ろろみぃ さん プロフィール

  •  
ろろみぃさん: アダルトチルドレン〜いつか本当に籠の外へ〜
ハンドル名ろろみぃ さん
ブログタイトルアダルトチルドレン〜いつか本当に籠の外へ〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/roromy/
サイト紹介文アダルトチルドレンの生き辛さだけでなく、その根絶に向け、脳科学の視点からも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/07/19 20:35

ろろみぃ さんのブログ記事

  • 婚活の結果
  • 昨夏、婚活で付き合っていた人とは別れました。感情を上手く出せなくて、成婚というゴールだけを目指すと、無理に自分に言い聞かせ、周りにもあたかも上手くいってるかのように振る舞い、相手の思いに振り回されていただけだったのに、それでも、相手の心の傷に寄り添おうと、本心を鈍くさせて付き合っていましたが。それと引き換えに、心も身体もみるみるうちにすり減っていきました。辛うじて出したサインを旦那様が受け取ってく [続きを読む]
  • 旦那様
  • 旦那様は、お喋りがとても好きです。感情を言葉で伝えてくれます。私のことが大好きだと、たくさん言ってくれます。共感もしてくれます。私が殻に閉じ籠ったら、言葉で伝えて欲しいと、諌めてくれます。とても優しくて、とても温かいそんな旦那様が、私は大好きです。 [続きを読む]
  • 始まり
  • 平成30年9月9日重陽の節句のこの日入籍しました。従兄妹婚年の差婚互いに実の親の介護婚こんなに不器用でビビりな私ですが、立場上、頭主の嫁でもあります。盛り沢山な出来事がありすぎて、暫くお休みしていましたが、少しずつ書いていこうと思います。 [続きを読む]
  • 私の道
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆母は、脳梗塞の後遺症で高次脳機能障害となりました。左前頭前野と、左右の言語野(右は20年前の疾患)が機能しなくなりました。衝動や怒りの制御不能、他者の言葉を理解出来ず、多弁・独語(80%聞き取れない)があり、そんな中でも、家と私への執着は凄まじいものがあります。良い親子関係だったなら、「お母さん、どうしちゃったの?」「先生、母を元通りにしてください」と泣いて懇願するのでしょう [続きを読む]
  • 枷が外れない
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆ご無沙汰しております。2月10日夕方、母が脳梗塞を発症し、言語と制御に障害が出ています。その日の昼、もっとスムーズに歩けるようにならないと、このまま帰宅しても家族が困るので、施設でリハビリをしてからにして欲しいと、その会話があってからのことで、そして次の日は、母が○十年片付けられなかったもの全てを処分し、引越に向けて身軽にする日で、入院後に母も同意していたのに、家と私へ [続きを読む]
  • 絶対に諦めない
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆もうそろそろ結婚を前提にお付き合いしている方と、新しい生活を始めようかというところで、母が動けなくなりました。口では私の幸せをと言っていましたが、20年前に就活を諦めたときと同じで、娘が、自由にするのが許せない自分より幸せになるのが疎ましいのだと思います。エゴでみんなを振り回す母いつまでも子離れしようとしない母発達障害の疑いがある父私が生まれた時から不仲の両親どうして私 [続きを読む]
  • 収穫の多い1年でした
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆今年は、素敵な人に巡り逢いました。ずっと一緒にいたいと思える方に。今まで色々と気に病んでいた時間は、彼のことを考えることに使うのに忙しくなりました。今言えることは、今まで、私自身に一生懸命向き合ってきて良かった。誰と一緒にいたいか、そう思うなら、どうするのが良いかそれを実際に行動に移せました。来年の目標は、遠いどこかにいる自分ではなく、彼と一緒にいる自分のための目標を [続きを読む]
  • 試練
