゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん プロフィール

  •  
゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜さん: 〜闇と真実の扉〜
ハンドル名゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さん
ブログタイトル〜闇と真実の扉〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/legend-rina/
サイト紹介文日々の日常と 文章作品を載せるページ 文章作品は過去の物から新作まで 此処に何かが在る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/13 09:31

゚・*:.。.☆れじぇ☆。.:*・゜ さんのブログ記事

  • 流れ星に乗って
  • 流れ星に乗って満天の星空に暗い闇ばかり見てたよ落雷がありそうな予感ばかりしてた星とは似てない月が照らしてるのにみんな同じと思い込むなんて笑うねずっと昔はもっと全てが違ったのにいつから人の事が見えなくなった?きっと些細な事で浮かれていたんだ望んでいる事とは裏腹に苦しめてて何が大切にする事かも見失っていた様々な刺激に埋め尽くされている中造花は初めから美しいに決まってるどう見えても作り物は作り物だから何 [続きを読む]
  • 君がくれた翼
  • 君がくれた翼こんなに夢中になったの始めてでどうしていいかとまどってたんだまだ信じ合う事が怖かっただけで見ているだけで幸せなんて強がり何か任せに祈ってた私はバカだよもう胸が苦しくてはちきれそうでずっと我慢して来たけど壊れそうたった一歩踏み出す勇気が重くていつでも自信を持てずに甘えてたきっと降り注ぐ希望に味をしめてイタズラに浮かれ過ぎていたんだ私が辛い以上に君が辛いはずだと嬉し過ぎて考えられなくなって [続きを読む]
  • 集まる成り立ち
  • 集まる成り立ち下には下の集まる成り立ちがある立場を弁えて自己主張している中円滑な人間関係を心掛ける人々に自分勝手な邪魔は切り捨てられる足手纏いの面倒を見る余裕はない誰もが前に進む為に精一杯なんだ誰かに頼らないと心許ない人々に気を遣わないでいられるわけないまだまだ危なっかしい事ばかりでどんなに強がっても口程にもない自分の事は回せるほど広く気配り誰を見ても気を遣わずいられない友達以前に遠慮して距離があ [続きを読む]
  • 飾り上手な落とし穴
  • 飾り上手な落とし穴人に好かれる事なんて簡単だぜ?右へ倣えで覚え話術を身に付けろ誰にでも差別なく優しくするんだ言葉巧みに人気者も夢じゃないぜ割に合わないなんておかしいだろ羨ましく見えてるのなんて蜃気楼腕を磨いて飾り上手になった人々振り向かせたいなんて媚びてみな目に見えて分かるようにアピール別人の自分が好かれて満足かい?本物が欠けてれば何の意味もない偽った別人の自分で充実してる?中身がなくて重りに変わ [続きを読む]
  • 死の虜
  • 死の虜大切な者達の為に死は選べない中死をも恐れぬ構えは身勝手で儚い生きようと頑張るほど力が目覚め死に囚われない願望は弱くない中死んだ方が楽と思っても生き続け死んで逃げたい願望を振り切って正面から向き合うほど逞しくなる生の欲動と死の欲動に葛藤する中自分本位は死の欲動を切望と化し無責任な強行で監視を呼び寄せる生きようとせずに逃げるほど脆い二つの死の虜に潜む運命の別れ道死の欲動に囚われた生き方は弱い死の [続きを読む]
  • 賢そうな馬鹿
  • 賢そうな馬鹿さも賢そうに振る舞って粋がる中馬鹿が無理して更に馬鹿を嫌って少し賢いぐらいでどっちもどっち馬鹿でも分かるような理屈を並べ誰でも分かってるから伏せられる調子に乗って随分と甘く見てる中誰も気付いてないように思い込みただの周知の事実とも気付けない人に揃いも揃って見下されてる中一人で何かを分かった気になっていつの間にか頂点になってる傑作面白がって誰も本当の事を教えず笑い者にする為に黙り通して謀 [続きを読む]
  • 他人に冷たい世界
  • 他人に冷たい世界軽い感覚で遊びも出来ない人々が見た目を武器に好き勝手に乱れて飽きるまで誰をも使い倒して回る見た目に錯覚で好き放題に狂っていつでも頻りに誰かを求め続ける真っ当な人々の視界には入らない永遠と特別の立場が欲しいだけで際限なく下に向かって止まらない間に合わせの人間は利用される中口だけで何だろうと遊びに過ぎず恋愛に似せた性欲塗れに堕ち合い無色の心は容易に黒く染められて打算に満ちた狡い人々が行 [続きを読む]
  • 生と死の地球
