みどりの小野 さん プロフィール

  •  
みどりの小野さん: おのにち
ハンドル名みどりの小野 さん
ブログタイトルおのにち
ブログURLhttp://yutoma233.hatenablog.com/
サイト紹介文会津からお送りする「おのにち」はてなブログで田舎暮らしや本のレビューを書いています。
自由文みどりの小野の雑文ブログです!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/07/18 20:54

みどりの小野 さんのブログ記事

  • 限りなく現実に近いディストピア-中村文則『R帝国』感想
  • 中村文則さんの「R帝国」を読み終えた。近未来の架空の島国・R帝国を舞台にしたディストピア小説である。 あまりにも暗く、救いのないストーリー。でも現実に限りなく近いところが面白く、色々考えずにはいられなくなる一冊だった。物語は「朝、目が覚めると戦争が始まっていた」 ところから描かれる。戦争のニュースが流れる中、主人公矢崎の小さな悩みは朝ご飯を目玉焼きライスパックにするか、ベーコンブレッドパックにす [続きを読む]
  • 追憶の上の王様
  • 昔昔その昔、指輪をお断りしたことがある。場所はスキー場のリフトの上だった。 行き場を無くした指輪は送り主の手によって崖下へ投げ捨てられ、白い雪が積もって見えなくなってしまった。思いがけない出来事の記憶というのは忘れられないもので、風が冷たくなるとあの指輪のことを思い出したりする。あれはまだ十代の、免許取りたての頃。 当時ブームだったスノーボードにハマっていたのだけれど、まだ車の運転に自信がなく、高 [続きを読む]
  • 週に2回は休肝日、を週に2回は飲んでもいい日に。With P
  • さて、健康のために週に2回は休肝日、を細々と実践してきた私であるが、このたび大幅に政策を転換することにした。迫りくる中年脂肪国の侵攻をくい止めるにはもはや予防策では追いつかぬ。 防衛だけではダメだ、こちらから攻め込まねば。いまこそ憲法改正が必要な時なのだ!…時事ネタを盛り込んでみたが政治っぽい話は怖い人が来そうだからやめよう。とにかく私はぎゅうぎゅうと押し寄せる下腹部脂肪と戦うために、発想を転換し [続きを読む]
  • 『BLAME! THE ANTHOLOGY 』感想-豪華すぎる階層世界の物語
  • 「BLAME! THE ANTHOLOGY」を読み終わった。 小川一水、野崎まど、飛浩隆と実力派揃いの豪華アンソロジー小説。アンソロジーのテーマとなる「BLAME!」とは、月刊アフタヌーンにて1997年から2003年にかけて連載されていた弐瓶勉の人気SF漫画である。 遠い未来、太陽系をも飲み込む果てしなく巨大な構造物の中で、主人公の霧亥(キリイ)が敵対勢力と戦いつつ「ネット端末遺伝子」を探し求める旅を延々と続ける…というお話らしい。問 [続きを読む]
  • 私の方が大変アピールと、自己憐憫の違いは何?
  • 心沈む連休明け、明らかに私より不幸そうな女子が職場のロッカールームに居たんですわ。 休暇後なのに金曜日より疲れ切った顔、目の下に浮かぶクマ。そういえば産休明けたばっかりだっけ…と彼女に同情する。 休むより仕事をしていたほうが精神的に楽、という時期もある。大丈夫?夜眠れてるの、なんて声を掛けると「夜泣きが復活してしまって…」と心底くたびれた声が返ってきた。 「あるある、キッツいよねー」なんて話している [続きを読む]
  • ほのぼの均等割
  • 同じ会社の別の課に、ロッカーや廊下ですれ違えると嬉しい女性が何人かいる。その人たちはいつもほんわか笑っていて、冷蔵庫の忘れていたチーズがかびていたんだけど、ブルーチーズだってはじまりは洞窟に忘れられたチーズだよね?もしかしたら私新しいチーズを作っちゃったんじゃない?食べたほうがいいと思う?などと、独自目線の面白い話を聞かせてくれるので大好きだ。だが食うな。数人集まると笑いが絶えないのでいつもこのメ [続きを読む]
  • 選択肢が多すぎる
