゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん プロフィール

  •  
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん: 〜闇と真実の扉〜
ハンドル名゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん
ブログタイトル〜闇と真実の扉〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/legend-rina/
サイト紹介文日々の日常と 文章作品を載せるページ 文章作品は過去の物から新作まで 此処に何かが在る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/13 09:31

゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さんのブログ記事

  • 異次元の独走
  • 異次元の独走頭で分かってるかどうかじゃなく分かってる通りにやれて初めて力分かるだけの説明書で始められず実際に動作する本体で始めるんだ発揮出来ないのに力には値しない分かってる危険は回避を出来て力分かってる原理は則って動けて力説明書だけ拾っても邪魔で捨てる間違ってる説明書なんてゴミ同然他の事に再利用した方がマシだろどんな場面でも越えて来た経験が立ち向かう姿勢を強気へと変える強い自信は実践なくして築けな [続きを読む]
  • 生き地獄への旅路
  • 生き地獄への旅路誰かがすれば自分もしていいか?誰かの努力は自分はせず二転三転不安を避ける為の力なら出るか?何かに縋り付くような無限の輪廻無責任ほど筋道は欠片も通らない何かに擦り付ければ何が変わる?都合に合わせて独りを切り替える仮面で友達のフリをした赤の他人名ばかりを求めて中身は掴めない人を人とも思わない薄情な精神で暗い闇の奥深くへと連れ去られる認め合いと許し合いなく絆はない何かを責め付ける事で歩み [続きを読む]
  • 理解と実際
  • 理解と実際解っていても出来ないのが人間で解らなければ出来ようもないんだ解っててやろうとしないのが悪い真っ当に生きても早くは報われず多過ぎるほど入る雑音が惑わして簡単そうで難しい自分を律する事生き続ける中で頭に邪念が浮かび興味と関心の渦に狡い横道は閃く上辺だけで褒められたいのかい?すぐに飽きてしまい要らなくなる上辺だけで認められたいのかい?自分で疚しく思って気にしてる事何すら構わず正しいと認めるぜ? [続きを読む]
  • 囚われた世界
  • 囚われた世界短い時の中で態度は二転三転して人の心配を愚弄してるような変化囚われた世界で蒼い不安が舞って暗い予感が走って現実味を帯びる臨場感に満ち溢れた幻惑に戸惑い意思は悲観に傾き続け掏り替わる惑い迷い震え慄き何も出来てない秒針は捩じ曲がって刻み続ける中時の歪んだ時空で速度は遅過ぎる畝るような蒼白い不安の波が襲い次々と理性を奪い掛かりに来る中凍り付いた光景が広がり狂い始め暗闇に飲まれて追い込まれ続け [続きを読む]
  • 現実逃避の使い道
  • 現実逃避の使い道やってしまえば簡単な事だらけの中不安には目を逸らしてやってしまえ手遅れにすれば動揺の間に成り立つ勇気を出すより目を向けずに済ます邪魔なプライドも意地も見栄も全て結果で貫ける可能性を潰せば壊せる嫌な事には目を背けてやってしまえ葛藤をするより目を向けずに越える不都合は現実逃避で壊し変えるんだ今の力が足りないから葛藤で負ける自分を変えたい意思があれば充分だ限界を超える為に現実逃避は活きる [続きを読む]
  • 刃付きの壁
  • 刃付きの壁同じだけの事を受けるのは公平だ十人十色を蔑ろの公平は不平等で違いに差を付けて合わすのが平等平等と公平を履き違えたわがまま低劣な群れの共感と称賛に誤認し仲間入りした悲惨な現実が見えず誰も評価してないのに自信は満々人気ほど中身がなく質が落ちる中続々と成り立たない期待が舞って見当違いな人々が犠牲に回される次々と不合理な理想像を妄信して性と思の瀬戸際で性だけに泥沼化馬鹿を見ても懲りずに悪化させて [続きを読む]
  • 心の戦
  • 心の戦本音を隠す者に利用しか用はなく大量発生の恋は全て慰み者にされ一番信用出来ない姿勢を繰り返し一途を求める矛盾だらけの心構え愛情を騙る欲望の泥沼が溢れ返り飾られた虚像の真実は見劣りする改めないのに次も変わるわけない不安と緊張に力を発揮出来ないでコミュ障を名乗るから駄目なんだ不調で記録が悪いと足が遅いか?能力は発揮してる状態で判断するどんな言葉も鵜呑みで暗記するな誤用が正解と化した物もあるんだ人数 [続きを読む]
