hihiro さん プロフィール

  •  
hihiroさん: 政治軍事にを考える
ハンドル名hihiro さん
ブログタイトル政治軍事にを考える
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/1751393
サイト紹介文90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/07/14 10:37

hihiro さんのブログ記事

  • 北朝鮮の対米政策の方向返還の現実味
  • 軍需技術をアメリカと争うより国家百年の計では、核技術はほぼ一定水準の足した今今後の宇宙技術に重点を振り向けたい。アメリカとは対等の地位を確保し当面の課題である燃料と食料に一応の目安をつけるべく韓国とアメリカの関係も縮小方向を取りつける。尤も大きな動機は独自の核技術は発射装置の可動式、燃料の注入技術の確立がそのまま宇宙技術に応用できる確信ができたものと思う。まかり間違っても戦争にはならないで済む。こ [続きを読む]
  • 君子危うきに近寄らせず
  • 財務省事務次官のように教養あり能力もある人でも特にいセクハラに関しては異常心理の輩も実在する。一度危ないと思ったら決して一対一の交渉は本人はもとより、会社も複数人での交渉に切り替えるべきだ。特別情報を得られるかもしれないと下心をもって付き合うべきでない。テープレコーダまで持ち込み裏情報を企てるべきでない。これは企業が責任を負うべきだ。人を信じればこんな行動は取れない筈だ。パワハラはまた別の問題を含 [続きを読む]
  • 阿倍総理大臣最大の欠陥は人事にある
  • 人を信じることは悪い事ではない。無批判に信じればその責任は当然任命者に或る。総理を取り巻く周辺は、迎合組がうようよいる。長いものに巻かれろ、将来の面倒は見てやるからおれの防護壁になれと、信なくば立たたず、瓜田の靴、李下での冠を正さずと古来から人間の弱みを日本国のトップが持ったら政治はどうなるの実験が今繰り広げられている。森友学園、加計学園、を中心に喧々諤々型を持つ者、非を唱える者、家庭の最小単位の [続きを読む]
  • 自衛隊の文民統制に疑問
  • 「自衛隊がいる所が戦闘地区でない」迷台詞の時の総理大臣は小泉純一郎、国会でPKO 派遣を決定、サマワに部隊を派遣した。その後文民統制の国会は現地の状況に無関心だったのか日報問題は放置されったままだった。日報とは毎日の指揮系統をたどり報告事項だ。何にもないと言うことはありえない。周辺の情報報告もあるだろう。健康状況、銃声の発砲音の遠近も存在する。今更文民統制?本当に理解しているのか。全く戦争の経験がなく [続きを読む]
  • 戦争は絶対反対論の根拠
  • 日本から先に仕掛ける戦争は絶対反対である。仕掛けられた直接侵略を仕掛けられた戦争は反対だと大声を挙げてもけ敵は侵略目的ゆえ戦争して撃退しなければ占領される。抑止力なる武器を持てば未然に戦争は防がるか。敵の情勢判断で抑止力以上の実勢力を持てば、ここらで攻撃をやめておこうかと引き下がる事が出来ない。敵の先制奇襲を受けてもこれに生き残り、尚戦闘継続能力を持つのが当り前そのために自衛隊が重要な国防を受け持 [続きを読む]
  • 総理が信頼する部下の責任は総理が負うべきだ
  • 逢ったことの記憶もない部下の記録が県庁側から発見された、野党の追及にも知らぬ存ぜぬの総理秘書官これが真実となればその責任は総理大臣にある。割れたレコードの如く加計学園の申請を知蔦のはと一月二十日だとむなしく緒よをたてる。発見した側の知事はこの記録に全面的信頼を述べている。普通総理と知事が相反する意見の場合、多くは総理大臣と思うが、今日の一連の事件は多くの国民は総理大臣の虚偽の多弁が物語るように懇切 [続きを読む]
  • 日本の内政、外交極めて危険な水域にある
  • 虚偽紊乱で情報隠し、その陰には人事権と恫喝を駆使し、「記憶に御座いません」又「逢った事はありません」の逃げ口上責任も信念も悉く失う官邸周辺、官僚たちは悉く追放しないと正道の政治が死滅する。 しからば外交は如何に。やっている総理大臣は同一人物である。成果には嘘もあるだろう。資金援助の美名に隠れ真の姿が見失っている公算もそこはかとなく匂って来る。米国トランプ大統領の頭の中に日本国内にとらぶってる安倍総 [続きを読む]
  • 国会の重要議題とは何か
  • 我々が知り得る情報からは森友問題、加計問題、PKO派遣の日報(作業日報、戦闘詳報、情報等)の報告経路の不明確さ一部は将来に対する教育訓練用として重視、或は防衛大臣までいかない上層部止まりとなった、俗に言う文民統制が効かないと言う。ならば図上でイラクを想定し日報等を作成して実際の自衛隊経由して大臣、総理大臣まで報告を訓練すれば一挙に解決する問題だ。公文書保管、廃棄等また同じである。過去を責める選りも、 [続きを読む]
