とよ さん プロフィール

  •  
とよさん: 地味OL新書を読む
ハンドル名とよ さん
ブログタイトル地味OL新書を読む
ブログURLhttp://kuuneruasobuodoru.blog.fc2.com/
サイト紹介文30代OL一人暮らし。 過激インドア派です。 質素で地味です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/07/16 21:00

とよ さんのブログ記事

  • 『時を刻む湖 7万枚の地層に挑んだ科学者たち』 岩波科学ライブラリー242
  • こんばんはようこそおいでくださいました『時を刻む湖 7万枚の地層に挑んだ科学者たち』 中川毅 岩波科学ライブラリー242 2015年これはいい本。絶対にいい本『人類と気候の10万年史過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか』こちらの過去記事の著者様の別の本です過去記事からコピペしちゃいましょう***福井県の山間にある湖 水月湖みなそこにたたえる泥はしずかに しずかに悠久の(人類比)気候の記録をしている…あゝ [続きを読む]
  • 『極北シベリア』 岩波新書481
  • こんばんはようこそおいでくださいました『極北シベリア』 福田正己 岩波新書481 1996年熱帯低気圧のもたらす雨風を眺めながら読みました個人的に、とても好きな本で何度も読んでいますシベリアの年中凍っている大地、永久凍土その永久凍土が作るエドマ層を研究された調査の見聞録です永久凍土なんて知らないよーですって?この本によると、日本の地下鉄も、永久凍土を作って建設したのです硬くて水を通さないですし、一度凍ると [続きを読む]
  • 『最新 超ひも理論がよ〜くわかる本』 秀和システム
  • こんばんはようこそおいでくださいました『最新 超ひも理論がよ〜くわかる本』 伊藤英男 秀和システム 2011年ずーと気になっていて手をつけないものが結構ありましてそのひとつがこれ超ひも理論でした「図解」なんとかシリーズ、主に科学や技術の分野で、いろいろな出版社が出していますさほどよみませんが、こういう本、とても好きです見開きが1トピックで、図や表や絵や写真がふんだんにあって、読みやすいですさて超ひも理 [続きを読む]
  • 文月ふみの日 −開設3年経ちました−
  • こんばんはこんなところへようこそおいでくださいましたこちらでブログをはじめまして今月で3年が経ちました何日だったかは覚えていません(←みろや)・最初につけたかったタイトルは「新書読みの新書知らず」でした念のために検索するとすでにご使用の方がいらっしゃいました・それ以上のタイトルを考かつかず(仮)のつもりで今のタイトルをつけましたまさかずっとこれとは…・今からで遅くないからタイトルに(仮)をつけようか [続きを読む]
  • 『エピソードで読む西洋哲学史』 PHP新書395
  • こんばんは今宵もようこそおいでくださいました『エピソードで読む西洋哲学史』 堀川哲 PHP新書395 2006年新書としてはぶあつい約400ページデカルトからプラグマティズムまで哲学者の足跡と思想をごく簡単にたどる啓蒙書です各章ごとに読書案内もついています高校の社会が嫌いでなかった方、あるいは社会での受験を考えている高校生なら面白く読めるとおもいます話し言葉に近く、少々下世話な話題もありなかなか読みやすいです [続きを読む]
  • 『しなやかな仕事術』 PHP新書870
  • こんばんはようこそおいでくださいました『しなやかな仕事術』 林文子 PHP新書870 2013年現職の横浜市長、といってしまうと、あまりにも長いものにはまかれろというか寄らば大樹の陰というか偉い人の言うことは正しい、みたいになってしまいますがとにかくまあ現職の横浜市長のご本です政治畑にずっといた方ではなく、車のセールスでとてつもない成績を上げ、ダイエーの再建にも尽力したことのある元祖バリキャリです女性が第 [続きを読む]
