ダイキチ さん プロフィール

  •  
ダイキチさん: 逢花打花 逢月打月 ー 百寺百社御朱印巡り
ハンドル名ダイキチ さん
ブログタイトル逢花打花 逢月打月 ー 百寺百社御朱印巡り
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tsukasa_and_e-bratsu/
サイト紹介文ぶらっと足を運んだ御朱印集めの整理・整頓・ご報告。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/07/19 23:31

ダイキチ さんのブログ記事

  • 京都) 大雄院(妙心寺塔頭)第2集
  • [平成30年11月参拝] 京都・妙心寺の塔頭、大雄院を半年ぶりに訪ねました。襖絵プロジェクトも秋の「桔梗と稲」へと進み、美しい襖絵を見てきました。タイミング良く、宮絵師・安川如風氏にお会いでき、新調した「秋の御朱印帳」にサインをいただきました。 庭園の紅葉は、まだ色付きはじめたばかりという感じです。 まずは「秋の御朱印帳」に描かれている御朱印から紹介します。 今年も、達磨の御朱印をいただけます。 春に続 [続きを読む]
  • 京都) 久昌院(建仁寺塔頭)
  • [平成30年 秋の京都非公開文化財特別公開] 京都・東山で特別公開の寺院をまわりました。二社目は建仁寺塔頭・久昌院です。ここは徳川家の武将である奥平信昌が創建したお寺です。本堂前の池泉式庭園、紅葉には多少早かったようです。 「牧童吹笛図」を描いた御朱印帳。今年は買ってしまいました。 [第51回京の冬の旅 非公開文化財特別公開] 建仁寺の塔頭である久昌院が20年ぶりに公開された。徳川家康に仕えていた奥平信昌 [続きを読む]
  • 京都) 正伝永源院(建仁寺塔頭)
  • 特別公開の広告に惹かれ、久しぶりに京都・祇園の建仁寺を訪ねました。紅葉にはまだ少し早い時期ですが、まずは特別公開されている塔頭・正伝永源院の庭園を拝見しました。もともと「正伝院」と「永源庵」という2つのお寺であり、正伝院は織田信長の実弟・織田有楽斎が晩年に悠々自適の生活を送ったお寺です。一方の永源庵は、細川家の庇護を受けたお寺であり、平成25年には、現代の当主である細川護熙元総理大臣が描いた襖絵が [続きを読む]
  • 徳島) 眉山 天神社
  • 仕事で四国に行く機会があり、徳島で途中下車しました。一服を兼ねての眉山参拝。松嶋菜々子さんの映画で鮮明な印象がありましたが、いよいよ訪ねる機会を得ました。徳島駅から歩くこと十数分、眉山麓の天神社に着きました。幸か不幸か大祭当日の参拝だった為か、書き手不在の為、御朱印は書き置きでいただきました。(通常は直書きでいただけるそうです)眉山へ向かうロープウエイの麓に、天神社があります。 菅原道真が左遷 [続きを読む]
  • 愛知) 岡崎天満宮
  • 岡崎で次に訪ねたのは岡崎天満宮。毎年9月23日から行われる例大祭「天満天神祭」は岡崎三大祭りの一つと言われています。参拝した時は、とても静かな境内でした。春には梅の花で賑わうそうです。所在地:愛知県岡崎市中野北野1 [続きを読む]
  • 愛知) 六所神社
  • 愛知・岡崎の六所神社を訪ねました。松平発祥の地ということで、徳川家康の父・清康が創建した神社です。家康の産土神ということもあり、安産初宮、そして七五三の神社として人気を集めています。とても美しい神社です。 所在地:愛知県岡崎市明大寺町耳取44 [続きを読む]
  • 愛知) 泥江縣神社
  • 泥江縣神社は名古屋のオフィス街&歓楽街・錦のほぼ中央に鎮座しています。ビルに囲まれた一角にひっそりと空気を変えて、この神社が建っています。実は御由緒はいろいろあるようなのですが・・ とりあえず名古屋の雑踏に疲れた方は、一度お参りしてみるのも一興かと。 御朱印は書き置きでいただけます。所在地:愛知県名古屋市中区錦1ー7ー29 [続きを読む]
