白浜 渚 さん プロフィール

  •  
白浜 渚さん: 白浜 渚のブログ
ハンドル名白浜 渚 さん
ブログタイトル白浜 渚のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shirahama-nagisa
サイト紹介文シニア恋愛小説作家によるエッセイ集です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/07/19 00:23

白浜 渚 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 波(7)
  •        波(7)     〈完結〉上岡良樹がゴルフ場で仲間とゲームを終わってラウンジでお茶を飲みながら談笑しているところにズボンの右ポケットでスマホが鳴った。久しぶりに聞く「ライン」の着信音だ。すぐ会社の部下だった陽気な吉村太郎の顔が浮かんだ。〈今頃なんの用だろう。〉もう何年も連絡をくれたこともなかったし、こちらからも連絡していない。スマホを取り出すために立ち上がりズボンのポケットに手を入れ [続きを読む]
  • 波(6)
  • 波(6)新しいことを覚えるのは非常にエネルギーが要る。上岡良樹は現役時代にスマートホンを使い始めたが、電話とメール、それとゴルフの必要から部下の吉村太郎に設定してもらい教えられた「ライン」以外はほとんど使っていなかった。メールは、今は関西に住んでいる子供たちとの連絡、特に正月前後に、毎年している家族の新年会の打ち合わせで使うぐらいであまり頻繁には使っていない。退職以来あまり外部の人との接触も多くは [続きを読む]
  • 波(5)
  • 波(5)上岡綾乃はパートの仕事に慣れるに従い親しい仲間も出来た。全日勤務の浅井順子は新入りの綾乃に何かと親切にしてくれた。不用意な間違いを犯し若い上司に手ひどく叱られた時など「私もそうだったのよ。」と慰め、丁寧に教えてくれたものだ。順子は綾乃より八歳も若いが、夫がリストラにあって現在求職中だという。順子は根っから明るいタイプで綾乃は自分が落ち込んでいる時などに彼女の笑顔に救われることが多かった。〈 [続きを読む]
  • 波(4)
  • 波(4)綾乃は一年ほど前から週三日、隣町のスーパーへレジ打ちのパートに行くようになった。夫が退職して家にいることが多くなり、四六時中顔を合わせているのもなんとなく気が滅入る。今まで経験したことのない勤めに出る経験もして見たいと思った。今まで専業主婦を続けてきたが、初めての勤めは決して楽ではない。研修を受けて一日四時間、一週間に午前の勤務が一回と午後の勤務が二回というシフトだが、慣れない客扱いに緊張 [続きを読む]
  • 波(3)
  • 波(3)上岡良樹が定年退職して三年が過ぎた。贅沢をしなければ年金だけでもなんとか生活できるのであえて再就職する気も起きず、週一・二回はゴルフの打ちっぱなしに出かけ、近くの比較的安いコースを見つけて年に何回かは実際のコースを回って新しい仲間もできた。退職後しばらくは職場の仲間のコンペにも誘われたが、回数が減り話題も合わなくなって次第に遠ざかった。家ではパソコンを開きSNSなどを見て過ごす日が多くなった [続きを読む]
  • 波(2)
  • 波(2)「退職金を使って車を新しくしようと思うんだがね。」上岡良樹は、退職後一週間ぐらいは家の近所を散歩したりして過ごしていたが、車を買い替えて妻と新車でドライブに行きたいと思った。退職金の一部を使えば十分買える。「今の車はもうだめなの?」「いや、そういうわけじゃないけど、今なら無理なく買えるし、たまにはお前とドライブを楽しみたくてね。」「ドライブなら今の車でもいいんじゃない。私は満足よ。これから [続きを読む]
  • 波(1)
  •     波(1)平成二十三年五月十八日水曜日、上岡良樹は六十五歳の誕生日を迎え、三十八年にわたるサラリーマン生活に終わりを告げた。「定年」、多くの人々が迎える人生の区切り。川崎市内にある大手自動車メーカーの系列会社で経理部長を務めた良樹は、その日職場の同僚たちの送別会に招かれて夜十一時過ぎに帰宅した。同じ駅から通っている今日まで部下だった吉村太郎が自宅までタクシーで送ってきてくれた。家では妻の綾乃 [続きを読む]
  • 短編小説 熟年夫婦
  • 熟年夫婦あなたは妻に惚れていますか?あなたは夫と恋をしていますか?夫婦生活を長年しているといろいろあります。子供のこと、仕事のこと、家計のこと、住まいのこと、ローンのこと、衣服のこと、食べ物のこと、家事のこと、お互いの趣味のこと、夫婦喧嘩のこと・・・夫婦になった男女を世間はごく当たり前に「一体の存在」としてみます。しかし結婚という手続きをしない男女が一緒にいると「好奇の対象」として見られることが多 [続きを読む]
  • 続・シニアカップルの経済学
  • 続・シニアカップルの経済学旅の思い出(田淵雪江の手記より その2)二泊目のホテルの名は「ホテル・ピアノ」でした。「このホテル雪江さんみたいな名前だね。いっぱい楽しもうね。」と彼。「バカね。変なこと言わないでよ。」はたして、その夜私はピアノになりました。彼の指は私を何度もクライマックスに押し上げる名演奏家なのです。それは彼の本当の優しさだと思います。こんなに感じたのだからもうこれ以上は無理じゃないか [続きを読む]
  • シニアカップルの経済学
  • シニアカップルの経済学 旅の思い出(田淵雪江の手記より)ふたりで2泊3日の北海道旅行に行きました。彼と知り合ってもう5年目になります。何度か二人で旅行もしてきましたが、お互いに年金生活者、二人とも裕福な方ではないので某旅行社の格安パックツアーをネットで探して3か月ほど前に予約しました。私たちは、お金を出し合ってあらかじめ旅行費用をためているんです。集めたお金は私が管理します。日常の二人一緒の行 [続きを読む]
  • Merry Christmas
  • 皆さん Merry Christmas!!白浜 渚です。シニアの恋を語るメッセンジャーを自認しています。マイペースで、楽しみながらブログを進めています。これからもよろしくお願いします。次の更新は、もうしばらくお待ちください。        次のテーマは「シニアカップルの経済学」です [続きを読む]
  • 永遠の恋人
  •    永遠の恋人(ある恋人同士の会話から)「祐子さん、僕と結婚してください・・・」「・・・とは行かないのよね、私たち。」「前から若い連中の間では『友達以上、恋人未満』っていう言葉があったよね。その考え方で言うと『恋人以上、夫婦未満』っていうこともあるのかなぁ。」「それは無いわね。結婚すれば恋人とは全く違った関係になるから、その中間は考えられないもの。」「恋人って何なんだろうね。もっとも最近では男同 [続きを読む]
  • 過去の記事 …