  • 憂鬱な蜃気楼
  • 憂鬱な蜃気楼最初に悪者になった事に気付けず悪者になる事を避けたがる愚行で自分だけ怠ければ狙われて当然だ被害者を気取ったって通用しない頽廃の止まらない憂鬱な蜃気楼に光速で悪く変わり果てる人間達は影響力に意思を邪念に傾けられて知らない自分に人生は狂わされる負の感情に満ち足りてる瀬戸際で思考の伝染に掏り替えられる思考自分で不自由にしてる群れが歪み誇れない動機で相次ぐ言動が乱す何の価値もない啀み合いに飢え [続きを読む]
  • 受け止められない批難
  • 受け止められない批難普段は強気な態度を取ってるけど堂々と構えてるように見せ掛けて非の打ち所を隠して強がっているいつも自分に安全を敷いていたい自分が正しい事には強気になって勢いのある剣幕で詰め寄れるけど自分が悪い事には弱気で脆過ぎる弱みを叩かれて悲痛に胸が詰まり思わず逃げて現実から目を背ける自分では認めてるけど表に出せず批難されると堪え切れず撥ね返す出鱈目な悪態のように割り切れず痛い所を衝かれると一 [続きを読む]
  • 盲目の自滅劇
  • 盲目の自滅劇峠を越えた先の崖っ縁に辿り着く疾っくに判断力は異常を来たして寄り離れの違いも見分けられない見放されて長い縁が失われて行く自分の変化に気付けず灯台下暗し影響で流されてるのに気付けない見る目は節穴に掏り替わっている手元に転がる妥当な結論を殺して妄想に基づく出鱈目な推論で睨む思うがままに操られて気付けない背後からは避ける傍目八目の人々判断を外す現実を推して知るべし指針は損の荒野にだけ傾いてい [続きを読む]
  • 終焉迎えぬ旅路
  • 終焉迎えぬ旅路気に入らない事が増えて苛付く中全身を駆け巡る苦痛が纏わり付く意欲は湧かず焦りに駈り立てられ気負い過ぎて気力は虚しく尽きる自分を甘やかしてたいだけだろ?同じ土俵にも震えて立てない弱虫またピンチを一人で越えられない意味を求めて縋りたいだけだろ?欲しければ自分の手で築き上げろ何も意味ないから自由で駆け出せ自暴自棄になり掛けながら駆けて見えない物を疑えば正しさも迷う左手に悪を右手に善を持って [続きを読む]
  • 頼れる力
  • 頼れる力本来は支えられる側で頼られる側敢えて強く目指す先にある未来へ劣勢に構わず自分の望む道を行く口だけの演技で心配は無くせない人々は人間性から暗黙で判断する喘ぎながらも自分を二の次にしてのたうち回って必死に出口を探せ心配無用と見做されるほど逞しく甘えていいと思わすほど確りしろ頼られる事や宛にされる事は重く無責任に放棄する人間に次はない信頼される事に様々な条件が付く甘い覚悟で務まるわけないがだろ頼 [続きを読む]
  • 身勝手街道驀地
  • 身勝手街道驀地最優先なんて何のエキスパート?対応されるだけでも有り難いんだ思い上がって世界を舐め腐ってる身勝手街道驀地で痛い目に遭う中いつも人の意見ばかり欲しがってなんでも自分で決められないの?向いてるから選んだ果てに虚しく本望じゃなければ価値は失われる逸り過ぎるから道を間違えて進む人生を懸けて絶望に向かい続けて魂を売って志望してる虚しい誉れ真っ当に腐った心は守り切れない負け犬の遠吠えで悔しくない [続きを読む]
  • 冷徹な注意力
  • 冷徹な注意力タスクには出来と時間が付き纏いどちらに重点を置いても失敗して出来と時間の天秤が釣り合わない残り時間が急ぐ事に衝き動かして時間に間に合う事しか見えてない確認のセリフが焦りを煽り立てて無闇に仕方ない事を増やし続ける終わらせる事にばかり目が行って雑に近付きながら出来を見てない注意が足りな過ぎれば見落として徹底にこだわり過ぎれば逆効果だ危なげなく熟せる冷徹な注意力は地道な同じ繰り返しで築き上が [続きを読む]
  • 優劣強弱賢愚逆転の世界
  • 優劣強弱賢愚逆転の世界力が反転して難易度が入れ替わる聞き分けが良く素早く片付く人々一から十まで言う必要なんてない全て筋道に沿ってる余裕の優秀者疑いは理屈で晴らせる楽勝の賢者了解一つで行動の造作もない強者賢いほど事細かい説明は要らない常識がないのは当然で抜けた暗黙誤りを指摘するのも大概に飽きて今後の事は知らない無責任と化す当人の未来は何一つ済まないんだ話が早いほど一筋縄では行かない一から十まで説明し [続きを読む]
  • 意地っ張りな根性
  • 意地っ張りな根性いつも強気の向こうに弱気な瞬間伝わらないのが歯痒い事ばかりで悪く見るほど何も張ったりしないただの話にならない馬鹿なんかに意地を通す必要があると思わない高く評価されても気付けない人々人の優しさ撥ね付けて立ち上かいみんなの距離が遠く離れ過ぎてた独りぼっちの悲しみに震えたって絶対に敗けるわけに行かないんだ固い信念で素直になんかなれない理解されて当然のように癇に障るだったら誰が私を解ってく [続きを読む]
