Kiki さん プロフィール

  •  
Kikiさん: Kiki Brasil
ハンドル名Kiki さん
ブログタイトルKiki Brasil
ブログURLhttp://kikiabestada.com/
サイト紹介文ブラジルのポップカルチャーやブラジルファッション、音楽、旅行などブラジル情報を発信中!
自由文ブラジルのポップカルチャーやブラジルファッション、音楽、旅行などブラジル情報を発信中!
Blog informativo sobre um Brasil tanto no Brasil e no Nippon! Fashion, musiquinhas, comidas, culturas e muito mais!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/07/18 14:55

Kiki さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • セントロで子供に金を渡す
  • サンパウロのセントロは、美しいコロニアル風建築物や美術館、そして行政や銀行で働くいわゆるエリートたちと、家のない路上生活者が共存する混沌とした場所である。歩くときは常に気が張る。ある日私は友達とアニャンガバウの美しく豪華なテアトロ・ムニシパルから出て、路上生活者がヴィアドゥトを歩いていた。少し足早に警戒心を見せながら歩いていたつもりだったが、背後からどこならともなくストリートチルドレンが私に声をか [続きを読む]
  • 真夜中のプラッサ・ダ・セー
  • 土曜日の夜は女友達と出かけていた。8時ごろからSESC Belemzinhoのコンサートに行ってそれからアウグスタ。アウグスタを歩く途中で土砂降りになったのでタクシーをひろって帰路に就いた所、大学時代の友達から「リベルダージにいる」と連絡が入った。そこで友達と彼の友人が待つリベルダージのIzakayadaで合流。しかし店主が「もう閉めるからオーダーはとらない」と伝えてきたので仕方ないから近くのパダリアでヴィタミナを飲んで [続きを読む]
  • サンパウロで脱毛
  • ブラジルと言えば脱毛、ではないが、ブラジリアンワックスなどが流行ってからかなり経つ。アメリカや日本でも一般的になりつつあるので、もはやブラジルだけというわけでもない。日本にもブラジリアンワックスという総称でビキニワックスを行うサロンも増えた。サンパウロにも脱毛サロンは多くある。医師によるレーザー脱毛や、サロンのレーザー脱毛、ワックス脱毛など種類も色々ある。近くのショッピングセンターの地下にワックス [続きを読む]
  • サンパウロのカルナヴァウ 3
  • 2016年のカルナヴァウは、公式には2月10日に終わった。しかし、このあたりでは14日までまだまだblocoが出ていた。友人曰く、2日や3日くらいカルナヴァウ期間中に道路を封鎖してブロッコが出るのは普通だが、今年は一週間程ぶっ続けで毎日ブロッコと群衆が通りに出ていて、例年と比較して少し様子が異なっていたようだ。さて、踊りながら通り過ぎる集団の様子を動画で載せたい。Filhos de Glande(glandeは男性性器という意味) [続きを読む]
  • サンパウロのカルナヴァウ2
  • 2016年2月10日日は灰の水曜日なので、カルナヴァウが終了する。お祭り騒ぎも今日で終わり。以前のblogで2013年の「サンパウロのカルナヴァウ」を紹介した。この投稿は9日のブロッコの後ろを練り歩く群衆短い動画を掲載したい。人混みが好きな人はいいかも(笑)。 にほんブログ村にほんブログ村  [続きを読む]
  • サンパウロのカルナヴァウ
  • サンパウロのカルナヴァル(カーニバル)が始まった。しかし、一言でカルナヴァルといっても、色んな次元がある。カルナヴァルという時期でもあるし、カルナヴァウ期間中のパレードを伴った催し物や、路上のどんちゃんさわぎでもある。日本では一般的にリオのカーニバルなどが有名だが、リオのカーニバルはヴァルガス政権下の国家政策として「ブラジル国民」の創造としての行事に因んでいる。現在でもリオのカーニバルの「お題」は [続きを読む]
  • サンパウロのCentro da Cultura Judaica