  • 希望的観測に根拠を置く粉飾に満ちた数字合わせ
  • 日米開戦で戦争回避を求める声は掻き消され開戦が最も望ましいシナリオだと主張する陸軍参謀本部、海軍軍令部の論拠は「希望的観測に根拠を置く粉飾に満ちた数字合わせの所産」であった。指導者が不都合な未来像を直視できず基も最もリスクのを選択した。 政治の現状を見るに、海外派遣の自衛隊の日報の扱いの極めて意図的で無事故報告を期待する上司を忖度する域を出ない危険極まり無い話、また働き方規制の根拠に出鱈目なデータ [続きを読む]
  • 「オフィス北野」と女性禁制の土俵の私考
  • オフィス北野は株式非上場の会社である。北野たけしが太田プロダクションから独立した創業者出は無いのか。もしそうなら創業者は絶対に尊重すべきだ。一番心掛けることは、人事と金銭関係である。森現社長がいかなる人物かしらないが、筆頭株主が森社長と言う所に伏線がある。社長印鑑は法的にものを言う力が有り、社長は北野たけしでなければ申告から登記まで、社長の印鑑がものを言う事を肝に銘ずべきだ。相撲の土俵には女性は禁 [続きを読む]
  • 指揮命令系統の確立こそ急務
  • 南スーダンに派遣した自衛隊の日報の報告経路とデータ保管の問題、それよりさらに前のイラク派遣の日報も行方不明となって今発見される。自衛隊の最高指揮官は総理大臣にある。総理大臣は防衛大臣に命令し政策的見地を有する背広組と軍事的行動は制服組が大臣を補佐する任務に就く。現地に派遣された部隊はこの経路を逆に遡つて任務の報告が行はれる。その日報は今後の戦闘資料であり、誇張な原始データである。戦場に派遣して一発 [続きを読む]
  • 国家の情報収集に対する緊迫感の欠如
  • 南スーダンの PKO の自衛隊の日報問題、それ以前のイラク覇権当時の日報も所在不明が発見されたと聞く。日本の防衛の第一線部隊の進退に関わる日報の保管までの不透明さは何故発生するか。 世界の情勢の情報収集不足とその重要性の認識不足に或る。アメリカのCIAのような膨大な組織でなく、また国の基幹産業を軍需産業に求めるのでなく、世界の兵器産業の趨勢、新技術の動向等当然収拾し分類整理が確立していれば素早い防衛が可能 [続きを読む]
  • 北朝鮮の中国に擦寄り訪問の目的
  • 核爆弾が日本に落とされてから今日まで戦勝国の独占保有の技術も、多くの国が保有拡散するに至り、中でも北朝鮮が新技術で大陸間弾道ミサイルを保有、アメリカと直接交渉し核保有国として認めさせようと、実弾発射で威を誇る行動に出た。実際は戦闘を起こせばアメリカの圧倒的差は如何ともしがたく、有利な作戦を練ったのが今回の行動である。核放棄が確実に実行できる体制が出来ているのか。暫定的な時間稼ぎに過ぎないと思う。朝 [続きを読む]
  • 靖国神社の祭祀論について
  • TBSテレビプライムニュースで靖国神社問題を取り上げた。自由民主党野田毅議員と昔の党員亀井静香氏の異なる論点に未だに解決出来ない原因は何処にあるかである。昭和天皇のある時期から天皇参拝をやめられた。一般に言われる「A]級戦犯の合祀問題が発端ではじまった論議である。 亀井氏は天皇陛下万歳と叫んで亡くなった人に、なぜ参拝されないんかと言う。 野田氏は戦争の政治責任は当然問われるれるもので罪を問うているので [続きを読む]
  • 日本の自衛隊は何の為存在するか
  • そもそも自衛隊の主たる目的は自国の防衛の為にあり、他国からの攻撃にたいし国を護るために存在する。国内法の憲法を護る為ではない。もし敵がアメリカとの戦いにならない小規模で侵略してきたらどうする。限定的かつ小規模とはどの程度の侵略を差すのか、いかなる条件の時、誰が判断するの過。情報手段が発達しても、侵略の兵力規模が最初からわかる筈がない。我w油断させるため過少を装い、威圧の為過大に見瀬掛けもするだろう [続きを読む]
  • 真実を隠す難しさ
  • 世界中の人に日本の政局がどう映っているだろうか。日本語の言い回しの難しさ日本人でも理解できない総理大臣の弁明が、却って誤解を与えているように感じる。人間公文書で生きているのではない。喋る、映る行動が総て真実なのであって張本人に問い質し否定されればあっさりと信じ込む。張本人は責められれば苦し紛れに嘘も吐くだろう。ロッキード事件等忘れた、存じませんの証人の姿昨日のように眼に浮かぶ。外交で何が重要かは嘘 [続きを読む]
  • 重要証人の身辺警護は大丈夫か