  • 答えを問えない世界
  • 答えを問えない世界安らぎではなく止まる事を求めて欲しいのは掴めない幻でしかない悪化するだけの道程を進み続けて尊重が減ったのは自業自得の報い干渉に減った尊重の欲求に乱れて人から注目され媚びた名声を掴み口だけで尊敬され地位を渇望して愛情に似せた欲望の利権を求める全ては尊重を満たす為の一時凌ぎ自分が自分を認めず否定してる中危ない橋を渡る先には破滅が待つ自分に背を向けて努力は出来ない空想の穏やかな世界を追 [続きを読む]
  • 絶命の輪舞曲
  • 絶命の輪舞曲良くしても良くしても逆戻りして度重なる悪化で軌道に乗り切れず次々と鎮められない不安が襲って乱れ止まない全身が悲鳴を上げる日毎の調子に能率が左右される中逐日に悪くなって退廃が止まらず限界が迫るようで悠長に出来ない全ての積み重ねが足を引っ張る中手本となろうと構えて力み過ぎる絶命の輪舞曲が派手に鳴り響く中危険と隣り合わせに何とかしたい人を急かし過ぎれば空回りさせて却って重圧に出来る物も出来な [続きを読む]
  • 焦燥感の虜
  • 焦燥感の虜どこまで平常心を維持出来るか?次々と見通しが先読みが外れ始め重なる負担に揺れ動いて乱れる中負の連鎖に頭を切り換えられない度重なる蒼白の辛苦に狂わされて削られ続けて余裕の欠片も失くし幾度となく追い込まれて尽きないただ早く動けずに焦りに囚われて一向に落ち着きを取り戻せない中期待に飲まれて押されてないか?一度でも惰れば出来なくなる不安義務化で習慣が成り立つとでも?早め早めの行動を意識し過ぎてる [続きを読む]
  • 無気力な日々
  • 無気力な日々出来て当たり前の事ばかり溢れる中自分の課題を確り出来れば良いんだ大して人を見ない人々が溢れ返って常日頃からの心持ちが気に食わない切羽詰まって泣く泣く狡してるの?やる前からやれなくて良いみたいで自分から好きで狡してるのと同じだ力が足りなくて満足に出来ないけど止むを得ず狡を使う想いは全然違う周りより出来ずに偉いわけないのに結果だけで一緒にされたら堪らない同じ事をするより独りの方がマシだ志は [続きを読む]
  • 自分の為が人の為
  • 自分の為が人の為自分でも自分を卑しめ自覚してれば他人から自分はどう見られるのか?恐れて構え嫌でも自意識過剰に陥る嗤われたり叩かれれば嬉しいのか?特例的に妥当と化して不思議がない世間の風潮に流され過ぎているんだもっと確りと自分の意思を持つんだ余裕を失うほど人の事が見えてない自分の力を過信して頼らな過ぎるな自分の努力に自惚れて頼り過ぎるな一生懸命が衝突して確執が生じる中お互いに叱咤出来る人間でいるんだ [続きを読む]
  • 希望に化ける絶望
  • 希望に化ける絶望無邪気な愛情を喰らう獣欲の群れに彷徨い歩けば適当に手を打てない?真に重きを置くから遊びで愛せない流行と相違に恥じる必要は一もないもっと自分の考えに自信を持つんだ貫き通して生きてるなら誇っていい気が弱くて自分に自信を持てない中有り勝ちな見栄は先を見据えてない人々が一線を画する運命の分かれ道今で受け入れないなら道に先はない今で受け入れるから道には先がある嘘はときめいて遊びたい場合の選択 [続きを読む]
  • 弱い心と狡い心
  • 弱い心と狡い心素直に伝えられない人もいるんだ大切だからって言葉に依存するな一本槍では出来てる事なんてなく柔軟性がないだけの傷付ける加害言葉を疎かにしてると破滅を呼び言葉に頼り過ぎてても破滅を誘う大切な人なんて一人もいないか?運命のサイコロは光か闇に転がる自分の殻を破って扉を抉じ開けろ失敗に臆してれば成功も出来ない失うわけにはいかない希望に届け筋道を通して歩むはずが逸らされ馬鹿の一つ覚えで自分は悪く [続きを読む]
  • 死神と3年の景色
  • 死神と3年の景色華やかに飾られた木々は萎れて大きな刃を持った死神が今夜も闇と影に潜み雑踏の暗がりに紛れて移動する道標のない世界を生き続けて一つ一つの進歩が物語になる先を見て一歩ずつ足を踏み出せば3年も経てば景色は全く変わってる有りの侭の自分と向き合わなければ何年が過ぎても景色は何も変わらず命が尽きるまで道は逸れ回り道する自分から逃げれば変わるわけがない姿勢の違いで同じ時は違う先に導く3年もあれば人間 [続きを読む]
  • 恐怖の鎖付きの心
  • 恐怖の鎖付きの心怖がって行動出来ない日々を経て対等に競って勝てる事は絞られる精神的な不治の病なら逆手に取れ誰かと比べて勝つ必要なんてない比べる一番の敵なら心の中にいる幾度も怯みながらも責任感で挑み朽ちない事に何も無理なんかない見栄を張ったら有言実行の前進で蒼い向かい風に立ち向かい続けろ強烈な震えに痛い目を見て懲りず人から受ける光を力に換えて走れ心に鎖で繋がれた恐怖が付き纏い嫌気が差すほど耐え切り続 [続きを読む]