  • 生と死の地球きっとよからぬ人間なんだろう?死んだ方が楽だから死に急いでる誰かに迷惑をかけるのは誰でもだもうから死んで楽になろうなんて早死にが似合うほど立派でもない生と死を平等に考えられるように生きる意味ぐらいは作らなければ死んで楽になるなんてズルだろう生きる意味を作る事が生きる意味死んだら辛くなくなれるだろう?まだ周りも生きて苦しんでるのに死のうなんて抜け駆けはよくない死んで楽になるには苦しみ足り [続きを読む]
  • 蒼白の城壁
  • 蒼白の城壁冷たい恐怖の真っ只中に曝されて目の前が真っ青に染まって見えずまた目を逸らして誤魔化すのか?立ち籠める暗雲が行く手を妨げて霧に覆い尽くされて怯える日々に雷が落ちるような不安に囲まれる蒼白の城壁を越えたくないのか?その身を刻む秒針は止まらない中未来は暗闇で真実なんて見えない一歩でも深入りする事を恐れる中溝を挟んでる距離感に縋り過ぎるずっと蒼白い驟雨に打ち付けられ信じる方が用心に欠けてるだけだ [続きを読む]
  • 暗く重たい世界
  • 暗く重たい世界耐え兼ねれば無鉄砲に目が眩む中我武者羅に余計な行動に突き進む動機では自己責任に変わりはない自業自得では分が悪くて当たり前意地を張って無茶をするのが悪い自棄を起こせば都合が悪くて当然後先を考えずに我を張るのが悪い自分で自分の事を無茶苦茶にする向こう見ずに時を費やすのが悪い全ての自分の行動には責任が伴う現実は正しいかどうかではない中善悪より大切なのは解決する事だ悠長に構えている余裕なんて [続きを読む]
  • 自分への許容範囲
  • 自分への許容範囲自分に対しても許容範囲がある中ちょっとぐらい狡して良いよね?初めは出来心で悪い気もしない中悪怯れもせずに平気で続けられる予想だにしない事態に当惑する中利用は長くなるほど良心が咎めるもっと早く終わると思ってたんだ後から後から罪悪感が湧いて来る運命の行方を知ってればしてない深く考えない言動が失敗に繋がる初めに利用してから大切になって嫌われて失っていいなんて思えずこんな事になるならやらな [続きを読む]
  • 密かなる防衛力
  • 密かなる防衛力密かなる防衛力が行く手を阻む中誤った劣等感に浸る間に劣り続け手遅れに達して自分から実現する誤った嫉妬に狂う間に妬まれ続けあっと言う間に攻撃対象に嵌まる自分しか見えない狭過ぎる視野で意識を躱した無意識の妨げが入り歪められた視界に現実は映らない後々まで支障が出る事に手を出し肌で感じた刺激に病み付きになる終焉へと向かう一歩目を踏み出す理想化した幻像を追い求めるから現実の幻滅の衝撃が容赦なく [続きを読む]
  • 残虐な未来
  • 残虐な未来人は変わろうとしないと変わらず確実は求めるほど遠ざかるだけで一の危険もなく成功など何もない憎もうと恨もうと何一つ報われず願おうと望もうと何一つ叶わないだからこそ自分が変わるんだろ?希望は見えてても降っては来ないだからこそ必死に自分の手で掴むいつも全てを選択してるのは自分行動を取らない人は落魄れ続けて行動を取る人のみが幸せになれる暗黙の現実の迷い子達は嘆き続け時のゼンマイ仕掛けの絡繰り人形 [続きを読む]
  • 騙るトリック
  • 騙るトリック恨み辛みで絶好の好機を逃すの?張り合って分かる事もあるはずだ憎んで運命の出逢いを捨てるの?自分に負けて失うのは惜し過ぎる甘くて運命の出遭いを果たすの?自分に勝って守らないと勿体ない人を欺くように落ち度を散蒔く中誰でもいいほど見境なく飢えてる欲が全ての真実を自分で曝け出す独占欲で気晴らしをしたいのか?心配を掛けない為の綺麗事が並ぶただの隠蔽して改めないだけだろ批判を躱して称賛されたいのか [続きを読む]
  • 最低限度の失われた世界
  • 最低限度の失われた世界出来てはないけど頑張ってるんだ縛り尽くして限界まで時間の問題自分なら構わないと許す魔の手が都合良く利用して迷わず捨て去る卑怯でも好き好んでしてないんだ縋り付くのみで勘弁ならなくなる自分なら構わないと寄り付く獣が質の悪い手口で逃れられなくする情けなくても時には格好良いんだ死しか求めずに恐怖で堪らず放す自分なら構わないと肯定の策士が不可能な知恵で自業自得に陥れる遅いけど改善したい [続きを読む]
  • 不平等な勝者
  • 不平等な勝者頑張っているだけで思い上がるな都合良くないと頑張らないのか?都合悪くても頑張るのが当然だろ持ち前の頭脳を活かした頭脳戦に馬鹿でどうやったら勝てるんだ?不平等な連勝なんかで自惚れるな恵まれた腕力を発揮した肉体戦に虚弱でどうやったら勝てるんだ?向かうところ敵があるわけもない勝利の肩書きが欲しいだけだろ?競い合いたいにしては平等を欠く勝って当然の勝負は面白味がない一番の肩書きが欲しいだけだろ [続きを読む]
  • そこまでするべきな正論