  • (本人撮影。2013年2月)リーニャ・ヴェルジ(Linha verde)地下鉄スマレ駅付近、オスカーフレイレ通り2500にあるユダヤ文化会館。ヘブライ語やユダヤ文化、ユダヤ教、ユダヤ人に因んだ催し物や展示物がある。ちょっと入口が分かりづらいがベルを押すとポルタォンを開けてくれる。建物の中は若干暗い雰囲気だったが解放感のある造りはブラジルっぽい。特別な催しもの以外は無料で入場できるはず。wikipedia情報によると、建物の外観 [続きを読む]
  • 2月2日はイエマンジャーの日
  • 2月2日はイエマンジャーの日です。イエマンジャーは、アフリカ由来の宗教カンドンブレとウンバンダで崇拝されり女神のひとりであり、ヨルバのエグバー人にとって聖なる淡水のオリシャでした。毎年2月2日に、イエマンジャーへとささげられるブラジル最大の祭りがサルバドールで開かれます。イエマンジャーは漁師の保護者とされています。彼女は、他にダンダルンダ、ジャナイナ、アイオカーの王女という名前で知られています。宗教的 [続きを読む]
  • ジカ熱と貧困
  • あるニュースでブラジルのジカ熱を報道していた。高そうなジャンバーを着てフードまでかぶっていた日本人レポーターが、レシフェのあまり裕福そうでない人間に「何であなたは蚊対策のために長袖を着ないの?」と無神経な愚問を投げかけていた。長袖のジャケットは、現在真夏のレシフェに住む経済的に裕福でない人間にとって必要がない。推測の域は超えないが、ジャンバーを買う必要性も経済力もなく、隙間だらけ気密性の悪いエアコ [続きを読む]
  • ブラジルへの渡航とジカ熱
  • 2016年2月1日、WHOのマーガレット・チャン事務局長が中南米で拡大するジカ熱を世界的な脅威であるとして、「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。(Yomiuri Online 2016年2月1日付。2016年2月2日閲覧)。楽しいカルナヴァウやリオ五輪でブラジル渡航予定の方や、ブラジルで妊娠中・妊娠予定の方(国籍問わず)には大変不安になるニュースです。まだジカ熱とミクロセファリアの関連性は科学的に立証されていないものの「ジカ [続きを読む]
  • ブラジルのATMでキャッシングができなかった思い出
  • ブラジルに短期滞在や数か月の滞在をする人にとって、お金をどう調達するかはあまりに当然で地味ではありつつも、大切な問題です。ブラジルの銀行に口座を持っていて預金がある場合はいいのですが、そうでない人は大量のキャッシュを持っていくか、現地でクレジットカードを使ってキャッシングをする必要がでてくると思います。とはいえ、治安が良くないブラジルで大量の現金の持ち歩きは気が引けます。私はある程度のキャッシュを [続きを読む]
  • (番外編)日本−ブラジル間の24時間フライト その0
  • 空路で東京からブラジルに行く際のルートは、一般的に、北米経由、欧州経由、中東経由という3つの選択肢がある。チケットの価格は、現時点で中東経由が最安値で、買い方によっては12万円前後から購入可能。北米と欧州経由は最低14万円前後の値段で販売されている。一方で旅行時間についてのべると、日本−ブラジル間の物理的距離はどこを経由して変わらないので、移動だけで最低24時間、乗り換え時間によっては30時間以上かかる。 [続きを読む]
  • Tô Viva
  • Oi queridos leitores!! O que mandam?!Feliz ano novo 2016! Desejo-lhes muita saúde, paz, amor, dimdim e tudo de bom!!Faz tempo que
    parei de postar nenhuns artigos no meu blog porque estava na correria devido ao meu trampo, a minha pesquisa e tal por um tempinh
    o, e ainda por cima surgiu aquela preguiça infernal que afastou de mim desse blog. De acordo com o Michel Jackson e Mitsuo Aida
    é o que [続きを読む]
  • 過去の記事 …