  • 京都) 建勲神社
  • [平成30年10月参拝] 京都・建勲神社に三度参拝しました。いつ訪れても、女子人気の高い神社で、御朱印をいただくのも長蛇の列です。境内の損傷が激しい事が気になりました。一刻も早く復興していただきたいものです。[平成29年1月参拝]「京都刀剣御朱印巡り」。こちらでも2種、いただいてきた。[平成28年8月17日参拝] 織田信長を主祭神とする建勲神社。正しくは「たけいさおじんじゃ」と読む。京都市北区、船岡山に位置し、 [続きを読む]
  • 愛知) 那古野神社
  • [平成30年10月参拝] 今回も、名古屋東照宮とあわせて、お隣の那古野神社にも参拝しました。御朱印は前回と変わって、ダイナミックな筆使いで神社名を描いていただけました。[平成28年8月参拝] 名古屋東照宮に隣接して那古野神社が鎮座している。900年代に創建された古い神社であるが、戦禍による焼失等により再建と改称を繰り返して、1899年、現在の那古野城になった。その後も平成の時代になっても、再建と焼失を繰り返して [続きを読む]
  • 愛知) 名古屋東照宮
  • [平成30年10月参拝] 名古屋東照宮に二度目の参拝です。今回はオリジナルの創建400年記念の御朱印帳をいただきました。徳川家康が描かれています。 ちなみに、御朱印にも創建400年記念の金印が押されていました。[平成28年8月参拝] ちょうど名古屋城の向かい側になるのであろうか、名古屋の街中、栄・伏見のはずれに名古屋東照宮が鎮座している。尾張名古屋の徳川家康を奉斎する東照宮である。御朱印は、末社・福神社の御朱印 [続きを読む]
  • 京都) 今宮神社
  • [平成30年10月参拝] 久し振りに今宮神社を訪れました。静かな佇まいは変わらず。清々しい神社です。[平成29年1月参拝] 今宮神社に再度お参りし、御朱印帳を入手した。3面の御朱印も頂いたので紹介したい。今回も、とても美しい御朱印をいただけました。「白浜の とよみてぐらを とちもちて いはひぞ 初むる柴の野に」 By 藤原長能 御朱印帳もいただきました。 [平成28年8月参拝] 京都市北区にある今宮神社は、別名「玉 [続きを読む]
  • 岡山) 岡山神社
  • 山陰へ向かう道すがら、伯備線に乗り換えの岡山で途中下車し、岡山神社を参拝しました。ここは、倭迹迹日百襲比売命(ヤマトトトビモモソヒメノミコト)、わかりやすく言うと、桃太郎(吉備津彦命)のお姉さんをお祀りしている神社である。彼女は非常に強い霊力を持った巫女で、「卑弥呼」その人ではという一説もあるといいます。 近くには岡山城の天守が見えました。所在地:岡山市北区石関町2ー33 [続きを読む]
  • 京都) 大徳寺 真珠庵
  • 京都大徳寺の塔頭・真珠庵が、この秋、特別公開されています。「とんち」の一休宗純ゆかりの寺院です。漫画・ゲーム・アニメのクリエーター6人が集結し、400年ぶりに新調された方丈襖絵が公開されています。味のある御朱印を直書きでいただけました。所在地:京都市北区紫野大徳寺町52 宗派:臨済宗大本山 大徳寺塔頭 [続きを読む]
  • 愛知) 能見山 松應寺
  • 愛知・岡崎です。松平所縁の寺社、松應寺(しょうおうじ)を訪ねました。かつては花街として栄えたという「松應寺横丁」。今は空き家が目立つディープな通りの奥に、松應寺があります。レトロすぎる雰囲気は、まさに昭和初期へのタイムスリップです。お彼岸の最中に訪ねたので、御朱印は書き置きを頂いてきました。直書きでもいただけるようです。 所在地:愛知県岡崎市松本町2宗派:浄土宗三河三十三観音霊場 5番 [続きを読む]