  • 昔、トラピスト修道院に憧れたことがある。トラピストクッキーは尼僧が焼いていると思い込んでいて、子どもが自立して旦那と死に別れて、それでも足腰が元気だったら修道院に行って私利私欲を無くし規則正しい生活を送りたい、と夢見ていた。実際にはトラピスト修道院は男性修道士の祈りの場で、女人禁制であると函館で知って夢破れたのだけれど。トラピスト修道院には申し訳ないことに、私は敬虔なる教徒ではない。 本当は尼寺で [続きを読む]
  • 花柄ガラガラ
  • 基本無地です。もちろん服の話です。なお、お肌も無地です。家紋、入れてません。概ねユニクロ、もしくはGU。 良く言えばシンプルベーシック。しかしその実態はモブ。 基本紺白グレー、黒茶色! 空前絶後の光学迷彩! 職場のキング・オブ・モブとは俺のことぉ! ジャスティス!はいっ、そんなモブでも時に血迷います。 だって秋だし。涼しくなったし、服が着たい!(いや着てるけど)という謎の疾走感。そして無難定番合わせやす [続きを読む]
  • 養老孟司「他人の壁」と私の壁
  • 養老孟司さんの「他人の壁」を読みました。結論は一番最初に書いてあって、自分と他人は違うのだから理解できなくて当たり前。ぶつかり合わないように回避すればいい、という話だった。そして自然とそういう風に思えるようになるにはどうすればいいのか、というメソッドが語られている。自分と他人は違う、はよく分かる。そして自分と違う、自分の道義に反しているように思えても、他者の考えを一方的に改めようとしてはならない [続きを読む]
  • ウエストメジャーの悪魔
  • Xデーまであと一か月。 もうすぐ、あの日がやって来る。来たるべき戦いに備えて私は今日から禁酒することにした。 つまみはもちろん、おやつも禁止。 職場のトイレは今日から三階のものを使用。 私は一階在住なので、一日数回の階段上り、という負荷がかかることになる。慣れてきて、スマホを見ながら回せるようになったフラフープも一日30分。 最近はフラフープしながらTwitterの返信くらいお手の物である。ただ視界が常に揺れて [続きを読む]
  • RadioTalkはじめました!
  • Twitterでみかけた、RadioTalkというアプリをスマホに入れてみました。 このアプリを入れることで、簡単に10分程度の音声番組(ラジオ的な)を配信できる、というサービス。play.google.com簡単手軽に利用できてええやん...と思ったのですが、今の所、番組を聞く側もこのアプリを入れないといけない、リンクを入れてTwitterやブログから番組に飛ぶことができない、というかなり閉じた世界になっております。話すことは脳トレにち [続きを読む]
  • 他者を『人間扱い』できない病
  • チルドさんの昨日の記事を読んで、面白いと思った。 一言で要約してしまうと「性欲が減退したら『女の子』を人間として見られるようになった」という話だと思う。つまり今まで男性と、ごく一部の『女の子』しか見えていなかったチルドさんの世界は、性欲の減退を経てようやく「人間の世界」に様変わりしたわけだ。 ウェルカムニューワールド。しかし私の中に性欲の減退=大人、という発想は無かったので驚いた。 性差もあり、ヤク [続きを読む]
  • 親離れ子離れ,からの新たな社会ネットワーク参加願望
  • 最近、小学6年生の息子がなんだかオトナである。週末家族で映画に行こう、なんて誘うと友達と約束があるからパス!なんて断られてしまう。共働き家庭育ち、小3から鍵っ子(低学年は学童保育)の息子、お一人様も慣れたもの。お昼は自分で肉や野菜、卵を入れたインスタントラーメンを作って勝手に食べ、鍋も洗っておいてくれる。すごーく手がかからない。親離れ大成功。でも少し寂しい。いや、正直に言うとかなり寂しい。トイレも [続きを読む]
  • 拡散する幽霊の謎?-似鳥鶏『100億人のヨリコさん』
  • 面白い本を読みました。貧乏な大学生が一人、リアカーを引きながら構内の寮に引っ越していく様子から物語は始まります。訳ありの彼がこれから暮らすのは敷地の最奥にあると言われる、富穰寮。誰も見たことがない、地図にも載っていない。都市伝説のような場所で青年が見たものは、オンボロ木造アパートに暮す謎の学生たち+訳ありの母子、鹿にピラルク、ガラパゴスゾウガメが生息し、謎のキノコが生い茂る不可思議な密林だったので [続きを読む]
  • 私のビンタ望楼
