報われない事が山ほどある現実で甘ったれた筋違いの下種が粋がる一つの幸福もないのが当然の報い現実は確かな悲劇を叩き付ける中真偽不明で悲劇の真似事に酔うな人の事を考えず心外過ぎて嫌われ取っかえ引っ変えで面倒を気取る軽々しくて何一つ気にしていない無知から始まる優勝劣敗の世界で自分に甘く努め足りず湧き上がり自分に厳しく努め切っても沈んで生易しい地からは声まで聞こえる [続きを読む]
  • 死神と甘さ
  • 死神と甘さ街の明かりも消える真夜中に大きな刃を持った死神が闇と影に潜んで移動する甘さは弱さになるとは限らないいくらでも強さになる事もある重ならない音色が鳴り響く中決して真面目は強くなんてない何も考えないほど図太くなれず怖くて何も逆らえないのが弱い礼儀を破れるほど強くないんだ決して優等生は強くなんてない全てに臆病で守る事に徹してる決して好い子は強くなんてない自分勝手になれるほど図々しく少しぐらい怖い [続きを読む]
  • 咲いてない恋の花
  • 咲いてない恋の花もうずっと咲いていない恋の花いつか鐘の音を聞きたい理由はやっぱり考えても分からないねもう何度も忘れようとしたけど退屈しのぎで過ぎ去る時の間にふいに思い出すからたまらない何をやっても不服な事ばかりで一人だけで浮かれたり沈んだり想像の迷路に迷い込んでしまうもう知らないって何度も思ってぐずぐず何やってるんだろう?悔しいけど逃げ切れないみたい曖昧な関係に疲れ気味な日々にいっそハッキリさせた [続きを読む]
  • 精神DESTRUCTION
  • 精神DESTRUCTIONエゴの塊のような群聚は汚らしい足りな過ぎる精神DESTRUCTION頭に浮かぶ錯覚に惑い卑下するな唯一度も本領を発揮した事がなくとてつもない可能性を秘めた者達盲目より悪影響な眼の視界は歪で事実とは異なる他人との競い合い評価なんて存在価値に囚われるな居た方が良いかは誰もが同じ結果どれだけ出せる成果が違ったって順位を付けなければ同じ事なんだ世間なんて固定観念に縛られるな誰が何と言おうと他人は関係な [続きを読む]