  • 森友学園問題、国民の多くの常識に反し読売新聞「おれんど」論説委員は書き換え前の文書にも、安倍首相や昭恵夫人が土地取引に関与していた事実はなかったと断言する。これから証人を招致して検 証する手続き段階中にまともと言い難い。前国税庁長官佐川氏が主犯で捏造したと誘導したい人々と、根源は総理自身にありと思う多くの人々との乖離が、事件に発展しない警護が求められる。生命に関わることで、すでに一人は犠牲者が出て [続きを読む]
  • 多くの国民の常識が通らない暗黒政治
  • 何故一小学校の建設の不正が国を挙げての大騒動に発展したのか。不純物埋蔵として値引きした額は9億円弱、国会一日開催が3億と言うが三日討議すれば9億となる。官僚が画策した事案でないことは至る所に現れている。これが安倍総理のように一切関係無い所から降ってわいた話だとすれば、身を挺してまで書き換えを終え自殺する筈もなく、また優秀な官僚の生命を賭す非道な政治は日本国家を破壊まで導く危険がある。一連の事件とし [続きを読む]
  • 西部邁氏の死を考える
  • 肉体的に満身創痍、利き腕である右手が動かせなくなり、これが私の書記として最後の著作を娘智子さんのパソコンを駆使して完成された。これ以上生きていてもこの広大な宇宙と遠大な歴史のなかでは自分の死は一匹の「蛆虫」に等しいと言いながらやはり「死」は怖かったと思う。また自力が減退して容易には死に切れない。他人の手を借りる手段には他人が生涯抱え込む悔悟の気持ちを考えるとこれまた実行しがたい。奥様を亡くして4年 [続きを読む]
  • 口先だけで謝りたいと思う総理は何時謝るのか
  • 安倍総理は謝ったことは一度もない。いつも謝りたいと思うのでありますと言われる。大見得を切るは勝手ながら見え見えの嘘を吐かれると国民は附いて受けない。問題の森友学園の関係者と同席の写真があっても妻は関係ないと言う。日本人なら妻の出所進退護るべきものがある。夫の足を引っ張る事を、自ら判断できなければ総理の妻たる資格がない。自由民主党の危機である。 [続きを読む]
  • 法の許平等であるべき国民に一般人とは何か
  • 国会の証人または参考人招致が、一般人だからできない一般人とはいかなる種類の人を指すのだろうか。総理夫人が一般人なら、なぜ総理大臣と同伴され、発言されるのか。つい最近まで役職にいた官僚の当時の役職上の問題を検証するのに今は一般人と化す事が政治の常識だとすると国民は惰眠を貪って居ろと言うに等しい。森友学園問題で費やした時間金額これすべて税金である。嘘のコピーだけ承知の上の浪費、国民一般人は怒りり出す場 [続きを読む]
  • 道徳的教育の廃頽此処に極まれり
  • 世界を見る先に日本の現状を注視しよう。生まれてからすぐに両親からうるさいといじめられ、幼稚園,小中学校では上級生野同僚からいじめられ、教育現場の大人からは何事もなかったと隠蔽、大人の出世欲で事件はもみ消される。この風潮が政界、財界、官僚まで毒され自分が今行っている仕事も、上司の顔色を窺い、間違った命令も天下りのしきたりに流され平然と嘘をつく国に成り下がった。森友学園、加計学園いずれも教育関係の話題 [続きを読む]
  • 政治の許に或る軍事も平和が長引くと頽廃する
  • 国家の権謀述作の許のは必ず武力が物を言う。一国が不安定で存亡も危ぶまれると民は難民化し、軍は武器をもって平素の不安をあおる。と同時に指揮を失う。地球上の争いを予想すると温暖化での新海路の出現、宇宙の無限の利用度どれ一つとっても膨大な勢力争いの発火点である。北朝鮮がアメリカと話し合いに無条件に接近は、中国、ロシア、といかなる計略かは計り知れぬがトランプ大統領があしらうには危険が気になる。世界戦争の温 [続きを読む]
  • 公文書の改変解明の指示の疑問
  • 事の起こりは市井の籠池と名乗る一市民が財産慾にかられ、国有地の払い下げに眼をつけ、不純物の埋蔵個所の有る物件を見つけた。これを餌に金 儲けを企てた。教育に関係していた籠池氏は小学校開校を企て、資金を手に入れるべく払下げ用地の選定、あわよくば不純物埋蔵地でその分払下げ価格から値引きして入手を企てた。この手法を実行すべく小学校の建設を始める。先ず注目を集めたく「教育勅語」の暗唱を提案、日本会議好みの恰 [続きを読む]
  • 人間の精神は激しく変化しうるか
  • 日本人を拉致して杳として知らない、解決済みと唱えた人間が俄かに友人面出来るものか。思想的にも反日集団が、しかも国運を賭けて開発した兵器の鉾を治めてアメリカと会談すると言う。中国、ロシア、欧州等はなにを考えるか。武器を隠しながら、一時の平穏を求めても、北朝鮮70年の歴史がこれを許さないだろう。政治の世界だ。勝ち負けが国運をしはいする。アメリカトランプ大統領、脅しや駆け引きには自信がありそうだが、信じ [続きを読む]