  • 先日のビンタ事件について考えているときに、そもそもビンタされたことが無いからよく分からないのかも?などと思ってしまった。ところが、よくよく思い返してみたら私にもあった。ペチッ、くらいだったけどビンタされた記憶が。しかしビンタの理由がよく分からない。怒っている訳ではないけれど、未だに理不尽というか、完全には納得出来ていない部分がある。世の中は広いので、この記事を読んだ誰かさんなら、私を叩いた彼女の [続きを読む]
  • 空腹王の帰還
  • 死んだ。死んでしまった。私の中の今日何食べたい、に答えをくれるゴーストが! 『何食べたい』オブザデッド!!!「今日何食べたい?」は他者に聞く言葉、というイメージがあるが、そんな場所は既に通りすぎた。3人も人員がいて、手羽先、ハンバーグ、唐揚げしか答えの帰ってこない家族に夢なんか、もう見ない(月に2回は作りますけど)。今日の献立、それは私にとって自分の腹に聞くべきもの…そう、100通りのホライズンを [続きを読む]
  • 法と情とビンタ
  • ジャズトランペッター、日野皓正さんの騒動が最近話題である。かんそうさんの記事を見ていたら『ドラム日野ビンタ』とめちゃくちゃ的確にまとめられていてタイトルだけで噴いた。www.kansou-blog.jpで、ドラム日野ビンタ事件、私は太田派である。暴力ダメ絶対。なぜか、と言われたら法がそうだから、としか答えようがない。じゃあどうやって止めるのか、という話があったが素手でドラムをたたいている様子をみんなで冷めた目 [続きを読む]
  • ハラスメント・ハラスメント
  • ベビハラの話が話題です。www.goodbyebluethursday.com記事を読んで、前段は赤ちゃんの健康に一番気を配ってお出かけしているのは親じゃないのかな?と思いましたが(だからマザーズバッグはあんなに重い。自分の楽しみを最優先するなら家で涼んでるのが一番。それぞれ必要や、子どもの楽しみのために頑張って民族大移動してるんだと思う)、後段、赤ちゃんを泣かせても平気なママさん達にカフェを追い出された話は確かに迷惑 [続きを読む]
  • 500記事までの道程・悲喜こもごも
  • こんにちは、みどりの小野です。タイトル通り、ブログ開設から2年半、ようやく500記事に到達しました…!ポジ熊さんの偉業(もしくは異形)を鑑みると遅いわ!って感じですが、私なりによく頑張った。エライ偉いエライ…さて、自分を甘やかすのはこの辺にして、今日の意向を。最初は500記事記念で最近読者になった方のためにブログ自選集でも書こうかなー、と思ってたんですが、そんなことを呟くと…「燃えた記事が読みたい」「フ [続きを読む]
  • 夏休みに!おすすめ地底探検SF6選
  • 夏休みです!夏休みなので、県民として福島が誇る鍾乳洞、あぶくま洞にて涼んできました!暗いぞ狭いぞ綺麗だぞ! 入場チケット1200円(ネット割引あり!)にプラスして200円払えば、ものすごく狭い所を登ったりくぐったりする探検コースにチャレンジできるのですが、そこがめっちゃスリリングで楽しい!あぶくま洞 あぶくま洞に行くなら探検コースが絶対にオススメです。ただ175cmのダンナはかなりギリギリだったので [続きを読む]
  • 残暑お見舞い頂きました。
  • 葉書など、書かない/貰わない昨今ですが、素敵な暑中お見舞いを頂いてしまったので、紹介します。会津に住むみどりの小野、という私のことを上手く盛り込んで、私のブログのことを『今、日々その暮らしを紡ぐ』と書いてくれているのだ、と思います。「小町」は、私が普段『はてなブログの小野小町』と呼ばれているところから来たのでしょう(事実無根)。緑の風が吹いてくるような、自分のブログを少し誇れるような、とても素 [続きを読む]
  • 便乗牛乳石鹸CM・ショートストーリーズ
  • 牛乳石鹸CMがこの夏、盛り上がってますね。最初はケーキ腐るーー!とかプレゼント当日でいいの⁉と戸惑ってた私ですが、皆様の色んな意見を読むうちに一周回って面白くなってきました。そんな訳で今日は三者三様、家族の目線に寄り添う「私の考えた牛乳石鹸ショートストーリズ」です。父・浩文編「電話、大丈夫ですか?」部下に心配されて、浩文はつい携帯を気にしてしまう自分に気が付いた。何やってんだろ、俺。落ち込む部 [続きを読む]