  • 『縄文農耕の世界 DNA分析で何がわかったか』 PHP新書125
  • こんばんはようこそおいでくださいました『縄文農耕の世界 DNA分析で何がわかったか』 佐藤洋一郎 PHP新書125 2000年義務教育の歴史の授業で縄文時代は狩猟採集の時代、そのように習いましたけれども、三内丸山遺跡など発掘と研究が進みまして縄文時代に植物の栽培が始まっていた、というのがもはや常識となっておりますこれをDNA解析から研究されたお話です農耕=水田稲作 といった図式も今やちょっと違うのですもともとイネのDN [続きを読む]
  • 水無月夜話
  • こんばんはこんなところへよくもまあいらっしゃりましたⅠ.副業、今は昔以前は時折副業の日雇いアルバイトをしておりました株主優待でちょうだいした金券を握りしめてゆき、それで食事をする、という高度な諧謔に人知れずご満悦、といったこともございましたそれもゆく気がなくなりまあいいかという感じ…坐骨神経痛も手伝って、そんな元気はありません Ⅱ.市民税をめぐってそんなことで、会社以外の副収入があるために会社の年 [続きを読む]
  • 『銀座・資本論 21世紀の幸福な「商売」とはなにか?』 講談社+α新書690-1C
  • いらっしゃいませ毎度です『銀座・資本論 21世紀の幸福な「商売」とはなにか?』渡辺新 講談社+α新書690-1C 2015年著者様は、銀座の一流の洋服店壹番館の旦那だそうです同じように銀座で商売する方とのインタビュー…というか対談をまとめたものです飲食店だったり、きもの屋さんだったり、不動産屋さんだったり、ほとんどの方の紹介文に○代目がつきます著者様ご本人も3代目ですお得意様と深く、長くつきあうこと仕入れ先とも [続きを読む]
  • 『感染症と文明 ‐共生への道』 岩波新書1314
  • 感染症政策にさえみすてられたロスジェネはしか予防接種1回世代の私が通りますよ…『感染症と文明 ‐共生への道』山本太郎 岩波新書1314 2011年雑に2行でまとめると人類は文明のあけぼのから感染症との戦いでしたそしてこれからも…はしかはイヌから天然痘はウシからインフルエンザは鳥類から百日咳はブタ、あるいはイヌからヒトにくれた病気らしいですある社会に別の集団が入ってくるとき、その社会にもともとある伝染病が疫 [続きを読む]
  • リリカ 服用記 後編 あるいは3軒の整骨院
  • とこすたとこすた…(←歩いている)あら、こんばんは本来坐骨神経痛は病名ではありません後述のリリカカプセルの処方のために「坐骨神経痛」の診断がつきました症状は主に坐骨神経痛で、腰痛はほとんどありませんそれで、病名の腰部椎間板症(要するにヘルニアっぽい)よりも坐骨神経痛を自称するようになっておりますまー腰部椎間板症(以下「ヘルニアっぽさ」)も「ちょっと変なかんじだけど、ほんとはあんまりよくわかんない」的なく [続きを読む]
  • 生演奏の風景
  • こんばんはようこそおいでくださいましたⅠ.音楽ホール(小)の午後ここ2、3年、外出がいやになり、ついでに坐骨神経痛など出てきて2年ぶりくらいだったか、ひいきの演奏団のコンサートへ行った(参考過去記事:どこでも一人)間際まで迷った坐骨神経痛もやや改善して、なんとか行けるだろうホールは比較的駅から近くて、歩く距離の少ないコースしかしなによりめんどうだそうはいってもいってみようか、と前日に電話して予約し [続きを読む]
  • 坐骨神経痛 対処いろいろ
  • とた、とた、とた…(歩いている)あら、こんばんは腰痛に続いて坐骨神経痛になり、早半年私なりの対応法をしたためてまいりたいとおもいますどなたかのお役に立てば幸いですが、こんなところへたどり着く人はほとんどいませんし、現時点で治ってはいないので説得力ゼロです1.ふつーーの整形外科湿布とお薬をもらっていますロキソニンや、痛む場所に直接貼る湿布がほのかに効くあたり、本当に神経痛なのか若干疑うところです2.整 [続きを読む]