  • そこまでするべきな正論逃げる為の推理に止どめを刺して大慌てになるほど全力で頑張れば下手糞でも満足出来ないわけない止まる為の無難を思い切り捨てて余計に厳しくなっても悔いはなしそこまでしなくていい正論はないそこまでするべきな正論ならある一発勝負の先に見えて来るはずだまだまだ自分を見捨てるには早い忘れ掛けてた物が見えて来るだろまだまだ自分を磨ける事に気付け何より今の自分の為で正論だろ?もう一度そこまでし [続きを読む]
  • 苦渋の厄介払い
  • 苦渋の厄介払い誰しもが厭う厄介事を齎す天才は考えられないような事で困り出し真摯に折れても御託に通用しない迂闊に広げる事の危険性を知らず協力性を発揮したのが仇となって自分一人では済まず傍迷惑過ぎる訳の分からないこだわりで僻まれ筋道を通した説得は功を奏さない底無しの自分を棚に上げた叫びで駄々を捏ね続けて出方が読めない絶対的な正当化に振り回される中誰彼構わず脅迫的に巻き込ませて自分まで造作を掛ける破目に [続きを読む]
  • 度を越した原因
  • 度を越した原因中心がなければ上下左右も思えずまずは基準がないと話にならない手慣れるほど過信しやすくなる中独善で自分の感情を基準にする?独り善がりの感情論なんて論外だ見える全体の様子を基準にする?集ってる全てが狂ってれば崩れる一つの信じる物事を基準にする?軸となる物事が狂ってれば崩れる基準の取り方には気を付けるんだ度を越した原因はどこにあるか?基準は平均的で正常に機能する中狂いに狂って感覚も乱れ切っ [続きを読む]
  • 七色閃光
  • 七色閃光人は文字や声でだけ言葉を言わず台詞は必ずしも本心を物語らない誰もが暗に言ってる言葉を見よう口だけの嘘で分厚く固めても脆いたった分かる事だけで判断が付く誰もが暗に自分の正体を伝えてる騙される事を危ぶむほど愚かか?信じるのは人の言う全ての言葉だどうして自分を人に含んでない?自分の心を騙してもいい事はない信じるからこそ正直に生きられるまず自分の心が言う言葉を信じろ理解に執着するほど縁を失い続け全 [続きを読む]
  • 二つで一つの光と闇
  • 二つで一つの光と闇浅知恵で評価付けの技能を持たず見た目で人を判断する馬鹿なんて上手の出来た誰も相手にしてない人を許す事も知らず不快に浸って悲劇に酔い面で人を切り堕落する考える能があれば避けられる物だ後から気付いても遅い残像に消え何よりも過ちは痛みを誤解する事何処の馬の骨か分からぬ間に侵蝕根性で一気に甦る再生力を魅せろ次から次へと人の幸せを喜べずに当たり散らして自己嫌悪に嵌まる是の打ち所がない負の神 [続きを読む]
  • 一発逆転の秘密兵器
  • 一発逆転の秘密兵器大量の己を知らない人々に溢れる無礼でもいいほどの低い自尊心で堕落に大きな威力があるわけないただ口数が多いほど目立つだけだ何でも発しない心の声の方が重要自分が正義の傲慢に惑わされるななんで早々と自分を分かってる?苛立つ矛先こそ未来の遥か足下だ神は拾えるから一番下にいるだろ一発逆転のチャンスを秘めてる中自分が損して済むズルぐらいある他人に失礼な真似を出来ないんだ済む内はだらしない事ぐ [続きを読む]
  • 死神と平和ボケ
  • 死神と平和ボケ世界に数知れないほどの街がある中今夜も大きな刃を持った死神がどこかの街の闇と影に潜み人間の弱さを探して移動する人間は段々と無難にばかり徹してその気がないわけではないけれどどんな成功よりも失敗を嫌がって出来るだけ勝負に出たくなくなる何度も何とかなって来て慣れ過ぎ当たり前になって偉くなり過ぎるそこまでしなくていい正論はない昔の自分が人に突き次は今の自分全てだったのに分け隔てばかりでこれだ [続きを読む]
  • 逆回りの世界
  • 逆回りの世界誰もが特技を活かして動き出す中置き去りにされ過ぎて何一つなく手緩過ぎて努力は大して報われず分かってるのに努力も出来ないで短所を集め長所を探す方が難しく一体何なら出来るのか分からない永遠と人々に追い付けずに苦しみ無能としか考えようのない自分に自信の欠片もなく救いようがないただの弱虫に逆境が降り掛かる?一人だけ最後まで好転しない事が何よりも一番の可能性を示す救い神は乗り越えられる試練を与え [続きを読む]
  • 双子の岐路
  • 双子の岐路自分だけの世界に閉じ籠ってる中居ない方がマシな存在などいない動かなかったのは自分だけなんだ卑劣に染まった頽廃は止まらない甘くて荒いだけの何が優しさだ?折角の自分の為の事を無駄にしてなんて非情な仕打ちをしてるんだ人の温かい態度が見えないのか?誰もが助けようと動いていたんだすぐ傍の優しさを感じないのか?悪いのは自分だけだと目を覚ませ信じる人の想いも解らないのか?酷いのは自分自身だと目を覚ませ [続きを読む]