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆何からどう書けば良いかまとまらないので、詳しくは書けませんが、今、私の身に起きていることは、誰の問題かきちんと切り分けができるか、長い間できなかった、私がどうしたいかを、両親に伝えられるか、私のことを思って、大切にしようと考えてくれる彼と共に歩めるか、私が私らしく生きていくことができるか、それを試されているのだと思う。苦しい試練も、彼のことを考える時、望みを捨てずにい [続きを読む]
  • リア充
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆いつの間にか、彼のことが大好きになっていた。初めは「好きです」と言われても、私は、彼のことを好きかどうか分からなかった。今は、ずっと一緒にいたい毎日逢いたいそう思う。ついこの前までは、芸能人の頻繁に更新されるブログを追いかけてばかりいたのに、今はほとんど見ていない。やり取りしたメールを何度もみたり、今、何をしてるだろうかと思いを馳せたり、心が忙しくて仕方がない。二人が [続きを読む]
  • 戸惑いの先に
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆先日、私のお誕生日は、初めて家族以外の人と一緒に過ごしました。彼が、とっても素敵なお店を予約してくれていて、色んなサプライズもあって、私には勿体ないくらい、幸せなひとときでした。彼は、私のことを可愛いと言ってくれます。美人にも可愛いにも程遠い容姿だし、お世辞も上手くない、愛想笑いも出来ない、好きになってもらえる要素なんて1つもないのに、何故?逢うのはいつも仕事帰り。ほ [続きを読む]
  • 「信じる」が少し分かった日
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆自宅の引っ越しについて、今週内覧をさせてもらえることになりましたが、何かと不安で、彼に何度か相談メールをしたところ、「ご両親と一緒に行ってはどうか?」とアドバイスがあり、「行きたいかどうか、一度聞いてみます」と答えました。今までの私なら、「両親は、人の言うことを聞く人ではないので」とか、彼の言い分を真っ向から否定するところでしたが、彼の言い分を踏まえて、私がどうしたい [続きを読む]
  • 虚勢を張ってきましたが
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆昨日は、四度目の逢瀬で、途中からマジでガチな話として、どのタイミングで家族に会って欲しいとか、仕事はどうするとかを、私から切り出したのですが、その話の流れで、私がACであることに少しだけ触れ、子供は、年齢的なこともあるけど、負の連載になるため、いらない旨の説明しようとした時のこと。「母親の役目は感情を教えることで、でも、私自身知らないのに、教えられない。メスは・・・」と [続きを読む]
  • 現実への恐れ
  • その日までは、約束したから、ただ事務的に会うであったのが、先日の逢瀬以降、逢いたいという気持ちがあることに気付き、でも、現実的に次のお誘いを受けると、急に怖くなってしまいます。お相手のお誘いがなければ、私は、このふんわりした空想の世界を一生さ迷い続けることでしょう。その世界をずっと漂っていたい気持ちと、それでは何も変わらないという焦りの気持ちと、少しずつ湧き出づる恋心と、それでも、現実の世界へ手を [続きを読む]
  • 月がきれいですね
  • 3度目の逢瀬は偶然にも、中秋の名月の夜でした。私は、本当にそういう事には敢えて無関心を装っていましたが、3度目というのが、いかに重要な日か、全く知りませんでした。話の合間に、「月がきれいですね。」と言うので、中秋の名月だったことすら気付かなかった私は、何故度々そう言うのか、分からなかったどころか、冬場に見えることの多い「地球照」の方が好きだとまで言ってしまい、ふと、帰りの電車の中で、大変なことに気 [続きを読む]
  • 他者と繋がるために
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆私の母は、私がどんな食べ物が好き?どんな人が好き?どんな遊びが好き?どんな靴や服が好き?どんな花が好きで?どんな香りが好き?と誰かに聞かれたら、絶対に答えられないと思う。そもそも、私に好きなものがあることそのものに関心がない。私だけでなく、他の人にも同じ対応なので、最初から、そういうことが分からないのだと思う。他者が何に関心があって、どうしたいと思っているか?それに関 [続きを読む]
  • 他者のことを想像出来た日
