natume3 さん プロフィール

  •  
natume3さん: 心豊かに昭和暮らし
ハンドル名natume3 さん
ブログタイトル心豊かに昭和暮らし
ブログURLhttp://ohitorinikki.blog.fc2.com/
サイト紹介文訪問ヘルパーとして(訪問介護での独居老人としての高齢者との関わり) 未亡人の一人暮らしの工夫
自由文訪問ヘルパーをするための工夫
したたかな高齢者に負けないヘルパーの日記

未亡人になっての楽しい一人暮らしの工夫
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/07/16 13:05

natume3 さんのブログ記事

  • 職場の疑問
  • 私には疑問があります。職場の皆さんは、何を考えて仕事をしているのだろう。という疑問。職場の同僚たちは、皆、私より帰りが遅い。皆さん、早くて夜の7時。遅いと8時を過ぎるようです。もちろん女性たちも。職場の花朝も早くて、始業の2時間前には来ている人もいます。私は30分から40分前に出勤。皆、静かに掃除。始業の15分前には、皆、席に座り静かに仕事をはじめています。 [続きを読む]
  • はじめての出来事 ある青年の不可思議
  • 先日、仕事の関係で公的機関に行きました。いつものことです。複雑な書類をとりに行くためです。このとき、私の担当になってくれたのは顔なじみの30代前半の男性。いつものように挨拶してにこやかに書類の作成や申請を依頼しました。出してくれた書類を手に取り、「これは、もしかしたら、必要ないかもしれませんよねー」と私は考えるふうに柔らかにきいたのです。彼に!自分のミスに気が付いた彼は、思いがけない行動に出た [続きを読む]
  • バレリーナにプレゼント
  • この前の日曜日に、バレエの発表会がありました。知人のお嬢さんが出演したのです。高校生のお嬢さん一人と小学生のお嬢さん二人三人のバレリーナを観に行けるのですからハッピー!仲間と待ち合わせて観に行きました。花のスタンドがいっぱいで華やかでした。できれば気持ちだけの、お祝いをしたいなと思いました。ところが、 [続きを読む]
  • 職場での喜劇
  • 笑い話。職場にて。職場に40歳の女性がいます。仕事はバリバリできる。優秀な女性の強気川さん(仮名)強気川さんは、仕事に関して完璧だと自己評価しているように見える。来客にも経営者側にも、満面の笑み。真っ白な歯がまばゆいほどの美しい笑顔。職場でご自身より職歴の長い女性たちにも、にこやか。職場の洗面所の花先日、昼休みのとき、喜劇は起こりました。 [続きを読む]
  • 職場にふたり距離の近い人をみつけた
  • 沈黙がただよう職場気さくな日常会話がない職場ですが9月で一年になる私は少しだけ、「距離の近い」ひとをみつけました。記事には関係ないけど我が家のオブジェ。私のお気に入り。最初に私に強烈に無視を発した女性花子さん(仮名)私より2歳年上。私への無視の強烈が、逆に私のイニシアティブが取れる感じだったので、私は、親しく接していたのです。すると、返事を返してくれるようになり意外なほど、話せる人だとわ [続きを読む]
  • 職場での時間の使い方
  • 職場にて。 例えば、ある日は、めちゃめちゃ多忙でサービス残業になってしまうなんて事があります。職場の花また、ある日は、逆にあまり私のする仕事がなくてどうやって、終わりまで時間を伸ばそうかなと思うこともあります。そういう時は、なぜか、突然、私を観察しているかのように職場の皆さんが、一斉にあれやこれやと私に雑用を依頼してくる (笑) [続きを読む]
  • 笑顔は自分のため♪
  • 職場での私はにっこり笑顔!!口角を上げて気持ちよい挨拶と返事を心がけています。朝の「おはようございまーーす」は私だけちょっぴり高い声。皆さんは、小声。朝から元気いっぱいなのは私だけ (笑)職場の花無言、沈黙の職場の雰囲気に最初は戸惑いを感じましたが人はひと。私はわたし。やっぱり、朝は元気にしたい。自分のために。私自身が気持ちよく、さわやかでいたい。だから、私は明るいトーンで挨拶します。 [続きを読む]
  • 節約に関する私の考え
  • 私は職場にはお弁当持参。しかも、絶対的に昨日の残り。職場ではお茶はいただける。それを私は、たーくさん飲んでいる。(美味しいお茶なのです)私のお弁当のカゴ若い人は、ペットボトルのものも買っていますが私は職場のお茶だけ。これは、私の節約。 [続きを読む]
  • 私の詩
  • 11月に産まれる孫に贈る詩。まだ見ぬ私の四番目の孫へそしてS君(三才)の妹へ。カードにメッセージ私はあなたの、ばあばです。私は遠くに住んでいますが、あなたといつも心の中でお話をしています。元気ですか。待っていますよと。そして早く、いっしょに遊びたいなと思っています。 [続きを読む]
  • 事務員は接客業ホステスと思えば、不愉快がなくなる。
  • 職場で、ちょっぴりきつい女性がいます。気分にムラがあるのか、挨拶をしても返事をしない時もあるひと。もちろん仕事は、とてもできる人。私は、事務員を接客業と位置づけているので誰にでもにこやかに話しかけます。気分にムラがある女性が、返事をしなかったりする場合でも不愉快になることはありません。職場の花以前だったら、「いやだなあ」と思うこともありましたが今は、全く気にならなくなりました。どうして [続きを読む]
  • コトバがけは、楽しい。
  • 職場の女性達への会話の方法を選びながら楽しんでいます。髪をカットして夏らしい同僚に「まあ、爽やか!」朝一番に言持ちを伝えます。笑顔で返してくれる相手にはこんな会話を私はします。ほんとに素敵だったので。ブログに関係ないけど、我が家の好きな空間。「フン!お世辞を言って!」というような雰囲気の難しい女性が髪をカットしている場合には別の言い方をします。 [続きを読む]
  • 毎日の出来事
  • あまりの暑さに「熱心なメイク」を「簡単メイク」に切り替えています。冷蔵庫には、エビアン。朝、出勤した時点で、大量の汗でメイクが落ちているからです。髪もブローしていましたが自転車通勤に帽子をかぶるのでヘアスタイルどころではない状態。 [続きを読む]
  • 事務員はホステス説
  • 私の持論なので、他の人には合わないかもしれません。私の場合は、事務員はホステス業だと思って楽しんで働いています。せっかくだから、銀座のクラブのホステスのつもりがいい。画像はお借りしました私は職場の人達を、気分よくすることが楽しくてたまらない。さして、本業の事務はできませんが。 [続きを読む]
  • 楽しい時間はあっという間。
  • 交代でいただける夏休み、職場の誰よりも早く、お休みをいただきました。孫たちに会うために、ささやかなプレゼントを用意しました。下の黒いバッグはランコムのおまけ。長年愛用。メリーポピンズのカバンのように私もカバンに詰めて、先週末の金曜日の夕方から昨日まで夢のような時間を過ごしました。 [続きを読む]
  • 毎日の暮らしを気持ちよく
  • きょうまで予約投稿しています。私の今の暮らしは、長い人生の中でも一番、気持ちが豊かになっているかもしれません。難易度の高い職場も「年の功」で切り抜けていると実感。室内干しが習慣に。職場の制服を毎日、手洗いする「小さな家事」が嬉しい。 [続きを読む]