  • 愛知) 一畑山薬師寺
  • 愛知県岡崎市の一畑薬師寺は、ご祈祷を受けると温泉(御霊泉)に入れる事で人気のお寺です。ご祈祷料が入浴料という斬新な発想に思わず感服してしまいましたが、今回は「ご祈祷」をご遠慮してきました。いかにも名古屋地区らしいお寺です。 所在地:愛知県岡崎市藤川町王子ケ入12ー44宗派:臨済宗妙心寺派 [続きを読む]
  • 京都) 三宅八幡神社
  • 京都・一乗寺。次に三宅八幡宮を訪ねました。ここは、推古天皇の時代、遣隋使・小野妹子の祈願が起源と言われる古い神社です。「虫八幡」とも呼ばれ、子供の疳の虫除けのご利益でも有名です。本殿の入り口には、狛犬ならぬ「狛鳩」が置かれているのも、なかなか洒落ています。 狛鳩。 所在地:京都市左京区上高野三宅町22 [続きを読む]
  • 京都) 崇道神社
  • 京都・一乗寺。大原に向かう道の途中にたたずむ崇道神社。桓武天皇の実弟・早良親王の怨霊を鎮めるために建てられた神社だそうです。石段を登り拝殿に入ると・・・本物のパワースポットのプレッシャーが、無垢な私にも感じられました。空気の違いを感じます。 後でネットで調べると、怖い神社として有名だとのこと。 納得です。 御朱印は、直書きでいただけましたが、通常は書き置きとのこと。直書きは滅多にいただけないようで [続きを読む]
  • 京都) 狸谷山不動院
  • 京都・一乗谷。詩仙堂を越えてさらに奥に進むと、観光客の数も極端に少なくなり、とうとう車が通れないほどの細い山道になります。ここから、更に250段の階段を昇ってたどり着いたのが狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)。修験道の大本山です。ここの本殿は、清水寺と同じ懸崖造りで建てられており、まさに「清水の舞台」と瓜二つの形です。京都の秘境ですが、一度訪れる価値ありです。 所在地:京都市左京区一乗寺松原町 [続きを読む]
  • 京都) 六六山 詩仙堂 丈山寺
  • 京都・一乗寺の庭園巡りを続けます。このエリアは、どのお寺も庭園・御朱印共に素晴らしく、歩行距離の長さにも関わらず、楽しく散策できます。 次に訪れたのは詩仙堂。徳川家の家臣・石川丈山の山荘だったそうです。ここの庭園も丈山が詩歌三昧の生活を送ったというだけあり、見事な庭園です。折しも、ここを訪れた時、にわかに雨が降りだし、雨宿りを兼ねて、雨に濡れた詩仙堂の庭園を存分に眺めることができました。 御朱印 [続きを読む]
  • 京都) 瑞厳山 圓光寺
  • 今年の秋のJR「そうだ京都に行こう」キャンペーンのテーマは「苔」だそうです。京都の5つのお寺で「モシュ印」と「コケ寺リウム」のイベントを行なっています。圓光寺を訪ねたのは、キャンペーンが始まって間もない頃ですが、アートな面白い企画です。 モシュ印(右)とコケ寺リウム(左) 一見すると、高さ1.5mの大きな御朱印に見えますが・・ 近くでよく見ると、苔を貼り付けて文字を描いています。そして、こちらもアート感 [続きを読む]
  • 京都) 佛日山 金福寺
  • 京都・一乗寺、次に訪ねたのは金福寺(こんぷくじ)。小説「花の生涯」のヒロイン・村山たかが生涯を終えたお寺として知られます。与謝蕪村ら近世の俳人の墓碑や句碑、そして「芭蕉庵」があります。枯山水の庭園茶室・芭蕉庵所在地:京都市左京区一乗寺才形町20宗派:臨済宗南禅寺派 [続きを読む]
  • 京都) 帰命山 蓮華寺
  • 京都洛北、大原に向かう途中に蓮華寺があります。「池泉鑑賞式」と言われる見事な庭園は、紅葉で有名です。まだ青紅葉真っ盛りの時分でしたが、その美しさもまた一興。 真っ赤な紅葉の時期に、再訪したいお寺です。所在地:京都市左京区上高野八幡町1宗派: 天台宗 [続きを読む]