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆先日、仕事でとてもお世話になった取引先の担当の方に、お礼の気持ちを込めてプレゼントをしたところ、とても喜んでくださいました。以前より何かお礼をと考えてはいたのですが、偶然、雑談を出来る機会が訪れ、スイーツがお好きなことと、もしかすると愛妻家でいらっしゃるのかな・・・ということまで分かり、本当にお好きなものは生菓子だったのですが、同じブランドの焼き菓子をお渡しし、お世話 [続きを読む]
  • フツウが訪れ始める・・・
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆来月末、職場の方から、結婚式の二次会のお招きを受けました。これって、今、私に将来結婚するかも知れないお相手がいるから、私のそういう行動から、私がどういう人か?私の人となりが伝わり、ある種の信頼を得た結果かと思います。私には、信頼を得るためのものが、本当に今まで何もありませんでした。思っていることが言語化できず、お金や人脈など何の後ろ立てもなく、他者にとって、私はよく分 [続きを読む]
  • 心がチクチクした
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆私の仕事は、パソコンのお医者さんみたいな時もあって、詰所から現場となるお部屋に行くことがちょくちょくあるのですが、今日、パソコンの具合を見ながら、そのすぐ側で、別の部署の方が、先輩の方にえらく怒られてた。その人が本当にサボってたのか、要領が悪いだけで、悪気はないのか、本当のところは分からないけれど、(私の見立てでは、恐らく後者かも?)とにかく、まるで私が怒られてるように [続きを読む]
  • 不思議・・・
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆婚活でカップリングが成立し、会社の夏季休暇も終わり、また、あるべき日常に戻りましたが。たまたまなのか。ちょっとしたことで、イラッとすることはしているのですが、すぐに沸点まで到達していません。今のところ。共に歩めるかどうか、まだまだ未知数でイッパイですが、それでも、そうなるかもしれない人がいるそんなほんの僅かな支えが、私の心にゆとりを持たせているのだろうか・・・ [続きを読む]
  • 転機
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆お盆休みの初日。人生初の婚活パーティーで、カップリングが成立。お盆休みの最終日。お誘いを受け、お茶したり、ミニ観光しました。氷室神社で恋愛弁天様に出したお手紙の内容とは、外側が違ってるけれど、実直な感じで、これから少しずつ時間を掛けていけば良いのかな・・・私という人間は、今更ながら、本当に臆病者です。こんなことでもない限り、本当の自分に気づけない。このまま進んで、今の [続きを読む]
  • 時間を間違えた結果
  • 今、仕事で東京です。昨晩からホテルにお泊まり。朝食が6:00と思い、5:30に起床して・・・と考えながら、昨日日中の疲労の蓄積が半端なく、熟睡することなく、うとうと・・・そして、朝食におりると、しーん(-_-)30分間違えた(T-T)お腹すいた〜と思いながら、外に出て、お陰で、人が疎らな下町の朝、昨日、心残りだった写真がキレイに撮れました。 [続きを読む]
  • 二歩、三歩
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆ここ週末は、不動産屋さん巡りと、勧めて頂いた物件周辺の下見をして、1つに絞り込めたところで、昨日、父母に、特に難関の母に引越の話をしたところ、今まであんなに不機嫌だったのが、あっさり納得してくれた。それで今日、不動産屋さんを訪ねて、空きが出たら連絡を欲しいとお願いしました。その時、そこまでしなくても良かったかもしれないのですが、日々の買い物の場所や、自治会等のシステム [続きを読む]
  • 便利な世の中だからこそ、モラルを大切に
  • ☆アダルトチルドレンの思い出☆アスペ傾向のある私は、予定外がとんでもなく苦手です。この前、あるブログが目に止まったのですが、会社のGroup Wareで、私の予定表に、私の同意なく勝手にスケジュールを入れられたりすることがあるのですが、そういうのは、時間の暴力と言うそうです。計画外が苦手なアスペにとっては、気持ちの折り合いを付ける前にそんなことをされてしまうと、ストレス増大です。しかも、入れられた予定の日ま [続きを読む]