  • グローバル色見本【試作】 ‐色鉛筆をめでる‐
  • どうも、暇人ですようこそいらっしゃいましたこういうものをネットで拝見したことがないので紹介いたしましょう個人用の資料としておつくりの方はいらっしゃるかもしれませんユニカラー全100色無印良品36色、クーピーカラーオンカラーとばら買いそしてなにより愛しいホルベインそのほか舶来品のばらものろくに塗りもしないのに、よくもまあ集めたものですいろいろなメーカーの色鉛筆をもっていると、メーカー様ごとの比較がしたく [続きを読む]
  • 桜花疼痛抄
  • うすさくら 色して苦し ろきそにん夜桜を 仰ぎてむぎゅぎゅ 神経痛花みあげ 臀部おさえて 一休みさらさらと 色鉛筆で 桜花描きその色は 名をばちぇりいの ぶろっさむ(*)とよ川とよ女詠(*)…ホルベイン アーチスト色鉛筆 Op.011 Cherry Blossomにほんブログ村にほんブログ村ついったー [続きを読む]
  • シンガー・レディ
  • こんばんはこんなところへよくもまあようこそおいでくださいました好きな本はなに?好きな色鉛筆はどれ?と聞かれたら答えられないですが好きな音楽は?好きな画家は?などと聞かれたらこれはすぐに答えられます本や色鉛筆はそれ自体が好きだから、あれもこれもで選べない、となるけれども音楽や絵はそれ自体にたいして興味がなく、たまたま知って、好きになったものだけで満足なので、他を知ることもなく、知ったとしてもさほど愛 [続きを読む]
  • 弥生疼痛節
  • お薬を飲み、湿布をあちこちにぺたぺたと貼り、―最近「骨盤カイロ」の術を覚えた。こりゃいい―それでも痛んだりしびれたりつっぱったりちょっとまひもしているのか、とにかくまあ動きたがらない体をなんとか引きずって、タクシーで会社へ乗りつけ、つらいばかりの仕事をこなし、なんとか生活できるだけのものを稼ぐそのお金で、また整体に通い、整形外科へ行ってお薬や湿布をたんまりもらい、立っていられないから自炊や後片付け [続きを読む]
  • 色鉛筆談義 ―色鉛筆をめでる・天使と悪魔―
  • こんばんはようこそおいでくださいました本日は、とよ脳内の天使と悪魔の会話でお楽しみください悪魔とよ(以下悪と) 「…zzz…」天使とよ(以下天と) 「ねぇねぇ、悪魔ちゃん」悪と 「…?」天と 「無印良品の色鉛筆がほしいの」悪と 「持っているだろう。36色のハーフサイズを」天と 「大昔、とよすけちゃん(*)が くれたのよね」悪と 「うむ」天と 「あのとき60色くれてればねー」悪と 「貴様天使のくせに強欲だな    し [続きを読む]
  • リリカ 服用記 前編 ‐よく効いている例‐
  • こんばんはこんなところへよくもまあいらっしゃいました神経障害性疼痛治療薬リリカ?(プレガバリン)をば服用しておりますので服用記なぞ書いてみようとおもいます今のところよく効いてますので―それでももう2か月ほど飲んでいますが―苦しんで治療法を探し求めるお話を読みたい方はお戻りください。けけけ!Ⅰ.服用まで誰もそうは言いませんが、たぶん「腰部椎間板症(あるいはヘルニア)による下肢放散痛」が私の症状だとおもい [続きを読む]
  • 『森と日本 人の1500年』 平凡社新書751
  • こんばんはようこそおいでくださいました『森と日本 人の1500年』 田中淳夫 平凡社新書751 2014年キャッチコピーは「日本の原風景」は誰がつくったか」全体の枕としてサクラ、鎮守の森、和紙といった「日本古来変わらないイメージ」のあるものを実は意外に新しかったり、新しい材料を使っていたり、といった話をしますそれから弥生時代に始まる日本の林業を解説します結構、収奪の歴史ですいたるところはげ山ばかり、というのが [続きを読む]